2019-09-10から1日間の記事一覧

ドル・円は伸び悩みか、底堅い一方で材料難のため上昇は限定的

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、底堅い一方で材料難のため上昇は限定的」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利下げ観測はいったん遠のき、ドルは売り後退で下げづらい…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。「トランプ米大統領が中国と来週協議すると述べた」との報道や、日経平均株価の堅調地合いを手がかりに円売りが先行し、午前中に107円18銭から107円50銭まで強含んだ。ただ、その後は中国の8月生産者物価指数の下…

「売り優勢に傾く」 今日の注文情報 ドル/円 2019/09/10 16:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/09/10 16:00時点ドル/円(30分足) ポイント 全体的に売り方がやや優勢の状況。 107.45円に続き、107.50円にも厚い売り指値注文が出現しており、…

【ユーロ/円】出直り鮮明

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月10日(火) ユーロ/円 基調 上値模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格、独長期金利 出直り鮮明 ユーロ/円相場の出直り色が鮮明となっ…

「エルドアン大統領『最短期間で金利を1桁台へ引き下げる』」トルコリラの焦点

トルコがロシアのミサイルシステム「S400」を購入したことについて米国が制裁を行うかこれまで不透明だったが、9日にムニューシン米財務長官が「制裁を検討している」と述べた。詳細は明らかになっていないが、政府高官の発言としてリラ安で市場は反応した。…

「解散総選挙は実現せず!閣僚も辞任!どうするジョンソン首相!」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

10日、ジョンソン英首相が議会の解散総選挙の動議を出したが、賛成293票で650議席の2/3を超えられず、今回も否決された。 また、英議会は会期を短くしたことから10日未明に閉会した。 すでに上院でも可決し、成立したいわゆる「離脱延期法」を嫌うジョンソン…

ドル・円は107円台前半で推移か、リスク選好のドル買い継続も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台前半で推移か、リスク選好のドル買い継続も」 9日のドル・円相場は、東京市場では107円02銭から106円76銭まで下落。欧米市場でドルは106円92銭から107円27銭まで上昇し、107円21銭で取引を終えた。 本日10…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ムニューシン米財務長官が米中貿易協議の前進を明らかにしたためリスク選好の円売りが強まり、106円92銭から107円27銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ドイツは景気支援で予算修正の可能性も示唆したと報じられ、…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗にぶつかった状態。下値余地も限られる可能性。

【トルコリラ/円】:上値抵抗にぶつかった状態。下値余地も限られる可能性。 トルコリラ/円は小反落。18.75-80の上値抵抗を上抜け切れずに終えており、上値を切り下げる流れから上抜け切れない状態です。18.50-55以下に日足の下値抵抗が散在しており、17.90…

【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。押し目買い方針で。

2019年9月10日 【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。押し目買い方針で。 ドル/円は小反発。単体では上昇エネルギーに欠けるものですが、日足の形状が安定しており、下値余地が限られる展開が予想されます。上値余地がもう一段拡がる可能性が高いので、…

「ドル/円、レンジ上限を突破」外為トゥデイ 2019年9月10日号

(1)本邦4-6月期国内総生産(GDP)・改定値は前期比年率+1.3%と、予想通りに速報値(+1.8%)から下方修正された。 (2) 英7月国内総生産(GDP)は前月比+0.3%と予想(+0.1%)を上回った。同様に、英7月鉱工業生産も前月比+0.1%と予想(-0.3%)に反…

経済健闘も、絶えない内外紛争・軋轢が重し

総括 経済健闘も、絶えない内外紛争・軋轢が重し 予想レンジ トルコリラ/円 18.0-19.5 (ポイント) *先週は対円で2.69%上昇 *今週は利下げ観測あり *エルドアン大統領は政策金利が一桁台になることを示唆 *来年は5%成長を目指す *内外での政治絡みの…

top