ポンド

FX【セミナー】初心者必見!チャートリーディングでトレードセンスがメキメキ上昇「井上義教氏」 2021/1/27

国際的な大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任し、ファンドマネジャーとしても活躍された志摩力男氏による為替相場の解説セミナーです。 世界中のヘッジファンドや有力トレーダーとの交流の中で見えた、最もホットな通貨ペアの相場見通しやマーケット展…

ドル・円は底堅い値動きか、米FOMC受け株・金利高ならドル買い

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FOMC受け株・金利高ならドル買い」 27日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和的な金融政策の維持で、株高が見込まれる。また、先行き…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。仲値にかけてのドル買いで103円59銭から103円75銭まで値を上げた。ただ、その後は日経平均株価の上げ幅縮小で、円売りを抑制。また、ユーロ・ドルの持ち直しでドル買いは後退し、午後以降は上げ渋る展開となった…

FX「ポンド買い!上値狙える」2021/1/27

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は103円台で推移か、米国の政治不安存続でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は103円台で推移か、米国の政治不安存続でドル買い抑制も」 26日のドル・円は、東京市場では103円66銭から103円83銭まで反発。欧米市場では、103円82銭から103円56銭まで下落し、103円62銭で取引終了。本日27日のド…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:欧州通貨高を受けたドル売りに103円82銭から103円56銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.2112ドルから1.2176ドルへドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円:国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通しを上方修正したこ…

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。上値抵抗にも注意。 ポンド/円は下ヒゲが長く実体の小さい陽線で切り返しました。短期トレンドは強い状態を維持しており、また、下値トライにも失敗していますが、142.70-80にもう一段強い抵抗が控えており、これを上抜け…

「FRB議長会見に注目」 外為トゥデイ 2021年1月27日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は底堅い値動きか、米FOMCを見極め株安ならドル買い継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FOMCを見極め株安ならドル買い継続」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。今日と明日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)でハト派寄りのトーンが見込まれ、ドルは買いづ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。日経平均株価の下げ幅拡大を受けた円買いで、ドルは午前中に103円66銭まで値を下げる場面もあった。ただ、その後は欧米株安観測が広がるなかドルにリスクオフの買いが入り、103円83銭まで上昇した。 ユーロ・円は126…

「2021年の英国3大テーマ」ポンド見通し 松崎美子

▼注目点1:スコットランド独立問題 ▼注目点2:ワクチン接種と集団免疫達成の時期▼注目点3:マイナス金利の有無▼ポンド見通し 2021年、ポンドを取引する上で気をつけたい点は、以下3点である。 注目点1:スコットランド独立問題 2021年5月6日、スコットランド…

ドル・円は103円台後半で推移か、米長期金利低下でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は103円台後半で推移か、米長期金利低下でドル買い抑制も」 25日のドル・円は、東京市場では103円89銭から103円67銭まで下落。欧米市場では、103円70銭から103円94銭まで買われたが、103円77銭で取引終了。本日26日…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米12月シカゴ連銀全米活動指数の上昇などを意識して、103円70銭から103円94銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1月独IFO企業景況感指数の低下を嫌気して、1.2180ドルから1.2116ドルまでドル高・ユーロ安推移。 ユ…

「ドル/円、煮詰まり感も」 外為トゥデイ 2021年1月26日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:上値抵抗に注意。140円割れで“ニュートラル”に変化。

【ポンド/円】:上値抵抗に注意。140円割れで“ニュートラル”に変化。 ポンド/円は実体が小さい陰線引けとなりました。トレンドは強いままですが142.20-30,142.70-80に強い抵抗が控えており、これらにぶつかる可能性にも注意が必要です。今日の買いは141.00-…

