アジア

FOMC議事録、米新規失業保険、米CPI、ユーロ圏財務相会合など 4/6~4/12

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

ドル需給ひっ迫の中、投機筋はポジション調整に 2020/3/30

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に3月19日16,500円域まで下落し、more-than-reached状況から想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方19,600円域、下方18,5

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

米新規失業保険、米雇用統計、独CPI、中国PMIなど 3/30~4/5

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「人民元トレードで必ず押さえておきたい情報」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は人民元トレードで必ず押さえておきたい情報についてまとめました。前回寄稿分「トレードに役立つ人民元の特徴」と合わせて確認して頂くとより一層理解が深まると思います。それではさっそくみていきましょう…

【まとめ】日米中の緊急支援策とその効果について 戸田裕大 新型コロナショック

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は新型コロナウイルスに対する日米中の緊急支援策とその効果について、金融政策と財政政策に分けて考察していきます。それではさっそく金融政策からみていきましょう。 金融政策 1.政策金利の引き下げ <各国…

円ネットロング昨年8月以来の水準まで増加 2020/3/23

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に3月19日16,500円域まで下落し、more-than-reached状況変らず。次なる目標値算出には値固め要することも変らず。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

「強権中国が対ウィルス戦の希望という皮肉」武者陵司 新型コロナショック

新型コロナウィルス感染の連鎖が、中国全体主義の終わりの始まりとなる可能性はある。新型コロナウィルスの発生と初動において、中国の全体主義が大きな責任を負っていることは明らかである。しかし新型コロナウィルス撲滅と経済正常化を中国が先導する形と…

米PMI、ECB総裁講演、BOEなど 3/23~3/29

【週間イベント】4地域の来週(3/23~3/29)のスケジュールをお届けします。

リスクオフの中、円が買い越しに転じる 2020/3/16

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に3月13日17,400円域まで下落し、more-than-reached状況変らず。次なる目標値算出には値固め要することも変らず。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

FOMC、ユーロ圏財務相会合、日銀など 3/16~3/22

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「中国在住の専門家が教える、トレードに役立つ人民元の特徴」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

みなさん、こんにちは。上海で中国金融リサーチを行っております戸田です。 本日は『トレードに役立つ人民元の特徴』としまして、特に個人投資家の方に覚えて頂きたい人民元の特徴について5点に絞ってご案内いたします。これら5点を覚え、トレードに役立て…

「円ネットショート4週間ぶりに減少へ転じる」【今週のIMMポジション】2020/3/9

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に3月6日20,700円域まで下落し、more-than-reached状況変らず。次なる目標値算出には値固め要することも変らず。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

新型ウイルス、米予備選、ECBなど 3/9~3/15

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 ▼北米(米国・カナダ) 米国株の動きに注目が集中 ▼欧州(ユーロ圏・英国) 欧州中銀(ECB)の追加緩和期待高まる ▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 新型コロナウイルスの感染拡…

「人民元は絶好の買い場? 新型肺炎が与える人民元相場への影響」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

中国で活躍する若竹コンサルティングの代表、戸田裕大氏に今回の新型コロナウイルスと人民元の関係について緊急レポートを公開する。 3つの視点から新型コロナウイルスと人民元相場を分析 本日は新型肺炎が与える人民元相場への影響についてご説明させて頂く…

円ネットショート19年5月以来の水準まで増加【今週のIMMポジション】2020/3/2

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に2月28日21,100円域まで下落し、more-than-reached状況に。次なる目標値算出には値固め要。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

米ISM、スーパーチューズデー、米雇用統計、加雇用統計、英・EU協議、欧CPI、中国PMI、RBA、トルコCPIなど 3/2~3/8

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 ▼北米(米国・カナダ) 株式市場の動きが最大の注目 ▼欧州(ユーロ圏・英国) 英国とEUの将来関係を巡る交渉開始 ▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 新型肺炎流行による中国2月…

円ネットショート僅かに増加【今週のIMMポジション】2020/2/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、2月5日算出の上値目標24,400円域は2月6日23,800円域まで上昇後、2月17日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方23,900円域、下方23,000円域、目標値各々24,700円域、21,900円域。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

米消費者信頼感、米リッチモンド連銀製造業指数、独IFO、独CPI、中国PMIなど 2/24~3/1

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)2月分の米経済指標に注目が集まりそう 欧州(ユーロ圏・英国)ドイツの経済指標はマークしておきたいイベント アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)中国の2月製…

円ネットショート小幅に増加【今週のIMMポジション】2020/2/17

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート小幅に増加】 2月11日時点で円のポジションはドルに対して2.6万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロングポジションが取り崩された…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域に引上げ)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,300円域を2月5日突破しての、上値目標24,400円域変らず。2月6日23,800円域まで上昇。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

