2021-02-10から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長は慎重姿勢も割安感で買い戻し

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長は慎重姿勢も割安感で買い戻し」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)議長の慎重姿勢で、ドルは下押し圧力が見込まれる。ただ、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。仲値にかけて国内勢のドル買いが強まり、104円71銭まで強含む場面もあった。その後は米長期金利の低下でドルは売られ、104円50銭まで失速。ただ、その水準での買い戻しが観測され、ドルは下げづらい展開となった…

FX「今と昔でドル円の1日の値幅が違うのはなぜ?」2021/2/10

皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。【酒匂隆雄のFXお悩み相談室】

FX「売り買い交錯」ポンド/円 2021/2/10 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ユーロドル】米・欧中銀トップの講演に注目

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月10日(水)ユーロ/ドル 基調 堅調 目先の注目材料 ・2/10 ラガルドECB総裁講演、パウエルFRB議長講演 ・主要国株価、国際商品価格、米長期金利 米…

「ドル円、即成り行き買いレベル!104.50-65円は絶好の買い場となるか? 」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

今晩、米消費者物価指数が発表されます。 2020年12月の消費者物価指数前年同月比では+1.4%の結果でした。 出所: https://www.gaitame.com/markets/indicator/index.html?year=2020&country=%E7%B1%B3 そして今晩のCPI事前予想は前年同月比+1.5%となって…

FX「ドル円様子見?ポンド・豪ドル買いを選択」2021/2/10

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

FX「メキシコ中銀に注目」注目の高金利通貨 メキシコペソ/円 2月10日号

メキシコペソ/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・米雇用統計低調で米経済対策早期成立への期待高まる・株高、ドル安、原油高がペソを支援・ドル/円の反落がペソ/円の重し 足元のメキシコペソ/円は伸び悩む展開 5日の米1月雇用統計は冴えない内容だったも…

ドル・円は104円台で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は104円台で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も」 9日のドル・円は、東京市場では105円26銭から104円75銭まで下落。欧米市場では、104円89銭から104円50銭まで下落し、104円57銭で取引終了。本日10日のドル・円は…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米債利回り低下に伴うドル売りや株安に連れてり104円89銭から104円50銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:メルケル独首相は感染ペースが鈍化し、管理可能な水準まで低下したら、3月から緩やかに経済活動の再開を提…

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。142.50割れで下値リスクが点灯。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。142.50割れで下値リスクが点灯。 ポンド/円は小幅続落となりましたが、144.10-20の下値抵抗に跳ね返されており、再度145円超えトライの可能性に繋げています。買いは144.30-40で押し目買い。損切りは143.80で撤退です。売…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2021年2月10日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を急角度で切り下げています。105.00の抵抗を守り切れずに終えたことで、反発力が鈍くなりそうですが、短期トレンドの変化が認められないことや、104.50-60,10…

「ドル/円、続落余地」 外為トゥデイ 2021年2月10日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX「ドル安・円安の形に?ドル円 気を付けながらクロス円を物色」2021/2/10(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

top