2020-08-11から1日間の記事一覧

ドル・円は伸び悩みか、地合い改善も米中対立が重石に

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、地合い改善も米中対立が重石に」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。前週末の底堅い米雇用統計を受け、ドル売り地合いの改善が進む見通し。株高を手がかりとした円売りも見…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方からドル買いの流れが強まり、105円92銭から上昇基調に。前日海外高値の106円20銭を意識したドル売りに押されたものの、下値は堅く、アジア株高を好感した円売りで夕方にかけて106円24銭まで値を上げた。 …

FX初心者は何から始める?基礎知識とトレードスタイルとは

FX初心者に共通した悩みといえば、いざFX投資への挑戦は決めたけれども、「何から始めたらいいのか、よく分からない」ということではないでしょうか。そこで今回は、FX初心者でも効率的なトレードができるようになるために、最初に始めるべき大切なことを紹…

“夏枯れ相場?”

8月に入ってようやく長かった梅雨が明けて本格的な夏が到来した。 新型コロナ・ウィルスの影響によるテレ・ワークや夏休みの影響で為替相場の動意も小さくなり、先週の主要通貨の動きを週の終値ベースで比べてみると 7/31 8/7 ドル・円 105.93 105.92 ユーロ…

【NZドル円】RBNZはハト派スタンスを強めそう

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 8月11日(火)NZドル/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・8/12 RBNZ金融政策発表 ・主要国株価、国際商品価格 RBNZはハト派スタンスを強めそう 明日1…

週間テクニカル分析レポート 2020/08/10~08/14 アメリカ雇用統計は良かったものの、新型コロナ対策が出るまではリスクオフのドル売り継続か

▼USD/JPY 米中対立激化、米FRBによる積極的金融緩和の長期化予想など、引き続きドルが売られる展開を予想。予想レンジは104.470~107.370▼AUD/JPY 先週政策金利の据え置きが発表され、豪ドルは買われやすい展開か。予想レンジは72.300~79.390▼GBP/JPY 先々…

「狭いレンジで売り買い交錯」ドル/円 2020/8/11 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「ドル/円乱高下、円ロング、円ショートともに大幅減」【今週のIMMポジション】2020/8/11

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

最新の香港情勢アップデートと香港ドルの対円保有の有効性「日本人の知らない香港情勢」戸田裕大

こんにちは、戸田です。 香港シリーズ、第10回は「最新の香港情勢アップデートと香港ドルの対円保有の有効性」でお届けいたします。 さて今週もさまざまな動きがございました。 具体的には米国が香港要人に対して金融制裁を実施した一方、香港政府は国家安…

「トルコリラ大暴れ」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年8月3日~8月7日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

ドル・円は106円近辺で推移か、米追加経済対策の協議再開への期待でドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円近辺で推移か、米追加経済対策の協議再開への期待でドル売り抑制も」 10日のドル・円は、東京市場では105円72銭から106円05銭まで反発。欧米市場でドルは106円20銭まで買われた後、105円71銭まで反落し、105…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:トランプ大統領が失業保険補助の延長などの法案含む大統領令に署名、さらに、米国の6月JOLT求人件数が予想外に増加し106円20銭へ円安・ドル高推移後、105円71銭へ反落。 ユーロ・ドル:1.1792ドルまで上昇後、トルコ…

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。137円割れで短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。137円割れで短期トレンドに変化。 ポンド/円は小反発。強い上昇エネルギーも感じられませんが、短期トレンドが強い状態を維持しているので、押し目買い方針継続とします。買いは138.00-10まで引きつけて。損切りは浅い場…

【ドル/円】:ドルの戻り売り方針継続。

2020年8月11日 【ドル/円】:ドルの戻り売り方針継続。 ドル/円は小陽線が出て小幅続伸となりました。下値を切り上げながらゆっくりと上値をトライする動きとなっていますが、トレンドの変化が確認できないので戻り売り方針変わらずとします。 短期トレンド…

「夏休み本格化」 外為トゥデイ 2020年8月11日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

急落止まるが依然低迷、外貨準備枯渇懸念、リラ安の原因と対策は

次回の掲載は2020年9月1日の予定です。 総括 急落止まるが依然低迷、外貨準備枯渇懸念、リラ安の原因と対策は (通貨11位、株価10位) 予想レンジ トルコリラ/円 14.0-15.0 (ポイント) *先週のリラは対円、対ドルで4%下落 *トルコ中銀がリラ安を防衛出来…

ドル/円は米株高→ドル高・円安へ 2020/8/11(火)雨夜恒一郎

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.