2020-10-06から1日間の記事一覧

【セミナー】10月の経済見通し「志摩力男氏」 2020/10/6

国際的な大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任し、ファンドマネジャーとしても活躍された志摩力男氏による為替相場の解説セミナーです。 世界中のヘッジファンドや有力トレーダーとの交流の中で見えた、最もホットな通貨ペアの相場見通しやマーケット展…

ドル・円は伸び悩みか、米大統領の退院を好感も根強い警戒で

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米大統領の退院を好感も根強い警戒で」 6日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の退院が好感され、円売りが先行する見通し。ただ、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の退院が好感され、ドルはリスクオンの売りで105円79銭から105円62銭まで値を下げた。ただ、日経平均株価の堅調地合いで円売りに振れ、ドルはその後小幅に値を戻し…

投資経験別、上位100人勝負 外為トレーダー統計 2020年10月6日号

日本全国47都道府県のトレーダーを徹底調査! 外為どっとコム51万会員のいまがわかる(※1)。 ※1 数値はすべて稼働顧客のみを対象としたものです。 【特集】投資経験別 上位100人勝負 経験が重要とされるFXトレードですが、投資経験は本当に成績に影響する…

106円前後で戻り売り狙い ドル/円 2020/10/6 16:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

米国の対中戦略の変化と紛争の舞台となる香港の現状について「日本人の知らない香港情勢」戸田裕大

こんにちは、戸田です。 本シリーズでは、発表された報道や現地の声、公表された経済データなどをもとに、香港の最新の情勢について迫っていきます。中国や香港とのビジネスや投資、人民元・香港ドルといった通貨の売買のご参考にして頂ければ幸いです。 第…

「トランプ退院、政治的不透明感は払拭できるか」 外為トゥデイ 2020年10月6日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に105円台後半で推移か、トランプ大統領の早期回復でリスク回避の円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に105円台後半で推移か、トランプ大統領の早期回復でリスク回避の円買い抑制も」 5日のドル・円は、東京市場では105円28銭から105円64銭まで上昇。欧米市場では、105円54銭から105円79銭まで反発し、105円75銭で…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:9月ISM非製造業景況指数が上昇したほか、トランプ大統領の早期回復に伴う政局不安の後退などを受けて、105円54銭から105円79銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ユーロ圏8月小売売上高が改善したため、1.1733ド…

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円は前日足から上寄りした位置に陽線が出ており、日足の形状は安定しています。買いは136.50-60で押し目買い。損切りは135.90で撤退です。売りは様子見です。138円台に乗せて終えた場合は140円の壁を越えられる…

【ドル/円】:ドルの戻り売り方針継続。

2020年10月6日 【ドル/円】:ドルの戻り売り方針継続。 ドル/円は小陽線で切り返しましたが上昇エネルギーの強いものではありません。106円台乗せを見た場合は上値余地が若干拡がり易くなりますが、この場合でも106.50~107.00ゾーンに日足、週足の抵抗が散…

国内経済対策を外交で打ち消す トルコに友好国はあるのか

総括 国内経済対策を外交で打ち消す トルコに友好国はあるのか (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 13.0-14.0 (ポイント) *アゼルバイジャンとアルメニアで戦闘 トルコはまたもや国際紛争に加担 *政策金利はついに引き上げられた(実質マ…

【終了しました】きょう開催オンラインセミナー 「志摩 力男 10月の経済見通し」

※セミナーは終了しました国際的な大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任し、ファンドマネジャーとしても活躍された志摩力男氏による為替相場の解説セミナーです。 世界中のヘッジファンドや有力トレーダーとの交流の中で見えた、最もホットな通貨ペアの…

ドル/円 105円台の底堅さを確認 気迷い相場が続きそう 2020/10/6(火)雨夜恒一郎

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

top