北米

【セミナー】4月の経済見通し「今井雅人」 2020/4/8

銀行ディーラー時代の輝かしい実績に加え、2009年夏の衆議院総選挙で初当選し、国政で活躍を続けるマット今井こと今井雅人氏による毎月恒例の経済解説セミナーです。動画配信期間:2020/03/04~2020/03/19

【相場転換にいち早く気づくには…】江守 哲氏「今後のポイントと展望」 2020/4/7

緊急解説! 双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦氏が、コロナ相場が続く中、今後の金融政策で見るべきポイント、急落相場の回復方法について解説します。

「円ネットロング2週連続減少」【今週のIMMポジション】2020/4/6

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

「最後のミニ・チューズデー」が次の焦点に 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

「最後のミニ・チューズデー」が次の焦点に 新型コロナウイルスの猛威は大統領選に大きく影響 ほんの1か月前の3月3日、スーパーチューズデーにおけるジョー・バイデン候補の圧勝は大ニュースであった。しかし状況は一変した。もはや大統領選挙どころではない…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DP=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方111円50銭域、下方105円00銭域、目標値各々115円50銭域、99円50銭域変らず。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DP=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方111円50銭域、下方105円00銭域、目標値各々115円50銭域、99円50銭域変らず 2020年、本年も皆様の「資産を…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期下降トレンド(DPS=21,300㌦域)も一旦壊れ(短期上昇トレンドの形成はされていない)、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント21,300㌦域を3月26日突破しての上値目標22,400㌦域は同日に到達。現在のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント22,600㌦域、上値目標23,400㌦域、下値目標算出には値固め要。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期下降トレンド(DPS=21,300㌦域)も一旦壊れ(短期上昇トレンドの形成はされていない)、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント21,500㌦域を4月1…

FOMC議事録、米新規失業保険、米CPI、ユーロ圏財務相会合など 4/6~4/12

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】この春に注目!為替のトレンドと通貨ペア「川合 美智子」 2020/3/31

銀行ディーラー時代の輝かしい実績に加え、2009年夏の衆議院総選挙で初当選し、国政で活躍を続けるマット今井こと今井雅人氏による毎月恒例の経済解説セミナーです。動画配信期間:2020/03/04~2020/03/19

「有事」でトランプ氏は『強いドル』を容認!? 経済アナリスト 田嶋智太郎 米大統領選2020

「有事」でトランプ氏は『強いドル』を容認!? 11月の米大統領選に向けて野党・民主党が候補者を決める予備選は、どうやら中道派のジョー・バイデン前副大統領が優勢を固めた模様である。米国内における新型コロナウイルスの感染拡大によって予備選の延期が…

ドル需給ひっ迫の中、投機筋はポジション調整に 2020/3/30

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期下降トレンド(DPS=21,300㌦域)も一旦壊れ(短期上昇トレンドの形成はされていない)、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント21,300㌦域を3月26日突破しての上値目標22,400㌦域は同日に到達。現在のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント22,600㌦域、上値目標23,400㌦域、下値目標算出には値固め要。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DP=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント108円50銭域を3月19日突破しての上値目標112円50銭域に対して3月24日111円00銭域まで上昇の後3月26日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方111円50銭域、下方105円00銭域、目標値各々115円50銭域、99円50銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年3月27日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

米新規失業保険、米雇用統計、独CPI、中国PMIなど 3/30~4/5

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

円ネットロング昨年8月以来の水準まで増加 2020/3/23

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期下降トレンド(DPS=21,300㌦域)の中、2月24日算出の下値目標25,600㌦域に2月28日到達、3月6日算出の下値目標24,400㌦域は3月9日到達、3月11日算出の下値目標22,900㌦域は3月12日到達、更に3月18日算出の下値目標19,200㌦域は3月20日到達。次なる目標値算出には値固め要。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DP=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント106円00銭域を3月13日突破しての上値目標111円50銭域は3月16日消滅。直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント108円50銭域を3月19日突破して、上値目標112円50銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年3月20日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

「米大統領予備選挙=混戦予想から一転 バイデン候補圧勝へ」ジャーナリスト 中岡望 米大統領選2020

米大統領予備選挙=混戦予想から一転、バイデン候補圧勝へ 民主党の大統領予備選挙の動向は当初予想されたものとは様変わりになっている。 立候補者数が史上最高を記録し、混戦模様が予想されていた。大統領候補の決定は7月の党全国大会まで持ち越され、決…

