トルコリラ

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗リスクがやや高い状態。

【トルコリラ/円】:下値抵抗リスクがやや高い状態。 トルコリラ/円は続落。18.00-05を実体ベースで下抜けていることや、18.20-25の日足の抵抗にぶつかって反落しており、下値リスクが高い形となりました。強い下値抵抗ポイントにありますが、日足の形状が弱…

3月上旬のドル高に注意!ムードに流されず需給を追う 2020/02/26(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

「強烈な円安 トルコリラのスワップポイントは変調」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月17日~2月21日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月17日から2月21日の営業日 ▼変動率ランキング強烈な円安でドル/円が急浮上 ▼スワップポイント累…

週間テクニカル分析レポート 2020/02/24~2020/02/28

▼USD/JPY +2σラインをゴールデンクロスし、買いサイン点灯も反落リスクに注意。予想レンジは110.440〜112.690▼AUD/JPY 日足チャートでデッドクロス形成。新型コロナウイルス拡大のリスクもあり、下落を予想。予想レンジは72.780〜75.090▼GBP/JPY 2019年12月…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転、上昇に転ずる可能性を残した状態。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転、上昇に転ずる可能性を残した状態。 トルコリラ/円は続落となりました。18.00-05の下値抵抗を守っており、これを支えとして反発に転ずる可能性を残していますが、17.90割れで終えた場合は新たな下落トレンド入…

シリア紛争の事態打開至らず、経常赤字化、実質マイナス金利で弱い

総括 シリア紛争の事態打開至らず、経常赤字化、実質マイナス金利で弱い (通貨6位、株価7位) 予想レンジ トルコリラ/円 17.5-18.5 (ポイント) *政策金利を引き下げ *シリア北部での戦闘が続く 米にミサイル配備を要請 *トルコ・ロシアで終戦へ向けた会…

「3連休は要注意?トルコ軍の軍事行動は『時間の問題』」トルコリラの焦点

トルコのエルドアン大統領は19日、シリアのアサド政権軍が反体制派の拠点である北西部イドリブ県に進攻するのを止めるため、トルコ軍が軍事作戦を開始するのは「時間の問題」だと警告した。 大手通信社ロイターは「エルドアン氏は、シリア政権側がイドリブか…

米消費者信頼感、米リッチモンド連銀製造業指数、独IFO、独CPI、中国PMIなど 2/24~3/1

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)2月分の米経済指標に注目が集まりそう 欧州(ユーロ圏・英国)ドイツの経済指標はマークしておきたいイベント アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)中国の2月製…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地を探る動きが継続中。

【トルコリラ/円】:上値余地を探る動きが継続中。 トルコリラ/円は小幅続伸となりました。強い下値抵抗を守って上値余地を探る動きに転じていますが、18.35-40の上値抵抗も上抜けきれていないので、買いも慎重に。日足の上値抵抗は、18.35-40、18.50-55、18…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。

【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。 トルコリラ/円は陽線で切り返して、下値抵抗を守り切った感があります。短期トレンドの変化が認められないものの、反発余地を探る動きが期待できます。18.40超えで終えれば下値リスクがやや後退…

【トルコリラ円】トルコ中銀、6会合連続利下げの可能性

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月19日(水)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・2/19 トルコ中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 トルコ中銀、6会合連続利下げの…

「トルコ中銀連続利下げになるか トルコvsシリアは最終局面に」トルコリラの焦点

トルコ中銀は19日に政策金利発表を行う予定だ。市場では現在の11.25%から、10.75%への利下げ予想となっている。トルコのインフレ率を加味すれば実質金利がマイナスになっているという指摘もあり、利下げ幅にも注目だ。 シリアは17日、イドリブ県に近い北部…

※追加【トルコリラ/円】:リラ弱気の流れ。下値抵抗を守って反転に繋がる可能性を残した状態。

【トルコリラ/円】:リラ弱気の流れ。下値抵抗を守って反転に繋がる可能性を残した状態。 トルコリラ/円は小反落となりました。下げ余力の強いものではなく、日足の下値抵抗も守っていますが、17.90割れで終えた場合は一段の下落リスクに注意が必要となりま…

相場こう着の一因は貿易収支の均衡にあり? 2020/02/19(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

※追加【トルコリラ/円】:強い下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性。

【トルコリラ/円】:強い下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性。 トルコリラ/円は小陽線で続落を食い止めています。強い下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げており、下値リスクがより高い状態にあるので、買いは1日様子を見た方がいいでしょう。18.…

シリア北部での戦闘が影を落とす。リラを支えた経常収支も悪化

総括 シリア北部での戦闘が影を落とす。リラを支えた経常収支も悪化 (通貨6位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 17.7-18.7 (ポイント) *シリア北部での戦闘が続く *トルコ・ロシアで終戦へ向けた会談は始まったが、まだ合意なし *経常収支が赤字化 …

週間テクニカル分析レポート 2020/02/17~2020/02/21

▼USD/JPY 新型コロナウイルス関連のニュースに注意。上下とも動きにくい展開を予想。予想レンジは108.620~110.930 ▼AUD/JPY 中期移動平均線のゴールデンクロスを試す展開か。横ばいか上昇を予想。予想レンジは72.410~74.990 ▼GBP/JPY 短期移動平均線をゴー…

