ユーロ

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米利下げへの思惑で買い戻し縮小も

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米利下げへの思惑で買い戻し縮小も」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い値動きを予想したい。米国株の下落や米長期金利の低下が一服すれば、ドルは値ごろ感から買い戻しが入りや…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。新型肺炎の世界的な拡大懸念からドル売り、円買いが先行し、110円13銭まで下落。その後、本邦実需筋とみられるドル買いをきっかけに反発に転じ、110円58銭まで上昇した。日経平均株価の下げ幅縮小や米株高観測な…

「市場が痛むとレンジ相場?今週後半は逆張りトレードを!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

ドル円は110円を超えてからあっという間の上昇でした。一時112円20銭前後まで到達し、その後反落。110円を一時割れる展開となり、戻り売りのロスカット、押し目買いのロスカットも短期トレードのポジションはほとんど一掃されたでしょう。 こういった値動き…

ジェットコースターのような相場が続く?早乗り早売りが吉か 2020/2/26

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】動画配信…

ドル・円は主に110円台前半で推移か、米国株安を意識してドルは上げ渋る可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に110円台前半で推移か、米国株安を意識してドルは上げ渋る可能性」 25日のドル・円は東京市場では111円04銭から110円64銭まで下落。欧米市場でドルは110円74銭から109円89銭まで続落しており、110円16銭で取引…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:2月消費者信頼感指数が予想を下回ったことや、米国内での新型肺炎感染拡大の可能性が浮上し、110円74銭から109円89銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.0830ドルから1.0890ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユー…

【ドル/円】:“ニュートラル”な状態に変化。

2020年2月26日 【ドル/円】:“ニュートラル”な状態に変化。 ドル/円は3手連続陰線引けとなり、直近の陰線が110.00割れを見て短期トレンドをニュートラルな状態に戻しています。2/19の大陽線の値幅も切り崩しており、新たな上昇トレンド入りの可能性を打ち消…

「ドル/円、下値メドが見えにくい展開に」 外為トゥデイ 2020年2月26日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

3月上旬のドル高に注意!ムードに流されず需給を追う 2020/02/26(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、米大幅株安の修正で買い戻し

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米大幅株安の修正で買い戻し」 25日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が嫌気されているが、米国株が前日の大幅安を修正すればドルは…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。日経平均株価が前週末比1000円超安となった後、下げ幅を縮小したことを受けドルは110円64銭から111円04銭まで値を切り上げた。ただ、日本株の戻りは限定的となり、ドルは買い縮小で110円後半に失速した。 ユーロ…

円ネットショート僅かに増加【今週のIMMポジション】2020/2/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

「強烈な円安 トルコリラのスワップポイントは変調」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月17日~2月21日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月17日から2月21日の営業日 ▼変動率ランキング強烈な円安でドル/円が急浮上 ▼スワップポイント累…

ドル・円は110円台後半で推移か、世界同時株安でドル上げ渋りの可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円台後半で推移か、世界同時株安でドル上げ渋りの可能性」 24日のドル・円は東京市場では111円68銭から111円26銭まで下落。欧米市場でドルは111円54銭から110円33銭まで続落しており、110円69銭で取引終了。 本…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型肺炎の感染拡大が世界経済や米国経済に影響を与えるとの懸念で111円54銭から110円33銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:予想を上回った2月のドイツIFO企業景況感指数に1.0813ドルから1.0872ドルまでドル安・…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針変わらず。

2020年2月25日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針変わらず。 ドル/円は2手連続陰線引けとなり、上値を切り下げていますが、4手前の大陽線が110.20-30の足元を固めており、110円割れを見ない限り、短期トレンドは変化しません。今日の押しは一旦買い場となる…

「ドル/円、110.30円のサポートがカギに」 外為トゥデイ 2020年2月25日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

ドル・円は上げ渋りか、円売り継続予想も米株安ならドル下押しも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、円売り継続予想も米株安ならドル下押しも」 24日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済の先行きを警戒した円売りは続く見通し。ただ、リ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。111円26銭を付けた後は111円68銭まで強含んだ。ただ、その後は米株式先物の大幅安でドル買いはやや縮小した。 ユーロ・円は120円34銭から121円07銭まで上昇後は失速。 ユーロ・ドルは1.0842ドルから1.0805ドルま…

