野村雅道

下げ止まりも伸び悩む。原油価格で振れる、感染は拡大

総括 下げ止まりも伸び悩む。原油価格で振れる、感染は拡大 予想レンジ 4.5-5.0 (ポイント) (通貨11位、株価12位) *原油価格が40ドル割れ、メキシコはOPECの減産に反対 *コロナウィルス感染者数は増加 *米墨首脳会談が開催された *消費者物価は直近で…

国策バブルか。世界各国は中国と濃密すぎる経済関係

総括 国策バブルか。世界各国は中国と濃密すぎる経済関係 予想レンジ 人民元/円 15.0-15.6 (ポイント) *中国株、人民元が急騰、金利上昇、国策バブルか *本日、注目のCPI発表 *香港国家安全法は53か国が支持、27か国が懸念 *2Qは前年比プラス成長が予…

1年単位で見ればリスク先行へ、ヤマ場は8月 2020/7/8(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

インフレ懸念、株は強いがリラは需給悪化で弱い。外準発表あり

総括 インフレ懸念、株は強いがリラは需給悪化で弱い。外準発表あり (通貨10位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.0-16.0 (ポイント) *他の高金利通貨に比し6月、7月第1週は伸び悩み *インフレ圧力高まり政策金利引き下げが止まる *長期金利は12%…

来年までリスク選好ではないか。直近では真夏の円高だけに注意

総括 来年までリスク選好ではないか。直近では真夏の円高だけに注意 ドル円=105-110、ユーロ円=118-123 、ユーロドル=1.10-1.15 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨2位、株価9位、来年までリスク選好ではないか。直近では真夏の円高だけに注意」 3月から…

2か月連続月足陽線、1Q・GDPは弱いが経常黒字がランドを支えている

総括 2か月連続月足陽線、1Q・GDPは弱いが経常黒字がランドを支えている 通貨最下位、株価6位 予想レンジ 南アランド円 5.7-6.7 (ポイント) *1Qは3四半期連続のマイナス成長 *2020年の政府成長見通しはマイナス7.2% *17年ぶりに経常黒字 *対円で2か月…

下げ止まりから上昇へ 経済活動再開もコロナ感染は深刻

総括 下げ止まりから上昇へ 経済活動再開もコロナ感染は深刻 予想レンジ 4.5-5.0 (ポイント) *7月1日にUSMCAが発効 *6月製造業PMIは改善 *他の指標はまだ弱い *大統領が初の外遊で訪米する *原油の底堅さもペソを支援 *5月最強通貨が6月は最弱通貨 *…

今日、香港市場再開、国家安全法の影響は、経済指標は引き続き改善

総括 今日、香港市場再開、国家安全法の影響は、経済指標は引き続き改善 予想レンジ 人民元/円 14.7-15.7 (ポイント) *香港国家安全法が成立 *今日、香港市場再開、国家安全法の影響は *人民元、株価ともに落ち着いている *製造業PMIなど経済指標は良…

ドル/円5連騰中、7手8手は利食いの印? 2020/7/1(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

予想外の政策金利据え置き、株価指数は続伸(年初来プラス)

総括 予想外の政策金利据え置き、株価指数は続伸(年初来プラス) (通貨10位、株価2位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.20-16.20 (ポイント) *政策金利は予想外の据え置きとなった *ナスダックに続きトルコ株価指数もプラス圏に回復 *IMFや民間の成長予想…

真夏の円高前に7月前半は小康か、ただここ4年は大きく動けない需給だ

総括 真夏の円高前に7月前半は小康か、ただここ4年は大きく動けない需給だ ドル円=105-110、ユーロ円=118-123 、ユーロドル=1.10-1.15円 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨2位、株価6位、真夏の円高も7月前半は小康か、ただここ4年は大きく動けない需給…

引き続き、悪材料満載だが2か月連続陽線となれるか

総括 引き続き、悪材料満載だが2か月連続陽線となれるか 通貨最下位、株価8位 予想レンジ 南アランド円 5.7-6.7 (ポイント) *対円で2か月連続陽線となれるか、年初来では最弱通貨 *今週は1Q・GDP、5月貿易収支、1Q経常収支などが発表される *財政悪化が…

ボリバン下位で下げ止まる。上昇のきっかけ探し。財務相は陽性

総括 ボリバン下位で下げ止まる。上昇のきっかけ探し。財務相は陽性 予想レンジ 4.4-4.9 (ポイント) *政策金利は0.5%引き下げられ5.0%へ *6月前半CPIは上昇 *7月1日にUSMCAが発効 *4月小売売上は前月比22.4%減少 *ボルサ株価指数は年初来13.34%安…