米PMI、ECB総裁講演、BOEなど 3/23~3/29

【週間イベント】4地域の来週(3/23~3/29)のスケジュールをお届けします。

【セミナー】先輩トレーダーから学ぶがベスト! レベルアップセッション「ユーちぇる社長」 2020/3/17

ユーロ/ドル専門のFXトレーダーとして、Twitter・YouTubeで相場分析を紹介している「ユーちぇる社長」が初登場!チャートの形に着目したFX攻略法とは!? 先輩トレーダーが日々どのような取引をしているか身近に感じることが出来るチャンスです!

リスクオフの中、円が買い越しに転じる 2020/3/16

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域)が壊れ短期下降トレンド(DPS=25,100㌦域)を形成、2月24日算出の下値目標25,600㌦域に2月28日到達、3月6日算出の下値目標24,400㌦域は3月9日到達、更に3月11日バランスの下方へのブレークアウト・ポイント23,700㌦域を突破しての下値目標22,900㌦域は3月12日(終値21,200㌦域)more-than-reached状況に。次なる

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)が2020年3月9日壊れ、中長期下降トレンド(DP=115円00銭域)形成。短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント107円50銭域を2020年2月28日突破しての下値目標99円00銭域に対して3月9日102円00銭域まで下落後、3月10日消滅。直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント106円00銭域を3月13日突破し、上値目標111円50銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年3月13日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

FOMC、ユーロ圏財務相会合、日銀など 3/16~3/22

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「原油急落でどうなるドル円相場」 緊急レポート

需要の落ち込みにOPECプラスの生産増観測加わり、WTIは更に下げ幅拡大 原油市場の急落に、歯止めが掛からなくなっている。週明け3月9日のNY WTI原油先物市場は夜間の取引開始早々から売り一色の展開、通常取引の開始を待たずに、1バレル20ドル台後半まで値を…

「円ネットショート4週間ぶりに減少へ転じる」【今週のIMMポジション】2020/3/9

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域)、は壊れ、2月24日算出の下値目標25,600㌦域に2月28日到達後、想定通り値固め、3月6日直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント25,800㌦域を突破、下値目標24,400㌦域。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント107円50銭域を2020年2月28日突破しての下値目標99円00銭域に対して3月6日105円00銭域まで下落。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年3月6日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ドル…

新型ウイルス、米予備選、ECBなど 3/9~3/15

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 ▼北米(米国・カナダ) 米国株の動きに注目が集中 ▼欧州(ユーロ圏・英国) 欧州中銀(ECB)の追加緩和期待高まる ▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 新型コロナウイルスの感染拡…

円ネットショート19年5月以来の水準まで増加【今週のIMMポジション】2020/3/2

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域)は壊れ、直近の上値切り上げ下値切り下げ型のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を2月24日突破、下値目標25,600㌦域は2月28日到達、目標値に対してmore-than-reached状態。次なる目標値算出には値固め(第1目標と第2目標の間、即ち、27,300㌦域と25,600㌦域を想定)を要す。 また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersから2019年11月4

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、2月19日算出の上値目標118円00銭域は2月24日消滅。直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント107円50銭域を2020年2月28日突破、下値目標99円00銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年2月28日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

米ISM、スーパーチューズデー、米雇用統計、加雇用統計、英・EU協議、欧CPI、中国PMI、RBA、トルコCPIなど 3/2~3/8

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 ▼北米(米国・カナダ) 株式市場の動きが最大の注目 ▼欧州(ユーロ圏・英国) 英国とEUの将来関係を巡る交渉開始 ▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 新型肺炎流行による中国2月…

円ネットショート僅かに増加【今週のIMMポジション】2020/2/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート僅かに増加】 2月18日時点で円のポジションはドルに対して2.7万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング、ショートとも積み増され…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域)、2月5日算出の上値目標30,000㌦域に対して2月12日29,500㌦域まで上昇後、2月18日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方29,600㌦域、下方28,100㌦域、目標値各々30,400㌦域、27,300㌦域。 また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersのネックライン27,400㌦域を2019年11月4日突破しての垂直計算による中期上値目標33,000㌦域変らず。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)が壊れつつある中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント111円00銭域を2月19日突破、上値目標118円00銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年2月21日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

