トルコリラ

6か月ぶりの月足陽線後は低迷、1Q・GDPはまずまず

総括 6か月ぶりの月足陽線後は低迷、1Q・GDPはまずまず (通貨10位、株価7位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.5-16.20 (ポイント) *6か月ぶりに月足は陽線となった(対円) *6月1日より経済活動再開 *5月製造業PMIは改善も50割れ *リラ売り銀行の取引停止…

週間テクニカル分析レポート 2020/06/01~2020/06/05 新型コロナ第2波の兆候と米国雇用統計に注目

▼USD/JPY 終値が13週移動平均線をゴールデンクロス。買いサインが点灯しているが、週後半の米国雇用統計に注意。予想レンジは106.420~109.160▼AUD/JPY 終値が26週移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは68.280~75.470▼GBP/JPY 終値が…

「ユーロしっかり」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年5月25日~5月29日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年5月25日から5月29日の営業日 ▼変動率ランキングユーロがしっかり ▼スワップポイント累計ランキン…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。 トルコリラ/円は寄せ線に近い形の足で終えています。日足は16円乗せに失敗して上値を切り下げていますが日足の下値抵抗が15.60-65にあり、15.50割れで終えない限り、下値余地も拡がり難いでしょう。また、週足の…

米ISM、米雇用統計、加雇用統計、ECB、RBAなど 6/1~6/7

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

コロナ問題から香港問題へ 2020/5/27(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

「原油価格上昇で新興国通貨も上昇」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年5月18日~5月22日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年5月18日から5月22日の営業日 ▼変動率ランキング原油価格上昇で新興国通貨も上昇 ▼スワップポイン…

あの手この手でリラ防衛、1Q・GDPは高度成長となるか

総括 あの手この手でリラ防衛、1Q・GDPは高度成長となるか (通貨10位、株価6位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.5-16.20 (ポイント) *リラ売り銀行の取引停止、外貨購入税の引き上げ、輸入関税でリラ安阻止 *1Q・GDP予想は前年比5%と高い *政策金利は0.…

週間テクニカル分析レポート 2020/05/25~2020/05/29 世界の外出規制緩和と米国の追加経済対策でリスクオン相場か

▼USD/JPY 終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは106.250~108.990▼AUD/JPY 反発する兆しがあるも今週はいったん調整局面か。予想レンジは66.700~73.960▼GBP/JPY 下落トレンドは続いており、今週も下落を予想。予想レンジは…

「『外貨購入税』ってなに?その引き上げ効果は?」トルコリラの焦点

5月上旬にひとまず底を打ったトルコリラ相場は、先週19日に対円で15.90円台まで反発。ただ、その後は上値が重くなっており、トルコ当局による市場介入や取引規制の強化を受けたリラの買い戻しは一巡した模様だ。懸案の外貨準備高は15日時点で488ドルあまりと…

【トルコリラ円】リラ買い戻しに一巡感

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 5月25日(月)トルコリラ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 リラ買い戻しに一巡感 5月上旬にひとまず底を打ったトルコ…

【高井 ひろえ氏】経済ニュースの見方がわからない方限定!あつまれ!外為サロン 2020/5/22

動画配信期間:2020/5/22~ FXを始めてみたいけど、わからない事だらけでお困りのあなたに、経験豊富なFXのプロがお答えします! 全3回シリーズとなる第二回目のゲストはFISCOマーケットレポーターの高井ひろえさんが登場。 外為どっとコム総合研究所の神田…

米消費者信頼感、独IFO、中国全人代など 5/25~5/31

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。 トルコリラ/円は値幅の小さい寄せ線で終えています。上値抵抗を抜けきれていませんが、3手前の陽線が15.55-60近辺の足元を支えており、これを割り込んで終えない限り、上値トライの可能性を残します。16円…

【トルコリラ円】利下げが売り再開のきっかけにならないか警戒

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 5月21日(木)トルコリラ/円 基調 上昇一服 目先の注目材料 ・5/21 トルコ中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 利下げが売り再開のきっかけにな…

※追加【トルコリラ/円】:強い上値抵抗に注意。

【トルコリラ/円】:強い上値抵抗に注意。 トルコリラ/円は小反落。上値トライの可能性に繋げていますが、強い上値抵抗ポイントにぶつかる可能性にも注意が必要です。16.00超えで終えれば上値余地がもう一段拡がり易くなります。さらに16.20超えで越週すれば…

「ドミノ的なデフォルト連鎖のリスク」検証:新興国のデフォルトリスク (第一生命経済研究所 西濵 徹)

新型コロナウイルス感染拡大 「第2派」への警戒 昨年末に中国で発見された新型コロナウイルスは、パンデミック(世界的大流行)となったことで世界的にヒトやモノの移動を制限する動きが広がりをみせるなど、世界経済へ大きな 悪影響 が生じている。なお、…

