2019-09-27から1日間の記事一覧

ドル・円は上げ渋りか、米政治リスクが重しに

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米政治リスクが重しに」 27日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。ユーロ・ドルが2年超ぶりの安値水準に沈み、引き続きドルの押し上げ要因となる見通し。ただ、トランプ米大統領…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。日経平均株価の大幅安を受けた円買いで下落基調に振れ107円66銭まで弱含んだ。その後、英中銀の利下げ観測でポンド・ドルが下落したことをきっかけにドル買いが優勢になり、107円86銭まで反発した。 ユーロ・円は…

「銀シャリのほくほくマネーラジオ」を10月3日からニッポン放送でスタート!

左から、鰻和弘さん・橋本直さん ラジオ新番組『外為どっとコムプレゼンツ 銀シャリのほくほくマネーラジオ』を 2019 年 10 月 3 日(木)よりニッポン放送で放送開始いたします。 ■番組テーマは『お金との新しいお付き合いの仕方』吉本興業所属の人気お笑い…

「さらなる下落リスクに警戒!Brexitの現状と為替相場」(川合美智子氏 特別寄稿)ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

Brexitの現状と為替相場 英最高裁が「議会閉会は違法」との判決を下し9/25に議会は再開された。議会ではBrexitに関するEUとの協定案について審議再開となるが、今の議会は離脱反対派も多く、一致団結して協定案を纏めようとする姿勢が欠如しており、協定案が…

「米ISM、米雇用統計、FRB議長講演、英保守党大会、中国PMI、中国主席講話、豪中銀、トルコCPI」 週間イベント 9/30~10/6

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 10/1◎加7月GDP 10/1☆米9月ISM製…

「今さら聞けない!?ロスカットと口座照会のヒミツ」まんが!週刊FX 2019年9月27日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。 今回おさえておきたいネタはこれだ! ロスカットの仕組みを知ろう!! たったいへんです・・・。ドロボウさんに入られたようです・・・。 エッー!!なにか無くなっているの? 朝起きたら、たいせつにしてい…

「108円前半での戻り売り狙い」今日の注文情報 ドル/円 2019/09/27 16:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/09/27 16:40時点ドル/円(30分足) ポイント 108.10円と108.20円に厚めの売り指値注文が控え、引き続き戻り売り意欲は健在。 なお、週半ば以降徐…

【FX動画】「ドル/円のトレンドに大きく影響!?日米金融政策の点検と今後の展開を予測する!」 マネトレ!2019年9月27日号

約5000名が受講する人気コンテンツ みなさん、「マネ育」ってご存知ですか? 外為どっとコムが主催している、初心者向けのプログラムとなりますが、昨年まででなんと約5000名の方が受講されている人気コンテンツの1つです。 その「マネ育」卒業者様を対象と…

【ポンド/円】政治の混迷が続く

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月27日(金) ポンド/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・9/27 英離脱担当相・EU首席交渉官会談 ・主要国株価、国際商品価格 政治の混迷が続く 英国…

「円高・米ドル安見通しが後退」外為短観 第124回

<第124回調査>2019年9月27日 外為どっとコムの口座開設者のお客様を対象とした投資動向等に関するアンケート調査です。 調査実施期間 2019年9月20日(金)13:00~2019年9月24日(火)24:00 ※相場変動等による回答への影響を極力回避するため調査期間を短縮…

ドル・円は主に107円台後半で推移か、米政治不安を意識してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台後半で推移か、米政治不安を意識してドル買い抑制も」 26日のドル・円相場は、東京市場では107円79銭から107円59銭まで反落。欧米市場でドルは107円43銭から107円96銭まで買われており、107円85銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:トランプ米大統領弾劾調査への警戒感がくすぶり、107円43銭へ反落後、中国が米国品の購入拡大を示唆すると米中貿易摩擦改善期待に107円96銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:域内の金利先安感に伴うユーロ売りが…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地を探る動きが継続中。18.70割れで終えた場合は下値リスクに注意。

【トルコリラ/円】:上値余地を探る動きが継続中。18.70割れで終えた場合は下値リスクに注意。 トルコリラ/円は値幅の小さい足で終えています。強い上昇エネルギーは感じられないものの、18.75-80の足元もしっかりしており、上値トライの動きが先行すると見…

【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。107円割れで下値リスクが点灯。

2019年9月27日 【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。107円割れで下値リスクが点灯。 ドル/円は小幅続伸となりました。上昇余力の強いものではありませんが、107.00-10に日足、週足の下値抵抗が控えており、これを割り込んで終えない限り、下値余地もま…

「ドル/円、方向感出にくい」 外為トゥデイ 2019年9月27日号

(1) 英国の欧州連合(EU)離脱=Brexitを巡り、議会と政府の対立が深まる中、欧州市場でポンド売りが活発化。なお、ジョンソン英首相は「10月31日に欧州連合(EU)から離脱することを確信している」と改めて表明した。ポンドはその後、「バークレー英・EU…

米大統領弾劾は悪影響。CPI低下、消費低迷で連続利下げ

総括 米大統領弾劾は悪影響。CPI低下、消費低迷で連続利下げ 予想レンジ 5.2-5.7 (ポイント) *中銀は連続利下げを行った *CPIは低下傾向 *小売売上は弱い *米大統領弾劾調査は新NAFTA協定批准を遅らせる *OECDは成長見通しを下方修正した *政府はペ…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.