ドル・円は伸び悩みか、ドル選好地合いも米FRB議長発言に警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、ドル選好地合いも米FRB議長発言に警戒」 22日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。欧州のコロナ再拡大など複数のリスク要因を背景に、ドル選好地合いが続く見通し。ただ、米連邦準…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。アジア株安を背景に104円75銭から104円46銭まで弱含んだが、リスクオフのドル買いで小幅に値を戻した。 ユーロ・円は123円28銭から122円66銭まで下落した。 ユーロ・ドルは1.1774ドルから1.1721ドルまで値を下げ…

ドル・円は主に104円台で推移か、リスク回避の円買い一巡でドル下げ渋りも

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、リスク回避の円買い一巡でドル下げ渋りも」 21日のドル・円は、東京市場では104円58銭から104円07銭まで下落。欧米市場でドルは、104円00銭から104円86銭まで反発し、104円65銭で取引終了。…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型コロナウイルス感染再拡大を嫌気したリスク回避の動きに104円00銭まで円高・ドル安推移後、104円86銭まで反発。 ユーロ・ドル:新型コロナウイルス感染再拡大を嫌気して1.1833ドルから1.1732ドルまでドル高・ユー…

良い材料も出てきたが、世界的リスク回避で売られる、今週は政策金利決定

総括 良い材料も出てきたが、世界的リスク回避で売られる、今週は政策金利決定 (通貨最下位、株価8位) 予想レンジ トルコリラ/円 13.3-14.3 (ポイント) *大統領、政府首脳、中銀からもリラ安懸念の声が暫く聞こえない *先週の指標は強かった(鉱工業生…

ドル・円は下げ渋りか、ドルに下押し継続も節目付近では買戻しも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、ドルに下押し継続も節目付近では買戻しも」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和姿勢を背景に、ドル売り地合いが継続する見通し。ただ、欧…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。東京市場は休場だったものの、朝方からドル売りが先行し104円58銭から一時104円07銭まで弱含んだ。 ユーロ・円は123円94銭から123円21銭まで下落した。 ユーロ・ドルは1.1872ドルまで買われた後、1.1831ドルまで反…

「菅内閣 注目の2点」 竹中平蔵 特別寄稿

第99代内閣総理大臣として、菅義偉氏が就任した。安倍内閣で官房長官を務めた同氏は、言うまでもなく安倍路線の最も正当なる継承者だ。菅総理自身、アベノミクスを引継ぎ強化する、と明確に述べている。その上で、菅総理による経済運営に関して、以下の点に…

ドル・円は主に104円台で推移か、米中関係の悪化を警戒してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、米中関係の悪化を警戒してドル買い抑制も」 18日のドル・円は、東京市場では104円87銭から104円56銭まで下落。欧米市場でドルは、104円27銭から104円64銭まで反発し、104円57銭で取引終了。…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ・ドル・円:米低金利政策の長期化を意識して104円27銭へ円高・ドル安推移後、104円64銭まで反発。 ・ユーロ・ドル:米9月ミシガン大学消費者信頼感指数の改善を受けて1.1826ドルへドル高・ユーロ安推移後、1.1870ドルまで反発…

菅政権、市場が好感する大胆な政策出ず、ドル円と日経米株が中期のリスク選好ラインを下抜く。緊急会合は

総括 菅政権、市場が好感する大胆な政策出ず、ドル円と日経米株が中期のリスク選好ラインを下抜く。緊急会合は ドル円=103-107、ユーロ円=121-126 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨3位、株価7位、菅政権、市場が好感する大胆な…

金融緩和サイクル停止で上昇も週末反落、中国頼み

総括 金融緩和サイクル停止で上昇も週末反落、中国頼み 「通貨11位、株価10位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *政策金利は据え置かれ金融緩和サイクルが停止 *インフレ率は目標範囲内に収まる *弱い7月小売売上 *中銀はGDPが今年8…

ドル/円 チャートに素直に売りスタンスを取るべき!

