2020-07-02から1日間の記事一覧

FX初心者が見逃しがちな決済のタイミング「利確」ポイントの条件とは?

皆さんは、FX取引で「決済のタイミングを間違えてしまった」と、後悔した経験はありませんか。FX初心者は、わずかでも利益が出ると、すぐに利益を確定してしまいがちで、大きいロット数ならば、わずかの価格変動で決済することも“あり”だと思いますが、少な…

FXのデモトレードで何が試せるのか?

スポーツでも、楽器の演奏でも、日頃の反復・練習はとても大切です。実はFXも同じです。FXでは自分の大切な資産を投じます。初心者が練習もせずに安易にトレードすると、あっという間に資金を失いかねません。今回ご紹介するデモトレードは、FXに習熟する上…

ドル・円は底堅い値動きか、米雇用統計改善で3連休前の買いも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米雇用統計改善で3連休前の買いも」 2日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。今晩発表の米雇用統計は前回に続き改善が予想され、早期回復期待のドル買いに振れやすい。また、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。朝方の取引で国内勢によるドル売りが強まり、107円33銭まで値を下げる場面もあった。その後は日経平均株価の上昇を背景に円売りに振れ、107円56銭まで切り返した。ただ、午後は米6月雇用統計の発表を控えて様子見…

今夜は米雇用統計!押し目買い狙いか? ドル/円 2020/7/2 17:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ドル円】難解な米雇用統計に

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 7月2日(木)ドル/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・7/2 米6月非農業部門雇用者数、米6月失業率 ・主要国株価、米長期金利、国際商品価格 難解な米…

「クロス円は調整ムードか」外為総研 House View ポンド/円・豪ドル/円 2020年7月

【外為総研House View】先月の推移と今後の展望

「短期トレードは勝率が命」バカラ村氏 FX特別インタビュー(中編)

日本のFX勃興期から個人投資家として活躍され、FXの国際的なコンテストでは並み居る猛者を抑えて優勝するなど、トレーダーとしての実力も折り紙付きのバカラ村さんにインタビューを行いました。前編ではFXを始めるまで、FX世界大会に参加したいきさ…

金融緩和ってどんなことを指す?経済や為替への影響は? 2020/7/2

皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。【酒匂隆雄のFXお悩み相談室】

「最近のドル/円相場を動かすカラクリ」マット今井のトレードアイディア 2020年7月2日

ユーロ円119円から122円、ポンド円131円から136円、豪ドル円73円から75円のレンジ想定をしていたが、その後は、レンジ想定内での動きとなっている。引き続きレンジトレードを続ける。ポンド円は上を135円に引き下げておく。 さて、最近の…

ドル・円は107円台で推移か、6月の米雇用統計の発表を待つ状況

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台で推移か、6月の米雇用統計の発表を待つ状況」 7月1日のドル・円は、東京市場では108円16銭から107円56銭まで下落。欧米市場でドルは107円36銭まで下げた後に107円60銭まで反発し、107円49銭で取引終了。本…

「米雇用統計はダブル・サプライズに注意」 外為トゥデイ 2020年7月2日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米6月ADP雇用統計が予想を下回ったため、107円36銭へ円高・ドル安推移後、6月ISM製造業景況指数が50を回復したことから、107円60銭まで上昇。 ユーロ・ドル:質への逃避のドル買いが後退し、1.1185ドルから1.1275ドル…

※追加【ポンド/円】:短期トレンドに変化。押し目を待って買い。

【ポンド/円】:短期トレンドに変化。押し目を待って買い。 ポンド/円は実体が小さく下ヒゲのやや長いタクリ足の陽線で終えています。134.00超えに値を戻しており、短期トレンドは“ニュートラル”な状態に変化しています。134.73に位置する21日移動平均線を上…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年7月2日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は6日振りに陰線が出て上昇一服となりました。107.50-60の日足の抵抗を守り切れずに終えていますが、下げ余力の強いものではないので、下値を攻めきれずに切り返す可能性があります。106…

今日、香港市場再開、国家安全法の影響は、経済指標は引き続き改善

総括 今日、香港市場再開、国家安全法の影響は、経済指標は引き続き改善 予想レンジ 人民元/円 14.7-15.7 (ポイント) *香港国家安全法が成立 *今日、香港市場再開、国家安全法の影響は *人民元、株価ともに落ち着いている *製造業PMIなど経済指標は良…

top