トランプ大統領と交渉するか、バイデン氏を待つか、様子見の中国

総括 トランプ大統領と交渉するか、バイデン氏を待つか、様子見の中国 予想レンジ 人民元/円 14.6-15.6 (ポイント) *中国株式市場は端午節のため25日と26日は休場 *人民元、上海株とともに安定している *香港への国家安全法の適用なるか *鉱工業生産、…

1兆円のTモバイル株売却 FXへの影響 2020/6/24(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

一筋の光明、トルコ株指数がナスダックに続き年初来プラス圏へ

総括 一筋の光明、トルコ株指数がナスダックに続き年初来プラス圏へ (通貨10位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.2-16.2 (ポイント) *ナスダックに続きトルコ株価指数もプラス圏に回復 *政策金利は小幅引き下げか *外貨準備は減少止まる *カタ…

貿易赤字 VS リスク回避と季節的リーズ&ラグスの円買い

総括 貿易赤字 VS リスク回避と季節的リーズ&ラグスの円買い ドル円=104-109、ユーロ円=117-122 、ユーロドル=1.09-1.14 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨1位、株価7位、再び最強通貨。貿易赤字 VS リスク回避と季節的リーズ&ラグスの円買い」 世界的…

何とか持ちこたえている、経済活動は再開

総括 何とか持ちこたえている、経済活動は再開 通貨最下位、株価8位 予想レンジ 南アランド円 5.7-6.7 (ポイント) *5月は世界の経済再開でリスクオンとなったが6月はその勢いはない *感染者数増加続くも、経済活動は再開 *3,4月の鉱工業生産、2Qの企業…

5月最強通貨から6月反落、ボリバン下限へ

総括 5月最強通貨から6月反落、ボリバン下限へ 予想レンジ 4.4-4.9 (ポイント) *5月最強通貨が6月は反落 *原油価格が急落(6月11日)するなど上昇が一服している *来週は利下げが予想されている *新型コロナウイルス感染者、死者が増加している *7月1…

2日連続上ヒゲ、今週はG7 VS 全人代、米中ハワイ会談

総括 2日連続上ヒゲ、今週はG7 VS 全人代、米中ハワイ会談 予想レンジ 人民元/円 14.6-15.6 (ポイント) *17日に米中ハワイ会談始まる *鉱工業生産、5月は2カ月連続増 小売は不振 *全人代は常務委員会を6月18-20日に開催 *G7は香港への国家安全法適用で…

悪材料で反落、外貨準備に注目

総括 悪材料で反落、外貨準備に注目 (通貨10位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.2-16.2 (ポイント) *今週は外貨準備に注目したい *経常収支や鉱工業生産、小売売上は悪化 *海外からの観光客を受け入れる *シリアやリビアでロシアと敵対関係に…

第二波懸念は、米国抗議デモ

総括 第二波懸念は、米国抗議デモ ドル円=105-110、ユーロ円=119-124 、ユーロドル=1.10-1.15 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨2位、株価6位、貿易赤字拡大だが、季節的円買いが相殺する夏相場」 6月第一週は最強通貨から落ちて5位となったが、先週は上…

6月も健闘している理由は

総括 6月も健闘している理由は 通貨最下位、株価7位 予想レンジ 南アランド円 5.8-6.8 (ポイント) *2020年の成長見通しはマイナス7.1% *海外から投資資金が流入し始めている *3,4月の鉱工業生産、2Qの企業景況感指数は悪化 *5月は世界各国の経済再開…

ペソ5月月間MVPから一転下落、その要因は

総括 ペソ5月月間MVPから一転下落、その要因は 予想レンジ 4.4-4.9 (ポイント) *今年初の月足陽線(対円) *5月最強通貨が6月は反落 *原油価格が急落(6月11日) *格下げ懸念が出始めている *物価は抑制され利下げ観測あり *新型コロナウイルス感染者…

トランプ大統領の攻撃あるも、市場は落ち着いている

総括 トランプ大統領の攻撃あるも、市場は落ち着いている 予想レンジ 人民元/円 14.8-15.8 (ポイント) *5月貿易収支は輸入の大幅減少で黒字が拡大 *18日から全人代常務委員会、香港問題を議論 *上海で2000億円の商品券配布 *5月生産者物価は大幅低下 …

6か月ぶりの月足陽線後は低迷、需給面ではまだ弱い

総括 6か月ぶりの月足陽線後は低迷、需給面ではまだ弱い (通貨10位、株価6位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.5-16.20 (ポイント) *6か月ぶりに月足は陽線となった(対円) *米トルコ首脳会談あり。ギュレン派逮捕 *今週は4月経常収支や鉱工業生産、小売…

