ドル・円下げ渋りか、新型ウイルスの欧米での感染被害を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円下げ渋りか、新型ウイルスの欧米での感染被害を見極め」 30日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。新型コロナウイルスの影響で米景気後退(リセッション)入りが懸念され、ドル売りに振れやす…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は切り返し。米国経済のリセッション懸念によるドル売りが先行したほか、年度末に伴う国内勢の売りも加わり、ドル・円は107円12銭まで下落した。ただ、欧州通貨の売りも強まるなかドル選好地合いとなり、その後は108円25銭ま…

“一転してドル全面安。”

依然としてコロナ・ウィルスが全世界で猛威を振るう中、株価、債券価格、そして金価格が落ち着くにつれて先週のレポートで述べた猛烈なドル需要は減退し、先週は一転してドルが売られる(その他通貨が買われる。)展開と成った。 終値ベースで3月20日(金)…

【ドル円】半値押しが調整のメドに

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 3月30日(月)ドル/円 基調 不安定 目先の注目材料 ・主要国株価、米長期金利、国際商品価格 半値押しが調整のメドに ドル/円は、24日に付けた戻り高…

週間テクニカル分析レポート 2020/03/30~2020/04/03 世界的なリスクオフ相場で、新興国通貨安が顕著、南アランド、トルコリラの動きに注意

▼USD/JPY 米FRBの無制限QEによって米ドルは下落し、移動平均線を下に抜けるデッドクロス形成。売りサイン点灯。予想レンジは106.740~109.170▼AUD/JPY 豪ドル/円は反転し上昇するも、下落トレンドを突破できず。予想レンジは63.490~69.610▼GBP/JPY −2σライ…

買い手も売り手も慎重な様子 ドル/円 2020/3/30 16:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

コロナウイルスの猛威衰えず!日米景気懸念とドル/円の行方を語る 2020/3/30

現在の為替相場について、市場で注目されている材料を交えながら"塾長"酒匂氏が独自の視点から解説します。【酒匂隆雄の週刊独り言】動画配信期間:2020/03/2~2020/06/02

「先週から一転 ドル高相場の巻き戻し」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年3月23日~3月27日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年3月23日から3月27日の営業日 ▼変動率ランキングノルウェークローネが二桁変動でV2 ▼スワップポイ…

ドル需給ひっ迫の中、投機筋はポジション調整に 2020/3/30

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

期末の動きに注意!その後ドル安・円高に向かう可能性 2020/3/30(月)酒匂隆雄

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は主に107円台で推移か、リスク選好的なドル買いは引き続き抑制される可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台で推移か、リスク選好的なドル買いは引き続き抑制される可能性」 27日のドル・円は東京市場では109円69銭から108円24銭まで下落。欧米市場でドルは109円07銭から107円76銭まで下落し、107円95銭で取引…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:全米のウイルス感染者数が世界最多となったことなどを受けて、109円07銭から107円76銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.0954ドルまで下落後、1.1147ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円:118円81銭まで…

「ドル/円、半値押しが視野に」 外為トゥデイ 2020年3月30日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【トルコリラ/円】:下値リスクがやや高い状態。

【トルコリラ/円】:下値リスクがやや高い状態。 トルコリラ円は反落。17円台を維持できずに終えており、下値リスクの高い形です。16.45-50に日足の抵抗がありますが、下抜けて終えた場合は16.00-05の下値抵抗をトライする動きへ。17.25-30の抵抗を上抜けて…

【ドル/円】:ドルの反発余地が限られる展開。戻り売り方針で。

2020年3月30日 【ドル/円】:ドルの反発余地が限られる展開。戻り売り方針で。 ドル/円は2手連続陰線引けとなり、直近の陰線が109円割れで終えたことにより、短期トレンドの変化が確認された形となりました。また、週足の下値抵抗であった108.00-10もわずか…

2兆ドル景気対策に期待。米ドルが強くあり続けることはない

総括 2兆ドル景気対策に期待。米ドルが強くあり続けることはない ドル円=105-110、ユーロ円=118-123 、ユーロドル=1.09-1.14 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨2位、株価5位、今年のドル円は動いていない。動いているのは」 4年連続陰線、今年もここまで…

ユーロ/ドル 鋭く切り返した点を評価せざるを得ない。買い先行で臨みたい。

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル 鋭く切り返した点を評価せざるを得ない。買い先行で臨みたい。 先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の金曜日に長い上ヒゲを伴い前日の大陰線の勢いを止めきれなかったことから…

