高金利通貨

ドル・円は伸び悩みか、ドル売り後退も中国ウイルスで円買いに警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、ドル売り後退も中国ウイルスで円買いに警戒」 24日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。欧州中銀(ECB)による緩和政策の長期化観測で、ドル買い地合いの見通し。ただ、中国の新型…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。日本株高を手がかりに円売りが先行し、109円58銭まで値を上げた。その後、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念で円買いが一時強まり、109円44銭まで下落する場面もあったが、日本株が反落後に持ち直したことでや…

「FOMC、FRB議長会見、米GDP、BOE、欧GDP、欧CPI、豪CPI、中国PMI、メキシコ中銀など」 週間イベント 1/27~2/2

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 目次 ▼北米(米国・カナダ)最大の注目は30日の米10-12月期国内総生産(GDP)・速報値 ▼欧州(ユーロ圏・英国)英中銀 (BOE)が利下げに動くとの観測がくすぶっており、30日の発表が注目される ▼アジア・オセア…

ドル・円は109円台で推移か、リスク選好的な円売り拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台で推移か、リスク選好的な円売り拡大の可能性低い」 23日のドル・円は東京市場では109円87銭から109円50銭まで下落。欧米市場でドルは109円65銭まで買われた後に109円27銭まで反落し、109円47銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型肺炎の感染拡大は新たな世界経済のリスクと警戒され、109円65銭から109円27銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)は大規模緩和継続の必要性を再表明し、1.1109ドルから1.1036ドルへドル高…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる展開続く。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる展開続く。 トルコリラ/円は続落。下値余地がもう一段拡がる可能性が高いので買いは引き続き様子見ですが、18.20-25に強い抵抗があり、これを守り切って反発に転ずる可能性も高いと見ています。但し、17.90割れで終え…

メキシコもリスクオフ免れず、次の焦点は4Q・GDP

総括 メキシコもリスクオフ免れず、次の焦点は4Q・GDP (年初来通貨首位、株価4位) 予想レンジ 5.50-6.0 (ポイント) *中国発新型肺炎でペソ、株価ともに下落も、世界水準では上位に位置している *メキシコでも新型肺炎感染者発生か *次の焦点は4Q・GDP…

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、新型ウイルスの影響やECBの見解を注視

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、新型ウイルスの影響やECBの見解を注視」 23日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い値動きを予想する。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念で円買いが先行する見通し。安全通貨買いでド…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はじり安。新型コロナウィルスの感染拡大の懸念が強まり、中国株、香港株、日本株の大幅安を手がかりとした円買いで109円87銭から下落基調に。また、欧米株安観測や米長期金利の低下でドル売りも強まり、109円50銭まで弱含ん…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、アジア諸国の株式市場の動向が手掛かり材料に

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、アジア諸国の株式市場の動向が手掛かり材料に」 22日のドル・円は東京市場では109円83銭から110円10銭まで反発。欧米市場でドルは110円01銭まで買われた後に109円83銭まで反落し、109円8…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が根強く、110円01銭から109円83銭まで円高・ドル安推移。その後、中古住宅販売件数が予想を上回ったため下落は一段落。 ユーロ・ドル:1.1098ドルまでドル安・ユーロ高推移後、…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地が限られる展開。

【トルコリラ/円】:上値余地が限られる展開。 トルコリラ/円は小反発に転じましたが、上昇余力に欠けるものであることから、上値を追いきれない可能性も高いと見ています。買いは引き続き様子を見た方がいいでしょう。18.20-25に強い抵抗があり、これを守り…

ドル・円は伸び悩みか、米住宅関連指標を好感もウイルス感染状況を注視

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米住宅関連指標を好感もウイルス感染状況を注視」 22日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。米国の住宅関連指標が堅調となり市場の活況が示されれば、株高を通じて買いが入りや…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。中国が新型肺炎への対策を発表したことを好感して、米株式先物のプラス圏推移で日経平均株価が反転し、円売り再開でドルは109円83銭から正午にかけて110円台を回復。午後はポンド・円などクロス円の上昇にけん…

豪12月雇用統計と10-12月期CPIに注目 注目の高金利通貨 豪ドル/円 1月22日号

豪ドル/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・米中通商協議が第1段階で合意・リスクオンでも豪ドルの上値重い☆中国新型肺炎リスクで失速 足元の豪ドル/円は75円台前半へと反落 第1段階の米中通商合意を好感した動きで16日には76.20円台に上昇しましたが、前…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、新型肺炎感染拡大を警戒して円買い先行も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、新型肺炎感染拡大を警戒して円買い先行も」 21日のドル・円は東京市場では110円22銭から109円89銭まで下落。欧米市場でドルは110円12銭まで買われた後に109円76銭まで反落し、109円87銭…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型コロナウイルスの感染拡大が成長を抑制するとの懸念で円買いが加速し、110円12銭から109円76銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:米仏関税の発動回避、予想を上回ったドイツの1月ZEW景気期待指数を好感して1.…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。 トルコリラ/円は続落となり、直近の陰線が18.65-70の日足の下値抵抗を下抜けて終えています。18.20-40ゾーンの足元を固め直す動きが強まると見られ、下値余地がもう一段拡がる可能性に注意が必要です。18.20-25に強…

