アジア

FX週間イベント「米CPI、米銀決算、カナダ中銀、米小売り、BOE総裁、ECB、EU首脳会議、日銀、豪雇用、中国GDPなど」7/13~7/19

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

円ネットロング、小幅に縮小【今週のIMMポジション】2020/7/7

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンドに転換 (DP=19,800円域)の中 、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント22,100円域を突破しての下値目標20,400円域は6月30日消滅。現在のバランスのブレークアウトポイント上方22,600円域、下方21,800円域、目標値各々24,600円域、21,000円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンドに転換(DP=19,800円域)の中 、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント22,100円域を突破しての下値目標20,400円域は6月30日消滅。現在のバランスのブレークアウトポイント上方22,600…

FX週間イベント「米ISM、米失業保険、加雇用統計、英・EU交渉、豪RBAなど」7/6~7/12

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

円ネットロング、小幅に積み増し【今週のIMMポジション】2020/6/29

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンドに転換 (DP=19,800円域)の中 、5月19日算出の上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月8日23,100円域まで上昇し、想定通り値固めをし、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方22,600円域、下22,100円域、目標値各々24,000円域20,400円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンドに転換(DP=19,800円域)の中 、5月19日算出の上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月8日23,100円域まで上昇し、想定通り値固めをし、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方22…

FRB議長証言、米ADP、米ISM、米失業保険、米雇用統計、米大統領演説、英・EU交渉、ユーロ圏CPI、日銀短観、中国PMIなど 週間イベント 6/29~7/4

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「円ネットロング、3週ぶり増加へ転じる」【今週のIMMポジション】2020/6/22

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンドに転換 (DP=19,800円域)の中 、5月19日算出の上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月8日23,100円域まで上昇し、想定通り値固めをし、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方23,200円域、下21,400円域、目標値各々24,000円域20,300円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンドに転換(DP=19,800円域)の中 、5月19日算出の上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月8日23,100円域まで上昇し、想定通り値固めをし、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方23…

英・仏・独・欧PMI、独IFO、NZ中銀、トルコ中銀、メキシコ中銀など FX週間イベント 6/22~6/28

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「コロナが揺籃(ようらん)するイノベーション ~株価V字回復の理由~」武者陵司 新型コロナショック

市場はすでに長期上昇局面入りでは 日米株価はV字回復した。4週間で4割弱の史上最速の暴落の後、10週間で約5割と史上最速の急騰を遂げ、6月初めにはコロナショック前のピーク比95%の水準に迫った。ハイテク中心のナスダック指数はすでに史上最高値を更新した…

「円ネットロング大幅減少」【今週のIMMポジション】2020/6/15

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、5月19日算出の上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月8日23,100円域まで上昇し、想定通り値固めをし、現在のバランスの上方へのブレークアウト・ポイントは23,200円域、上値目標24,000円域、下方への目標値算出には値固め要す。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、5月19日算出の上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月8日23,100円域まで上昇し、想定通り値固めをし、現在のバランスの上方へのブレークアウト・ポイン…

米小売り、FRB議長、米大統領選挙集会、英・EU会談、独ZEW、BOE、EU首脳会議、日銀、豪雇用、ロシア中銀など 6/15~6/21

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「108.00円の上値抵抗突破で円ネットロング小幅に減少」【今週のIMMポジション】2020/6/8

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破しての上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月5日22,800円域まで上昇。次なる目標値算出には値固め(この場面での値固めとは22,500円域までの下落)要す。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破しての上値目標21,200円域は5月26日到達。更に6月5日22,800円域まで上昇。次な…

FOMC、FRB議長、ECB総裁、ユーロ圏財務相、OPECなど 6/8~6/14

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「円ネットロング直近ピーク超え」【今週のIMMポジション】2020/6/1

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

「全人代後の為替相場」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

こんにちは、戸田です。 本日は「全人代後の為替相場」と題しまして、先週閉幕した全人代の注目材料を踏まえ、今後の為替相場がどのように動いていくか?考察していきたいと思います。 本記事は以下4項目で構成しました。 ⦁現在までの為替相場 ⦁全人代、公…

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破しての上値目標21,200円域は5月26日到達。次なる目標値算出には値固め要す。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破しての上値目標21,200円域は5月26日到達。次なる目標値算出には値固め要す。 20…

米ISM、米雇用統計、加雇用統計、ECB、RBAなど 6/1~6/7

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「売買交錯の中、円ネットロングは横ばい」【今週のIMMポジション】2020/5/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破、上値目標21,200円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破、上値目標21,200円域。 2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続…

