北米

2度目は無い「トランプムーブメント」 ジャーナリスト 中岡望 米大統領選2020

バイデン氏の優位は変わらず 米大統領選挙は2週間後に迫った。トランプ大統領とバイデン元副大統領の両候補は、それぞれ選挙結果に大きな影響を与える激戦州で積極的に遊説を繰り返している。当面の焦点は現地時間の22日に予定されている公開討論会である。…

「円ネットロング僅かに減少」【今週のIMMポジション】2020/10/19

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、10月7日算出の上値目標29,900㌦域に対して10月12日28,800㌦域まで上昇後、10月14日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方28,900㌦域、下方27,600㌦域、目標値各々29,700㌦域、26,500㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、10月7日算出の上値目標29,900㌦域に対して10月12日28,800㌦域まで上昇後、10月14日消滅。現在のバランスのブレ…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値各々115円50銭域、95円00銭域は変りません。本稿10月9日以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値各々115円50銭域、95円00銭域は変りません。本稿10月9日以降PF上意味…

「FRB議長、米大統領選討論会、ECB総裁、BOE総裁、独・ユーロ圏・英PMI、中国GDP、NZCPIなど」FX週間イベント 10/19~10/25

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「円ネットロング2週連続減少」【今週のIMMポジション】2020/10/12

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,200㌦域を10月7日突破、上値目標29,900㌦域。10月9日28,500㌦域まで上昇。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,200㌦域を10月7日突破、上値目標29,900㌦域。10月9日28,5…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、9月16日算出の下値目標97円50銭域は10月8日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値は各々115円50銭域、95円00銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、9月16日算出の下値目標97円50銭域は10月8日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値は各々115円50銭…

「米CPI、米大統領候補者討論、米小売、BOE総裁、独ZEW、EU首脳会議、日銀総裁、RBA総裁、豪雇用統計など」 週間イベント 10/12~10/18

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】10月の経済見通し「志摩力男氏」 2020/10/6

国際的な大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任し、ファンドマネジャーとしても活躍された志摩力男氏による為替相場の解説セミナーです。 世界中のヘッジファンドや有力トレーダーとの交流の中で見えた、最もホットな通貨ペアの相場見通しやマーケット展…

「ドル/円横ばい推移で円ロング・ショートともに縮小」【今週のIMMポジション】2020/10/5

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

「トランプ帝国」の実態は火の車だった? NYタイムズ紙暴露のすごい中身 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

「トランプ帝国」の実態は火の車だった? いやもう、これ以上、何を驚けばいいというのだろう。 RBGことルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事が逝去(9/18) トランプ大統領が保守派の女性判事エイミー・バレット氏を後任に指名(9/26) ニューヨークタ…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、9月21日算出の下値目標26,300㌦域に対して9月23日26,700㌦域まで下落後、9月25日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方28,200㌦域、下方26,600㌦域、目標値各々29,900㌦域、25,800㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、9月21日算出の下値目標26,300㌦域に対して9月23日26,700㌦域まで下落後、9月25日消滅。現在のバランスのブレー…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破しての下値目標97円50銭域変らず。9月18日の本稿以降PF上意味のある動き依然なし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破しての下値目標97円50銭域変らず。9月18日の本稿以降PF上意味のある動き依然…

「米ISM、FRB議長講演、FOMC議事録、カナダ雇用統計、ECB総裁講演、BOE総裁講演、日銀総裁講演、RBA、トルコCPI、など」 週間イベント 10/5~10/11

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

白熱の第1回テレビ討論会が終了! 米大統領選に相前後して相場は大きく荒れる!? 経済アナリスト 田嶋智太郎 米大統領選2020

米大統領選に相前後して相場は大きく荒れる!? もはや米大統領選の投開票予定日まで1カ月余り。とはいえ、開票が始まっても結果が明らかになるまでにはかなりの時間がかかると見込まれるうえ、たとえ一方が高らかに勝利宣言を行ったとしても、最終的な“決着…