ドル・円は上げ渋りか、米大統領演説に安心感も米株高一服

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米大統領演説に安心感も米株高一服」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。トランプ米大統領の演説で地政学リスクへの警戒は緩和され、円売り基調は継続の見通し。ただ、米国…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。110円22銭から109円89銭まで下落した。香港の格付け引き下げや中国の新型肺炎の感染拡大を懸念して、香港ハンセン指数と上海総合指数が大幅安となり、日経平均株価も下落したことから、リスク回避的な円買いが優…

ドル・円は110円台前半で推移か、株高継続への期待でドル下げ渋りも

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円台前半で推移か、株高継続への期待でドル下げ渋りも」 20日のドル・円は東京市場では110円08銭から110円22銭まで反発。欧米市場でドルは110円11銭から110円20銭まで反発し、110円17銭で取引終了。 本日21日の…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国市場休場のため、動意薄の状態が続いた。110円11銭まで下げた後に110円20銭まで戻した。 ユーロ・ドル:米仏は年内の関税引き上げを見送るとの報道で1.1077ドルまで下げた後に1.1098ドルまで戻した。 ユーロ・円…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値余地がもう一段拡がる可能性に注意。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値余地がもう一段拡がる可能性に注意。 トルコリラ/円は小幅続落となり、上値を切り下げています。18.85-90の抵抗にぶつかったことや、18.65-70の日足の抵抗を守り切れずに終えており、下値リスクがやや高い状態で…

トルコリラ息切れもトルコ株は続伸、希望あり

総括 トルコリラ息切れもトルコ株は続伸、希望あり 予想レンジ トルコリラ/円 18.2-19.2 (通貨3位、株価首位) (ポイント) *先週は予想外の利下げを行った *トルコリラ息切れもトルコ株は続伸で年初来7.16%高 *CPI上昇、小売や鉱工業生産も改善してい…

週間テクニカル分析レポート 2020/01/20~2020/01/24

▼USD/JPY 短期移動平均線が長期線を上抜けるゴールデンクロス形成。ただし、ドル売りのリスクが依然として残っているため、今週は横ばいもしくは上昇を予想。予想レンジは108.880~111.460 ▼AUD/JPY ゴールデンクロス形成。上昇もしくは横ばいを予想。中東お…

ドル・円は伸び悩みか、材料難のなか110円前半の売りを意識

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、材料難のなか110円前半の売りを意識」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米中貿易協議の正式合意以降は市場心理が改善しており、株高が続けば円売りに振れやすい。ただ、米…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。日経平均株価の上昇を背景に円売りが強まり、朝方の110円08銭から110円22銭まで値を切り上げる場面もあった。ただ、今晩の米国市場の休場で様子見ムードが広がり、円売りの一服でドル・円は夕方にかけて失速した…

「スイスフランが躍進 リラは利下げでも堅調」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年1月13日から1月17日の営業日 変動率ランキング スワップポイント累計ランキング 取引高ランキング…

ドル・円は110円台前半で推移か、110円台に顧客筋などのドル売り注文残る

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円台前半で推移か、110円台に顧客筋などのドル売り注文残る」 17日のドル・円は東京市場では110円14銭から110円29銭まで反発。欧米市場でドルは110円24銭から110円05銭まで下落し、110円15銭で取引終了。 本日2…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国の住宅着工件数が13年ぶり高水準となったものの消費者信頼感やJOLT求人件数が予想を下回ったため、110円24銭から110円05銭の狭いレンジでもみ合った。 ユーロ・ドル:域内の低成長を見込んだユーロ売りに1.1140ド…

※追加【トルコリラ/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。18.60割れで終えた場合は一段の下落に注意。

【トルコリラ/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。18.60割れで終えた場合は一段の下落に注意。 トルコリラ/円は小反落。18.85-90の抵抗を上抜けきれずに押し戻されており、この反動で反発余地が限られる展開が予想されますが、下値も、18.65-70の日足の抵…

予想外の利下げが示す脆弱さ、電力不足。通貨最下位、株価6位

総括 予想外の利下げが示す脆弱さ、電力不足。通貨最下位、株価6位 予想レンジ 南アランド円 7.0-8.0 (ポイント) *先週、南ア中銀は予想外の利下げを行った。低成長への早めの行動 *今週は消費者物価の発表 *11月小売売上は強かった *11月製造業生産は…

ドル・円は上げ渋りか、米株高好感も経済指標にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米株高好感も経済指標にらみ」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。短期的なリスク要因の後退で、米株高継続を手がかりに上昇基調へ振れやすい。ただ、今晩発表される米国の…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。朝方の取引で110円14銭を付けた後、前日の米経済指標の改善を好感したドル買いや、日経平均株価の堅調地合いを受けた円売りが優勢になり、110円29銭まで強含んだ。しかし、その後は持ち高調整などのドル売りがみ…

