2020-07-23から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、米回復期待の後退もユーロ上げ渋りで下支え

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米回復期待の後退もユーロ上げ渋りで下支え」 23日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米雇用情勢の足踏み状態で早期回復期待が後退すれば、ドルは買いづらい見通し。ただ、…

「米景気指標の好結果でドルはどうなる?」ほか 為替ドリル7月号

レポートが身近になれば為替がもっと面白くなる。 「為替ドリル」で為替相場の知識を楽しく学びましょう! 1問目「米景気指標の好結果でドルはどうなる?①」 2問目「米景気指標の好結果でドルはどうなる?②」 3問目「米政情不安でクロス円はどうなる?」 1問…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ・ドル・円は弱含み。東京市場の休場で薄商いのなか、107円20銭を付けた後、上海総合指数の弱含みによる円売り後退で107円07銭まで下落。 ・ユーロ・円は123円93銭から124円23銭まで値を上げた。 ・ユーロ・ドルは1.1564ドルから1.159…

波乱の2020年!上半期の勝利者は? 外為トレーダー統計 2020年7月23日号

日本全国47都道府県のトレーダーを徹底調査!(※1) 外為どっとコム51万会員のいまがわかる。 【特集1】波乱の2020年!上半期の勝利者は? 2020年の上半期は波乱の連続でした。 米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害から始まり、ほどなく新型コロナウイル…

米中対立激化の中で、元、株、金利は、経済指標は?(数字は落ち着いている)

総括 米中対立激化の中で、元、株、金利は、経済指標は?(数字は落ち着いている) 予想レンジ 人民元/円 14.8-15.8 (ポイント) *米中対立激化、貿易、ファーウェイ、香港、ウィグル、南シナ海・東シナ海問題、領事 館退去問題などでで対立 *米中対立で…

「市場の信頼回復を得られるか 23日の政策金利発表」トルコリラの焦点

23日にトルコ中銀が政策金利を発表する。前回の据え置きに続いて今回も金利は8.25%に維持される公算だ。インフレが中銀の見通しに反して高止まりを続ける中、物価の影響を除いた実質金利はマイナスのままとあって、利下げは難しい状況にある。市場予想も据…

ドル・円は主に107円台前半で推移か、米中関係の悪化を警戒して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台前半で推移か、米中関係の悪化を警戒して円売り抑制も」22日のドル・円は、東京市場では106円71銭から106円94銭まで反発。欧米市場でドルは106円87銭から107円29銭まで上昇し、107円17銭で取引終了。 …

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:6月の米中古住宅販売件数増加や追加財政策への期待で106円87銭から107円29銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州復興基金創設を好感したユーロ買いが続き、1.1507ドルから1.1601ドルまでドル安・ユーロ高推移…

top