ドル・円は111円台で推移か、東京市場休場でもみ合いが続く可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は111円台で推移か、東京市場休場でもみ合いが続く可能性」 21日のドル・円は東京市場では112円19銭から111円69銭まで下落。欧米市場でドルは112円03銭から111円47銭まで下落しており、111円57銭で取引終了。 本日24…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:2月米サービス業PMI速報値や総合PMI速報値が予想外の50割れで、112円03銭から111円47銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:予想を上回ったドイツやユーロ圏の2月製造業PMI速報値を好感して、1.0790ドルから1.0864…

ドルインデックス100に近づき反落、ユーロ指標改善でもドル反落

総括 ドルインデックス100に近づき反落、ユーロ指標改善でもドル反落 ドル円=108-113、ユーロ円=118-123 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨8位 株価12位、2月下旬はドル売りのデータ」 日本売りと騒がれているが、ドル円は去年と…

ドル/円:新たな上昇トレンド入りの可能性が点灯中。但し、110.70割れで終えた場合は、“ダマシ”となった可能性が点灯、110円割れを見た場合は短期トレンドが変化。

ドル/円:新たな上昇トレンド入りの可能性が点灯中。但し、110.70割れで終えた場合は、“ダマシ”となった可能性が点灯、110円割れを見た場合は短期トレンドが変化。 直近の日足は小陰線で終え、上昇一服となったが、3手前の大陽線が111円台乗せを見て、新たな…

ポンド/円 実体線が3本の移動平均線から乖離する動きを素直に評価したい!

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ポンド/円 実体線が3本の移動平均線から乖離する動きを素直に評価したい! 先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。ドル円・ユーロ円が華々しい花火のような動きを見せましたが、ポンド円は比較的落…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方123円域、下方117円域、目標値各々134円域、103円域。

2020年、今年も皆様の「資産を殖やす」ことにお役に立てればと只管願っております。 利用できるwebsiteの関係で添付する絵(PFのチャート)が引き続き「相場の木」レベルの短期の絵だけになってしまいますので、ご了承下さい。 2020年2月21日(金)現在のP…

ドル・円は伸び悩みか、日本売り継続も週末控えドルは調整

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、日本売り継続も週末控えドルは調整」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。新型ウイルスの日本での感染拡大で先行きを懸念した円売りは継続。一方、ドルは主要通貨が買いづら…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。本邦実需筋などからのドル買いで112円19銭まで上昇する場面もあったが、その後は短期筋らの利益確定とみられるドル売りが優勢になり、111円69銭まで下落した。中国株は小幅高で引けたが、日本株が下げ、米株先物も軟…

【ユーロ/ドル】製造業景況感格差は拡大するか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月21日(金)ユーロ/ドル 基調 下値模索 目先の注目材料 ・2/21 独2月製造業PMI、ユーロ圏2月製造業PMI、米2月製造業PMI ・米長期金利、独長期金利…

「3連休は要注意?トルコ軍の軍事行動は『時間の問題』」トルコリラの焦点

トルコのエルドアン大統領は19日、シリアのアサド政権軍が反体制派の拠点である北西部イドリブ県に進攻するのを止めるため、トルコ軍が軍事作戦を開始するのは「時間の問題」だと警告した。 大手通信社ロイターは「エルドアン氏は、シリア政権側がイドリブか…

「米ドル強気見通しが後退」外為短観 第129回

外為どっとコムがお客様を対象に実施したアンケートをもとに、外為どっとコム総研がまとめたレポートです。日本の個人投資家の取引量はいまや外国為替市場において大きな割合を占め、その動向が注目されています。 相場の見通しや投資スタイル、景況感調査な…

米消費者信頼感、米リッチモンド連銀製造業指数、独IFO、独CPI、中国PMIなど 2/24~3/1

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)2月分の米経済指標に注目が集まりそう 欧州(ユーロ圏・英国)ドイツの経済指標はマークしておきたいイベント アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)中国の2月製…

「ドル/円、強い上昇トレンド発生」 外為トゥデイ 2020年2月21日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

