日本円

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値余地がもう一段拡がる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値余地がもう一段拡がる可能性に注意。 トルコリラ/円は小幅続落となり、上値を切り下げています。18.85-90の抵抗にぶつかったことや、18.65-70の日足の抵抗を守り切れずに終えており、下値リスクがやや高い状態で…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2020年1月21日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円はNY市場休場のため、動きの鈍い展開となりました。狭いレンジ内での動きが継続すると見られますが、短期トレンドが強い状態を維持しているので、ドルの押し目買い方針継続とします。但し、11…

「ドル/円、110円台前半でもみ合い継続」 外為トゥデイ 2020年1月21日号

(1) 欧州市場序盤にポンドが下落。前週末に英国のジャビド財務相が、欧州連合(EU)からの離脱について、「(EUルールに)合わせることはない。我々はルールに従う立場ではなくなり、単一市場の中にも関税同盟の中にもいなくなる。我々は年内にそうする」…

ドル・円は伸び悩みか、材料難のなか110円前半の売りを意識

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、材料難のなか110円前半の売りを意識」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米中貿易協議の正式合意以降は市場心理が改善しており、株高が続けば円売りに振れやすい。ただ、米…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。日経平均株価の上昇を背景に円売りが強まり、朝方の110円08銭から110円22銭まで値を切り上げる場面もあった。ただ、今晩の米国市場の休場で様子見ムードが広がり、円売りの一服でドル・円は夕方にかけて失速した…

FX動画「リスクオフムード後退で米株堅調!ドル/円上昇から伸び悩みの背景を語る」【酒匂隆雄の週刊独り言 2020/01/20】

動画配信期間:2020/01/20~2020/04/20現在の為替相場について、市場で注目されている材料を交えながら"塾長"酒匂氏が独自の視点から解説します。

“ドル・円の適正相場は幾らか?”

中東情勢の混沌によりリスク・オフ、リスク・オンと目まぐるしく変わる状況のもと、107.66の安値を付けた後一挙に110円を超えたドル・円相場であるが、その後の動きが鈍い。 市場のセンチメントがドル高&円安に傾きつつある中、ドル・円はどういう訳か109.8…

【ドル円】日銀の政策変更期待は皆無

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月20日(月)ドル/円 基調 底堅い 目先の注目材料 ・1/21 日銀金融政策決定会合 ・主要国株価 日銀の政策変更期待は皆無 日銀は20日、21日に今年初…

「スイスフランが躍進 リラは利下げでも堅調」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年1月13日から1月17日の営業日 変動率ランキング スワップポイント累計ランキング 取引高ランキング…

ドル・円は110円台前半で推移か、110円台に顧客筋などのドル売り注文残る

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円台前半で推移か、110円台に顧客筋などのドル売り注文残る」 17日のドル・円は東京市場では110円14銭から110円29銭まで反発。欧米市場でドルは110円24銭から110円05銭まで下落し、110円15銭で取引終了。 本日2…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国の住宅着工件数が13年ぶり高水準となったものの消費者信頼感やJOLT求人件数が予想を下回ったため、110円24銭から110円05銭の狭いレンジでもみ合った。 ユーロ・ドル:域内の低成長を見込んだユーロ売りに1.1140ド…

FX動画「ドル円があるべきレートは107円と考える人が多い?このまま上昇は難しいのかもしれない/ドル安・円高トレンドになるのを待ちたい」【外為マーケットビュー】2020/01/20(月)酒匂隆雄

動画配信期間:2020/01/20~2020/02/03月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。

「ドル/円、110.50にかけて売りが並ぶ」 外為トゥデイ 2020年1月20日号

(1) 中国10-12月期国内総生産(GDP)は前年比+6.0%と予想通りで、伸び率は7-9月期から横ばいだった。また、中国12月鉱工業生産は前年比+6.9%(予想:+5.9%、前回:+6.2%)、中国12月小売売上高は前年比+8.0%(予想:+7.9%、前回+8.0%)であった。 …