「円ネットロング2週連続増加」【今週のIMMポジション】2020/9/28

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

「米大統領選討論会、米ISM、米雇用統計、ECB総裁、EU首脳会議、中国PMI、日銀短観など」 週間イベント 9/28~10/4

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「オクトーバー・サプライズ」の可能性は? ヒスパニック系を取り込めないバイデン氏 ジャーナリスト 中岡望 米大統領選2020

新型コロナの脅威を放置?高まるトランプ大統領批判 アメリカ大統領選挙も11月4日の投票日まで残すところ1か月強になった。今後のスケジュールとして、トランプ大統領とバイデン民主党候補の公開討論会が9月29日、10月15日と22日(いずれも現地時間)に予定…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント27,400㌦域を9月21日突破し、下値目標26,300㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント27,400㌦域を9月21日突破し、下値目標26,300㌦域。 2020年、…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破しての下値目標97円50銭域変らず。9月18日の本稿以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破しての下値目標97円50銭域変らず。9月18日の本稿以降PF上意味のある動きなし…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域まで上昇しmore-than-reached状況になり、想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方28,200㌦域、下方27,400㌦域、目標値各々29,900㌦、26,300㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破、下値目標97円50銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント104円50銭域を9月16日突破、下値目標97円50銭域。 2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相…

「米失業保険、FRB議長証言、BOE総裁講演、独・英PMI、独IFO、NZ中銀、日銀総裁講演、トルコ中銀、メキシコ中銀、など」 週間イベント 9/21~9/27

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「円ネットロング3週間ぶりに減少」【今週のIMMポジション】2020/9/14

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域まで上昇しmore-than-reached状況になり、想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方29,400㌦域、下方28,000㌦域、目標値各々29,100㌦、26,600㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方104円50銭域、目標値各々112円50銭域、97円50銭域は変らず。 8月28日の本稿以降依然PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方104円50銭域、目標値各々112円50銭域、97円50銭域は変らず。 8月28日の本稿以降依然PF上…

「米小売、FOMC、独ZEW、英CPI、BOE、自民総裁選、日銀、NZGDP、豪雇用、南ア中銀、ロシア中銀など」 週間イベント 9/14~9/20

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

FX【セミナー】新興国通貨トレードで心がけること「エミン・ユルマズ氏」 2020/9/8

FX初心者を卒業したいなら×××しろ! FXトレードの経験豊富なユーちぇる社長が考える、脱ビギナーを目指すあなたに今足りない事とは!? トレードへの考え方などを丁寧に解説していただく予定です。 普段はなかなか聞けないFXのアレコレが質問ができるチャン…

円ネットロング小幅に増加、ショート取り崩しで【今週のIMMポジション】2020/9/7

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

天下分け目のテレビ討論会はここに注目! 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

「出たとこ勝負」の生放送 テレビ討論会日程 今日は9月7日(月)。アメリカのマーケットはレイバーデイで祝日となる。大統領選挙の年は、この日を過ぎるといよいよ終盤戦である。 現下の状況はといえば、挑戦者のジョー・バイデン元副大統領が世論調査ではリ…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域まで上昇しmore-than-reached状況になり、想定通り値固め形成。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方29,200㌦域、下方27,500㌦域、目標値各々30,000㌦、26,400㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、バランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域は9月2日29,100㌦域…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方104円50銭域、目標値各々112円50銭域、97円50銭域は変らず。 8月28日の本稿以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方104円50銭域、目標値各々112円50銭域、97円50銭域は変らず。 8月28日の本稿以降PF上意味…