ドル・円は伸び悩みか、米FOMCでの慎重姿勢維持を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米FOMCでの慎重姿勢維持を見極め」 25日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。欧州通貨が弱含むなら、ドル買いに振れやすい見通し。一方で、明日から開催される米連邦公開市場委…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。日経平均株価の上げ幅拡大を受けた円売りで、ドルは103円89銭まで上昇する場面もあった。ただ、その後は欧米株高観測が広がるなか、ドルにリスクオンの売りが強まり、午後は103円67銭まで失速した。 ユーロ・円は126…

「南アランド/円が変動率首位」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年1月18日~1月22日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

「円ネットロング変動見られず」【今週のIMMポジション】2021/1/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

「ドル/円、下値模索は回避へ」 外為トゥデイ 2021年1月25日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

週間テクニカル分析レポート 2021/01/25〜01/29 米FOMC パウエルFRB議長の記者会見に注目。ドル安継続がメインシナリオ

▼USD/JPY 短期移動平均線がレジスタンスとなり下落継続を予想。予想レンジは102.750〜104.790 ▼EUR/USD 短期移動平均線で反発。上昇継続を予想。予想レンジは1.1983〜1.2358 ▼EUR/JPY 短期移動平均線で反発。上昇継続を予想。予想レンジは124.900〜127.690 ▼…

ドル・円は103円台後半で推移か、米国の政治・社会不安への懸念でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は103円台後半で推移か、米国の政治・社会不安への懸念でドル買い抑制も」 22日のドル・円は、東京市場では103円49銭から103円70銭まで反発。欧米市場では、103円61銭から103円89銭まで上昇し、103円77銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米12月中古住宅販売件数や1月PMI速報値の改善を好感して、103円61銭から103円89銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:1.2152ドルから1.2190ドルまでユーロ高・ドル安に振れた後、ドイツが2021年の経済成長見通し…

※追加【ポンド/円】:短期トレンドは“ポンド強気”を維持。強い上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:短期トレンドは“ポンド強気”を維持。強い上値抵抗にも注意。 ポンド/円は実体が小さく、下ヒゲのやや長い“タクリ足”の陰線が出ており、下値トライに失敗した形となりました。この反動で上値トライの動きが強まると見られますが、高値圏にある…

トランプMAGAでもバイデンBBBでも米貿易赤字からのドル売りは変わらず

総括 トランプMAGAでもバイデンBBBでも米貿易赤字からのドル売りは変わらず ドル円=101-106、ユーロ円=124-129 、ユーロドル=1.19-1.24 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨10(7)位、株価5(6)位、持続的なドル円の小幅下落が止まるのか」 2016年からの…

ポンド/円 上値を取りにくるようなら、買いで攻めたいところ・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ポンド/円 上値を取りにくるようなら、買いで攻めたいところ・・・ 先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週を通じた値幅は2円弱ということで、他の対円の通貨ペアと対比するとそこそこ動いてはいる…

ドル・円は底堅い値動きか、株高一服で下押しも週末控えドル買い戻し

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、株高一服で下押しも週末控えドル買い戻し」 22日の欧米外為市場では、底堅い値動きを予想する。米バイデン政権の政策期待を背景とした株高は一服し、リスク選好ムードは弱まる見通し。ただ、週末…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方に103円49銭を付けた後、イベント通過に伴う円買いの後退でドルは底堅く推移。欧州中銀(ECB)理事会後のユーロ買いの影響でドルは上げ渋ったが、夕方にかけてユーロ買いが弱まり103円70銭まで値を上げた。…

「FOMC、FRB議長、米GDP、ECB総裁、独IFO、独GDP、豪CPI、NZ貿易収支、中国PMIなど」 FX週間イベント 1/25~1/31

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【ポンドドル】ドル安のあおりで2年8か月ぶり高値を示現

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月22日(金)ポンド/ドル 基調 上昇一服 目先の注目材料 ・1/22 英1月製造業/サービス業PMI・速報値 ・主要国株価、国際商品価格 ドル安のあおりで2…

ドル・円は主に103円台で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に103円台で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り抑制も」 21日のドル・円は、東京市場では103円67銭から103円33銭まで下落。欧米市場では、103円33銭から103円66銭まで反発し、103円50銭で取引終了。本日22日…

