2020-10-07から1日間の記事一覧

ドル・円は上げ渋りか、米追加対策先送りも株高ならドル買い縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米追加対策先送りも株高ならドル買い縮小」 7日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米追加経済対策の先送りを受けリスクオフのムードが広がり、安全通貨のドルが買われやすい地合…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はじり高。米トランプ政権の追加経済対策への期待後退でリスクオフのドル買いに振れ、朝方の105円61銭から上昇基調に。その後トランプ大統領が一部の支援策に言及するとリスク選好の円売りが優勢となり、ドルは105円94銭まで…

YouTube動画?本?FX初心者におすすめの投資勉強法って何がおすすめ?

FXを始めたばかりの初心者の多くが、「FXはどのように勉強するのが一番良いのか」と思い悩むようです。確かにFXは、書籍、セミナー、インターネット関連サイトなど、情報量も非常に多く、YouTubeのような動画投稿サイトでもFXトレーダーが解説するチャンネル…

「コロナから復活のトランプ、これを機に一致団結となり浮動票獲得なるか?リスクオンを想定してトライ」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

先週末、トランプ米大統領は新型コロナ感染と報じられましたが早くも3日間での退院となりました。 発症が水曜とされており、本来なら本日ぐらいまでは安静にしていることが基本だと思うのですが、選挙活動に人生を賭けているのでしょう。本人の意志が強く退…

105.80円が分岐点 ドル/円 2020/10/7 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【豪ドル円】追加緩和観測と株安のダブルパンチを警戒

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月7日(水)豪ドル/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 追加緩和観測と株安のダブルパンチを警戒 豪中銀(RBA)は昨日の…

メキシコのインフレ率に注目 注目の高金利通貨 メキシコペソ/円 10月7日号

メキシコペソ/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・米追加経済対策期待で株高・米大統領、経済対策協議を打ち切りで株安 足元のメキシコペソ/円は5.0円を前に伸び悩む ペソ/円は、10月に入りグローバルな株価の持ち直しを背景に堅調に推移していましたが、…

買われるならユーロ/円、売られるなら豪ドル/円 2020/10/7

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は主に105円台で推移か、米追加経済救済策を巡る協議停止で円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に105円台で推移か、米追加経済救済策を巡る協議停止で円売り抑制も」 6日のドル・円は、東京市場では105円79銭から105円62銭まで下落。欧米市場では、105円70銭から105円47銭まで反落し、105円66銭で取引終了。…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:債券利回り上昇で105円70銭なで上昇後、トランプ大統領が交渉を選挙後まで停止するよう指示したため、105円47銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:ラガルドECB総裁のハト派発言やフランスの第4四半期見通し引き下げ…

「ドル買いと円買いの綱引きに」 外為トゥデイ 2020年10月7日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円は安値圏で引ける陰線引けとなり、単体では下げ余力を残したものですが、下値を切り上げる流れを守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは損切りが付いたので1日様子見か、135.30-40の押し目があれ…

【ドル/円】:レンジ内から抜け出せない状態。ドルの戻り売り方針継続。

2020年10月7日 【ドル/円】:レンジ内から抜け出せない状態。ドルの戻り売り方針継続。 ドル/円は小陰線で終え、狭いレンジ内での小動きから抜け出していません。下げ余力の強いものではないので、106円台をトライする可能性を残していますが、トレンドが弱…

トランプ大統領、追加景気対策中止でも急激な円高にならない理由 2020/10/7(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

top