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ドル/円 チャートに素直に売りスタンスを取るべき! 先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陰線で何気なく下の方へ向くのかという雰囲気を見せましたが、週を通じて戻りを見せる局面はほと…

ドル/円:一段の下落リスクに注意。ドルの戻り売り方針継続。

ドル/円:一段の下落リスクに注意。ドルの戻り売り方針継続。 日足は値幅の小さい陰線が5手連続しており、この間に9/16の日足が105円台を維持出来ずに終えており、新たな下落リスクが生じている。個々の足が下げエネルギーの強いものではないことや、9/10に…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域まで上昇しmore-than-reached状況になり、想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方28,200㌦域、下方27,400㌦域、目標値各々29,900㌦、26,300㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、7月30日算出の上値目標132円域に対しては8月13日126円域まで上昇後、9月18日三枠転換により消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方127円域、下方118円域、目標値各々135円域、107円域。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、7月30日算出の上値目標132円域に対しては8月13日126円域まで上昇後、9月18日三枠転換により消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方127円域、下方11…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破、下値目標97円50銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破、下値目標97円50銭域。 2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相…

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンド (DP=21,600円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント 23,500円域を9月14日突破、上値目標24,300円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンド (DP=21,600円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント 23,500円域を9月14日突破、上値目標24,300円域。 2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参…

【セミナー】FXトレーダーコース テクニカル分析でトレード「川口一晃氏」 2020/9/18

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制」 18日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。重要イベント通過に伴いリスク回避の円買いは後退し、底堅いクロス円に追随する見通し。…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。東京市場の明日からの4連休を前に国内勢がドル買いを進め、午前中に104円87銭まで値を上げた。その後、欧州通貨の持ち直しや米10年債利回りの伸び悩みでドルは下押しされ、夕方にかけて失速し、104円56銭まで下げた。…

【終了しました】きょう開催オンラインセミナー FXトレーダーコース テクニカル分析でトレード

※オンラインセミナーは終了しました。 「FXで勝てない」「損切りができない」「利食いでいつも悩む」・・・ そんな、脱FX初心者を目指す方にピッタリのセミナーを開催します。 全3回シリーズとなる3回目のゲストは金融ジャーナリストでペンタゴンチャートの…

【ユーロ円】調整ムード広がる

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月18日(金)ユーロ/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 調整ムード広がる ユーロ/円は今月1日の127.07円前後をピークに…

【ファンダメンタルズ】元外銀ディーラーの経験値を盗め!脱FX初心者なのだ!(前編) まんが!週刊FX 2020年9月18日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。

「104.50円で押し目買い意欲」ドル/円 2020/9/18 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「米失業保険、FRB議長証言、BOE総裁講演、独・英PMI、独IFO、NZ中銀、日銀総裁講演、トルコ中銀、メキシコ中銀、など」 週間イベント 9/21~9/27

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

首脳が突然辞任したら円はどうなる?ほか 為替ドリル 9月号

レポートが身近になれば為替がもっと面白くなる。 「為替ドリル」で為替相場の知識を楽しく学びましょう! 1問目「FRBが平均物価目標を採用したらドルはどうなる?」 2問目「安倍首相が突然辞任すると円はどうなる?」 3問目「菅官房長官が新総裁選に出馬す…

「ドル/円 どこかで買ってみても面白いのでは」マット今井のトレードアイディア 2020年9月18日

最近のFX市場の主役はすっかりイギリスになっています。イギリスの大手新聞などが、イギリスは今年末に迫っているEUとの貿易協定などの合意について、期限までにまとまらないとのイギリス政府関係者の見方を報じてから今の流れは始まりました。 イギリス…

今すぐYouTubeで聞ける! 銀シャリのほくほくマネーラジオ#47

銀シャリのほくほくマネーラジオ第四十七回放送! 収録日の前日にお誕生日を迎えられた鰻さん。 ここ数週、オープニングにずっと誕生日の話をしているように思われますが、前回までは「この収録分がオンエアーされるのが自分の誕生日と近い」であり、今回は…

ドル・円は主に104円台で推移か、米国株安を意識してリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、米国株安を意識してリスク選好的なドル買い抑制も」 17日のドル・円は、東京市場では105円17銭から104円69銭まで下落。欧米市場でドルは、104円87銭から104円53銭まで下落し、104円72銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:先週分新規失業保険申請件数は市場予想をやや上回ったため、104円87銭から104円53銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州委員会委員長の発言で欧州連合(EU)と英国の通商交渉での合意期待が再燃し、1.1783ドル…

「ドル/円4日続落、週末前の買い戻しも」 外為トゥデイ 2020年9月18日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:戻り売り方針継続。137円台回復でトレンドに変化。

【ポンド/円】:戻り売り方針継続。137円台回復でトレンドに変化。 ポンド/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなり、下値トライに失敗した形となりました。反発余地を探る動きに繋げていますが、トレンドの変化が認められないので戻り売り方針継続…