「ユーロ売りが目立つ」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月10日~2月14日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月10日から2月14日の営業日 ▼変動率ランキングユーロ売りが目立つ ドル/円は最下位 ▼スワップポ…

※追加【トルコリラ/円】:強い下値抵抗に到達。守り切れば反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:強い下値抵抗に到達。守り切れば反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は小幅続落となりました。上値を切り下げる流れに変化が認められませんが、18.00-10ゾーンに強い下値抵抗があり、これを守り切れば反転に繋がり易くなります。但し、…

FOMC議事録、米PMI、英雇用統計、独ZEW、独・ユーロ圏・英製造業PMI、日本GDP、豪雇用統計、トルコ中銀など 2/17~2/23

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)21日の米2月製造業PMI・速報値に注目 欧州(ユーロ圏・英国)18日の独2月ZEW景況感調査や、21日の独2月製造業PMIの結果に注目 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は値幅の小さい陰線引けとなりました。上値を切り下げる流れを変えておらず、下値リスクがより高い状態ですが、強い下値抵抗ポイントにあり、18.00-05を守り切れば反転の可能性…

「トルコvsシリア 本格的な武力衝突の危機」トルコリラの焦点

内戦が続くシリアでは今月、反政府勢力の最後の拠点である北西部イドリブ県の攻略を進めるアサド政権の軍が、反政府勢力を支援する隣国トルコの駐留部隊を攻撃し、トルコ軍の兵士ら合わせて14人が死亡した。こうした中、トルコのエルドアン大統領は12日、今…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は小幅続落となり上値を切り下げていますが、18.00-05に強い下値抵抗が控えており、これを守り切れば反転、上昇に繋がる可能性も高いと見ます。但し、17.9…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。急伸にも繋がり難い。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。急伸にも繋がり難い。 トルコリラ/円は値幅の小さい足で終えています。強い下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れにあるので買いは飛びつかず、引き付ける必要があります。また、強い下値抵抗が18.00-05…

ドル/円は例年どおり、ウィルスより需給で動く 2020/02/12(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

景気回復も外交と貿易需給が心配

総括 景気回復も外交と貿易需給が心配 (通貨6位、株価2位) 予想レンジ トルコリラ/円 17.7-18.7 (ポイント) *11月鉱工業生産、小売売上、1月企業と経済信頼感指数、製造業PMIも改善 *問題は外交、シリアの政府軍とイドリブ県で開戦、米国とはミサイル購…

【トルコリラ円】トルコ当局が為替取引を制限、リラ安に歯止めは?

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月10日(月)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ・新型コロナウイルスを巡る動向 トルコ当局が為替取引を制…

「トルコリラ乱高下の陰に取引制限あり」トルコリラの焦点

トルコリラが乱高下している。 10日、トルコ銀行調整監視機構(BDDK)は、国内銀行との為替取引の上限を自己資本の10%に制限すると発表した(従来は25%)。 トルコリラは、前週末7日にアルバイラク財務相が「中銀は利下げを継続できる」との見解を示した他…

週間テクニカル分析レポート 2020/02/10~2020/02/14

▼USD/JPY ゴールデンクロスを形成したものの、新型コロナウイルス関連のニュースに注意。横ばいか下落を予想。予想レンジは108.580~110.970 ▼AUD/JPY 中国経済の影響を受けやすい豪ドル。新型コロナウイルス関連のニュースに注意。下落を予想。予想レンジは…

「新型肺炎に負けず、反転するFX相場」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月3日~2月7日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月3日から2月7日の営業日 ▼変動率ランキング下落していた新興国・高金利通貨が「巻き戻し」 ▼ス…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守って小反発に転ずる可能性。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守って小反発に転ずる可能性。 トルコリラ/円は陰線引けとなり、上値抵抗トライに失敗しましたが、18.15-20の日足の抵抗を守っており、反発に転ずる可能性を残しています。今日の日足の下値抵抗は18.10-15にありますが、17.90…

FRB議長証言、米小売、英GDP、独GDP、NZ中銀、メキシコ中銀など 2/10~2/16

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ) パウエルFRB議長、議会証言で新型コロナウイルスの感染拡大が米経済に及ぼす影響についてどのような見解を示すか 欧州(ユーロ圏・英国) 英国、独の10-12月期国内総…

※追加【トルコリラ/円】:小反落の可能性に注意。

【トルコリラ/円】:小反落の可能性に注意。 トルコリラ/円は小陽線で終え、下値を切り上げていますが、上昇余力に欠けるものであることから、18.20-25近辺までの反落を見て置く必要があります。短期トレンドがまだ弱いので買いは慎重に。強い下値抵抗は18.0…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる可能性に注意。 トルコリラ/円は小幅続伸となりましたが、上昇余力の強いものではないので、大幅続伸にも繋がり難いでしょう。短期トレンドは“リラ弱気”の流れにありますが、18.55超えで終えた場合は下値リスクがやや…

