野村雅道

人民元安定、指標好調。輸出管理法でリベンジか 巨像が動き始める

総括 人民元安定、指標好調。輸出管理法でリベンジか 巨像が動き始める 予想レンジ 人民元/円 15.7-16.2 (ポイント) *11月製造業PMIは好調 *輸出管理法を施行(詳細も発表され始める) *バイデン氏の中国戦略は *英はファーウェイ製5G機器の導入を禁止…

FX「しばらくは貿易収支・補正予算・日本株の動きに注目」2020/12/2(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

GDPは予想上回る。南アランド、メキシコペソより伸びない要因は

総括 GDPは予想上回る。南アランド、メキシコペソより伸びない要因は (通貨最下位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8 (ポイント) *3Q・GDPは予想を上回った *10月貿易収支は赤字拡大も輸出入とも拡大 *国民はリラより外貨や貴金属を選好し…

政権交代や米国経済の強さ、株価の強さとドルの強さは関係がない

総括 政権交代や米国経済の強さ、株価の強さとドルの強さは関係がない ドル円=101-106、ユーロ円=122-127 、ユーロドル=1.17-1.22 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨6位、株価4位、輸入も持ち直せば円は安定。機関投資家は静か。補正予算で消費が盛り上…

次の焦点は3Q・GDP、南アへの投資は順調

総括 次の焦点は3Q・GDP、南アへの投資は順調 「通貨11位、株価8位」「予想レンジ 南アランド円 6.5-7.0」 (ポイント) *11月は先週末では最強通貨 *10月CPIは3.3%に上昇 *4Q企業景況感指数は改善 *南アへの投資は順調 *ワクチン接種は来年半ばか *1…

トリプル高。3Q経常黒字急増がペソを支える

総括 トリプル高。3Q経常黒字急増がペソを支える 予想レンジ 5.0-5.5 (ポイント) *3Q経常黒字が急増 ペソの支え *海外からのメキシコ向け投資や送金は増加 *中銀によればここまでの景気回復は外部セクターに依存 *11月前半CPIは3.43% *来年の成長率予…

経済好調、人民元慎重

総括 経済好調、人民元慎重 予想レンジ 人民元/円 15.6-16.1 (ポイント) *先週は一時年初来最強通貨になった(現在3位) *来週は製造業PMIの発表 *10月小売売上、鉱工業生産も好調 *積極的に国際会議のリーダーシップをとり始めている *人民元は強いが…

FX「米国の貿易赤字がある限りドルは弱い」 2020/11/25(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

大統領の決断は評価、問題は貿易・経常赤字

総括 大統領の決断は評価、問題は貿易・経常赤字 (通貨最下位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8 (ポイント) *政策金利は10.25%から15.0%へ大幅引き上げ *大統領もインフレ抑制を重視 ただ高金利継続は否定的 *外貨準備減少 *11月20日…

ドル円は外需回復、内需低迷で円高。ただ月末は注意

総括 ドル円は外需回復、内需低迷で円高。ただ月末は注意 ドル円=101-106、ユーロ円=121-126 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価6位、コロナ禍でも円高は中国への輸出増から。国内消費は回復せず貿易黒字拡大、ただ月末…

政策金利据え置き、格下げは想定内

総括 政策金利据え置き、格下げは想定内 「通貨11位、株価8位」 「予想レンジ 南アランド円 6.4-6.9」 (ポイント) *予想通り格下げされる *予想通り政策金利は据え置き *11月はここまで対円で4.35%上昇、年間では13.29%安 *株価指数は11月はここまで…

11月に入ってトリプル高。バイデン効果、ワクチン効果あり

総括 11月に入ってトリプル高。バイデン効果、ワクチン効果あり 予想レンジ 4.7-5.2 (通貨10位、株価12位) (ポイント) *11月になってトリプル高が進んでいる *原油高も好材料 *コロナ感染者数は100万人を超えた *政策金利はインフレ上昇もあり据え置…

指標好調も低インフレ、緩やかな元高続く

総括 指標好調も低インフレ、緩やかな元高続く 予想レンジ 人民元/円 15.6-16.1 (ポイント) *トランプ大統領はAPEC首脳会議に参加か、習国家主席は参加 *10月小売売上、鉱工業生産も好調 *ただインフレ懸念はない *今後は5%成長が目標か *有名企業や…

