ユーロ

ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制」 18日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。重要イベント通過に伴いリスク回避の円買いは後退し、底堅いクロス円に追随する見通し。…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。東京市場の明日からの4連休を前に国内勢がドル買いを進め、午前中に104円87銭まで値を上げた。その後、欧州通貨の持ち直しや米10年債利回りの伸び悩みでドルは下押しされ、夕方にかけて失速し、104円56銭まで下げた。…

【ユーロ円】調整ムード広がる

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月18日(金)ユーロ/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 調整ムード広がる ユーロ/円は今月1日の127.07円前後をピークに…

「米失業保険、FRB議長証言、BOE総裁講演、独・英PMI、独IFO、NZ中銀、日銀総裁講演、トルコ中銀、メキシコ中銀、など」 週間イベント 9/21~9/27

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「ドル/円 どこかで買ってみても面白いのでは」マット今井のトレードアイディア 2020年9月18日

最近のFX市場の主役はすっかりイギリスになっています。イギリスの大手新聞などが、イギリスは今年末に迫っているEUとの貿易協定などの合意について、期限までにまとまらないとのイギリス政府関係者の見方を報じてから今の流れは始まりました。 イギリス…

ドル・円は主に104円台で推移か、米国株安を意識してリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、米国株安を意識してリスク選好的なドル買い抑制も」 17日のドル・円は、東京市場では105円17銭から104円69銭まで下落。欧米市場でドルは、104円87銭から104円53銭まで下落し、104円72銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:先週分新規失業保険申請件数は市場予想をやや上回ったため、104円87銭から104円53銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州委員会委員長の発言で欧州連合(EU)と英国の通商交渉での合意期待が再燃し、1.1783ドル…

「ドル/円4日続落、週末前の買い戻しも」 外為トゥデイ 2020年9月18日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。

2020年9月18日 【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。 ドル/円は4手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。個々の足が下げエネルギーの強いものではないことや、104円台の下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。また…

ドル円 海外勢が売り仕掛け!4連休でどこまで下がる? 2020/9/18(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、想定内の米FOMCでドル売り後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、想定内の米FOMCでドル売り後退」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和継続姿勢を受け、ドルへの下押し圧力は継続する見通し。ただ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。米連邦公開市場委員会(FOMC)の無難通過に伴うドルの買い戻しで、一時105円17銭まで値を切り上げた。その後は105円付近でもみ合いが続いたが、夕方にかけてアジア株安に続く欧州株の下落スタートを受けて、円買い…

ドル・円は105円近辺で推移か、米追加緩和の思惑後退でドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円近辺で推移か、米追加緩和の思惑後退でドル売り抑制も」 16日のドル・円は、東京市場では105円44銭から105円23銭まで下落。欧米市場でドルは、105円26銭から104円81銭まで下落し、104円98銭で取引終了。本日1…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ハト派FOMCへの思惑を受けたドル売りに105円26銭から104円81銭まで円高・ドル安推移後、追加緩和に慎重な姿勢を受け105円15銭へ反発。 ユーロ・ドル:ユーロポンド絡みのユーロ売りで1.1882ドルから1.1788ドルへドル…

「ドル/円、104円台は買い優勢」 外為トゥデイ 2020年9月17日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。

2020年9月17日 【ドル/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。 ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。直近の陰線が105円割れで終えており、下値リスクが点灯していますが、週足の抵抗が105.10-20にありこれを上抜けて越週する可…

FOMCに債券は好感、株式市場は物足らず?株安・円高傾向続くか 2020/9/17(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの緩和方針維持は織り込み済み

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの緩和方針維持は織り込み済み」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を受け、ドルに下押し圧力がかかりやすい。ただ、緩和…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。クロス円の下げに追随し、ドルは朝方付けた105円44銭から下落基調に振れ、105円23銭まで下げた。安値近辺では国内勢を中心にドル買いがみられ、いったん下げ渋ったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を…

【ユーロドル】FOMC後のドルの動きを注視

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月16日(水)ユーロ/ドル 基調 上値重い 目先の注目材料 ・9/16 米8月小売売上高、FOMC、パウエルFRB議長会見 ・主要国株価、国際商品価格 FOMC後の…

ドル/円 昨日陰線に違和感?打診的な売りはアリか 2020/9/16

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は105円台で推移か、米FOMC会合前で主要通貨の為替取引は動意薄となる可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、米FOMC会合前で主要通貨の為替取引は動意薄となる可能性」 15日のドル・円は、東京市場では105円75銭から105円61銭まで下落。欧米市場でドルは、105円81銭から105円30銭まで下落し、105円45銭で…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ハト派寄りの連邦公開市場委員会(FOMC)を織り込むドル売りや8月鉱工業生産が予想を下回ったことを受けて、105円81銭から105円30銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:9月の独ZEW期待指数の予想外の改善を好感し…

「FOMCは23年の金利予測に注目」 外為トゥデイ 2020年9月16日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上値の重い展開。下値抵抗にも注意。

2020年9月16日 【ドル/円】:上値の重い展開。下値抵抗にも注意。 ドル/円は小幅続落となり、直近の陰線が7/31に付けた104.19を基点とする短期的なサポートラインを下抜けており、日足は下値リスクが点灯し始めています。一方で週足の抵抗が105.10-20に控え…