【セミナー】2月の経済見通し「今井雅人」 2020/2/5

銀行ディーラー時代の輝かしい実績に加え、2009年夏の衆議院総選挙で初当選し、国政で活躍を続けるマット今井こと今井雅人氏による毎月恒例の経済解説セミナーです。動画配信期間:2020/02/05~2020/02/20

※追加【トルコリラ/円】:小幅続伸の可能性。上値追いにも限界か。

【トルコリラ/円】:小幅続伸の可能性。上値追いにも限界か。 トルコリラ/円は続伸。下値抵抗を守り切った感があり、上値余地がもう一段拡がり易くなっていますが、中期トレンドが弱いので18.80超えで終えるまでは下値リスクへの警戒も必要です。また、17.90…

【トルコリラ円】実質金利のマイナスが拡大

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月4日(火)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・新型コロナウイルスの感染状況 ・主要国株価、国際商品価格 実質金利のマイナスが拡大 …

「実質金利のマイナス幅がさらに拡大」トルコリラの焦点

3日に発表されたトルコの1月消費者物価指数は前年比+12.15%に上昇が加速。 インフレ率が政策金利(11.25%)を上回り、実質金利のマイナス幅はさらに拡大した。 1月消費者物価指数に対するトルコリラの反応は小さかったが、実質金利のマイナスは中長期的に…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。 トルコリラ/円は小反発。18.00-05の下値抵抗に跳ね返されていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められないので、飛びつき買いに注意が必要です。また、17.90割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます…

インフレ加速で実質マイナス金利、景気良し、外交は常時危うい

総括 インフレ加速で実質マイナス金利、景気良し、外交は常時危うい (通貨5位、株価2位) 予想レンジ トルコリラ/円 17.6-18.6 (ポイント) *12月貿易赤字拡大、11月経常収支も5か月ぶり赤字 *ムーディーズはトルコの実質金利がマイナスとなったことで心…

「新型コロナウイルス拡大でリスクオフ 南アランドは大幅下落」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年1月27日から1月31日の営業日 ▼変動率ランキング新型コロナウイルスによる肺炎拡大でリスクオフ継…

週間テクニカル分析レポート 2020/02/03~2020/02/07

▼USD/JPY 新型コロナウイルスの感染拡大懸念によるリスク回避ムード継続。下落を予想。予想レンジは107.090~109.630 ▼AUD/JPY 中国の景気に影響を受けやすい豪ドルは、さらなる下落リスクあり。予想レンジは71.050~73.870 ▼GBP/JPY 日足で引いたトレンドラ…

※追加【トルコリラ/円】:リラ弱気。下値抵抗を守って反転の可能性を残した状態。

【トルコリラ/円】:リラ弱気。下値抵抗を守って反転の可能性を残した状態。 トルコリラ/円は続落。下値リスクがより高い状態に変わりありませんが、18.00-05に強い下値抵抗があり、これを守り切れば反転の可能性に繋がります。但し、17.90割れで終えた場合…

米ISM、米一般教書、米雇用統計、加雇用統計、中国PMI、RBAなど 2/3~2/9

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)最大の注目はやはり7日の米1月雇用統計 欧州(ユーロ圏・英国)1/31をもって英国が欧州連合(EU)から離脱 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)豪中銀(RBA)の政策金利発表に注目 …

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転の可能性も。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転の可能性も。 トルコリラ/円は続落しましたが、日足の下値抵抗を守って終えています。18.20以下は一旦買い場となる可能性があります。但し、17.90割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。今日の18.20台…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗を守り切れば反転の可能性も。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗を守り切れば反転の可能性も。 トルコリラ/円は反落。下値リスクがより高い状態ですが、18.20-25、18.00-05の下値抵抗を守り切れば反転の可能性に繋がります。但し、17.90割れで終えた場合は新たな下落トレ…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。 トルコリラ/円は小陽線で終え、反発余地を探る動きに繋げています。下値抵抗を守っていますが、日足、週足ともに形状が弱く、反落の可能性により警戒が必要です。上値を追いきれずに再度18.20台の抵抗をトライする…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。強い下値抵抗にも注意。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。強い下値抵抗にも注意。 トルコリラ/円は続落。上値を切り下げる流れに変化が認められませんが18.20-25に強い抵抗があり、これを守り切って反発に転ずる可能性を残しています。但し、17.90割れで終えた場合は新たな…

トルコリラ息切れも円よりはまだ強い。通貨3位、株価首位

総括 トルコリラ息切れも円よりはまだ強い。通貨3位、株価首位 予想レンジ トルコリラ/円 17.7-18.7 (ポイント) *年初来、上昇基調のトルコリラやトルコ株も、中国発のコロナウィルス肺炎の感染拡大でリスクオフとなり売られている *ただ、今年はまだ円…

週間テクニカル分析レポート 2020/01/27~2020/01/31

▼USD/JPY 新型コロナウイルスの感染拡大リスク、中東情勢の緊迫化など、ドル売りを想起させる材料が依然として残っているため、横ばいもしくは下落を予想。予想レンジは107.980~110.590 ▼AUD/JPY 週足でも日足でもデッドクロスを形成。下落を予想。予想レン…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.