ユーロ

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は底堅い展開。日本の緊急事態宣言の全面解除に期待が広がり、日本株高を背景とした円売りで107円57銭から107円78銭まで値を上げた。その後は米中対立への懸念で円売りが縮小したが、ユーロ・ドルの下落にサポートされ、107円…

「『外貨購入税』ってなに?その引き上げ効果は?」トルコリラの焦点

5月上旬にひとまず底を打ったトルコリラ相場は、先週19日に対円で15.90円台まで反発。ただ、その後は上値が重くなっており、トルコ当局による市場介入や取引規制の強化を受けたリラの買い戻しは一巡した模様だ。懸案の外貨準備高は15日時点で488ドルあまりと…

「売買交錯の中、円ネットロングは横ばい」【今週のIMMポジション】2020/5/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

ドル・円は107円台で推移か、米中対立の継続を警戒して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台で推移か、米中対立の継続を警戒して円売り抑制も」22日のドル・円は、東京市場では107円76銭から107円32銭まで下落。欧米市場でドルは107円42銭から107円65銭まで反発し、107円62銭で取引終了。 本日25日…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米連邦準備制度理事会(FRB)が証券購入ペースを減速し、107円42銭から107円65銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)は6月会合で追加緩和を実施するとの思惑で、1.0913ドルから1.0885ドルへド…

「全人代に注目もドル/円はもみあい継続か」 外為トゥデイ 2020年5月25日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。

2020年5月25日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。 ドルは直近の日足が寄せ線に近い形の足で終えていますが、上下の抵抗を抜けきれない状態です。一方で5/6に付けた105.99を直近安値として下値を切り上げる流れを維持しており、この流れを維持…

オージー/円 いったん跳ね返されたが、上値への後悔が残るか?

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 いったん跳ね返されたが、上値への後悔が残るか? 先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で実体線が3本の移動平均線を上方にブレイクし、やや上値期待が高まりました。ただ…

香港リスク浮上

総括 香港リスク浮上 ドル円==105-110、ユーロ円=115-120 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円通貨首位、株価8位、香港リスク浮上 コロナウィルスはまだ恐ろしいが、正体が見えてきたこと、最悪でも全人類が医療防護服をつければ生きて…

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。107円割れで終えた場合は下値リスクが点灯。 108.00超えで終えれば108.50超えトライへ。

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。107円割れで終えた場合は下値リスクが点灯。 108.00超えで終えれば108.50超えトライへ。 直近の日足は、値幅が小さい足で終え、上下の抵抗を抜けきれない状態にあるが、5/6に付けた105.99を直近安値として下値を…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、4月16日算出の下値目標102円域は5月6日114円域まで下落後、5月20日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方121円域、下方114円域、目標値各々138円域、106円域。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、4月16日算出の下値目標102円域は5月6日114円域まで下落後、5月20日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方121円域、下方114円域、目標値各々138円…

【高井 ひろえ氏】経済ニュースの見方がわからない方限定!あつまれ!外為サロン 2020/5/22

動画配信期間:2020/5/22~ FXを始めてみたいけど、わからない事だらけでお困りのあなたに、経験豊富なFXのプロがお答えします! 全3回シリーズとなる第二回目のゲストはFISCOマーケットレポーターの高井ひろえさんが登場。 外為どっとコム総合研究所の神田…

ドル・円は底堅い値動きか、米中対立の地合い悪化で3連休前に買い

欧米市場オープニングコメント ドル・円は底堅い値動きか、米中対立の地合い悪化で3連休前に買い 22日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる米中対立で地合いは悪化し、安全通貨買いの見通し。米国市…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。仲値にかけて107円76銭まで上昇した。しかし、その後、日銀の臨時金融政策決定会合で、金融機関への新たな資金供給手段が決定されたが、金融政策は現状維持となり、円買いに転じた。また、米中対立の先鋭化を懸念した…