FX「ドル/円 ドルが弱すぎる ”晩秋の円安”は進行中」2020/11/18(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

大統領の決意が試される今週の政策金利決定

総括 大統領の決意が試される今週の政策金利決定 (通貨最下位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 13.0-14.0 (ポイント) *大統領はGDPを世界のトップ10に引き上げるとした *大統領は中銀の政策を支持、通貨の信頼を再構築するとした *経常・貿易収支…

政治より経済、大統領より経済 RCEP関税撤廃は朗報

総括 政治より経済、大統領より経済 RCEP関税撤廃は朗報 ドル円=102-107、ユーロ円=121-126 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価6位、RCEP関税撤廃は朗報 景気対策出し惜しみでは円高へ、GDP、貿易統計、消費者物価に注目…

高値から汚職疑惑で下落、今週は政策金利決定

総括 高値から汚職疑惑で下落、今週は政策金利決定 「通貨11位、株価8位」 「予想レンジ 南アランド円 6.5-7.0」 (ポイント) *1ランド6.9円近辺から汚職疑惑で下落 *今週は政策金利決定 *3Q失業率は悪化 *株価指数は年初来プラス圏へ *すべての国との…

指標改善と二つのリスク選好で一段高もボリバン上限から反落

総括 指標改善と二つのリスク選好で一段高もボリバン上限から反落 予想レンジ 4.7-5.2 (通貨10位、株価12位) (ポイント) *政策金利はインフレ上昇もあり据え置きとなった *10月の企業信頼感指数、製造業PMI、消費者信頼感指数といずれも改善 *10月消費…

絶好調ともいえる経済、元高には慎重 16円に届かず

総括 絶好調ともいえる経済、元高には慎重 16円に届かず 予想レンジ 人民元/円 15.7-16.2 (ポイント) *貿易収支、各種PMIと経済指標は好調 *来週は10月小売売上と鉱工業生産の発表 *今後5年間の経済成長率の目標は年平均5%程度か *元高には慎重 *今…

ドル円 バケ線反転なら再びリスク選好、調整売り後に上昇も 2020/11/11(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

リラ急騰、金融政策改善期待と新米国大統領誕生にワクチン開発で

総括 リラ急騰、金融政策改善期待と新米国大統領誕生にワクチン開発で (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.5-13.5 (ポイント) *中銀総裁は更迭、財務相は辞任 *新中銀総裁は物価安定へあらゆる政策ツールを躊躇なく活用すると強調 *バ…

大統領選挙の事は忘れ通常経済活動注視へ、通常となればドル安、日本は消費伸びなければ円高

総括 大統領選挙の事は忘れ通常経済活動注視へ、通常となればドル安、日本は消費伸びなければ円高 ドル円=101-106、ユーロ円=120-125 、ユーロドル=1.15-1.20 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価6位、消費伸びなければ円高、貿易統計と補正予算…

経済指標改善、貿易黒字継続で底堅い

総括 経済指標改善、貿易黒字継続で底堅い 「通貨11位、株価8位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *壁となっていた対円6.5を漸く上抜けた *10月各PMIは改善 *今週は10月企業信頼感指数、9月製造業生産、3Q失業率の発表がある *バイデ…

原油安や米大統領選で波乱も10月は最強通貨、5円維持できるか

総括 原油安や米大統領選で波乱も10月は最強通貨、5円維持できるか 予想レンジ 4.7-5.2 (通貨10位、株価12位) (ポイント) *今週の製造業PMIなどの指標は改善 *3Q・GDPは前期比12.0%増 *米大統領選でバイデン氏優勢観測でペソ上昇 *10月は月間最強通…

中国、虎視眈々、人民元、株価は再び世界2位に浮上 尖閣緊張か(GDP倍増、個人所得アップ大作戦、人民元は着実かつ思慮深く)

総括 中国、虎視眈々、人民元、株価は再び世界2位に浮上 尖閣緊張か(GDP倍増、個人所得アップ大作戦、人民元は着実かつ思慮深く) 予想レンジ 人民元/円 15.5-16.0 (ポイント) *人民元は「着実かつ思慮深い」方法で国際化を推進 *海警局に外国船舶への…

【終了しました】【ライブ】11月4日(水)開催 米大統領選 開票状況と為替相場の反応を生解説!

