2019-12-04から1日間の記事一覧

ドル・円は上値重い、弱い米経済指標ならリスク回避のドル買いは小幅に

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上値重い、弱い米経済指標ならリスク回避のドル買いは小幅に」 4日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米中貿易交渉の先行きを不安視した円買いが先行し、値を下げる可能性があろう。また…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。日経平均株価が寄り付きから下げ幅を拡大し、リスク回避的な円買いで108円68銭から一時108円50銭割れまで弱含んだ。その後、日本株の下げ渋りや米株式先物の反転でドル・円はやや持ち直したが、米下院のウイグル…

「3日連続陰線引けでも押し目狙いが優勢」今日の注文情報 ドル/円 2019/12/4 16:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/12/4 16:50時点ドル/円(30分足) ポイント 108.00円と108.30円に買い指値。 11月後半以降の上昇分を解消したが、それでも押し目買いを狙った動…

「米中通商合意はまだ1年後!? 今月の合意を織り込んだリスクオンポジションが売り戻される!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

昨日、久しぶりにインパクトある円高となりました。 トランプ大統領が、米中通商協議について、大統領選後も視野に入れた長期戦の発言をしました。 これを受けて市場は下落。12月におおよその合意を見積もっていたファンドの売りが重なったようです。 この2…

FX初心者でもわかる「レバレッジ」とその目安

FXの魅力のひとつがレバレッジです。ここではFX初心者でもわかるように、レバレッジについて、ていねいに説明してみたいと思います。 レバレッジとは レバレッジとは、「てこ」という意味です。てこが小さな力で大きなものを動かすように、金融では、「少な…

【カナダ円】「予防的な利下げ」への本気度が問われる

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 12月4日(水)カナダ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・12/4 カナダ中銀政策金利 ・主要国株価、国際資源価格 「予防的な利下げ」への本気度が問…

今すぐYouTubeで聞ける! 銀シャリのほくほくマネーラジオ#8

銀シャリのほくほくマネーラジオ第八回放送! 銀シャリのほくほくマネーラジオ8回目! 相変わらずの進捗状況である、鰻さんのFX奮闘記。 毎回収録スタジオには、4、5人の「外為どっとコム」スタッフさんという心強い先生がいるので、鰻さんの疑問は、全て…

カナダ中銀とカナダ雇用統計に注目 注目の高金利通貨 カナダドル/円 12月4日号

カナダドル/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・米中通商合意期待・中国が米の香港人権法に報復・米大統領がブラジルとアルゼンチンに追加関税・米による対中関税発動への不安 足元のカナダドル/円は81円台半ばへと反落 米中通商合意への期待が広がる中、…

ドル・円は主に108円台後半で推移か、リスク選好的なドル買いは一段と抑制される可能性も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に108円台後半で推移か、リスク選好的なドル買いは一段と抑制される可能性も」 3日のドル・円相場は、東京市場では108円95銭から109円21銭まで上昇。欧米市場でドルは109円15銭から108円48銭まで反落し、108円63…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:トランプ大統領が米中通商協議での合意成立を2020年の大統領選挙後に遅らせる意向を示唆したため、追加関税発動への懸念が一段と強まり、109円15銭から108円48銭まで円買い・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1066ドルか…

「ドル/円、下値支持を下抜け」 外為トゥデイ 2019年12月4日号

(1) 豪中銀(RBA)は予想通りに政策金利を0.75%に据え置いた。声明では「労働市場を含めた動向を監視し、経済の持続的成長と完全雇用、長期にわたるインフレ目標の達成を支援するために必要であればさらなる金融緩和を行う用意がある」と改めて表明した…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。 トルコリラ/円は小幅続落となりました。下値抵抗を守っていますが、日足の形状が若干悪化しており、上値余地が限られる可能性にも注意が必要です。19.00-05の抵抗を上抜けて終えれば下値リスクがやや後…

【ドル/円】:下値抵抗を守った状態。上値余地も限られる可能性が点灯中。

2019年12月4日 【ドル/円】:下値抵抗を守った状態。上値余地も限られる可能性が点灯中。 ドル/円は、トランプ大統領が米中貿易協議の先送りの可能性を示唆したことが嫌気されて続落しています。単体では下げ余力の強いものではありませんが、日足の形状が悪…

top