「大幅利下げながらリラ堅調」トルコリラの焦点

16日、トルコ中銀は政策金利発表を行い、市場予想を上回る0.75%引き下げ、新たな政策金利は11.25%となった。利下げ自体は実に5回連続。 中銀の声明では、トルコ国内のインフレ率低下が続けば、今後も利下げを行う可能性があることが示されている。 今回の…

「カナダ中銀、英雇用統計、独ZEW、ECB、独・ユーロ圏・英PMI、日銀、豪雇用統計、豪CPIなど」 週間イベント 1/20~1/26

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 1/21~24…

ドル・円は110円台前半で推移か、米国株高などを意識して、リスク選好的なドル買い継続も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円台前半で推移か、米国株高などを意識して、リスク選好的なドル買い継続も」 16日のドル・円は東京市場では109円86銭から109円99銭まで反発。欧米市場でドルは109円93銭まで売られた後に110円18銭まで反発し、…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:良好な米経済指標やUSMCAが米上院で承認されたため、成長期待が強まり、109円93銭から110円18銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ドイツ経営者連盟(BDI)が景気底入れの兆候が見られないとの悲観的見解を示した…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。買いは押し目待ち。

【トルコリラ/円】:上値トライの動きが継続中。上値抵抗にも注意。買いは押し目待ち。 トルコリラ/円は小幅続伸となりましたが、18.85-90に日足の上値抵抗が控えており、これをしっかり上抜けて終えるまでは下値リスクへの警戒も必要です。18.70近辺に下値…

為替、株価ともに好調、米中貿易戦争で漁夫の利

総括 為替、株価ともに好調、米中貿易戦争で漁夫の利 (年初来通貨3位、株価5位) 予想レンジ 5.50-6.0 (ポイント) *ボリバン上限で陽線続く *今年は株も為替も好調 *米中貿易戦争はメキシコに漁夫の利となった *自動車輸出は米国頼みである *3Qも経…

ドル・円は伸び悩みか、米経済指標にらみも材料出尽くしでドル売り

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米経済指標にらみも材料出尽くしでドル売り」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米中通商協議の正式合意による安心感が続き、円売りが主要通貨を押し上げる見通し。ただ、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。朝方に109円86銭まで下げた後、日経平均株価の上昇を背景とした円売りで109円99銭まで強含んだ。国内実需系のドル買いも出ていたもよう。ただ、その後は材料出尽くしからやオプションに絡んだといわれるドル売り…

【トルコリラ/円】実質金利マイナスへ

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月16日(木)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・トルコ中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 実質金利マイナスへ 本日はトルコ中銀…

ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、米長期金利低下でリスク選好のドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、米長期金利低下でリスク選好のドル買い抑制も」 15日のドル・円は東京市場では110円01銭から109円82銭まで下落。欧米市場でドルは109円79銭まで売られた後に110円00銭まで反発し、109…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:12月米生産者物価指数(PPI)が予想を下回っため、109円79銭へ円高・ドル安推移後、米中第1段階の貿易協定調印を好感し110円00銭まで上昇。 ユーロ・ドル:ユーロ圏11月鉱工業生産を好感して、1.1119ドルから1.1163ド…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。買いは押し目待ち。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。買いは押し目待ち。 トルコリラ/円は値幅の小さい寄せ線で終えています。日足は崩れていませんが、18.85-90の抵抗を上抜けて終えない限り下値リスクへの警戒も必要です。また、18.60割れで終えた場合は再度1…

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米中休戦も次のステージに思惑

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米中休戦も次のステージに思惑」 15日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。今晩の米中通商合意に関する署名で、短期的に懸念は緩和される見通し。ただ、今後の両国の協…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。朝方に一時110円01銭まで上昇したが、節目付近のドル売りに押され、109円82銭まで下落した。その後は、日経平均株価の下落を受けてリスク回避的な円買いがみられたものの、ドルの押し目買いで下げは限定的となり…

「5回連続利下げとなるか?!明日は政策金利発表」トルコリラの焦点

16日にトルコ中銀の政策金利発表が予定されている。昨年後半の4連続利下げで政策金利は24%から12%と半分になった。市場は今回も11.50%への小幅な追加利下げを見込んでいる。トルコのインフレ率は12月に11.84%へと上昇しているため、予想通りに政策金利が…

トルコ中銀の政策金利発表に注目 注目の高金利通貨 トルコリラ/円 1月15日号

トルコリラ/円(4時間足) 直近1週間のポイント ☆中東地政学リスク後退・米中貿易合意への期待 足元のトルコリラ/円は安値から急反発 8日朝には、イランがイラクの米軍駐留施設にミサイル攻撃を行った事で中東情勢が緊迫化する中、一時18円台を割り込みまし…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.