米消費者信頼感、独IFO、中国全人代など 5/25~5/31

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「米ドルやや弱気見通し継続」外為短観 第132回

外為どっとコムがお客様を対象に実施したアンケートをもとに、外為どっとコム総研がまとめたレポートです。日本の個人投資家の取引量はいまや外国為替市場において大きな割合を占め、その動向が注目されています。 相場の見通しや投資スタイル、景況感調査な…

「ドル/円、日銀と全人代で動意復活なるか」 外為トゥデイ 2020年5月22日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に107円台で推移か、米中対立継続を警戒してリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台で推移か、米中対立継続を警戒してリスク選好的な円売り抑制も」 21日のドル・円は、東京市場では107円50銭から107円85銭まで反発。欧米市場でドルは107円85銭から107円55銭まで下落し、107円59銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米4月中古住宅販売件数などが予想を上回り、107円85銭まで円安・ドル高推移後、107円55銭まで反落。 ユーロ・ドル:ユーロ圏5月総合PMIの改善を好感して1.1008ドルへドル安・ユーロ高推移後、1.0937ドルまで反落。 ユ…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。押し目買い方針継続。

2020年5月22日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。押し目買い方針継続。 ドル/円は値幅の小さい足となり上下の抵抗を抜けきれない状態です。108.00-10を実体ベースで上抜けて終えれば50銭程度上値余地が拡がり易くなります。逆に107円割れで終えた…

ユーロ/円 『4年サイクル』の最終局面か?! 2020/5/22(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、米経済指標の改善を好感も

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米経済指標の改善を好感も」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米中対立への警戒感から、リスク回避的な円買いに振れやすい見通し。ただ、今晩発表の米経済指標は前回…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方に107円50銭を付けた後、仲値にかけて国内勢のドル買いが強まり上昇基調に。その後は日経平均株価の不安定な値動きによる円買いで伸び悩んだが、夕方にかけてユーロ売りをきっかけにドル買い気味となり、10…

ポイントはオセアニア通貨と株価の動き 2020/5/21(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

「ドル/円、レンジ相場継続」 外為トゥデイ 2020年5月21日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に107円台で推移か、米国金利の先安観でリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台で推移か、米国金利の先安観でリスク選好的な円売り抑制も」 20日のドル・円は、東京市場では107円98銭から107円63銭まで反落。欧米市場でドルは107円74銭から107円34銭まで下落し、107円53銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:4月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨でウイルスがリスクにつながる懸念から追加措置の手段を協議したことが明らかになり、107円74銭から107円34銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:ユーロ圏5月消費者…

【ドル/円】:下値余地が限られる展開。押し目買い。

2020年5月21日 【ドル/円】:下値余地が限られる展開。押し目買い。 ドル/円は小陰線で終え、108.00-10の抵抗をクリア出来ずに終えていますが、下げ余力の強いものではなく、下値を切り上げる流れを維持しており、下値を攻めきれずに再度108.00超えをトライ…

ドル・円は伸び悩みか、日銀緩和観測も米中対立への警戒で円売り縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、日銀緩和観測も米中対立への警戒で円売り縮小」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。日銀による一段の金融緩和に思惑が広がり、円売り基調は継続の見通し。ただ、米中対立…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。日経平均株価の堅調地合いを手がかりにリスク選好的な円売りが先行したほか、国内勢のドル買いもみられ、107円98銭まで値を上げた。しかし、その後は108円の大台回復に失敗したことで上値の重さを嫌気したドル売…

「ユーロが大幅上昇!ボトムアウト示唆か?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

先日、ドイツ・フランスが賛成の元、ユーロ共同債発行が2カ国間で合意されました。 これからEU加盟国で協議し、27カ国の承認を得て実現します。その額5000億ユーロです。イタリアやスペインからすれば、この上なく歓迎材料です。 反対した国は、比較的財政…

「ドル/円、108円台前半の壁」 外為トゥデイ 2020年5月20日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「リラ切り返しの中、政策金利発表が迫る」トルコリラの焦点