トルコ中銀の政策金利発表に注目 注目の高金利通貨 トルコリラ/円 5月20日号

トルコリラ/円(4時間足) 直近1週間のポイント ☆過去最安値から1円超持ち直す・外貨準備減少鈍る・スワップ協定への期待 足元のトルコリラ/円は1カ月ぶり高値へ上昇 5月7日に付けた過去最安値14.623円前後からの持ち直しが続いており、19日には15.949円前…

「リラ切り返しの中、政策金利発表が迫る」トルコリラの焦点

トルコでの新型コロナウイルス感染は収まってきたが、感染者数はフランスを抜き世界で8番目の規模になっている(約15.1万人)。 そんな中、トルコ中銀は21日20時(日本時間)に政策金利発表を行う予定だ。市場では現在の8.75%から利下げされるとの予想にな…

リスク先行に向かう流れ変わらず、緩やかな円安が続く 2020/5/20(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗にぶつかる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値抵抗にぶつかる可能性に注意。 トルコリラ/円は実体のしっかりとした陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持していますが、16円台の壁に近づいており、買いも慎重に。15.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。この場合は15.…

「スワップポイント上位にユーロ/トルコリラ復活」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年5月11日~5月15日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年5月11日から5月15日の営業日 ▼変動率ランキングNZドルが下落 トルコは堅調 ▼スワップポイント累…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗に注意。

【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗に注意。 トルコリラ/円は小陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持していますが、15.55-60の抵抗を上抜けきれていないので、15.50台の買いは様子を見た方がいいでしょう。16円台で終えれば下値リスクがや…

6か月ぶりの月足陽線となるか、威嚇効果あり

総括 6か月ぶりの月足陽線となるか、威嚇効果あり (通貨10位、株価6位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.0-16.0 (ポイント) *3月経常赤字は改善 *通貨スワップ締結交渉が進んでいる *今週は政策金利の引き下げが予想されている *3月鉱工業生産は悪化 *…

週間テクニカル分析レポート 2020/05/18~2020/05/22 WHO総会での米中対立再燃に注目

▼USD/JPY 新型コロナ第2波や米中対立再燃の懸念もあり上値は重い展開を予想。予想レンジは105.800~108.510▼AUD/JPY 日足で売りサイン点灯。短期移動平均線をサポートに留まれるか。予想レンジは65.100~72.400▼GBP/JPY 下落トレンドは続いており、今週も下…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。 トルコリラ/円は寄せ線に近い形の足で終えており、下値を切り上げる流れを維持しています。朝方は上値トライの動きが先行していますが、トレンドが強いわけではないので、買いは無理せず15.00~15.20近…

FOMC議事録、WHO総会、英雇用統計、トルコ中銀など 5/18~5/24

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【トルコリラ円】最安値からの切り返し

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 5月15日(金)トルコリラ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 最安値からの切り返し トルコリラ/円が7日に付けた過去最…

「頼みの綱『通貨スワップ協定』の実現性は?」トルコリラの焦点

トルコリラ/円が7日に付けた過去最安値(14.623円前後)から持ち直している。昨日には約3週間ぶりに15.50円台を回復した。反発の背景には、トルコ当局が他中銀とのスワップ協定締結を模索する動きを強めた事がある。昨日は複数のトルコ政府高官の話として、…

※追加【トルコリラ/円】:引き続き上値余地が限られる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:引き続き上値余地が限られる可能性に注意。 トルコリラ/円は続伸。6手連続陽線引けとなり、日足は下値を切り上げていますが、15.55-60にやや強い抵抗が控えており、これを上抜けきれない可能性にも注意が必要です。短期トレンドは16円台…

実体経済と株価の堅調さに違和感!再び調整が入る可能性 2020/5/15(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。 トルコリラ/円は小陽線で終えており、下値を切り上げていますが、強い上値抵抗ポイントに近づいていることや、上昇余力の強いものではないので、上値を追いきれずに反落する可能性に注意が必要でしょう…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。 トルコリラ/円は小幅続伸。実体を15.10超えに戻して日足の形状は改善していますが、短期トレンドの変化が確認できないので新たな買いは様子を見た方がいいでしょう。14.95-00にやや強い下値抵抗が出来…

「トルコリラ/円が史上最安値」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年5月4日~5月8日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年5月4日から5月8日の営業日 ▼変動率ランキングトルコリラ/円が史上最安値 ▼スワップポイント累計ラ…

「新型コロナは第2ステージへ レンジトレードを継続」マット今井のトレードアイディア 2020年5月12日

今週から、各国で経済活動再開の動きが活発化している。中国、韓国は既に正常化となった。欧州各国も英国はまだ若干慎重ではあるが、ドイツなどでは、正常化に確実に向かい始めている。アメリカも同様だ。日本でも、14日に34の都道府県の緊急事態宣言が解…

※追加【トルコリラ/円】:下値リスクがやや後退。短期トレンドはリラ弱気。

【トルコリラ/円】:下値リスクがやや後退。短期トレンドはリラ弱気。 トルコリラ/円は実体を15.10超えに実体を置く陽線引けとなり、日足の形状は若干改善しましたが、トレンドの変化が確認できないので買いは飛びつく必要はなさそうです。14.90-95、14.70-7…

