2019-10-17から1日間の記事一覧

お疲れトレーダー必見!整骨院の先生に聞いた、即効ツボ&ストレッチ(後編)

皆さんは、肩こりや腰痛に悩まされたことはありませんか?体の一部に痛みが出てくるとやる気が出なかったり、余計疲れが溜まっていく気がしますよね。そんな悩みを「たかはし整骨院」の高橋院長に解決していただきました!すぐに効果が期待できるつぼや、ス…

勝率王者に福井県が返り咲き!モバイル覇者は2018年トップ実績の山形県 外為トレーダー統計 2019年10月17日号

日本全国47都道府県のトレーダーを徹底調査!(※1) 外為どっとコム50万会員のいまがわかる。 【特集1】FX最強地域2019年9月 外為どっとコムのお客様の傾向を都道府県別でご紹介。 前月の「FX最強地域」が明らかに! 2019年9月 1人あたり取引数量トップ1…

「ポンド、売買錯綜」今日の注文情報 ポンド/円 2019/10/17 16:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ポンド/円 2019/10/17 16:30時点ポンド/円(30分足) ポイント ストップ注文は139.20円の買い、138.80円の売りが厚くなっており、売り方・買い方双方ともに警…

ドル・円は伸び悩みか、ブレグジット合意期待も米利下げ継続に思惑

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、ブレグジット合意期待も米利下げ継続に思惑」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。欧州連合(EU)首脳会議でのブレグジットに関する協議への期待感から円売りに振れやすい…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。日経平均株価の前場の反転で円売りに振れ、108円65銭から108円80銭台まで値を切り上げた。その後、ブレグジットの英国内での可決に悲観的な見方が広がり、ポンド・ドル、ポンド・円の下落に下押しされたが、ドル…

【ポンド/円】協議難航でも底堅いポンド

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月17日(木)ポンド/円 基調 下げ渋り 目先の注目材料 ・10/17-18 EU首脳会議 ・主要国株価、国際商品価格 協議難航でも底堅いポンド 英国と欧州連…

FX動画「米国債の利回りはチェックすべき? 金利の動きは為替にどう影響するの?」【酒匂隆雄のFXお悩み相談室 2019/10/17】

動画配信期間:2019/10/17~2020/01/17皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。

「ついに米国の経済制裁へ トルコ当局のリラ防衛策も開始」トルコリラの焦点

今日現在も、トルコによるシリア北東部への軍事行動は続いている。 これを受け、アメリカは14日、トルコへの経済制裁を科す旨の表明をした。具体的には1000億ドル規模の貿易合意を目指していた通商交渉を停止することや、鉄鋼関税の引き上げなどだ。 エルド…

「ドルと円は脇役、主役はポンド」 外為トゥデイ 2019年10月17日号

(1) 中国外務省は、前日に米下院が「香港人権・民主主義法案」を可決した事を受けて、「米国側の誤った決定に中国は確実に対抗し、主権を守るため効果的な措置を講じる」として法案が成立すれば報復措置を取ると警告した。これを受けて円が買われる場面が…

ドル・円は主に108円台後半で推移か、米中関係の不安定化を警戒してドルは上げ渋る可能性も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に108円台後半で推移か、米中関係の不安定化を警戒してドルは上げ渋る可能性も」 16日のドル・円相場は、東京市場では108円87銭から108円59銭まで下落。欧米市場でドルは108円57銭から108円85銭まで反発し、108…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国の9月小売売上高の悪化を嫌い108円57銭へ円高・ドル安推移後、108円85銭へ反発。 ユーロ・ドル:離脱を巡る英国と欧州連合(EU)の合意期待を受けたユーロ買いが根強く、1.1023ドルから1.1086ドルへドル安・ユー…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。下値リスクを残した状態。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。下値リスクを残した状態。 トルコリラ/円は小幅続伸となり下値抵抗を守って終えていますが18.50-55の上値抵抗を抜け切れておらず、下値リスクを残した状態です。買いは引き続き様子見です。18.55超えで終えれば下…

【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。押し目買い方針継続。

2019年10月17日 【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。押し目買い方針継続。 ドル/円は値幅の小さい陰線引けとなり、続伸に繋げられませんでしたが、日足は強い状態を維持しており、押し目買いが有効です。但し、中期トレンドが強気転換していないので…

米中貿易協議の不透明感とPPI低下でリスクオフ 元安株安

総括 米中貿易協議の不透明感とPPI低下でリスクオフ 元安株安 予想レンジ 人民元/円 14.8-15.8 (ポイント) *米中通商協議は進展もまだ詰める要素があり *9月貿易収支は輸出入ともに縮小 *PPIが低下 *今週はGDPなど重要指標多い *中国は米国からの農産…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.