「ドル/円、デッドクロスが間近」 外為トゥデイ 2021年1月22日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:12月住宅着工件数は予想を上回ったほか、週次新規失業保険申請件数も減少したため、103円33銭から103円66銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)は大規模金融緩和据え置きを決定したが、ラガ…

※追加【ポンド/円】:短期トレンドは強気を維持。強い上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:短期トレンドは強気を維持。強い上値抵抗にも注意。 ポンド/円は142円台に実体を置く陽線引けとなり、上値トライの流れを変えていませんが、強い上値抵抗ポイントを上抜けきれていないので、買いも引き続き慎重に。買いは141.50-60の押し目待…

FX「ヘッジファンドがドル売りで仕掛けたい理由」2021/1/22(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は下げ渋りか、米新政権発足受けた株高で円売り継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米新政権発足受けた株高で円売り継続」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米大統領就任式の無難通過でリスク要因が後退し、ドル売り優勢の見通し。ただ、新政権による政策…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。仲値にかけてのドル買いにより、一時103円67銭まで上昇した。ただ、米バイデン新政権発足に伴う「ご祝儀相場」で世界的な株高が観測されるとリスクオンのドル売りが優勢となり、夕方にかけて103円33銭まで値を下げ…

FX「売り買い交錯」ポンド/円 2021/1/21 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は主に103円台で推移か、リスク選好的なドル買いは引き続き抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に103円台で推移か、リスク選好的なドル買いは引き続き抑制も」 20日のドル・円は、東京市場では103円94銭から103円72銭まで下落。欧米市場では、103円84銭まで戻した後、103円45銭まで下落し、103円55銭で取引…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米1月NAHB住宅市場指数は低下し、103円84銭から103円45銭まで円高・ドル安で推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控えて1.2158ドルから1.2077ドルまでドル高・ユーロ安推移後、反発。 ユーロ・円…

※追加【ポンド/円】:上値余地が限られる展開。140円割れで短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:上値余地が限られる展開。140円割れで短期トレンドに変化。 ポンド/円は実体が小さい陰線引けとなりました。下値を切り上げる流れには変化が認められませんが、上ヒゲがやや長く上値トライに失敗しており、142.20-30の抵抗にぶつかっています…

「ドル/円、日替わり相場」 外為トゥデイ 2021年1月21日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX「オーダーブック+チャートでFX解説」 2021/1/21(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、米バイデン政権発足で政策期待の円売り

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米バイデン政権発足で政策期待の円売り」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米大統領就任式のスムーズな政権移行が観測され、安全通貨のドルは下押しされる見通し。…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。欧州政治リスクの一服を受けたユーロ・ドルの上昇で、ドル・円は下押し圧力がかかり103円94銭から103円72銭まで値を下げた。ただ、日経平均株価の下げ渋りで円買いは抑制され、ドルは103円70銭台を維持した。 ユ…

FX「ポンド/円に期待できるポイント」2021/1/20

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は主に103円台後半で推移か、米低金利政策長期化の思惑強まる

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に103円台後半で推移か、米低金利政策長期化の思惑強まる」 19日のドル・円は、東京市場では103円65銭から104円09銭まで反発。欧米市場では、104円06銭まで買われた後、103円84銭まで下落し、103円90銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:イエレン次期財務長官候補が公聴会で大規模な追加経済対策の必要性を指摘し、104円06銭へ強含んだのち、低金利の長期化を示唆したことから、103円84銭へ円高・ドル安で推移。 ユーロ・ドル:イタリア政局不安緩和など…

「ドル/円、レンジ相場継続」 外為トゥデイ 2021年1月20日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。140円割れで短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。140円割れで短期トレンドに変化。 ポンド/円は寄り付き安値の陽線で切り返しており、短期トレンドの変化は認められませんが、3手前の陰線の影響を受けた状態にあるので、142.20超えで終えるまでは下値リスクにも注意が必要…

top