「カナダ中銀、英・EU交渉、ECB、中国貿易収支、中国CPI、南アGDP、メキシコCPIなど」 週間イベント 9/7~9/13

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】9月の経済見通し「今井雅人」 2020/9/1

銀行ディーラー時代の輝かしい実績に加え、2009年夏の衆議院総選挙で初当選し、国政で活躍を続けるマット今井こと今井雅人氏による毎月恒例の経済解説セミナーです。

「円ネットロング3週ぶりに増加」【今週のIMMポジション】2020/8/31

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、8月5日算出の上値目標27,900㌦域は8月12日到達後、想定通り値固めをし、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,000㌦域を8月24日突破、上値目標28,800㌦域。8月28日28,600㌦域まで上昇。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、8月5日算出の上値目標27,900㌦域は8月12日到達後、想定通り値固めをし、直近のバランスの上方へのブレークアウ…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方104円50銭域、目標値は各々112円50銭域、97円50銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方104円50銭域、目標値は各々112円50銭域、97円50銭域。 2020年、本年も皆様の「資産を殖…

FX週間イベント「米ISM、米雇用統計、カナダ雇用統計、中国PMI、RBA、トルコCPIなど」8/31~9/6

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

トランプ氏が劣勢挽回の可能性? ユーロは正念場でドル下げ渋るか 経済アナリスト 田嶋智太郎 米大統領選2020

トランプ氏が劣勢挽回の可能性? ユーロは正念場でドル下げ渋るか 「人の噂も75日」。もはや米大統領選当日まで75日足らずとなった今、これまで現職のトランプ大統領を「支持しない」理由として取り沙汰されてきた新型コロナウイルスや黒人暴行死抗議デモへ…

円ネットロング前週に続き減少【今週のIMMポジション】2020/8/24

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域に引き上げ)の中、8月5日算出の上値目標27,900㌦域は8月12日到達後、想定通り値固めをし、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方28,000㌦域、下方27,500㌦域、目標値各々28,800㌦域、26,400㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域に引き上げ)の中、8月5日算出の上値目標27,900㌦域は8月12日到達後、想定通り値固めをし、現在のバランスのブレークア…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方104円00銭域、目標値は各々112円50銭域、100円00銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方104円00銭域、目標値は各々112円50銭域、100円00銭域。 2020年、本年も皆様の「資産を…

FX週間イベント「米共和党大会、米失業保険、ジャクソンホール、独IFOなど」8/24~8/30

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【セミナー】FX初心者を卒業したいなら×××しろ!先輩トレーダー「ユーちぇる社長」 2020/8/18

FX初心者を卒業したいなら×××しろ! FXトレードの経験豊富なユーちぇる社長が考える、脱ビギナーを目指すあなたに今足りない事とは!? トレードへの考え方などを丁寧に解説していただく予定です。 普段はなかなか聞けないFXのアレコレが質問ができるチャン…

投票がカウントされない?郵便投票に問題アリ ジャーナリスト 中岡望 米大統領選2020

大統領選挙は新しい段階に入る。8月17日から20日にミルウォーキーで開催された民主党全国大会でジョー・バイデン前副大統領が正式に民主党の大統領候補に指名された。同時に、民主党の政策綱領も了承され、焦点は本選挙に移っていく。ただ、例年であれば、大…

「円ネットロング5週ぶりに減少へ転じる」【今週のIMMポジション】2020/8/17

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=24,900㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント27,100㌦域を8月5日突破ての上値目標27,900㌦域は8月12日到達。新たな目標値算出には値固め要す。(この局面での値固めとは27,600㌦域までの下落となる。)

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=24,900㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント27,100㌦域を8月5日突破ての上値目標27,900㌦域は8月12日到…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント105円50銭域を7月27日突破しての下値目標101円50銭域は8月11日消滅。 現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方110円00銭域、下方104円00銭域、目標値は各々114円00銭域、100円00銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、バランスの下方へのブレークアウト・ポイント105円50銭域を7月27日突破しての下値目標101円50銭域は8月11日消滅。 現在のバランスのブレークアウト・ポイ…

「米民主党大会、FOMC議事録、欧CPI、仏・独・英PMI、日GDP、トルコ中銀など」 週間イベント 8/17~8/23

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.