北米

「米失業保険、米小売、独ZEW、英GDP、独CPI、中国CPI、RBNZ、豪雇用統計、RBA総裁、中国小売、メキシコ中銀など」 週間イベント 8/10~8/16

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】8月の経済見通し「今井雅人」 2020/8/4

銀行ディーラー時代の輝かしい実績に加え、2009年夏の衆議院総選挙で初当選し、国政で活躍を続けるマット今井こと今井雅人氏による毎月恒例の経済解説セミナーです。動画配信期間:2020/03/04~2020/03/19

バイデン政権誕生時の経済政策は? 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

気候変動問題が一番? 次期民主党政権の優先順位 アメリカの4-6月期GDP速報値は、前期比年率32.9%減というすごい数字となった。グラフを描いてみるとそこだけが異様な下落となり、10年前のリーマンショック後の落ち込みがかわいらしく見えてしまう。寄与度…

「円ネットロング3週連続増加」【今週のIMMポジション】2020/8/3

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=24,900㌦域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方27,100㌦域、下方25,600㌦域、目標値各々27,900㌦域、24,500㌦域変らず。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=24,900㌦域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方27,100㌦域、下方25,600㌦域、目標値各々27,900㌦域、24,500㌦域…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント105円50銭域を7月27日突破、下値目標101円50銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント105円50銭域を7月27日突破、下値目標101円50銭域。 2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相…

FX週間イベント「米ADP、米ISM、米雇用統計、加雇用統計、BOE、中国PMI、RBA、NZ雇用統計、日銀総裁、トルコCPIなど」8/3~8/9

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「円ネットロング横ばい」【今週のIMMポジション】2020/7/27

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

FX週間イベント「FOMC、米GDP、米PCE、独IFO、独GDP、ユーロ圏GDP、ユーロ圏CPI、豪CPI、中国PMIなど」7/27~8/2

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=24,900㌦域に引上げ)の中、7月14日算出の上値目標27,100㌦域は7月22日27,000㌦域まで上昇後、7月23日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方27,100㌦域、下方25,600㌦域、目標値各々27,900㌦域、24,500㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=24,900㌦域に引上げ)の中、7月14日算出の上値目標27,100㌦域は7月22日27,000㌦域まで上昇後、7月23日消滅。現在のバランスのブレ…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 2020年、本年も皆様の「資産…

トランプ再選と相場の行方はワクチン次第!? 経済アナリスト 田嶋智太郎 米大統領選2020

トランプ再選と相場の行方はワクチン次第!? あのトランプ米大統領がマスクを着用し始めた。それは、明らかに11月の米大統領選に対する焦りの表れであろう。かねてより、米国内でもニューヨーク州やハワイ州など、マスク着用率が高い州ほどコロナウイルスの…

劣勢のトランプ 再選に必要な「2つのV」 ジャーナリスト 中岡望 米大統領選2020

11月の大統領選挙まで残すところ3カ月となった。だが、いつもの大統領選挙と違って一向に熱気が伝わってこない。新型コロナウイルスの感染拡大で気勢が削がれている面もあるが、候補者のトランプ大統領とバイデン前副大統領の人気がいまひとつ芳しくない面も…

「円ネットロングほぼ横ばい」【今週のIMMポジション】2020/7/20

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント26,300㌦域を7月14日突破、上値目標27,100㌦域。7月15日26,800㌦域まで上昇。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント26,300㌦域を7月14日突破、上値目標27,100㌦域。7月15日26,8…

米ドル下降ト・円相場:中長期レンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 6月12日付本稿以降依然PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 6月12日付本稿以降依然PF上意…

FX週間イベント「米失業保険、米PMI、米企業決算、独・ユーロ圏・英PMI、南ア・トルコ・ロシア政策金利など」7/20~7/26

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

円ネットロング2週連続減少【今週のIMMポジション】2020/7/13

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、6月30日算出の上値目標26,900㌦域に対して7月6日26,200㌦域まで上昇後、7月7日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方26,300㌦域、下方25,600㌦域、目標値各々27,100㌦域、24,500㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、6月30日算出の上値目標26,900㌦域に対して7月6日26,200㌦域まで上昇後、7月7日消滅。現在のバランスのブレーク…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 6月12日付本稿以降依然PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 6月12日付本稿以降依然PF上意…

FX週間イベント「米CPI、米銀決算、カナダ中銀、米小売り、BOE総裁、ECB、EU首脳会議、日銀、豪雇用、中国GDPなど」7/13~7/19

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】7月の経済見通し「今井雅人」 2020/7/7

銀行ディーラー時代の輝かしい実績に加え、2009年夏の衆議院総選挙で初当選し、国政で活躍を続けるマット今井こと今井雅人氏による毎月恒例の経済解説セミナーです。動画配信期間:2020/03/04~2020/03/19

円ネットロング、小幅に縮小【今週のIMMポジション】2020/7/7

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

目立たない男 「居眠りジョー」の天下取り戦略 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

目立たない男 「居眠りジョー」の天下取り戦略 トランプ大統領は、ライバルにあだ名をつける名人である。ヒラリー・クリントン氏は”Crooked Hillary”(ひねくれヒラリー)、バーニー・サンダース氏は”Crazy Bernie”(イカれたバーニー)、マイケル・ブルーム…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、6月26日算出の下値目標24,500㌦域は6月29日消滅。直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント25,800㌦域を6月30日突破、上値目標26,900㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、6月26日算出の下値目標24,500㌦域は6月29日消滅。直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント25,800㌦域…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 6月12日付本稿以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。6月12日付本稿以降PF上意味の…