11月3日、アメリカ大統領選が行われます。 民間調査ではバイデン候補優位と伝えられていますが、「隠れトランプ支持者」によるトランプ候補の再選もあり得る状況です。 はたして米大統領の座につくのはトランプか、バイデンか!? 11月4日(水曜)あさ9時00…

リラ下落に積極的防衛策なし、特定の目標なし

総括 リラ下落に積極的防衛策なし、特定の目標なし (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 11.8-12.8 (ポイント) *中銀はトルコリラ下落に積極的防衛策を打ち出さない 特定の目標なし *今年のインフレ見通しを12.1%に引き上げ *10月製造業P…

米国分断は米国の弱さ、中国が虎視眈々

総括 米国分断は米国の弱さ、中国が虎視眈々 ドル円=102-107、ユーロ円=119-124 、ユーロドル=1.14-1.19 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価6位、11月初旬は円安が多いが、10月下旬に円高要因も出てきた2020年晩秋」 10月の円は中旬までは弱かっ…

公務員給与の昇給凍結が財源、貿易黒字でランドを支える

総括 公務員給与の昇給凍結が財源、貿易黒字でランドを支える 「通貨11位、株価8位」「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *経済対策財源は公務員給与の昇給凍結 *貿易黒字は5か月連続黒字(9月で) *9月消費者物価はインフレ目標の下限の3…

5円のせきれず下落。本日、注目の3Q・GDP発表

総括 5円のせきれず下落。本日、注目の3Q・GDP発表 予想レンジ 4.7-5.2 (通貨10位、株価12位) (ポイント) *本日は3Q・GDPの発表 *今週は米株下落、原油安がペソ安を招いた *1ペソ5円での売執拗な売りも続いた *貿易黒字がペソを支えている *経済指標…

通貨4位、株価2位、激動人民元、本日5中全会コミュニケ発表

総括 通貨4位、株価2位、激動人民元、本日5中全会コミュニケ発表 予想レンジ 人民元/円 15.2-15.8 (ポイント) *人民元急落 人民元の中心レート設定モデル変更 *5中全会、本日閉会、コミュニケ発表 *週末も指標発表(PMI) *3Q・GDPは4.9%増加 *工業…

なぜドル/円が下落しているのか 2020/10/28(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

トリプル安、さらに混沌 EUとイスラムの対立も勃発

総括 トリプル安、さらに混沌 EUとイスラムの対立も勃発 (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.7-13.4 (ポイント) *トルコのみならずイスラム諸国がフランス製品のボイコットを呼びかけ(仏の予言者ムハンマドの風刺画対応を批判) *高イ…

米欧3Q・GDP発表で明るくなるか、所信表明、ECB理事会

総括 米欧3Q・GDP発表で明るくなるか、所信表明、ECB理事会 ドル円=103-107、ユーロ円=122-127 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価6位、所信表明で景気対策は?輸出持ち直し、消費減少の円高を秋の季節的円安要因で持ち…

さあ予算発表。今週は消費者物価と貿易収支なども

総括 さあ予算発表。今週は消費者物価と貿易収支なども 「通貨11位、株価8位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *10月28日にはコロナ感染追加経済対策を受けての予算発表がある *今週は雇用統計、消費者物価、貿易収支の発表がある *コ…

5円の攻防続く。来週はいよいよ3Q・GDP

総括 5円の攻防続く。来週はいよいよ3Q・GDP 予想レンジ 4.7-5.2 (通貨10位、株価12位) (ポイント) *5円の攻防続く *雇用はやや改善 *インフレは4%にのせる *海外からのメキシコ向け投資は増加 *米、加・メキシコ国境閉鎖を11月21日まで延長 *8月…

通貨3位、株価2位、元高を容認 米国の圧力には対抗策

総括 通貨3位、株価2位、元高を容認 米国の圧力には対抗策 予想レンジ 人民元/円 15.3-16.0 (ポイント) *中銀は人民元高を容認か *GDP始め経済指標は強いが物価は落ち着いている *人民銀行は政策金利を据え置いた *輸出規制を採択し米国の貿易圧力に対…

