高金利通貨

ドル・円は伸び悩みか、ドル選好地合いも米FRB議長発言に警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、ドル選好地合いも米FRB議長発言に警戒」 22日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。欧州のコロナ再拡大など複数のリスク要因を背景に、ドル選好地合いが続く見通し。ただ、米連邦準…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。アジア株安を背景に104円75銭から104円46銭まで弱含んだが、リスクオフのドル買いで小幅に値を戻した。 ユーロ・円は123円28銭から122円66銭まで下落した。 ユーロ・ドルは1.1774ドルから1.1721ドルまで値を下げ…

ドル・円は主に104円台で推移か、リスク回避の円買い一巡でドル下げ渋りも

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、リスク回避の円買い一巡でドル下げ渋りも」 21日のドル・円は、東京市場では104円58銭から104円07銭まで下落。欧米市場でドルは、104円00銭から104円86銭まで反発し、104円65銭で取引終了。…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型コロナウイルス感染再拡大を嫌気したリスク回避の動きに104円00銭まで円高・ドル安推移後、104円86銭まで反発。 ユーロ・ドル:新型コロナウイルス感染再拡大を嫌気して1.1833ドルから1.1732ドルまでドル高・ユー…

良い材料も出てきたが、世界的リスク回避で売られる、今週は政策金利決定

総括 良い材料も出てきたが、世界的リスク回避で売られる、今週は政策金利決定 (通貨最下位、株価8位) 予想レンジ トルコリラ/円 13.3-14.3 (ポイント) *大統領、政府首脳、中銀からもリラ安懸念の声が暫く聞こえない *先週の指標は強かった(鉱工業生…

ドル・円は下げ渋りか、ドルに下押し継続も節目付近では買戻しも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、ドルに下押し継続も節目付近では買戻しも」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和姿勢を背景に、ドル売り地合いが継続する見通し。ただ、欧…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。東京市場は休場だったものの、朝方からドル売りが先行し104円58銭から一時104円07銭まで弱含んだ。 ユーロ・円は123円94銭から123円21銭まで下落した。 ユーロ・ドルは1.1872ドルまで買われた後、1.1831ドルまで反…

ドル・円は主に104円台で推移か、米中関係の悪化を警戒してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、米中関係の悪化を警戒してドル買い抑制も」 18日のドル・円は、東京市場では104円87銭から104円56銭まで下落。欧米市場でドルは、104円27銭から104円64銭まで反発し、104円57銭で取引終了。…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ・ドル・円:米低金利政策の長期化を意識して104円27銭へ円高・ドル安推移後、104円64銭まで反発。 ・ユーロ・ドル:米9月ミシガン大学消費者信頼感指数の改善を受けて1.1826ドルへドル高・ユーロ安推移後、1.1870ドルまで反発…

金融緩和サイクル停止で上昇も週末反落、中国頼み

総括 金融緩和サイクル停止で上昇も週末反落、中国頼み 「通貨11位、株価10位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *政策金利は据え置かれ金融緩和サイクルが停止 *インフレ率は目標範囲内に収まる *弱い7月小売売上 *中銀はGDPが今年8…

ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制」 18日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。重要イベント通過に伴いリスク回避の円買いは後退し、底堅いクロス円に追随する見通し。…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。東京市場の明日からの4連休を前に国内勢がドル買いを進め、午前中に104円87銭まで値を上げた。その後、欧州通貨の持ち直しや米10年債利回りの伸び悩みでドルは下押しされ、夕方にかけて失速し、104円56銭まで下げた。…

「米失業保険、FRB議長証言、BOE総裁講演、独・英PMI、独IFO、NZ中銀、日銀総裁講演、トルコ中銀、メキシコ中銀、など」 週間イベント 9/21~9/27

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

ドル・円は主に104円台で推移か、米国株安を意識してリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に104円台で推移か、米国株安を意識してリスク選好的なドル買い抑制も」 17日のドル・円は、東京市場では105円17銭から104円69銭まで下落。欧米市場でドルは、104円87銭から104円53銭まで下落し、104円72銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:先週分新規失業保険申請件数は市場予想をやや上回ったため、104円87銭から104円53銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州委員会委員長の発言で欧州連合(EU)と英国の通商交渉での合意期待が再燃し、1.1783ドル…

インフレ4%でも中銀は利下げ示唆、既に流動性供給強化

総括 インフレ4%でも中銀は利下げ示唆、既に流動性供給強化 予想レンジ 4.6-5.1 (ポイント) *9月24日に政策金利決定会合(メキシコよりインフレが低い南アは利下げ休止) *インフレは4%も成長率大幅悪化で利下げが予想されている *中銀は政策決定会合…

ドル・円は底堅い値動きか、想定内の米FOMCでドル売り後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、想定内の米FOMCでドル売り後退」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和継続姿勢を受け、ドルへの下押し圧力は継続する見通し。ただ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。米連邦公開市場委員会(FOMC)の無難通過に伴うドルの買い戻しで、一時105円17銭まで値を切り上げた。その後は105円付近でもみ合いが続いたが、夕方にかけてアジア株安に続く欧州株の下落スタートを受けて、円買い…

「ペソ/円 5円台回復の理由は?」知っトク!メキシコペソ 2020年9月17日

メキシコ政府は12日、8月末時点で同国の民間部門雇用者が前月比9.24万人増加したと発表。新型コロナウイルスの感染が拡大した3月以降、初めて増加に転じた。製造業や建設業がけん引役となっており、メキシコ経済活動の回復が窺える内容であった。足元のメキ…