円は最強通貨から大きく後退=円安は景気回復で良し

総括 円は最強通貨から大きく後退=円安は景気回復で良し ドル円=107-112、ユーロ円=121-126 、ユーロドル=1.10-1.15 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨5位、株価5位、円は最強通貨から大きく後退=円安は景気回復で良し」 3月半ばより世界の株価指数が…

苦しいが経済活動再開、製造業PMIは回復

総括 苦しいが経済活動再開、製造業PMIは回復 通貨最下位、株価9位 予想レンジ 南アランド円 6.0-7.0 (ポイント) *世界各国の経済再開でややリスクオンの流れとなる *感染者数増加続くも、経済活動は再開 *5月製造業PMIは再開 *5月は貴金属価格が上昇 …

5月月間MVP、今年初の月足陽線、今週伸び悩む

総括 5月月間MVP、今年初の月足陽線、今週伸び悩む 予想レンジ 4.5-5.2 (ポイント) *今年初の月足陽線(対円) 5月月間MVP *買い要因は経済活動再開、原油価格上昇、米国在住メキシコ人からの本国への送金 *ただファンダメンタルズは悪い *新型コロナウ…

金融市場安定へ 世界の中国批判は一様ではない(国家安全法で)

総括 金融市場安定へ 世界の中国批判は一様ではない(国家安全法で) 予想レンジ 人民元/円 14.8-15.8 (ポイント) *香港への国家安全法が採択される *米英加豪は国家安全法を批判 *英銀は国家安全法を支持 *製造業PMIなど経済指標はまずまず *中国は…

6か月ぶりの月足陽線後は低迷、1Q・GDPはまずまず

総括 6か月ぶりの月足陽線後は低迷、1Q・GDPはまずまず (通貨10位、株価7位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.5-16.20 (ポイント) *6か月ぶりに月足は陽線となった(対円) *6月1日より経済活動再開 *5月製造業PMIは改善も50割れ *リラ売り銀行の取引停止…

2つの抗議活動で始まった経済活動再開の夏 ドル円は需給拮抗

総括 2つの抗議活動で始まった経済活動再開の夏 ドル円は需給拮抗 ドル円=105-110、ユーロ円=117-122 、ユーロドル=1.08-1.13 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨首位、株価5位、歪みのない需給でドル円拮抗」 前回と同じく、リスク選好の流れとなってい…

経済活動再開を好感

総括 経済活動再開を好感 通貨最下位、株価9位 予想レンジ 南アランド円 5.6-6.6 (ポイント) *5月は対円で6.23%、対ドルで5.63%上昇 *対円では5か月ぶりの月足陽線 *ただ年初来では最弱通貨 *外出などの制限を6月1日から大幅に緩和 *総額205億ドル…

今年初の月足陽線へ 原油価格回復と経済活動再開が寄与

総括 今年初の月足陽線へ 原油価格回復と経済活動再開が寄与 予想レンジ 4.5-5.2 (ポイント) *今年初の月足陽線へ(対円) *新型コロナウイルス感染者、死者が増加している *自動車産業など経済活動一部再開へ *原油価格回復がペソを支える *政策金利…

本日、国家安全法制採択へ

総括 本日、国家安全法制採択へ 予想レンジ 人民元/円 14.5-15.5 (ポイント) *本日、国家安全法の採択が行われる(全人代) *米英加豪は国家安全法を批判 *中国は国家安全法は内政問題と主張 *やや元安、株安が続く *今年の精ちう目標を建てず(全人代…

あの手この手でリラ防衛、1Q・GDPは高度成長となるか

総括 あの手この手でリラ防衛、1Q・GDPは高度成長となるか (通貨10位、株価6位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.5-16.20 (ポイント) *リラ売り銀行の取引停止、外貨購入税の引き上げ、輸入関税でリラ安阻止 *1Q・GDP予想は前年比5%と高い *政策金利は0.…

香港リスク浮上

総括 香港リスク浮上 ドル円==105-110、ユーロ円=115-120 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円通貨首位、株価8位、香港リスク浮上 コロナウィルスはまだ恐ろしいが、正体が見えてきたこと、最悪でも全人類が医療防護服をつければ生きて…

21年成長見通し引き上げ。20年はマイナス7%成長か

総括 21年成長見通し引き上げ。20年はマイナス7%成長か 通貨最下位、株価7位 予想レンジ 南アランド円 5.6-6.6 (ポイント) *政策金利は0.5%引き下げられ3.75%となった *21年の成長見通しは引き上げられた 20年はマイナス7%成長か *7月まで計画停電…