リラ防衛に緊張感走る、経常収支は明日発表

総括 リラ防衛に緊張感走る、経常収支は明日発表 (通貨10位、株価8位) 予想レンジ トルコリラ/円 14.8-15.5 (ポイント) *外貨準備の縮小観測でリラが売られた *相場操縦をしたとして欧米3行が取引停止、その後解除 *トルコが関与するリビアの内戦が激…

週間テクニカル分析レポート 2020/05/11~2020/05/15 各国政府の感染抑制と経済活動再開の両立が課題

▼USD/JPY 短期移動平均線が長期線をデッドクロスし売りサイン点灯。下落を予想。予想レンジは105.380~108.020▼AUD/JPY 週足が短期移動平均線をゴールデンクロスし買いサイン点灯。上昇を予想。予想レンジは66.020~73.310▼GBP/JPY 下落トレンドは続いており…

※追加【トルコリラ/円】:短期トレンドは弱気。15.10超えで終えれば下値リスクがやや後退。

【トルコリラ/円】:短期トレンドは弱気。15.10超えで終えれば下値リスクがやや後退。 トトルコリラ/円は陽線引けとなり、15円台を回復して終えています。14.75-80にやや強い下値抵抗が出来始めていますが、下値リスクを残した状態にあるので、買いは1日様子…

米中協議、米小売、英・EU交渉、英GDP、独GDP、RBNZ、豪雇用、中国鉱工業、メキシコ中銀など 5/11~5/17

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「リラ安は「通貨危機」の第一歩とも言える動き」トルコリラの焦点

7日、トルコリラが史上最安値を更新した。トルコリラ/円は14円60銭台に、ドル/トルコリラは7.26台となった。 足元のトルコリラの下落は、外貨準備高不足、つまり通貨防衛力不足を懸念したものであり、「通貨危機」の第一歩とも言える動きだ。こうした中、ト…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性。一段の下落リスクに引き続き注意。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性。一段の下落リスクに引き続き注意。 トルコリラ/円は陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、15.05-10の抵抗を上抜けて終えるまでは下値リスクを残します。また、短期トレンドは16円台を回復しな…

トルコ当局のリラ防衛策に注目 注目の高金利通貨 トルコリラ/円 5月7日号

新型肺炎の感染については、中国ではやや下火になってきましたが、中国以外では反対に拡大しています。 世界的に流行するパンデミックの状況になれば、市場心理が大きく悪化する可能性があるため、関連報道に注意が必要です。 また、月が変わって3月2日に発…

※追加【トルコリラ/円】:一段の下落リスクに要注意。

【トルコリラ/円】:一段の下落リスクに要注意。 トルコリラ/円は続落。直近の陰線が15.00-05の抵抗を下抜けて終えており、新たな下落リスクが生じています。15.10超えで終えるまでは下値リスクが軽減されません。また、短期トレンドは16円台を回復しない限…

週間テクニカル分析レポート 2020/05/04~2020/05/08 連休中のフラッシュ・クラッシュに注意

▼USD/JPY 下落トレンドは継続しており横ばいか下落を予想。連休中はフラッシュ・クラッシュに注意。予想レンジは105.640~108.160▼AUD/JPY 新型コロナウイルス感染拡大状況について、中国では終息に近づいていることから、豪ドルは上値を目指すと予想。予想…

米ISM、米ADP、米雇用統計、BOE政策金利、欧州委経済見通し、RBA政策金利など 5/4~5/10

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

※追加【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値追いも限定的か。

【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値追いも限定的か。 トルコリラ/円は値幅の小さい足で終えています。下値抵抗を守っており、3/26に付けた17.35を基点とする短期的なレジスタンスラインからは若干上抜けた位置をキープしていますが、上昇エネルギ…

※追加【トルコリラ/円】:下値余地が限られる展開か。

【トルコリラ/円】:下値余地が限られる展開か。 トルコリラ/円は小陽線で続落を食い止めていますが、上昇余力の強いものではありません。一方で3/26に付けた17.35を基点とする短期的なレジスタンスラインからは若干上抜けた位置で終えており、反発に転ずる…

※追加【トルコリラ/円】:下落リスクの高い状態変わらず。

【トルコリラ/円】:下落リスクの高い状態変わらず。 トルコリラ/円は小幅続落。経済活動の再開延期で上値の重い状態が続いています。15.30-35の下値抵抗ポイントに留まっていますが、トレンドが弱く15.00方向への一段の下落リスクに警戒が必要です。買いは…

週間テクニカル分析レポート 2020/04/27~2020/05/01 アメリカの経済活動再開の行方に注目

▼USD/JPY 経済活動再開によるドル買い圧力を期待するも、FRBの大規模量的緩和政策の売り圧力もあり横ばいを予想。予想レンジは106.290~108.700▼AUD/JPY 原油相場の急落もあり、豪ドル /円は上値が重い展開。下落もしくは横ばいを予想。予想レンジは65.110~…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.