2020-07-28から1日間の記事一覧

ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの政策決定を控え株価や長期金利を注視

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの政策決定を控え株価や長期金利を注視」 28日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を前に、積極的には動きづらい取引となる見通…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はしっかり。前日海外市場でのドル売りの流れが続き、朝方の取引で105円22銭まで値を下げた。しかし、その後、米10年債利回りの上昇でユーロ・ドルが下げに転じ、ドル買いが優勢となり、105円69銭まで上昇した。105円手前では…

節目での押し目拾い ドル/円 2020/7/28 16:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ドル/円】105円割れはあるか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 7月28日(火)ドル/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・7/28 米7月消費者信頼感指数 ・主要国株価、米長期金利、国際商品価格 105円割れはあるか …

大型IPOと新ハンセン指数が香港ドルに与える影響「日本人の知らない香港情勢」戸田裕大

こんにちは、戸田です。 香港シリーズ、第8回目は「大型IPOと新ハンセン指数が香港ドルに与える影響」でお届けいたします。 香港ではアントグループのIPOプロセスが進み、テックジャイアント企業に特化したハンセン指数が設置されるなど、金融市場に新たな…

ドル・円は105円台前半で推移か、米国金利の先安観などを意識してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台前半で推移か、米国金利の先安観などを意識してドル買い抑制も」 27日のドル・円は、東京市場では106円11銭から105円38銭まで下落。欧米市場でドルは105円58銭から105円12銭まで続落し、105円41銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米連邦準備制度理事会(FRB)の追加緩和観測を受けたドル売りで、105円58銭から105円12銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:予想を上回ったドイツのIFO指数を好感したユーロ買いが継続し、1.1682ドルから1.1781ドル…

「ドル売り止まらず」 外為トゥデイ 2020年7月28日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。上値抵抗にも注意。 ポンド/円は値幅の小さい足で終えています。136.50-60の抵抗にぶつかって上値を若干切り下げていますが、下値を切り上げる流れを維持しており、短期トレンドに変化は見られません。買いは135.00-10の…

【ドル/円】: ドルの戻り売り方針変わらず。

2020年7月28日 【ドル/円】: ドルの戻り売り方針変わらず。 ドル/円は続落となりました。2手前の陰線が揉み合いを下抜けており、新たな下げトレンドに入った可能性が高くなっています。105.00-10、104.60-70に中期的に見た強い抵抗があり、何度か失敗する可…

ドル安進行、ドル/円ターゲットは103円近辺 2020/7/28(火)雨夜恒一郎

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

EUと3つの対立軸で下落、インフレ懸念 リラ安で株高

総括 EUと3つの対立軸で下落、インフレ懸念 リラ安で株高 (通貨10位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 14.8-15.8 (ポイント) *政策金利は据え置き。インフレ懸念が強まっている *地中海のガス油田、リビア内戦、アヤソフィア問題でEUと対立。制裁も …

top