FOMC議事録、米PMI、英雇用統計、独ZEW、独・ユーロ圏・英製造業PMI、日本GDP、豪雇用統計、トルコ中銀など 2/17~2/23

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)21日の米2月製造業PMI・速報値に注目 欧州(ユーロ圏・英国)18日の独2月ZEW景況感調査や、21日の独2月製造業PMIの結果に注目 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・…

円ネットショート一段と減少【今週のIMMポジション】2020/2/10

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート一段と減少】2月4日時点で円のポジションはドルに対して2.2万枚の売り越し(ネットショート)。 大きく増加した円ロングとは対照的に…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域に引上げ)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,300円域を2月5日突破、上値目標は24,400円域。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

FRB議長証言、米小売、英GDP、独GDP、NZ中銀、メキシコ中銀など 2/10~2/16

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ) パウエルFRB議長、議会証言で新型コロナウイルスの感染拡大が米経済に及ぼす影響についてどのような見解を示すか 欧州(ユーロ圏・英国) 英国、独の10-12月期国内総…

円ショートポジション3週ぶりに減少へ転じる【今週のIMMポジション】2020/2/3

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ショートポジション大きく減少】1月28日時点で円のポジションはドルに対して3.6万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング・円ショートともにポ…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、現在のバランスの下方へのブレークアウト・ポイントは23,800円域、下値目標は22,000円域、上値目標算出には値固め要す。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない他…

米ISM、米一般教書、米雇用統計、加雇用統計、中国PMI、RBAなど 2/3~2/9

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)最大の注目はやはり7日の米1月雇用統計 欧州(ユーロ圏・英国)1/31をもって英国が欧州連合(EU)から離脱 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)豪中銀(RBA)の政策金利発表に注目 …

「円ショートポジション一段と増加」今週のIMMポジション 2020/1/27

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 目次 ▼IMMポジション ドル/円円ショートポジション一段と増加 ▼IMMポジション ユーロ/ドルユーロネットショート横ばい ▼IMMポジション ポンド/ドルネットロング…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域に引上げ)の中、2020年1月9日算出の上値目標24,700円域は2020年1月20日24,000円域(終値24,083円)まで上昇後、1月23日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方24,100円域、下方23,100円域、目標値各々24,900円域、20,800円域。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

「FOMC、FRB議長会見、米GDP、BOE、欧GDP、欧CPI、豪CPI、中国PMI、メキシコ中銀など」 週間イベント 1/27~2/2

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 目次 ▼北米(米国・カナダ)最大の注目は30日の米10-12月期国内総生産(GDP)・速報値 ▼欧州(ユーロ圏・英国)英中銀 (BOE)が利下げに動くとの観測がくすぶっており、30日の発表が注目される ▼アジア・オセア…

「円ネットショート6週ぶりに増加」今週のIMMポジション 2020/1/20

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【ネットショート増加に転じる】…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域に引上げ)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,600円域を2020年1月9日突破、上値目標24,700円域。2020年1月17日24,000円域まで上昇。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

「カナダ中銀、英雇用統計、独ZEW、ECB、独・ユーロ圏・英PMI、日銀、豪雇用統計、豪CPIなど」 週間イベント 1/20~1/26

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 1/21~24…

「円ネットショート昨年10月以来の水準まで減少」今週のIMMポジション 2020/1/14

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【ネットショート一段と減少】1…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域に引上げ)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,600円域を2020年1月9日突破、上値目標24,700円域。

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

「米CPI、米中合意、米小売、英鉱工業生産、英CPI、中国GDP、トルコ中銀など」 週間イベント 1/13~1/19

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 1/14☆米12月消費者物価指数 1/14…

「年末手仕舞い&年始に向けての円ロング」今週のIMMポジション 2020/1/7

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【年末の円ショート手仕舞い&年…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域に引上げ)の中、12月13日算出の上値目標25,600円域に対して12月17日24,000円域まで上昇後、12月25日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方24,100円域、下方23,000円域、目標値各々24,900円域、21,600円域。

2019年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

「米ISM、FOMC議事録、中国PMIなど」 週間イベント 12/30~1/5

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 12/31◎米12月消費者信頼感指数 1…

「ビッグイベント通過も円ポジションの変動見られず」今週のIMMポジション 2019/12/23

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【円ネットショート2週連続減少…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=21,200円域に引上げ)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,600円域を12月13日突破しての上値目標25,600円域変らず。12月17日24,000円域まで上昇。

2019年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

「クリスマス休暇」 週間イベント 12/23~12/29

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 12/23◎カナダ10月GDP 12/23◎米11…

「円ポジション手仕舞いの動き」今週のIMMポジション 2019/12/16

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【円ネットショート10週間ぶり減…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=21,200円域に引上げ)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,600円域を12月13日突破、上値目標25,600円域。

2019年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.