米消費者信頼感、米リッチモンド連銀製造業指数、独IFO、独CPI、中国PMIなど 2/24~3/1

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)2月分の米経済指標に注目が集まりそう 欧州(ユーロ圏・英国)ドイツの経済指標はマークしておきたいイベント アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)中国の2月製…

※「内容抜粋」を追加【セミナー】先輩トレーダーから学ぶがベスト! レベルアップセッション「ひろぴー」 2020/2/13

ラジオ番組出演や仮想通貨取引所のコラムニストとして大活躍中の「ひろぴー」氏に、皆様からお寄せいただいたご質問にお答えいただきました! 先輩トレーダーが日々どのような取引をしているか身近に感じることが出来るチャンスです!

円ネットショート小幅に増加【今週のIMMポジション】2020/2/17

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート小幅に増加】 2月11日時点で円のポジションはドルに対して2.6万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロングポジションが取り崩された…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域)、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,900㌦域を2月5日突破しての上値目標30,000㌦域変らず。2月12日29,500㌦域まで上昇。 また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersのネックライン27,400㌦域を2019年11月4日突破しての垂直計算による中期上値目標33,000㌦域変らず。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)が壊れつつある中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方111円00銭域、下方107円50銭域、目標値各々118円00銭域、99円00銭域変らず。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年2月14日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

FOMC議事録、米PMI、英雇用統計、独ZEW、独・ユーロ圏・英製造業PMI、日本GDP、豪雇用統計、トルコ中銀など 2/17~2/23

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)21日の米2月製造業PMI・速報値に注目 欧州(ユーロ圏・英国)18日の独2月ZEW景況感調査や、21日の独2月製造業PMIの結果に注目 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・…

円ネットショート一段と減少【今週のIMMポジション】2020/2/10

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート一段と減少】2月4日時点で円のポジションはドルに対して2.2万枚の売り越し(ネットショート)。 大きく増加した円ロングとは対照的に…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域に引上げ)、2020年1月31日算出の下値目標26,700㌦域に対して28,200㌦域まで下落後、2月4日消滅。その後直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,900㌦域を2月5日突破し、上値目標30,000㌦域。2月6日29,300㌦域まで上昇。 また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersのネックライン27,400㌦域を2019年11月4日突破しての垂直計算による中期上値目

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)が壊れつつある中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方111円00銭域、下方107円50銭域、目標値各々118円00銭域、99円00銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年2月7日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ドル…

FRB議長証言、米小売、英GDP、独GDP、NZ中銀、メキシコ中銀など 2/10~2/16

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ) パウエルFRB議長、議会証言で新型コロナウイルスの感染拡大が米経済に及ぼす影響についてどのような見解を示すか 欧州(ユーロ圏・英国) 英国、独の10-12月期国内総…

円ショートポジション3週ぶりに減少へ転じる【今週のIMMポジション】2020/2/3

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ショートポジション大きく減少】1月28日時点で円のポジションはドルに対して3.6万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロング・円ショートともにポ…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域に引上げ)、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント下方28,400㌦域を2020年1月31日突破、下値目標26,700㌦域。 また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersのネックライン27,400㌦域を2019年11月4日突破しての垂直計算による中期上値目標33,000㌦域変らず。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)が壊れつつある中、2020年1月16日算出の上値目標114円00銭域は1月30日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方111円00銭域、下方107円50銭域、目標値各々118円00銭域、102円00銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年1月31日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

米ISM、米一般教書、米雇用統計、加雇用統計、中国PMI、RBAなど 2/3~2/9

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)最大の注目はやはり7日の米1月雇用統計 欧州(ユーロ圏・英国)1/31をもって英国が欧州連合(EU)から離脱 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)豪中銀(RBA)の政策金利発表に注目 …

「リソースに余裕がないとFXで勝てない」蜂屋すばるさんが余裕を作り出す努力について徹底解説

1月29日、ブルースタジオ2度目の登場の蜂屋すばるさんは、FXトレード歴6年目、専業投資家になってからは3年という20代です。 今回はFX投資家が勝てない理由を推察し、ご自身の経験から「リソース」の大切さについて語り、具体的な改善策を詳しく説明してい…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.