原油価格回復と経済活動再開で上昇

総括 原油価格回復と経済活動再開で上昇 予想レンジ 4.5-5.0 (ポイント) *経済活動一部再開へ *原油価格回復がペソを支える *政策金利は5.5%まで引き下げられた *4Q・GDPは確報値でマイナス成長となりリセッションへ 1Qも前期比マイナス1.55% *CPIは…

元と株は安定、トランプ大統領の攻撃ある中で全人代開幕

総括 元と株は安定、トランプ大統領の攻撃ある中で全人代開幕 予想レンジ 人民元/円 14.5-15.5 (ポイント) *景気回復、米国との軋轢、全人代といろいろあるが、元と株価は安定 *景気回復を反映し金利が低下しなくなった *全人代の成長目標が注目される …

6か月ぶりの月足陽線となるか、威嚇効果あり

総括 6か月ぶりの月足陽線となるか、威嚇効果あり (通貨10位、株価6位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.0-16.0 (ポイント) *3月経常赤字は改善 *通貨スワップ締結交渉が進んでいる *今週は政策金利の引き下げが予想されている *3月鉱工業生産は悪化 *…

コロナ第二波よりトランプリスク

総括 コロナ第二波よりトランプリスク ドル円=104-109、ユーロ円=113-118 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨首位、株価8位、静かな最強通貨」 円は依然として年初来最強通貨の位置を保っている。リスク回避の円買いもあるが、新…

外部要因で上昇、国内は依然多難

総括 外部要因で上昇、国内は依然多難 通貨最下位、株価7位 予想レンジ 南アランド円 5.3-6.3 (ポイント) *世界各国の経済再開でややリスクオンの流れとなる *経済対策を出すが、財政赤字増大に繋がる *中国と首脳会談を行う *今週、政策金利は引き下…

下げ止まり、経済活動再開へ期待

総括 下げ止まり、経済活動再開へ期待 予想レンジ 4.3-4.8 (ポイント) *来週から経済活動一部再開へ *政策金利は5.5%まで引き下げられた 追加利下げ観測あり *4Q・GDPは確報値でマイナス成長となりリセッションへ 1Qも前期比マイナス1.55% *CPIは低下…

米中が不毛な争い

総括 米中が不毛な争い 予想レンジ 人民元/円 14.5-15.5 (ポイント) *経済指標の改善、感染抑制、全人代の開催示唆で中国の回復のシナリオを訴える *コロナウィルス感染問題で米中が不毛な争い *米中貿易交渉は進展 *全人代は5月22日開催 *4月貿易収…

リラ防衛に緊張感走る、経常収支は明日発表

総括 リラ防衛に緊張感走る、経常収支は明日発表 (通貨10位、株価8位) 予想レンジ トルコリラ/円 14.8-15.5 (ポイント) *外貨準備の縮小観測でリラが売られた *相場操縦をしたとして欧米3行が取引停止、その後解除 *トルコが関与するリビアの内戦が激…

早晩、世界はコロナショックを抑制か

総括 早晩、世界はコロナショックを抑制か ドル円=104-109、ユーロ円=113-118 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨首位、株価9位、先が見えてきたコロナウィルスショック」 コロナウィルス感染はリーマンショックやギリシャショッ…

中国経済再開で浮上も国内には好材料なし

総括 中国経済再開で浮上も国内には好材料なし 通貨最下位、株価5位 予想レンジ 南アランド円 5.3-6.3 (ポイント) *コロナウイルス感染は拡大 *原油高、中国武漢再開を好感し一時上昇 *3月の企業景況感指数が悪化 *通貨は年初来最弱 *2020年度はマイ…

格下げ、利下げ、原油下げ、成長見通し引き下げでペソ下落

総括 格下げ、利下げ、原油下げ、成長見通し引き下げでペソ下落 予想レンジ 4.1-4.6 (ポイント) *緊急利下げ実施 *ムーディーズやフィッチが格下げ *大統領は景気対策に積極的ではない *原油暴落、マイナス圏に *中銀は2020年上半期のGDPは前年同期に…

シナリオ通り前進するか、米国が横やり

総括 シナリオ通り前進するか、米国が横やり 予想レンジ 人民元/円 14.7-15.7 (ポイント) *経済指標の改善、感染抑制、全人代の開催示唆で中国の回復のシナリオを訴える *米国は中国のコロナウィルスに関する情報隠ぺいを批判 *米ミズーリ州は中国に感…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.