2020-09-16から1日間の記事一覧

ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの緩和方針維持は織り込み済み

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの緩和方針維持は織り込み済み」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を受け、ドルに下押し圧力がかかりやすい。ただ、緩和…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。クロス円の下げに追随し、ドルは朝方付けた105円44銭から下落基調に振れ、105円23銭まで下げた。安値近辺では国内勢を中心にドル買いがみられ、いったん下げ渋ったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を…

【ユーロドル】FOMC後のドルの動きを注視

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月16日(水)ユーロ/ドル 基調 上値重い 目先の注目材料 ・9/16 米8月小売売上高、FOMC、パウエルFRB議長会見 ・主要国株価、国際商品価格 FOMC後の…

「ポンドはテクニカル的にまだまだ下サイドか? 来週の『英国国内市場法』次第!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

先週のコラム執筆から、今の所思惑通り、ポンド円は下落をしております。 ここ数年、毎度のブレグジットイベントでの審議なのですが、シンプルにお伝えしますと、来週の「英国国内市場法案」が通れば、合意なきEU離脱の確率がグッとあがります。 逆に否決さ…

「節目の105.00円で買い戻し意欲」ドル/円 2020/9/16 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

南ア中銀の政策金利発表に注目 注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 9月16日号

南アランド/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・南ア経常収支赤字化・米国株持ち直し・中国指標改善でリスクオン・ドル円下落 足元の南アランド/円は上値もみ合い ランド/円は、10日に6.30円台を割り込んで下落。南ア4-6月期経常収支が赤字に転じた事や、…

ドル/円 昨日陰線に違和感?打診的な売りはアリか 2020/9/16

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は105円台で推移か、米FOMC会合前で主要通貨の為替取引は動意薄となる可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、米FOMC会合前で主要通貨の為替取引は動意薄となる可能性」 15日のドル・円は、東京市場では105円75銭から105円61銭まで下落。欧米市場でドルは、105円81銭から105円30銭まで下落し、105円45銭で…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ハト派寄りの連邦公開市場委員会(FOMC)を織り込むドル売りや8月鉱工業生産が予想を下回ったことを受けて、105円81銭から105円30銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:9月の独ZEW期待指数の予想外の改善を好感し…

「FOMCは23年の金利予測に注目」 外為トゥデイ 2020年9月16日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:ポンドの戻り売り方針継続。138円台回復でトレンドに変化。

【ポンド/円】:ポンドの戻り売り方針継続。138円台回復でトレンドに変化。 ポンド/円は3手連続して十文字の寄せ線に近い形の足で終えています。一方向へ動き出す可能性が高いので売りも慎重に。138円台を回復して引けた場合は一旦底打ちした可能性が点灯し…

【ドル/円】:上値の重い展開。下値抵抗にも注意。

2020年9月16日 【ドル/円】:上値の重い展開。下値抵抗にも注意。 ドル/円は小幅続落となり、直近の陰線が7/31に付けた104.19を基点とする短期的なサポートラインを下抜けており、日足は下値リスクが点灯し始めています。一方で週足の抵抗が105.10-20に控え…

菅氏に追い風吹く日本経済、ドル/円はボリンジャーバンド下限での攻防 2020/9/16(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.