2019-08-28から1日間の記事一覧

ドル・円は伸び悩みか、米中貿易戦争の再燃への警戒で買い後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米中貿易戦争の再燃への警戒で買い後退」 28日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。中国政府が前日発表した消費拡大策への期待感で、リスク回避の円買いは縮小の見通し。ただ、米…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。朝方の取引で105円65銭を付けた後、月末要因に伴う実需筋のドル買いが入り上昇基調に。その後も日本株高や米株先物の上昇を手がかりに105円89銭まで強含んだ。ただ、米長期金利の戻りは鈍く、夕方にかけて低下し…

【ポンド米ドル】Brexitまで残り2カ月、英国内外で議論が活発化

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 8月28日(水)ポンド/ドル 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・米長期金利、国際商品価格 Brexitまで残り2カ月、英国内外で議論が活発化 ポンドは21-22…

【ファイナンス】投資の元手をつくるための貯蓄方法とおすすめの金融商品

投資の元手をつくるための貯蓄方法とおすすめの金融商品 人生にはさまざまなイベントが存在します。入学、卒業、就職、結婚、住宅購入、出産、子供の教育、引退、老後生活など、その度に、私たちは多額の支出をすることになるでしょう。少子高齢化が急速に進…

「ロシアと兵器の共同生産… 米国の制裁は?」トルコリラの焦点

27日、エルドアン大統領はロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。その中で、今後は兵器の購入だけでなく共同生産についても話が進み、軍事協力の検討がなされた模様だ。 ロシアのミサイルシステム「S400」のトルコ導入をめぐっては、アメリカが反発し、米…

「合意なき離脱を阻止!英野党が法案提出へ」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

英野党は会合で、EUからの合意なき離脱を阻止する目的の法案を英下院へ提出することで合意した。フランスで開催されたG7においても、ジョンソン首相の10月末離脱の方針は変わらず、危機感を抱いた各党が協力した形だ。法案では、ジョンソン首相に、離脱期限…

「105円台の押し目買いVS106円台の戻り売り」今日の注文情報 ドル/円 2019/08/28 16:15

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/08/28 16:15時点ドル/円(30分足) ポイント 105.50~65円に並んだ買い指値注文。 相場は105円半ばで底堅さを堅持しているが、ここを下値メドと…

「ドル円105円台で入ってくる断続的な買いは公的資金? 9月1日に関税引き上げは事実で買い戻せ、になるか。」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

ドル円、クロス円が少しずつ底堅くなってきました。 当コラムも何度もクロス円の売りを推奨させて頂きましたが、日足ベースで底がそろそろ近くなってきたように思えます。 ファンダメンタルズ材料では、リスクオフで間違っていないのですが、今週月曜日のド…

RBA理事会に注目 注目の高金利通貨 豪ドル/円 8月28日号

豪ドル/円(4時間足) 直近1週間のポイント ☆米中貿易戦争の激化で一時70円割れ・米中協議再開への期待で持ち直すも上値は重い 足元の豪ドル/円は10年ぶりに70円割れ 豪ドル/円は26日に2009年4月以来、10年4カ月ぶりに70円台を割り込み、一時69.90円台に下…

ドル・円は主に105円台後半で推移か、米中対立長期化への懸念強まる

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に105円台後半で推移か、米中対立長期化への懸念強まる」 27日のドル・円相場は、東京市場では106円18銭から105円59銭まで下落。欧米市場でドルは106円07銭まで買われた後に105円66銭まで反落し、105円76銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米8月消費者信頼感指数は予想を上回ったことを好感し、一時106円07銭へ円安ドル高推移後、リセッション懸念で105円66銭まで反落。 ユーロ・ドル:ドイツの4−6月期国内総生産(GDP)改定値は前期比-0.1%と上方修正さ…

「ドル/円、106円台を維持できず」 外為トゥデイ 2019年8月28日号

(1) 前日の海外市場の楽観ムードを引き継いでアジア株は軒並み上昇したが円売りは劣勢。ドル/円は、月末接近による本邦輸出企業のドル売り観測や、時間外取引の米長期金利の低下が重しとなった。 (2) 独4-6月期国内総生産(GDP)・改定値は、予想通り…

【ドル/円】:ドルの戻り売り方針継続。105.00±10銭に強い下値抵抗あり。

2019年8月28日 【ドル/円】:ドルの戻り売り方針継続。105.00±10銭に強い下値抵抗あり。 ドル/円は小陰線で終えています。下げ余力の強いものではないので、105.00以下の下値抵抗を攻めるには力不足と見られますが、トレンドが弱いままであることからドルの…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.