※追加【トルコリラ/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。18.60割れで終えた場合は一段の下落に注意。

【トルコリラ/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。18.60割れで終えた場合は一段の下落に注意。 トルコリラ/円は小反落。18.85-90の抵抗を上抜けきれずに押し戻されており、この反動で反発余地が限られる展開が予想されますが、下値も、18.65-70の日足の抵…

【ドル/円】:押し目買い方針継続。

2020年1月20日 【ドル/円】:押し目買い方針継続。 ドル/円は直近の日足が値幅の小さい陰線引けとなりましたが、下げ余力の強いものではないので、今日の下値攻めにも限りがあると見られます。一方で上値も、110.20-30の週足の上値抵抗を上抜けきれずに越週…

ドル/円:短期トレンドは“ドル強気”を維持。111円が壁となる可能性。

ドル/円:短期トレンドは“ドル強気”を維持。111円が壁となる可能性。 直近の日足は値幅の小さい陰線引けとなったが、下げ余力の強いものではないことや、短期トレンドが“ドル強気”の流れを維持しており、週初の下値トライには限りがあろう。但し、日足の下値…

弾劾裁判とダボス会議

総括 弾劾裁判とダボス会議 ドル円=107-112、ユーロ円=119-124 、ユーロドル=1.09-1.14 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨8位 株価15位、去年の1月と同じ展開、貿易、原油に注目」 今週は日銀政策決定会合がある。思えば4年前の1月の日銀政策決定会合で…

ユーロ/ドル 週末の陰線の威力は予想以上では? 売り先行で臨みたい!

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル 週末の陰線の威力は予想以上では? 売り先行で臨みたい! 先週は、木曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初から不思議と上昇基調をたどり、木曜日に上ヒゲを伴った陰線が出現、金曜日は比較的…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在の下方へのバランスのブレークアウト・ポイント115円域、下値目標107円域、上値目標算出には値固め要す状況依然変らず。2019年12月27日付の本稿からPF上意味のある動きなし。

2020年、今年も皆様の「資産を殖やす」ことにお役に立てればと只管願っております。 利用できるwebsiteの関係で添付する絵(PFのチャート)が引き続き「相場の木」レベルの短期の絵だけになってしまいますので、ご了承下さい。 2020年1月17日(金)現在のP…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)が壊れつつある中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント110円00銭域を2020年1月16日突破、上値目標114円00銭域。

2020年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2020年1月17日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

ドル・円は上げ渋りか、米株高好感も経済指標にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米株高好感も経済指標にらみ」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。短期的なリスク要因の後退で、米株高継続を手がかりに上昇基調へ振れやすい。ただ、今晩発表される米国の…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。朝方の取引で110円14銭を付けた後、前日の米経済指標の改善を好感したドル買いや、日経平均株価の堅調地合いを受けた円売りが優勢になり、110円29銭まで強含んだ。しかし、その後は持ち高調整などのドル売りがみ…

「大幅利下げながらリラ堅調」トルコリラの焦点

16日、トルコ中銀は政策金利発表を行い、市場予想を上回る0.75%引き下げ、新たな政策金利は11.25%となった。利下げ自体は実に5回連続。 中銀の声明では、トルコ国内のインフレ率低下が続けば、今後も利下げを行う可能性があることが示されている。 今回の…

注目セミナー『超初心者のための朝活ではじめるFX』 in九段下(ホテルグランドパレス)

外為どっとコムでは受講者のみなさまのレベルに応じて様々なセミナーをご用意しています。 超初心者のためのやさしいFX講座、またトレードスキルの向上を目指すトレーダーコース、そしてゆったりFX投資を実践している蜂屋スバルさんのセミナーなど盛りだくさ…