各国7-9月期GDPに注目!円安・株高方向へ 2020/10/21(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

持ち直し、今週は政策金利、国際紛争の火種消えず。神の贈り物効果は

総括 持ち直し、今週は政策金利、国際紛争の火種消えず。神の贈り物効果は (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8 (ポイント) *8月鉱工業生産や小売売上は前年比で改善 *国際紛争の関りは深刻だ *今週の政策金利は据え置きか *黒…

3%成長を目指す経済対策の財源が焦点

総括 3%成長を目指す経済対策の財源が焦点 「通貨11位、株価9位」 「予想レンジ 南アランド円 6.1-6.6」 (ポイント) *年初来の高値の7.8円は取り戻せないが、安値5.6からは底堅くなっている *ラマポーザ大統領は向こう4年にわたる総額1兆ランドを超える…

中国3Q・GDPと輸出管理法、本邦輸出、欧州コロナ感染の死亡者は減少

総括 中国3Q・GDPと輸出管理法、本邦輸出、欧州コロナ感染の死亡者は減少 ドル円=103-108、ユーロ円=121-126 、ユーロドル=1.15-1.20 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価7位、9月輸出持ち直すか、持ち直せば秋には珍しい円高要因」 10月のドル円…

5円台へ乗せきれず、鉱工業生産の悪化に反落 次の焦点は3Q・GDP

総括 5円台へ乗せきれず、鉱工業生産の悪化に反落 次の焦点は3Q・GDP 予想レンジ 4.7-5.2 (通貨10位、株価12位) (ポイント) *5円の壁を破れず *8月の鉱工業生産は伸び悩み *来週は9月失業率、10月中旬のインフレ、8月小売売上の発表がある *中銀によ…

通貨3位、株価3位、焦点は3Q・GDP、 5%超の成長か

総括 通貨3位、株価3位、焦点は3Q・GDP、 5%超の成長か 予想レンジ 人民元/円 15.3-16.0 (ポイント) *人民銀行の外為フォワード取引の法定準備金撤廃し一時元が下落 *9月貿易収支は輸出入ともに急増した *次の焦点は3Q・GDP 5%超の成長か *人民元は…

米大統領選はバイデン氏快勝を予想、リスク回避にはならない 2020/10/14(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

外交不安、経常赤字で前途多難、年初来プラス圏の株価だけが救い

総括 外交不安、経常赤字で前途多難、年初来プラス圏の株価だけが救い (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8 (ポイント) *アゼルバイジャンとアルメニア紛争は一旦休戦となるも即攻撃を再開 *ギリシャとの海底資源探査問題も解決…

バイデン大統領の景気対策を期待、円安だがドル円では伸び悩み

総括 バイデン大統領の景気対策を期待、円安だがドル円では伸び悩み ドル円=103-108、ユーロ円=122-127 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨5位、株価7位、景気は企業中心に持ち直し、消費はまだ弱く円安に繋がらず」 10月に入って…

3Q景気回復期待で底堅い

総括 3Q景気回復期待で底堅い 「通貨11位、株価10位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *このところの指標改善は3QのGDP拡大を示唆している *年初来の高値の7.8円は取り戻せないが、安値5.6からは底堅くなっている *今週は8月小売売上…

経済指標改善で5円台へ挑戦

総括 経済指標改善で5円台へ挑戦 予想レンジ 4.7-5.2 (ポイント) *政府は、総額2970億ペソのインフラ投資計画を発表 *消費者物価は4%を超えている *9月の車生産、2月以来の高水準に *経済指標は軒並み改善 *政策金利は11会合連続で引き下げられたが前…

通貨3位、株価2位、人民元が円を抜く、明日から上海再開

総括 通貨3位、株価2位、人民元が円を抜く、明日から上海再開 予想レンジ 人民元/円 15.3-16.3 (ポイント) *人民元が円を抜き、年初来ではスイス、ユーロに次ぐ3位 *経済指標は相変わらず強い *3Q・GDPは5.2%成長の予想 *明日から上海再開 *双循環が…

トランプ大統領、追加景気対策中止でも急激な円高にならない理由 2020/10/7(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

top