2020-08-14から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、米中協議を控え有事に備えた買い

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米中協議を控え有事に備えた買い」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米経済指標の鈍化で回復期待のドル買いは後退する見通し。ただ、米中関係が悪化するなか15日開催…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。朝方の取引で107円04銭まで値を上げたが、節目付近のドル売りに押され107円台の定着に失敗。その後は上値の重さを嫌気した売りに押された。午後から夕方にかけては、米株先物下落、欧州株安、米10年債利回りの軟調…

「琉球ブルーオーシャンズ」久しぶりの有観客試合! VS SNアーマンズBC

約5ヶ月ぶりとなるスタンドを開放しての試合、球場には多くのファンの姿が! 新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月6日より活動を自粛していた「琉球ブルーオーシャンズ」6月3日より活動を再開しました。無観客での試合が続いておりましたが7月12日の試合…

レンジ継続で売り買い交錯 ドル/円 2020/8/14 16:10

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ユーロ円】1年4か月ぶりに126.75円まで上昇

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 8月14日(金)ユーロ/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 1年4か月ぶりに126.75円まで上昇 ユーロ/円相場の快進撃が続いて…

【マル秘】チャートの見方がわからない方へ、とっておき情報がココに! まんが!週刊FX 2020年8月14日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。 今回おさえておきたいネタはこれだ! 目次 ▼初心者さんにおすすめしたい!外為サロンの録画視聴 ▼第3回 「コレだけは知っておきたい!チャート分析」 講師:川口一晃氏 ▼まとめ ▼あつまれ!外為サロン 初心…

「政策金利引き下げも、そろそろ打ち止め?」知っトク!メキシコペソ

メキシコ中銀は13日、大方の予想通りに政策金利を0.50%引き下げて4.50%とした。ペソは、織り込み済みの利下げには目立った反応を見せず、むしろその後はやや強含んだ。メキシコ中銀の政策メンバーの1人がより小幅な0.25%の利下げを主張していた事などから…

「米民主党大会、FOMC議事録、欧CPI、仏・独・英PMI、日GDP、トルコ中銀など」 週間イベント 8/17~8/23

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「7回目の通商協議へ突入」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

英国とEUは、7回目となる通商交渉を17日から行う予定だ。すでに10月2日まで協議を行うことは双方同意している。合意できなければハードブレグジットも辞さないとしているジョンション首相だが、13日に会談したアイルランド首相は「通商合意を強く望んでいた…

今すぐYouTubeで聞ける! 銀シャリのほくほくマネーラジオ#42

銀シャリのほくほくマネーラジオ第四十二回放送! YoutubeやPodcastなどでお聴きの方は馴染みの無いかもしれませんが、この番組はradikoなどを利用して聴くと、オープニングはずっと「がんばれゴエモン」みたいな陽気なBGMが流れています。 それはブースの中…

ドル・円は107円近辺で推移か、米長期金利の上昇を意識してドル売りは引き続き抑制される可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円近辺で推移か、米長期金利の上昇を意識してドル売りは引き続き抑制される可能性」 13日のドル・円は、東京市場では106円92銭から106円57銭まで下落。欧米市場でドルは106円62銭から107円05銭まで買われており…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新規失業保険申請件数は予想以上に減少したことなどから、ドル買いが強まり106円62銭から107円05銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.1864ドルまでドル安・ユーロ高推移後、1.1794ドルまで反落。 ユーロ・円:1…

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。138.00割れで短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。138.00割れで短期トレンドに変化。 ポンド/円は小幅続伸となり、下値を切り上げる流れを維持しています。個々の足が強いものではなく、また140円台乗せにも失敗していますが、トレンドが強い状態にあるので139.10-20での…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2020年8月14日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は小幅続伸となりました。直近の陽線は単体では上昇エネルギーの強いものではありませんが、106.50-60の軽い抵抗にも跳ね返されており、この反動で上値トライの動きが先行すると見られます。1…

「ドル/円、107.00円台を超えられるか」 外為トゥデイ 2020年8月14日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※本日講師都合のため休載いたします。 2020/8/14(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

4円後半での安定度は高いが、今年の高値の6円には遠い、上昇余地あり

次回の掲載は2020年9月4日の予定です。 総括 4円後半での安定度は高いが、今年の高値の6円には遠い、上昇余地あり 予想レンジ 4.6-5.1 (ポイント) *物価は上昇しているが、コロナ感染深刻化で利下げ *6月鉱工業生産は改善 *メキシコでコロナウィルスワク…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.