【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。

2020年9月18日 【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。 ドル/円は4手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。個々の足が下げエネルギーの強いものではないことや、104円台の下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。また…

インフレ4%でも中銀は利下げ示唆、既に流動性供給強化

総括 インフレ4%でも中銀は利下げ示唆、既に流動性供給強化 予想レンジ 4.6-5.1 (ポイント) *9月24日に政策金利決定会合(メキシコよりインフレが低い南アは利下げ休止) *インフレは4%も成長率大幅悪化で利下げが予想されている *中銀は政策決定会合…

ドル円 海外勢が売り仕掛け!4連休でどこまで下がる? 2020/9/18(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、想定内の米FOMCでドル売り後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、想定内の米FOMCでドル売り後退」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和継続姿勢を受け、ドルへの下押し圧力は継続する見通し。ただ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。米連邦公開市場委員会(FOMC)の無難通過に伴うドルの買い戻しで、一時105円17銭まで値を切り上げた。その後は105円付近でもみ合いが続いたが、夕方にかけてアジア株安に続く欧州株の下落スタートを受けて、円買い…

押し目買い意欲が強い ドル/円 2020/9/17 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

会社員 ROMANISTA氏「思い込みで1億円超の運用成績に失敗するも新型コロナで命拾い」トップトレーダーに聞く!(後編)

FXを始めて約8年、じっくり基礎を学んだROMANISTA氏は、アベノミクスをきっかけに2,100万円超の利益を獲得するトレーダーへと急成長を遂げた。早朝から分析に時間をかけ、仕事以外の時間をフルに使い、スキャルピングとスイングの“二刀流”で没頭するFXの世界…

【ポンド円】BOEの追加緩和示唆はあるか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月17日(木)ポンド/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・9/17 BOE政策金利、BOE議事録 ・主要国株価、国際商品価格 BOEの追加緩和示唆はあるか 英中…

【FX初心者⑨】ロスカットとは「伝説の神ディーラーが解説!ほぼ3分FX」

これからFXをはじめる方、はじめたい方、必見です! FXの魅力や特徴を、超ベテランディーラー「酒匂隆雄さん」に、ゆっくり(?)、わかりやすく解説していただきます。

「ペソ/円 5円台回復の理由は?」知っトク!メキシコペソ 2020年9月17日

メキシコ政府は12日、8月末時点で同国の民間部門雇用者が前月比9.24万人増加したと発表。新型コロナウイルスの感染が拡大した3月以降、初めて増加に転じた。製造業や建設業がけん引役となっており、メキシコ経済活動の回復が窺える内容であった。足元のメキ…

ドル・円は105円近辺で推移か、米追加緩和の思惑後退でドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円近辺で推移か、米追加緩和の思惑後退でドル売り抑制も」 16日のドル・円は、東京市場では105円44銭から105円23銭まで下落。欧米市場でドルは、105円26銭から104円81銭まで下落し、104円98銭で取引終了。本日1…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ハト派FOMCへの思惑を受けたドル売りに105円26銭から104円81銭まで円高・ドル安推移後、追加緩和に慎重な姿勢を受け105円15銭へ反発。 ユーロ・ドル:ユーロポンド絡みのユーロ売りで1.1882ドルから1.1788ドルへドル…

「ドル/円、104円台は買い優勢」 外為トゥデイ 2020年9月17日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:戻り売り。一方向へ動く可能性にも注意。138円台回復でトレンドに変化。

【ポンド/円】:戻り売り。一方向へ動く可能性にも注意。138円台回復でトレンドに変化。 ポンド/円は小陽線で終えています。4手連続して狭いレンジ内に留まった形ですが、一方向へ動き易くなっているので、売り買いともに引き付けるか、損切りを浅めに。買い…

【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。

2020年9月17日 【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。 ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。直近の陰線が105円割れで終えており、下値リスクが点灯していますが、週足の抵抗が105.10-20にありこれを上抜けて越週する可…

FOMCに債券は好感、株式市場は物足らず?株安・円高傾向続くか 2020/9/17(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

人民元急上昇中、順調な経済回復

総括 人民元急上昇中、順調な経済回復 予想レンジ 人民元/円 15.0-16.0 (ポイント) *人民元が対ドルで急上昇 *経済指標は概ね好調 *WTOは米国の対中関税をルール違反とする *EUとは首脳会談開催 *米大統領選挙を前にトランプ大統領は対中強硬策を打ち…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.