FX週間イベント「米ISM、米失業保険、加雇用統計、英・EU交渉、豪RBAなど」7/6~7/12

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

円ネットロング、小幅に積み増し【今週のIMMポジション】2020/6/29

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 前々回以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。前々回以降PF上意味のある動き…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、5月26日算出の上値目標25,400㌦域に対して6月8日27,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり想定通り値固めし、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント25,300㌦域を6月26日突破、下値目標24,500㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,900㌦域)の中、5月26日算出の上値目標25,400㌦域に対して6月8日27,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり想定通り値…

FRB議長証言、米ADP、米ISM、米失業保険、米雇用統計、米大統領演説、英・EU交渉、ユーロ圏CPI、日銀短観、中国PMIなど 週間イベント 6/29~7/4

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

起死回生を期する米大統領の政策行動は「吉」と出るか否か? 経済アナリスト 田嶋智太郎 米大統領選2020

もはや米株高はトランプ再選の支援材料にならず このところ、米国のフロリダ州、テキサス州、アリゾナ州において新たな新型コロナウイルス感染者の急増ぶりが目に余る状況となっている。この3州の州知事がいずれも共和党員であるということと、当該州で感染…

「円ネットロング、3週ぶり増加へ転じる」【今週のIMMポジション】2020/6/22

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、5月26日算出の上値目標25,400㌦域に対して6月8日27,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり想定通り値固めし、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方26,300㌦域、下方25,000㌦域、目標値各々27,700㌦域、23,900㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、5月26日算出の上値目標25,400㌦域に対して6月8日27,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり想定通り値…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。 前回以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値各々114円00銭域、101円50銭域変らず。前回以降PF上意味のある動きな…

【川口 一晃氏】チャートの見方がホントにわからない方限定!あつまれ!外為サロン 2020/6/19

動画配信期間:2020/6/19~ FXを始めてみたいけどわからない事だらけのあなたに、経験豊富なFXのプロがお答え! 全3回シリーズとなる第三回目のゲストは金融ジャーナリストでテクニカル分析に詳しいの川口一晃さんが登場。 外為どっとコム総合研究所の神田調…

英・仏・独・欧PMI、独IFO、NZ中銀、トルコ中銀、メキシコ中銀など FX週間イベント 6/22~6/28

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「コロナ禍の中、アジェンダなき選挙戦」ジャーナリスト 中岡望 米大統領選2020

本来、この時期になるとアメリカのメディアは大統領選挙を巡るニュースで埋まっているはずである。だが今年は新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う経済の深刻な不況への突入、さらに白人警察官による黒人殺害事件で表面化した黒人に対する人種差別問題…

「円ネットロング大幅減少」【今週のIMMポジション】2020/6/15

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、5月26日算出の上値目標25,400㌦域に対して6月8日27,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり値固めし、現在のバランスの下方へのブレークアウト・ポイントは25,000㌦域、下値目標23,900㌦域、上値目標算出には値固め要す。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域)の中、5月26日算出の上値目標25,400㌦域に対して6月8日27,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり値固めし、…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント109円50銭域を6月5日突破しての上値目標115円00銭域は6月8日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方110円00銭域、下方105円50銭域、目標値は各々114円00銭域、101円50銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント109円50銭域を6月5日突破しての上値目標115円00銭域は6月8日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイント…

米小売り、FRB議長、米大統領選挙集会、英・EU会談、独ZEW、BOE、EU首脳会議、日銀、豪雇用、ロシア中銀など 6/15~6/21

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】先輩トレーダーから学ぶがベスト! レベルアップセッション「ひろぴー氏&蜂屋すばる氏」 2020/6/10

ユーロ/ドル専門のFXトレーダーとして、Twitter・YouTubeで相場分析を紹介している「ユーちぇる社長」が初登場!チャートの形に着目したFX攻略法とは!? 先輩トレーダーが日々どのような取引をしているか身近に感じることが出来るチャンスです!

「108.00円の上値抵抗突破で円ネットロング小幅に減少」【今週のIMMポジション】2020/6/8

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域に引上げ)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント24,600㌦域を5月26日突破しての上値目標25,400㌦域は6月5日27,100㌦域まで上昇してmore-than-reached状況にて、次なる目標値算出には値固め(この場面での値固めとは26,800㌦域までの下落)要す状況変らず。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=22,800㌦域に引上げ)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント24,600㌦域を5月26日突破しての上値目標25,400㌦域…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント上方109円50銭域を6月5日突破、上値目標115円00銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント上方109円50銭域を6月5日突破、上値目標115円00銭域。 2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実…

FOMC、FRB議長、ECB総裁、ユーロ圏財務相、OPECなど 6/8~6/14

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

大統領選挙が加速する米中対立の構図 カギを握るAAPIとは? 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

大統領選挙が加速する米中対立の構図 米中関係で緊張が高まっている。3カ月遅れで開催された全国人民代表者会議は、最終日となった5月28日に香港国家安全法を可決した。翌日、トランプ大統領は、「これは一国二制度を一国一制度に置き換えるもの」だと反発、…

「円ネットロング直近ピーク超え」【今週のIMMポジション】2020/6/1

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=21,500㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント24,600㌦域を5月26日突破しての上値目標25,400㌦域は5月27日25,500㌦域まで上昇してmore-than-reached状況になり、次なる目標値算出には値固め要す。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=21,500㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント24,600㌦域を5月26日突破しての上値目標25,400㌦域は5月27日…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.