格下げ、利下げ、ランド下げ

総括 格下げ、利下げ、ランド下げ (通貨最下位、株価10位) 予想レンジ 南アランド円 5.5-6.5 (ポイント) *ムーディーズは南アの格付けをジャンク債級に引き下げた *通貨は年初来最弱に、株価も弱い *直接投資が減少、海外投資家は株式を売り越した *中…

ドル/円:下値余地を探る動き。105円台に強い下値抵抗あり。但し、104円割れの越週で一段のドル下落へ。

ドル/円:下値余地を探る動き。105円台に強い下値抵抗あり。但し、104円割れの越週で一段のドル下落へ。 日足は、2手連続大陰線となり、2手前の陰線が3/9に付けた101.19を基点として下値を切り上げて来た流れから下抜けた位置で終えており、短期トレンドに変…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に3月19日16,500円域まで下落し、more-than-reached状況から想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方19,600円域、下方18,5

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DP=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント108円50銭域を3月19日突破しての上値目標112円50銭域に対して3月24日111円00銭域まで上昇の後3月26日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方111円50銭域、下方105円00銭域、目標値各々115円50銭域、99円50銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年3月27日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方121円域、下方116円域、目標値各々144円域、102円域。

020年、今年も皆様の「資産を殖やす」ことにお役に立てればと只管願っております。 利用できるwebsiteの関係で添付する絵(PFのチャート)が引き続き「相場の木」レベルの短期の絵だけになってしまいますので、ご了承下さい。 2020年3月27日(金)現在のPF…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期下降トレンド(DPS=21,300㌦域)も一旦壊れ(短期上昇トレンドの形成はされていない)、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント21,300㌦域を3月26日突破しての上値目標22,400㌦域は同日に到達。現在のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント22,600㌦域、上値目標23,400㌦域、下値目標算出には値固め要。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

ドル・円は下げ渋りか、米景気減速への思惑も週末控え買い戻し

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米景気減速への思惑も週末控え買い戻し」 27日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る値動きを予想したい。米国の雇用関連統計が危機的な水準を示し、リセッション懸念を背景としたドル売りが続く見…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。米景気の後退局面入りへの懸念を背景にドル売りが優勢となり、109円69銭から108円24銭まで下落した。本邦勢による年度末・月末に絡んだドル売りもあったもよう。ただ、夕方にかけては全般的なドルの買い戻しがみ…

「ベストセラーの裏側」高城泰 FX特別インタビュー(前編)

外為どっとコムが制作の協力をした「FX予備校」や、マネ育チャンネルで人気のひろぴーさん、ロンドン在住の松崎良子さんなど、FX著名人の書籍を手掛けているライターの高城泰さんに、FX業界の変遷、勝ち組トレーダーのこと、また偽トレーダーのことなどを…

【南アフリカランド円】ムーディーズが南アの格付けを発表

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 3月27日(金)南アフリカランド/円 基調 下値警戒 目先の注目材料・3/27 ムーディーズ格付け見直し・主要国株価、国際商品価格 ムーディーズが南アの…

続落の行方を見極め ドル/円 2020/3/27 16:10

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

米新規失業保険、米雇用統計、独CPI、中国PMIなど 3/30~4/5

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「コロナの影響は長期化するとの見方」外為短観 第130回

外為どっとコムがお客様を対象に実施したアンケートをもとに、外為どっとコム総研がまとめたレポートです。日本の個人投資家の取引量はいまや外国為替市場において大きな割合を占め、その動向が注目されています。 相場の見通しや投資スタイル、景況感調査な…

FX投資で大切なのは“マイルール”の設定

FX投資を成功に導くための重要なポイントのひとつが、「自分なりのルールを設定しておく」ということです。「どのくらいの期間、ポジションを保有するのか」「どのような通貨ペアを投資対象とするのか」など、すべて一定のルールにのっとって実践することが…

「人民元トレードで必ず押さえておきたい情報」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は人民元トレードで必ず押さえておきたい情報についてまとめました。前回寄稿分「トレードに役立つ人民元の特徴」と合わせて確認して頂くとより一層理解が深まると思います。それではさっそくみていきましょう…

ドル・円は主に109円台で推移か、米雇用情勢悪化でリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台で推移か、米雇用情勢悪化でリスク選好的なドル買い抑制も」 26日のドル・円は東京市場では111円30銭から110円37銭まで下落。欧米市場でドルは110円51銭から109円21銭まで下落し、109円52銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ドル資金調達需要が後退したことや、新規失業保険申請件数の急増を受けて110円51銭から109円21銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.0916ドルから1.1059ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円:株高を意識…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。下値リスクに注意。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。下値リスクに注意。 トルコリラ/円は反落。日足は下値抵抗を守っており、反発に転ずる可能性を残していますが、週足の形状がまだ弱く、17.30超えで越週するまでは下値リスクにより警戒が必要です。また、こ…