米消費者信頼感、独IFO、中国全人代など 5/25~5/31

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

様子見姿勢で円ネットロングは横ばい 2020/5/18

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

FOMC議事録、WHO総会、英雇用統計、トルコ中銀など 5/18~5/24

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「投機筋の円買いはやや後退」【今週のIMMポジション】2020/5/11

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

米中協議、米小売、英・EU交渉、英GDP、独GDP、RBNZ、豪雇用、中国鉱工業、メキシコ中銀など 5/11~5/17

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「108.00円の上値の重さを再確認で円ネットロング小幅に増加」【今週のIMMポジション】2020/5/7

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、4月30日算出の上値目標20,700円域は5月1日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方20,200円域、下方19,000円域、目標値各々21,000円域、18,200円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、4月30日算出の上値目標20,700円域は5月1日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方20,200円域、下方19,000円域、目標値各々21,000円域、18,2…

米ISM、米ADP、米雇用統計、BOE政策金利、欧州委経済見通し、RBA政策金利など 5/4~5/10

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「売買交錯の中、円ネットロングが小幅に増加」【今週のIMMポジション】2020/4/27

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、4月17日算出の上値目標20,500円域は4月21日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方19,900円域、下方19,000円域、目標値各々20,700円域、18,200円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、4月17日算出の上値目標20,500円域は4月21日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方19,900円域、下方19,000円域、目標値各々20,700円域、18,…

米GDP、FOMC、カナダGDP、ユーロ圏GDP、ECB、日銀、中国PMIなど 4/27~5/3

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「株価は大底を付けたと思われる理由」武者陵司 新型コロナショック

株価は大底を付けたと思われる理由 新型コロナの感染は止まらない。しかし株価は大底から大きくリバウンドしている。米国株式、NYダウは3週間で高値から38%の史上最速の暴落を記録したが、その後これまた最速の2週間で32%のリバウンドを見せ、早くも下落幅の…

「様子見を決め込む投機筋が大勢」【今週のIMMポジション】2020/4/20

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

米失業保険、米PMI、アマゾン決算など 4/20~4/26

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「一部の投機筋は円買い戻しに動いた様子」【今週のIMMポジション】2020/4/14

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)の中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント18,500円域、を4月1日突破しての下値目標17,100円域は4月2日17,800円域まで下落後、4月6日消滅。直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント19,400円域を4月10日突破し、上値目標21,100円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)の中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント18,500円域、を4月1日突破しての下値目標17,100円域は4月2日17,800円域まで下落後、4月6日消滅。直近のバランスの上…

IMF経済見通し、G20、米小売など 4/13~4/19

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「パニックモードから秩序あるリスクオフへ」エミン・ユルマズ 新型コロナショック

1.人民元(CNH)の置かれる現状整理新型コロナウイルスの感染がグローバルで広がり、需要減から原油先物価格が急落、各国で株価が大きく値を下げるなか、為替市場では全般クロス円が下落、人民元/円も一旦下値を拡大した。

発症元の中国は収束へ 人民元(CNH)中長期見通し 新型コロナショック

1.人民元(CNH)の置かれる現状整理新型コロナウイルスの感染がグローバルで広がり、需要減から原油先物価格が急落、各国で株価が大きく値を下げるなか、為替市場では全般クロス円が下落、人民元/円も一旦下値を拡大した。

「円ネットロング2週連続減少」【今週のIMMポジション】2020/4/6

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント18,500円域、を4月1日突破、下値目標17,100円域。4月3日17,800円域まで下落。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント18,500円域、を4月1日突破、下値目標17,100円域。4月3日17,800円域まで下落。 2020年、引続きPFによる実戦相場…

FOMC議事録、米新規失業保険、米CPI、ユーロ圏財務相会合など 4/6~4/12

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

ドル需給ひっ迫の中、投機筋はポジション調整に 2020/3/30

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=21,200円域)が壊れている(中長期下降トレンド形成には至っていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900円域)が壊れている(短期下降トレンド形成には至っていない)中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,000円域を2月25日突破しての下値目標21,900円域は2月27日到達。更に3月19日16,500円域まで下落し、more-than-reached状況から想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方19,600円域、下方18,5

2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

米新規失業保険、米雇用統計、独CPI、中国PMIなど 3/30~4/5

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「人民元トレードで必ず押さえておきたい情報」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は人民元トレードで必ず押さえておきたい情報についてまとめました。前回寄稿分「トレードに役立つ人民元の特徴」と合わせて確認して頂くとより一層理解が深まると思います。それではさっそくみていきましょう…

【まとめ】日米中の緊急支援策とその効果について 戸田裕大 新型コロナショック

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は新型コロナウイルスに対する日米中の緊急支援策とその効果について、金融政策と財政政策に分けて考察していきます。それではさっそく金融政策からみていきましょう。 金融政策 1.政策金利の引き下げ <各国…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.