2020-02-07から1日間の記事一覧

上値の重い展開か、底堅い米雇用統計も110円前半の売りを意識

欧米市場オープニングコメント 「上値の重い展開か、底堅い米雇用統計も110円前半の売りを意識」 7日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想する。今晩発表の米雇用統計が底堅い内容となれば景気拡大期待のドル買いに振れやすい。ただ、米株高…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は戻りの鈍い値動き。新型コロナウイルスの日本での感染で警戒感が広がり、円買い主導でドル・円は110円02銭から109円81銭まで弱含んだ。その後円買いは一服したが、今晩の米雇用統計発表を前に積極的な売り買いは手控えられ…

「寄ってらっしゃい初心者さん!FXで1万円ふやすにはいくら必要?」 まんが!週刊FX 2020年2月7日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。ここ数日で抑えておきたいポイントやFXの基礎知識を紹介していきます。 目次 1.教えて!ベレーちゃん 2.ドル/円で1万円ふやすにはいくら必要? 3.ユーロ/ドルで1万円ふやすにはいくら必要? 4.まとめ 教え…

「米1月雇用統計控え、110円台前半の戻り売り圧力」ドル/円 2020/2/7 17:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 「110円台に厚い売りの壁」ドル/円 2020/2/6 16:50 本日高値水準の109.95円から1月高値水準の110.25円にかけて分厚い売り指値の壁が出現。 一方で、109円台の…

FX投資はスワップポイントで上手に利益を獲得せよ

世の中にはさまざまな投資対象があり、さまざまな投資手法があります。収益を得る仕組みもそれぞれであり、ひとつだけとは限りません。例えば、株式投資には売買収益と株主優待があります。不動産投資には家賃収入と売買益のふたつがあります。同じようにFX…

【ドル円】米雇用統計で年初来高値更新なるか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月7日(金)ドル/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・2/7 米1月雇用統計 ・米長期金利、主要国株価 ・新型コロナウイルスを巡る動向 米雇用統計で…

FRB議長証言、米小売、英GDP、独GDP、NZ中銀、メキシコ中銀など 2/10~2/16

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ) パウエルFRB議長、議会証言で新型コロナウイルスの感染拡大が米経済に及ぼす影響についてどのような見解を示すか 欧州(ユーロ圏・英国) 英国、独の10-12月期国内総…

ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、欧米株高を意識してリスク回避的な円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、欧米株高を意識してリスク回避的な円買い抑制も」 6日のドル・円は東京市場では109円74銭から109円98銭まで上昇。欧米市場でドルは109円78銭から110円00銭まで上昇し、109円98銭で取引…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:中国政府による対米関税率引き下げや、米先週分新規失業保険申請件数の減少を受けて、109円78銭から110円00銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.1014ドルから1.0965ドルへドル高・ユーロ安推移。 ユーロ・円:1…

「米雇用統計がドル/円のトレンドを左右」 外為トゥデイ 2020年2月7日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

※追加【トルコリラ/円】:小反落の可能性に注意。

【トルコリラ/円】:小反落の可能性に注意。 トルコリラ/円は小陽線で終え、下値を切り上げていますが、上昇余力に欠けるものであることから、18.20-25近辺までの反落を見て置く必要があります。短期トレンドがまだ弱いので買いは慎重に。強い下値抵抗は18.0…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。

2020年2月7日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。 ドル/円は小幅続伸。4手連続陽線引けとなり、上値余地を探る動きが継続中です。109.80-90の抵抗をクリアしており、次の110.20-30をトライする動きが強まると見ますが…

最強通貨堅持、対米貿易世界一、国内向け送金堅調、大統領支持高い

総括 最強通貨堅持、対米貿易世界一、国内向け送金堅調、大統領支持高い 予想レンジ 5.6-6.1 (ポイント) *19年対米貿易は中国、カナダを抜いて世界一となった *海外居住者からの国内送金が増加 *大統領支持率は71%と高い *19年は財政黒字 *来週は利…

top