「ドル/円、調整局面入りへ」 外為トゥデイ 2020年3月27日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:短期トレンドはニュートラルな状態に変化。売りは戻り待ち。

2020年3月27日 【ドル/円】:短期トレンドはニュートラルな状態に変化。売りは戻り待ち。 ドル/円は、東京市場(9:00am)で前日足から下寄りのスタートとなりましたが、そのまま安値圏で引ける陰線が出ています。この足が、3/9に付けた101.19を基点として下…

『銀シャリのほくほくマネーラジオ』ラジオ沖縄でもスタート、放送局拡大を記念してFX漫才を披露!

ラジオ沖縄でもスタート! 株式会社外為どっとコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内 淳)は、一社提供にて展開するラジオ番組『外為どっとコムプレゼンツ 銀シャリのほくほくマネーラジオ』の放送を2020年3月29日(日)から従来のニッポン放送に加え…

中銀ペソ防衛で日足3連騰、6週ぶり陽線となるか

総括 中銀ペソ防衛で日足3連騰、6週ぶり陽線となるか 予想レンジ 4.5-5.0 (ポイント) *中銀はペソ安対策開始 *ペソは2月の通貨首位から最下位へ陥落 *コロナ不況対策で緊急利下げ *2月21日の弊誌でメキシコペソ売りの推奨 *2020年成長見通しはマイナ…

今後も『米国買い』は続く!ドル円はレンジに移行か 2020/3/27(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、米景気対策期待も経済指標を注視

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米景気対策期待も経済指標を注視」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米トランプ政権による大規模な経済対策への期待感で、ドル買い需要は一服。半面、今晩発表の米…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。東京封鎖への思惑から日本株が大きく売られ、リスク回避的な円買いが先行した。また年度末による国内勢のドル売りも出て、111円30銭から110円半ばに下落。その後は下げ渋る場面もあったが、夕方にかけて110円37銭ま…

FXをすぐにでも覚えたいあなたはセミナー派?それともネット動画派?

ひと昔前までは「難しそう」「怖い」といった印象から、敬遠されがちだったFX投資でしたが、最近は少額から手軽に始められる投資として“ライトユーザー”が増えるなど、身近な金融商品として、広く知られるようになりました。資産運用の選択肢が広がったこと…

米ゼロ金利復活でドルはどうなる?ほか 為替ドリル 3月号

レポートが身近になれば為替がもっと面白くなる。 「為替ドリル」で為替相場の知識を楽しく学びましょう! 1問目「日銀資金供給オペで株と円はどうなる?」 2問目「コロナショックが広がるなかで米雇用情勢が好調!ドルはどうなる?」 3問目「FRBのゼロ金利…

慎重ながらも押し目買い ドル/円 2020/3/26 17:05

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「両建てって本当に有能!?」まんが!週刊FX 2020年3月26日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。 今回おさえておきたいネタはこれだ! ▼ピザちゃんの両建てイメージ ▼スワップポイントはどうなる? ▼スプレッドが広がるとどうなる? ▼両建てするならここだけは最低限理解しよう あー損がでっかくなってき…

【ドル円】米失業保険申請は激増の予想

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 3月26日(木)ドル/円 基調 不安定 目先の注目材料 ・3/26 パウエルFRB議長テレビ出演、米新規失業保険申請件数 ・米長期金利、主要国株価、国際商品…

「ドル/トルコリラは2018年9月以来の高値へ」トルコリラの焦点

トルコリラは新型コロナウイルスに関係した世界的なドル需要の高まりから相対的に売られ、ドル/トルコリラは23日に2018年9月以来の高値(ドル高・リラ安)を記録した。 新型コロナウイルスの感染拡大はトルコにも広がり既に死者が二ケタ台と報道されている。…

「交渉官が新型コロナウイルス陽性・・・」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

新型コロナウイルスの蔓延が、英国とEUのFTA早期妥結の大きな障害になっている。 交渉官を務めるEUのバルニエ氏は19日、「新型コロナウイルス検査で陽性」と発表した。 また英国側のフロスト主席交渉官も体調不良から自宅にて療養していると伝わってい…

日本の現金給付案が実現したら経済や為替にどんな影響がある? 2020/3/26

皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。【酒匂隆雄のFXお悩み相談室】

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.