2019-10-15から1日間の記事一覧

週間テクニカル分析レポート 2019/10/14〜2019/10/18

▼USD/JPY ゴールデンクロスの買いシグナル点灯。ただし米中貿易摩擦の再燃による下落に注意。予想レンジは106.72~110.1 ▼AUD/JPY ゴールデンクロスの買いシグナル点灯。ただし米中貿易摩擦の再燃による下落に注意。予想レンジは71.39~75.9 ▼GBP/JPY ゴール…

「EU離脱協定案合意へ期待が高まるが…」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

<G.comデイリーレポート>より抜粋 英国の欧州連合(EU)離脱=Brexitを巡る楽観的な見方が広がる中、ポンドが堅調に推移しており、ポンド/円は、先週11日に約4カ月ぶり高値となる137.90円前後まで上値を伸ばす場面もあった。10日に行われたジョンソン英首…

「節目では押し目を拾いたい向きもあるが・・・」今日の注文情報 ドル/円 2019/10/15 17:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/10/15 17:30時点ドル/円(30分足) ポイント 108円前半にある程度まとまった規模の買い指値。 前日に108.00円割れ目前で踏みとどまった事もあり…

【ポンド円】何度目かのヤマ場に

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月15日(木) ポンド/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・英EU離脱協定案協議 ・主要国株価、国際商品価格 何度目かのヤマ場に 英国の欧州連合(EU…

“今度はリスク・オンで行って来い。”

先週のドル・円相場は前週の米国経済悪化懸念からの“リスク・オンからリスク・オフへの動き”による高値108.46から安値106.49への動きと真逆の動きとなって、安値106.67から高値108.62へとドル高&円安が進んだ。 この背景としては10日~11日にワシントンで開…

「投機筋、円ロングの手仕舞いへ」今週のIMMポジション 2019/10/15

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【ネットロング減少】10月8日時…

「EU離脱交渉進展でポンドが急上昇 トルコリラは下落」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップ」「取引量」をランキング表示した。 集計期間: 2019年10月7日から10月11日の営業日 変動率ランキング スワップポイントランキング 取引量ランキング 変動率ランキン…

ドル・円は108円台前半で推移か、米国株安でやや上げ渋る可能性も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は108円台前半で推移か、米国株安でやや上げ渋る可能性も」 14日のドル・円相場は、東京市場では108円52銭から108円18銭まで下落。欧米市場でドルは108円03銭まで下げた後に108円46銭まで買われており、108円40銭で…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米中が部分的に合意した貿易協定に懐疑的見方も浮上し、108円03銭へ円高 ドル安推移後、ムニューシン米財務長官や中国報道で警戒感が後退し、108円46銭へ反発。 ユーロ・ドル:ユーロ圏・8月鉱工業生産の上振れで1.10…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。

2019年10月15日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。 ドル/円は108.50-60の日足の上値抵抗を抜け切れずに終えています。一方で108.00-10の下値抵抗にも跳ね返されており、上下の抵抗を抜け切れていません。短期トレンドがドルやや強気の状…

「日米金融政策当局者の発言に注目」 外為トゥデイ 2019年10月15日号

(1) 中国9月貿易収支は396.5億ドルの黒字となり、黒字額は予想(347.5億ドル)を上回った。ただ、輸入が前年比-8.5%、輸出も同-3.2%といずれも減少しており、米関税の影響が滲んだ。 (2) ユーロ圏8月鉱工業生産は前月比+0.4%と、予想(+0.3%)を上…

トルコ進軍でリラと株価が下落 解決策は?

総括 トルコ進軍でリラと株価が下落 解決策は? 予想レンジ トルコリラ/円 17.5-19.0 (ポイント) *米軍が撤退した以上、国連軍の駐留が必要か *トランプ大統領はシリア・トルコ国境地帯から撤退を表明 *トルコ軍はシリア難民の安全地帯確保と銘打って同…

top