ドル・円は主に112円台前半で推移か、質への逃避に絡んだ円売り継続も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に112円台前半で推移か、質への逃避に絡んだ円売り継続も」 20日のドル・円は東京市場では111円11銭から111円85銭まで上昇。欧米市場でドルは111円62銭から112円23銭まで買われており、112円12銭で取引終了。 本…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:質への逃避的なドル買いが強まり、111円62銭から112円23銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:予想を上回ったユーロ圏2月消費者信頼感指数に1.0821ドルまでドル安・ユーロ高推移後、1.0783ドルへ反落。 ユーロ・円…

本格的な"日本売り"にはついていくべき! 2020/2/21(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

【ドル/円】:ドル強気。浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。

2020年2月21日 【ドル/円】:ドル強気。浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。 ドル/円は続伸となり、短期トレンドは非常に強い状態にあります。一方で、2日間の急伸の後で、一服感が出ると見られることや、112.10-20に今週の週足の上値抵抗があり、こ…

ドル・円は底堅い値動きか、米景気拡大期待のドル買いは継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米景気拡大期待のドル買いは継続」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。前日の大幅高の反動で、利益確定売りが出やすい見通し。ただ、足元の強い米経済指標から景気拡大…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はじり高。朝方の取引で111円11銭まで下げた後、中国本土での新型ウイルスの新たな感染者が大幅に減少したほか、中国人民銀行が政策金利を引き下げたことを好感して円売りが優勢になった。日経平均株価が上げ幅を縮小した場面…

「ドル/円、円売り主導で大幅高」 外為トゥデイ 2020年2月20日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

ドル・円は主に111円台前半で推移か、中国の金融緩和などへの思惑で円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に111円台前半で推移か、中国の金融緩和などへの思惑で円買い抑制も」 19日のドル・円は東京市場では109円85銭から110円14銭まで上昇。欧米市場でドルは110円07銭から111円59銭まで買われており、111円36銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:1月米生産者物価コア指数や1月住宅着工件数が予想を上回り、110円07銭から111円59銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.0782ドルへドル高・ユーロ安推移後、1.0812ドルまで反発。 ユーロ・円:118円85銭から120…

【ドル/円】:円全面安。ドルの押し目買い方針継続。

2020年2月20日 【ドル/円】:円全面安。ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は、大陽線の出現となり、一段の上昇の可能性に繋げていますが、既に短時間でのドル円の一相場の傾向である180-220銭のターゲットに入り始めており、このまま続伸した場合でも112円…

"日本売り"へ転換!?海外の日本に対する見方は変わったか 2020/2/20(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】動画配信期間:2020/02/06~2020/02/20

ドル・円は伸び悩みか、米FOMC議事要旨やアップルの業績見通しが重石に

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米FOMC議事要旨やアップルの業績見通しが重石に」 19日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。全般的に株高に振れるなか、リスク回避の円買いは後退する見通し。ただ、米連邦公開…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方の取引で109円85銭を付けた後、日経平均株価の上昇や上海総合指数の底堅い推移を手がかりに円売りが優勢となり、110円14銭まで強含んだ。前日売り込まれたユーロ・ドルの買い戻しがみられ、ユーロ・円が反…

「トルコ中銀連続利下げになるか トルコvsシリアは最終局面に」トルコリラの焦点

トルコ中銀は19日に政策金利発表を行う予定だ。市場では現在の11.25%から、10.75%への利下げ予想となっている。トルコのインフレ率を加味すれば実質金利がマイナスになっているという指摘もあり、利下げ幅にも注目だ。 シリアは17日、イドリブ県に近い北部…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、日本国内におけるウイルス感染拡大を警戒してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、日本国内におけるウイルス感染拡大を警戒してドル買い抑制も」 18日のドル・円は東京市場では109円89銭から109円66銭まで下落。欧米市場でドルは109円66銭から109円95銭まで買われており…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国の2月NY連銀製造業景気指数が予想を大幅に上回ったためドル買いが強まり109円66銭から109円95銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:独2月ZEW景気期待指数が予想以上に低下したことに失望したユーロ売りに、1.0…

「ドル高圧力が円高圧力を中和」 外為トゥデイ 2020年2月19日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2020年2月19日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は、小動きに留まっており、相変わらず狭いレンジ内で膠着状態が続いています。短期トレンドの変化が認められないので、ドルの押し目買い方針継続としますが、109.30以下で終えた場合は30~50…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.