菅氏に追い風吹く日本経済、ドル/円はボリンジャーバンド下限での攻防 2020/9/16(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は下げ渋りか、米追加緩和観測も欧州通貨にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米追加緩和観測も欧州通貨にらみ」 15日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。本日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加緩和への思惑で、ドルは下押しされる見通…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。自民党の菅総裁が早期解散・総選挙に否定的な見解を示し、安定政権への期待後退による円買いでドルは105円61銭まで下落した。しかし、その後、ユーロ・ドルが反発し、ユーロ・円が堅調推移となったことでドル・円も連…

「EUが制裁? 地中海のガス田を巡る対立」トルコリラの焦点

トルコが以前からギリシャ・キプロスと争っていた地中海でのガス田開発について、EUはトルコに対して、交渉に応じない場合には制裁を科す可能性を示した。 本件はトルコとギリシャが互いに領有権を主張する中、トルコがキプロスの領海内で試掘を始めるなど、…

ドル・円は105円台で推移か、米追加緩和の思惑でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、米追加緩和の思惑でドル買い抑制も」 14日のドル・円は、東京市場では106円17銭から105円95銭まで下落。欧米市場でドルは、106円05銭から105円55銭まで下落し、105円70銭で取引終了。本日15日の…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:連邦公開市場委員会(FOMC)を控えたドル売りに106円05銭から105円55銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1850ドルから1.1888ドルへドル安・ユーロ高推移後、ECB専務理事兼首席エコノミスト、レーン氏のユーロ…

「ドル/円、105円台の攻防再び」 外為トゥデイ 2020年9月15日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。

2020年9月15日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。 ドル/円は小陰線で終えています。下げ余力の強いものではありませんが、105円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。逆に106.50-60の抵抗をクリアした場合は上値余地が若干拡がり易くなりま…

ドル・円は底堅い値動きか、米追加緩和に思惑もワクチン開発に期待感

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米追加緩和に思惑もワクチン開発に期待感」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。追加的な米金融緩和への思惑からドル売りに振れやすい見通し。ただ、ワクチン開発への期…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。ワクチン開発への期待感からリスク選好ムードが広がるなか、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて米10年債利回りが低下し、ドル売り先行で106円17銭から下落基調に。午後はユーロ・ドルの上昇でドルはさらに下押…

「ポンド下落祭り」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年9月7日~9月11日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

「円ネットロング3週間ぶりに減少」【今週のIMMポジション】2020/9/14

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

ドル・円は106円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い抑制も」 11日のドル・円は、東京市場では106円08銭から106円26銭まで反発。欧米市場でドルは、106円25銭から106円06銭まで反落し、106円16銭で取引終了。本日14…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米債利回り低下に伴い、106円25銭から106円06銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)のユーロ高けん制警戒感が後退し1.1874ドルへドル安・ユーロ高推移後、ECB専務理事兼首席エコノミスト、レー…

「ドル/円、日米金融政策イベント待ちに」 外為トゥデイ 2020年9月14日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年9月14日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は値幅の小さい足が連続しており、方向感のない展開となっていますが、上値を切り下げる一方で下値も切り上げており、今日についても狭いレンジ内での動きに留まると見られます。 一方…

菅氏に追い風吹く日本経済。米国発リスク回避でも日本への影響は軽微

総括 菅氏に追い風吹く日本経済。米国発リスク回避でも日本への影響は軽微 ドル円=104-109、ユーロ円=123-128 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円通貨4位、株価6位、菅氏に追い風吹く日本経済。米国発リスク回避でも日本への影響は軽微 …

ポンド/円 一気に下落トレンド入りか?

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ポンド/円 一気に下落トレンド入りか? 先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週を通じた値幅は5円を超え、どの通貨ペアもボラティリティ欠乏症の中、かなりダイナミックな動きを提供してくれました…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント124円域を7月30日突破しての上値目標132円域変らず。8月13日126円域まで上昇。8月14日の本稿以降依然PF上意味のある動きなし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント124円域を7月30日突破しての上値目標132円域変らず。8月13日126円域まで上昇。8月14日の本稿以降依然PF上意味の…

ドル/円:105.00~107.00のレンジ内から抜け出せない可能性。105円割れで終えた場合は 一段の下落リスクに注意。

ドル/円:105.00~107.00のレンジ内から抜け出せない可能性。105円割れで終えた場合は 一段の下落リスクに注意。 日足は値幅の小さい足が連続しており、105.50~106.50の極端に狭いレンジ内での揉み合い状態が続いている。下値を切り上げる流れを維持してい…

ドル・円は底堅い値動きか、英・EUの交渉にらみ欧州通貨売り継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、英・EUの交渉にらみ欧州通貨売り継続」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。英国と欧州連合(EU)との通商協議が暗礁に乗り上げ、欧州通貨売りでドル選好地合いの見通し…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は強含み。106円08銭から106円26銭まで上昇した。日経平均株価が続伸で引け円売りが優勢になった。また、前日の欧州中央銀行(ECB)理事会を終えて追加緩和観測やユーロ高けん制警戒が後退し、ユーロ・円の買いが再燃。日英の…

「米小売、FOMC、独ZEW、英CPI、BOE、自民総裁選、日銀、NZGDP、豪雇用、南ア中銀、ロシア中銀など」 週間イベント 9/14~9/20

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

ドル・円は106円台で推移か、米国株安を意識して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円台で推移か、米国株安を意識して円売り抑制も」 10日のドル・円は、東京市場では106円30銭から106円03銭まで下落。欧米市場でドルは105円98銭まで下げた後、106円24銭まで反発し、106円13銭で取引終了。本日1…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:先週分新規失業保険申請件数が予想外に増加し、米労働市場の遅い回復を嫌ったドル売りで105円98銭まで下落後、質への逃避のドル買いに106円24銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)は定例理事会…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.