「カナダ中銀、英雇用統計、独ZEW、ECB、独・ユーロ圏・英PMI、日銀、豪雇用統計、豪CPIなど」 週間イベント 1/20~1/26

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 1/21~24…

ドル・円は110円台前半で推移か、米国株高などを意識して、リスク選好的なドル買い継続も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円台前半で推移か、米国株高などを意識して、リスク選好的なドル買い継続も」 16日のドル・円は東京市場では109円86銭から109円99銭まで反発。欧米市場でドルは109円93銭まで売られた後に110円18銭まで反発し、…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:良好な米経済指標やUSMCAが米上院で承認されたため、成長期待が強まり、109円93銭から110円18銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ドイツ経営者連盟(BDI)が景気底入れの兆候が見られないとの悲観的見解を示した…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。買いは押し目待ち。

【トルコリラ/円】:上値トライの動きが継続中。上値抵抗にも注意。買いは押し目待ち。 トルコリラ/円は小幅続伸となりましたが、18.85-90に日足の上値抵抗が控えており、これをしっかり上抜けて終えるまでは下値リスクへの警戒も必要です。18.70近辺に下値…

「中国GDPに注目」 外為トゥデイ 2020年1月17日号

(1) 欧州中銀(ECB)はラガルド総裁の下で初会合となった12月理事会の議事録を公表。メンバーの何人かは「現在の金融政策措置の副作用の可能性に注意が必要」と指摘。一方で「金融政策措置がユーロ圏経済に効果を及ぼす時間を与える必要がある」との見解…

【ドル/円】:ドル強気の流れ。押し目買い方針継続だが、急伸にも繋がり難い状態。

2020年1月17日 【ドル/円】:ドル強気の流れ。押し目買い方針継続だが、急伸にも繋がり難い状態。 ドル/円は小陽線で終え、実体ベースを110円台に乗せてきました。上昇エネルギーの強いものではないので、ドル急伸にも繋がり難いと見ますが、短期トレンドが…

ドル・円は伸び悩みか、米経済指標にらみも材料出尽くしでドル売り

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米経済指標にらみも材料出尽くしでドル売り」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米中通商協議の正式合意による安心感が続き、円売りが主要通貨を押し上げる見通し。ただ、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。朝方に109円86銭まで下げた後、日経平均株価の上昇を背景とした円売りで109円99銭まで強含んだ。国内実需系のドル買いも出ていたもよう。ただ、その後は材料出尽くしからやオプションに絡んだといわれるドル売り…

【トルコリラ/円】実質金利マイナスへ

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月16日(木)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・トルコ中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 実質金利マイナスへ 本日はトルコ中銀…

FX動画「2020年は東京オリンピック!日本の景気や為替への影響は?」【酒匂隆雄のFXお悩み相談室 2020/01/16】

動画配信期間:2020/01/16~2020/04/16皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。

ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、米長期金利低下でリスク選好のドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、米長期金利低下でリスク選好のドル買い抑制も」 15日のドル・円は東京市場では110円01銭から109円82銭まで下落。欧米市場でドルは109円79銭まで売られた後に110円00銭まで反発し、109…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:12月米生産者物価指数(PPI)が予想を下回っため、109円79銭へ円高・ドル安推移後、米中第1段階の貿易協定調印を好感し110円00銭まで上昇。 ユーロ・ドル:ユーロ圏11月鉱工業生産を好感して、1.1119ドルから1.1163ド…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。買いは押し目待ち。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。買いは押し目待ち。 トルコリラ/円は値幅の小さい寄せ線で終えています。日足は崩れていませんが、18.85-90の抵抗を上抜けて終えない限り下値リスクへの警戒も必要です。また、18.60割れで終えた場合は再度1…

【ドル/円】:ドルの上値余地が限られる可能性に注意。

2020年1月16日 【ドル/円】:ドルの上値余地が限られる可能性に注意。 ドル/円は値幅の小さい足で終えています。109.50-60に日足の抵抗が控えており、これを割り込んで終えた場合は一段のドル下落に繋がり易くなります。逆に110.20-30の抵抗をクリアした場合…

