2021-01-14から1日間の記事一覧

ドル・円は伸び悩みか、米追加対策を好感も緩和長期化でドル買い縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米追加対策を好感も緩和長期化でドル買い縮小」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米バイデン次期政権による大型の追加経済対策への期待感で、ドル買い先行の見通し。ただ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。米バイデン次期政権による追加経済対策は想定を超える規模との報道を受け、103円79銭から一時104円20銭まで強含んだ。ただ、日経平均株価が上げ幅を急速に縮小する場面もあり、円売り後退でドルはやや値を下げた…

FX「売り買い交錯」ドル/円 2021/1/14 16:10

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

FX「ドル/円が100円になったら日銀や財務省の介入はある?」2021/1/14

皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。【酒匂隆雄のFXお悩み相談室】

【ドル円】否が応でもバイデン・スピーチへの注目度高まる

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月14日(木)ドル/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・主要国株価、米長期金利 否が応でもバイデン・スピーチへの注目度高まる 米国の次期大統領で…

ドル・円は主に103円台後半で推移か、引き続き米政治不安を警戒して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に103円台後半で推移か、引き続き米政治不安を警戒して円売り抑制も」 13日のドル・円は、東京市場では103円85銭から103円53銭まで下落。欧米市場では、103円66銭まで下げた後、104円00銭まで反発し、103円90銭…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:103円66銭まで円高・ドル安に振れた後、104円00銭まで戻したが、米12月消費者物価指数(CPI)がインフレ抑制を示したことから、ドルは伸び悩んだ。 ユーロ・ドル:イタリアの政局混乱懸念、欧州中央銀行(ECB)高官の…

FX「『リスクオンでドル安』の流れに変化?ドルの動きを見極める」2021/1/14(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

「ドル/円、方向感失う」 外為トゥデイ 2021年1月14日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:ポンドの押し目買い方針継続。140円割れで短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:ポンドの押し目買い方針継続。140円割れで短期トレンドに変化。 ポンド/円は実体の小さい陰線引けとなりました。上ヒゲがやや長く、上値トライに失敗しており、若干押しが入る可能性がありますが、短期トレンドが強い状態を維持しており、押…

【ドル/円】:下値抵抗に跳ね返されて下げ渋り。再度上値トライへ。ドルの戻り売り方針継続。

2021年1月14日 【ドル/円】:下値抵抗に跳ね返されて下げ渋り。再度上値トライへ。ドルの戻り売り方針継続。 ドル/円は直近の日足が小陽線で終え、続落を食い止めています。単体では上昇余力の強いものではありませんが、103.50-60の浅い下値抵抗に跳ね返さ…

今週は12月貿易収支、来週は4Q・GDPの発表。6日ぶり陰線

総括 今週は12月貿易収支、来週は4Q・GDPの発表。6日ぶり陰線 予想レンジ 人民元/円 15.8-16.3 (ポイント) *日足は6日ぶり陰線 *人民銀行は元為替は市場原理が重要な役割を果たすとした *20年消費者物価は2.5%上昇 *本日は12月貿易収支の発表 *1月18…

top