2020-09-07から1日間の記事一覧

ドル・円は伸び悩みか、米雇用情勢改善も米中関係悪化に警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米雇用情勢改善も米中関係悪化に警戒」 7日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。前週末の米雇用統計は改善を示し、早期回復への期待からドル売りは後退。ただ、米トランプ政権の中…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。仲値にかけての国内勢のドル買いや日経平均株価の反発を受けた円売りで一時106円39銭まで上昇した。しかし、日本株が再びマイナス圏に転じたほか、英EU通商協議の先行きを懸念したポンド売りにユーロ・円が連れ安とな…

週間テクニカル分析レポート 2020/09/07~09/11 各種経済指標の改善を受けてリスクオン相場となるか

▼USD/JPY 短期移動平均線のゴールデンクロスを試す展開か。横ばいか上昇を予想。予想レンジは105.030~107.420▼AUD/JPY 中期的な上昇トレンドは維持されるも今週は調整局面か。横ばいか上昇を予想。予想レンジは73.350~81.440▼GBP/JPY 上昇の勢いが弱まって…

“調整の週。”

先月初である8月3日のドル・円相場の始値は105.82、月末8月31日の終値は105.90で月足ベースでの“8月は円高。”のアノマリーは今年は僅かながらの差で外れてしまった。 9月に入ってからの先週の為替相場の動きは、ドル・円は106円を挟んでの小動きに終始したが…

【トルコリラ円】リラ買いの理由を見つけるのが難しい情勢

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月7日(月)トルコリラ/円 基調 下値模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 リラ買いの理由を見つけるのが難しい情勢 トルコリラの軟調推…

「様子見ムードの中でも買い優勢」 ドル/円 2020/9/7 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「ノルウェークローネ/円が変動率1位」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年8月31日~9月4日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

為替市場に大きな調整が!?足元の金融市場とドルの動向を語る 2020/9/7

現在の為替相場について、市場で注目されている材料を交えながら"塾長"酒匂氏が独自の視点から解説します。【酒匂隆雄の週刊独り言】

円ネットロング小幅に増加、ショート取り崩しで【今週のIMMポジション】2020/9/7

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

天下分け目のテレビ討論会はここに注目! 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

「出たとこ勝負」の生放送 テレビ討論会日程 今日は9月7日(月)。アメリカのマーケットはレイバーデイで祝日となる。大統領選挙の年は、この日を過ぎるといよいよ終盤戦である。 現下の状況はといえば、挑戦者のジョー・バイデン元副大統領が世論調査ではリ…

すべての金融商品が下落、調整の下げはどこまで続くのか 2020/9/7(月)酒匂隆雄

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は106円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い抑制も」 4日のドル・円は、東京市場では106円06銭から106円22銭まで反発。欧米市場でドルは106円15銭から106円51銭まで上昇し、106円24銭で取引終了。本日7日の…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:予想を上回った米8月雇用統計を好感したドル買いに106円15銭から106円51銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:米8月雇用統計を好感したドル買いや欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測を受けたユーロ売りに1.1865ド…

※追加【ポンド/円】:上値余地が限られる可能性。突っ込み売りにも注意。

【ポンド/円】:上値余地が限られる可能性。突っ込み売りにも注意。 ポンド/円は小反発。140.00-10の抵抗を守っており、上値トライの可能性に繋げていますが、短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻しているので、ポンド急伸にも繋がり難く、飛びつき買い…

「明日の米株再開待ち」 外為トゥデイ 2020年9月7日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。

2020年9月7日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。 ドル円は実体の小さい陽線引けとなりましたが106.50超えの上値抵抗を上抜けきれずに押し戻されています。一方で105円台の下値抵抗を守って下値も切り上げており、105円割れで終えない限り、下値余…

2Q・GDP大幅悪化予想も3Qの経済指標は改善中でランド上昇

総括 2Q・GDP大幅悪化予想も3Qの経済指標は改善中でランド上昇 「通貨11位、株価10位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *今週は2Q・GDPの発表 *中銀は景気刺激策をとり続けている *3Qの経済指標(マークイット民間PMIやアブサ製造業PM…

円安踊り場、コロナ前からの景気減速でも菅長官は消費減税を否定

総括 円安踊り場、コロナ前からの景気減速でも菅長官は消費減税を否定ドル円=104-109、ユーロ円=123-128 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円 通貨4位、株価6位、円安踊り場、コロナ前からの景気減速でも菅長官は消費減税を否定 コロナ感…

ドル/円:上値余地を探る動き。上値抵抗を抜けられない可能性にも注意。105円割れで終えた場合は短期トレンドに変化。

ドル/円:上値余地を探る動き。上値抵抗を抜けられない可能性にも注意。105円割れで終えた場合は短期トレンドに変化。 直近の日足は小陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持しているが、上昇余力の強いものではないので106.50~106.80ゾーンにある上値抵抗…

ユーロ/ドル 安く引けてくれれば売りの好機到来かも・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル 安く引けてくれれば売りの好機到来かも・・・ 先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の末に高く引けたことで上伸期待が高まりましたが、週央から失速、週末にかけて再び実体線が…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.