「ドル/円、燃料不足」 外為トゥデイ 2020年1月16日号

(1) 英12月消費者物価指数は前月比±0.0%、前年比+1.3%と予想(+0.2%、+1.5%)を下回った。また、英12月生産者物価指数も前月比±0.0%、前年比+0.9%と予想(+0.1%、+1.0%)を下回った。インフレ鈍化を受けて英中銀(BOE)の利下げ観測が高まり、ポ…

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米中休戦も次のステージに思惑

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米中休戦も次のステージに思惑」 15日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。今晩の米中通商合意に関する署名で、短期的に懸念は緩和される見通し。ただ、今後の両国の協…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。朝方に一時110円01銭まで上昇したが、節目付近のドル売りに押され、109円82銭まで下落した。その後は、日経平均株価の下落を受けてリスク回避的な円買いがみられたものの、ドルの押し目買いで下げは限定的となり…

“リスク・オフからリスク・オンへの変化。“

1月3日のアメリカ軍によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害をきっかけに米国とイランの報復合戦が激化するとの懸念から、ダウ工業株30種平均や日経平均株価は乱高下し、1月8日のイランによるイラク在住アメリカ軍基地へのミサイル攻撃で一挙にリスク…

「ドルは利下げより利上げ? 米・CPIコアは前年同月比+2.3%は完全に利上げ水準!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

昨晩、米国の消費者物価指数は文句なしの結果でした。米CPIと米CPIコア、共に前年同月比+2.3%の水準と完全に利上げ水準です。市場予想通りではあったのですが、改めて、強い数字だな〜、と実感してしまいます。 昨年の利下げが早くも効いてきているようで…

【豪ドル円】76円台が重い展開

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月15日(水)豪ドル/円 基調 頭打ち 目先の注目材料 ・米中通商合意「第1段階」署名式 ・主要国株価、国際商品価格 76円台が重い展開 豪ドル/円は、…

「5回連続利下げとなるか?!明日は政策金利発表」トルコリラの焦点

16日にトルコ中銀の政策金利発表が予定されている。昨年後半の4連続利下げで政策金利は24%から12%と半分になった。市場は今回も11.50%への小幅な追加利下げを見込んでいる。トルコのインフレ率は12月に11.84%へと上昇しているため、予想通りに政策金利が…

ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、米長期金利の低下を意識してドル買い縮小の可能性も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、米長期金利の低下を意識してドル買い縮小の可能性も」 14日のドル・円は東京市場では109円92銭から110円21銭まで上昇。欧米市場でドルは110円11銭から109円86銭まで反落し、109円98銭…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:第1段階の米中貿易協定署名を控えて110円11銭まで強含んだのち、予想を下回った米国の12月消費者物価指数(CPI)、対中関税の完全撤廃が大統領選挙後になるとの報道を嫌って109円86銭まで反落。 ユーロ・1.1144ドルか…

FX動画「買われたところを買い進む!「お茶っ葉の出がらし」のようなところを取りに行くのが吉?ドル円は110.10-20円まで上昇なら積極的に買いか」【明快!テクニカルレビュー2020/01/15】

動画配信期間:2020/01/15~2020/04/15大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!…

「米中第1段階合意でドル/円は?」 外為トゥデイ 2020年1月15日号

(1) NY市場終了後に、米財務相が中国を「為替操作国」から除外した事を受けて円売りが先行。ドル/円が昨年5月23日以来の110円台を回復した他、クロス円も強含んだ。 (2) 中国12月貿易収支は467.9億ドルの黒字となり、黒字額は予想(457.0億ドル)を上…

※追加【トルコリラ/円】:日足の抵抗にぶつかる。買いは押し目待ち。

【トルコリラ/円】:日足の抵抗にぶつかる。買いは押し目待ち。 トルコリラ/円は小反落。18.75-80の日足の抵抗を上抜けられずに押し戻されています。大幅続落にも繋がり難いと見ますが、18.25-30近辺までの押しが入ってもおかしくないので、買いはこのレベル…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.