2019-10-31から1日間の記事一覧

ドル・円は上げ渋りか、米利下げ打ち止め観測も米中合意の遅れを材料視

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米利下げ打ち止め観測も米中合意の遅れを材料視」 31日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて利下げ打ち止め観測が広がり、ドル売りは後退し…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。米10年債利回りの低下を受けドル売りが進み、108円90銭から108円59銭まで下落した。その後、日銀の現行の金融政策の継続でマイナス金利深掘りを期待した投資家の失望による円買いも強まったが、一方で日銀の緩和…

「108円後半にまとまった売り」今日の注文情報 ドル/円 2019/10/31 17:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/10/31 17:30時点 ドル/円(60分足) ポイント 108円後半に並んだ厚めの売り指値。 一方で買い指値は疎ら。 前日のFOMC発表後に月初来高値を更新…

【ユーロポンド】Brexitは延期も月末フローを警戒

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月31日(木)ユーロ/ポンド 基調 もみ合い 目先の注目材料 ・10/31 ユーロ圏7-9月期GDP速報値、ユーロ圏10月消費者物価指数速報値 ・10/31 月末ロ…

ドル・円は108円台後半で推移か、米長期金利低下でリスク選好の円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は108円台後半で推移か、米長期金利低下でリスク選好の円売り抑制も」 30日のドル・円相場は、東京市場では108円90銭から108円81銭まで下落。欧米市場でドルは109円29銭まで買われた後に108円72銭まで反落し、108円8…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米連邦公開市場委員会(FOMC)が利下げを決定したものの、次回の利下げを示唆しなかったため109円29銭まで円安・ドル高推移後、108円72銭まで反落。 ユーロ・ドル:FOMC受けて金利先安感が後退し、1.1080ドルへドル高…

米中通商協議部分合意期待で人民元上昇、APECはチリの都合で中止

総括 米中通商協議部分合意期待で人民元上昇、APECはチリの都合で中止 (先週=新築住宅価格→今週=製造業PMI 財新製造業PMI、通貨8位、株価9位 ) 予想レンジ 人民元/円 14.8-15.8 (ポイント) *APECでの米中首脳会談はチリの暴動で中止 *ただ米中首脳会…

「関心はFOMCから日銀へ」 外為トゥデイ 2019年10月31日号

(1) 豪7-9月期消費者物価指数は前年比+1.7%と予想通りの結果となった。なお、豪中銀(RBA)が重視する基調インフレ率は前年比+1.40%となり、市場予想および前回(いずれも1.45%)を小幅に下回った。 (2) 米7-9月期国内総生産(GDP)・速報値は、前期…

※追加【ポンド/円】:上値抵抗にぶつかる可能性に注意。141円台で終えれば一段の上昇へ。

【ポンド/円】:上値抵抗にぶつかる可能性に注意。141円台で終えれば一段の上昇へ。 ポンド/円は小陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持していますが、141円台に実体を戻すまでは反落の可能性にも注意が必要です。買いは様子見か139.50-60の押し目待ち。…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2019年10月31日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 注目のFOMCでは市場の予想通り0.25%の利下げを実施しましたが、パウエルFRB議長が先行きの利下げについては「適切に見極める」とコメントし、予防的利下げを休止する可能性に含みを持たせています…

top