トルコでの新型コロナウイルス感染は収まってきたが、感染者数はフランスを抜き世界で8番目の規模になっている(約15.1万人)。 そんな中、トルコ中銀は21日20時(日本時間)に政策金利発表を行う予定だ。市場では現在の8.75%から利下げされるとの予想にな…

豪ドル/円の買いが有望 2020/5/20

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は主に107円台後半で推移か、米国株安を意識して、リスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台後半で推移か、米国株安を意識して、リスク選好的な円売り抑制も」 19日のドル・円は、東京市場では107円30銭から107円52銭まで反発。欧米市場でドルは107円35銭まで下げた後に108円09銭まで上昇し、10…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:日銀臨時会合報道で追加緩和観測に107円35銭から108円09銭へ円安・ドル高推移後、パウエルFRB議長が追加措置の可能性を示しドルは上げ渋った。 ユーロ・ドル:5月独ZEW景気期待指数が改善し1.0976ドルまでドル安・ユ…

リスク先行に向かう流れ変わらず、緩やかな円安が続く 2020/5/20(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。

2020年5月20日 【ドル/円】:上値余地を探る動きが継続中。 ドル/円は小幅続伸となりました。実体を107.50超えに置く陽線となり、上値トライの動きが強まると見られますが、108.00-10の抵抗にもぶつかって押し戻されており、これを上抜けて終えるまでは上値…

ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の政策姿勢を好感

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の政策姿勢を好感」 19日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は議会証言で慎重な回復見通しを示す見通し。また、緩和的な…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は強含み。朝方に107円30銭を付けた後、米国大幅株高を受けた日経平均株価の上昇にともない円売りが優勢となった。107円半ば付近での仲値に絡むドル売りなどにいったん上げ渋ったが、欧州勢参入後は欧州株高もあって円売りが…

「スワップポイント上位にユーロ/トルコリラ復活」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年5月11日~5月15日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年5月11日から5月15日の営業日 ▼変動率ランキングNZドルが下落 トルコは堅調 ▼スワップポイント累…

「ドル/円、予想変動率がコロナ以前に低下」 外為トゥデイ 2020年5月19日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に107円台で推移か、欧米株高や米長期金利上昇を意識して円売り優勢も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台で推移か、欧米株高や米長期金利上昇を意識して円売り優勢も」 18日のドル・円は、東京市場では107円09銭から107円28銭まで反発。欧米市場でドルは107円17銭まで下げた後に107円50銭まで反発し、107円3…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:パウエルFRB議長が下半期経済の回復に自信を表明し、株高や米債利回りの上昇を意識して107円17銭から107円50銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:欧州連合(EU)が5000億ユーロ規模の再建計画を検討していると…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。ドルの戻り売り方針変わらず。

2020年5月19日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。ドルの戻り売り方針変わらず。 ドル/円は直近の日足が小陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持しています。個々の足が強いものではないので、107.50-60超えの上値抵抗を抜けきれない可能性も高いと見ます…

ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言を前にドル売り後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長の議会証言を前にドル売り後退」 18日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米国企業の対中輸出規制の強化をめぐり、米中関係の一段の悪化が嫌気される。ただ、明日の…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。朝方に107円28銭を付けた後、上値の重さを嫌気したドル売りに押され107円07銭まで弱含む場面もあった。ただ、日経平均株価や中国、欧米の株価指数が堅調地合いを維持したことから、夕方にかけての円売りでやや値…

様子見姿勢で円ネットロングは横ばい 2020/5/18

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

「ドル/円、一目雲と月初来高値の間で推移」 外為トゥデイ 2020年5月18日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に107円台前半で推移か、世界経済のすみやかな回復期待後退でリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に107円台前半で推移か、世界経済のすみやかな回復期待後退でリスク選好的な円売り抑制も」 15日のドル・円は、東京市場では107円43銭から107円08銭まで下落。欧米市場でドルは106円86銭まで下げた後に107円37銭…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.