ドル・円は105円近辺で推移か、米追加緩和の思惑後退でドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円近辺で推移か、米追加緩和の思惑後退でドル売り抑制も」 16日のドル・円は、東京市場では105円44銭から105円23銭まで下落。欧米市場でドルは、105円26銭から104円81銭まで下落し、104円98銭で取引終了。本日1…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ハト派FOMCへの思惑を受けたドル売りに105円26銭から104円81銭まで円高・ドル安推移後、追加緩和に慎重な姿勢を受け105円15銭へ反発。 ユーロ・ドル:ユーロポンド絡みのユーロ売りで1.1882ドルから1.1788ドルへドル…

ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの緩和方針維持は織り込み済み

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米FOMCの緩和方針維持は織り込み済み」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を受け、ドルに下押し圧力がかかりやすい。ただ、緩和…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。クロス円の下げに追随し、ドルは朝方付けた105円44銭から下落基調に振れ、105円23銭まで下げた。安値近辺では国内勢を中心にドル買いがみられ、いったん下げ渋ったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を…

南ア中銀の政策金利発表に注目 注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 9月16日号

南アランド/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・南ア経常収支赤字化・米国株持ち直し・中国指標改善でリスクオン・ドル円下落 足元の南アランド/円は上値もみ合い ランド/円は、10日に6.30円台を割り込んで下落。南ア4-6月期経常収支が赤字に転じた事や、…

ドル・円は105円台で推移か、米FOMC会合前で主要通貨の為替取引は動意薄となる可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、米FOMC会合前で主要通貨の為替取引は動意薄となる可能性」 15日のドル・円は、東京市場では105円75銭から105円61銭まで下落。欧米市場でドルは、105円81銭から105円30銭まで下落し、105円45銭で…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ハト派寄りの連邦公開市場委員会(FOMC)を織り込むドル売りや8月鉱工業生産が予想を下回ったことを受けて、105円81銭から105円30銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:9月の独ZEW期待指数の予想外の改善を好感し…

ドル・円は下げ渋りか、米追加緩和観測も欧州通貨にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米追加緩和観測も欧州通貨にらみ」 15日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。本日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加緩和への思惑で、ドルは下押しされる見通…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。自民党の菅総裁が早期解散・総選挙に否定的な見解を示し、安定政権への期待後退による円買いでドルは105円61銭まで下落した。しかし、その後、ユーロ・ドルが反発し、ユーロ・円が堅調推移となったことでドル・円も連…

「EUが制裁? 地中海のガス田を巡る対立」トルコリラの焦点

トルコが以前からギリシャ・キプロスと争っていた地中海でのガス田開発について、EUはトルコに対して、交渉に応じない場合には制裁を科す可能性を示した。 本件はトルコとギリシャが互いに領有権を主張する中、トルコがキプロスの領海内で試掘を始めるなど、…

【南アフリカランド円】据え置きと利下げで見方が割れる

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 9月15日(火)南アフリカランド/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・9/17 南ア中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 据え置きと利下げで見方が…

ドル・円は105円台で推移か、米追加緩和の思惑でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、米追加緩和の思惑でドル買い抑制も」 14日のドル・円は、東京市場では106円17銭から105円95銭まで下落。欧米市場でドルは、106円05銭から105円55銭まで下落し、105円70銭で取引終了。本日15日の…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:連邦公開市場委員会(FOMC)を控えたドル売りに106円05銭から105円55銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1850ドルから1.1888ドルへドル安・ユーロ高推移後、ECB専務理事兼首席エコノミスト、レーン氏のユーロ…

悪材料満載の中で格下げ 外貨準備は増加

総括 悪材料満載の中で格下げ 外貨準備は増加 (通貨最下位、株価10位) 予想レンジ トルコリラ/円 13.8-14.5 (ポイント) *ムーディーズが格付け引き下げ *東地中海緊張は続く *トルコとギリシャ首脳会談なるか *株価は通貨リラほど下落していない *エ…

週間テクニカル分析レポート 2020/09/14~09/18自民党総裁選後の日銀会合に注目。アベノミクス路線の踏襲であれば日本株高・円安に動くか

▼USD/JPY 短期移動平均線に引き続き上値を抑えられるか下落を予想。予想レンジは104.940~107.350▼AUD/JPY 2020年3月の安値から引けるトレンドラインをサポートに横ばいを予想。予想レンジは73.280~81.320▼GBP/JPY 長期、短期移動平均線をデッドクロス。下…

ドル・円は底堅い値動きか、米追加緩和に思惑もワクチン開発に期待感

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米追加緩和に思惑もワクチン開発に期待感」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。追加的な米金融緩和への思惑からドル売りに振れやすい見通し。ただ、ワクチン開発への期…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調推移。ワクチン開発への期待感からリスク選好ムードが広がるなか、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて米10年債利回りが低下し、ドル売り先行で106円17銭から下落基調に。午後はユーロ・ドルの上昇でドルはさらに下押…

「ポンド下落祭り」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年9月7日~9月11日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

ドル・円は106円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い抑制も」 11日のドル・円は、東京市場では106円08銭から106円26銭まで反発。欧米市場でドルは、106円25銭から106円06銭まで反落し、106円16銭で取引終了。本日14…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米債利回り低下に伴い、106円25銭から106円06銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)のユーロ高けん制警戒感が後退し1.1874ドルへドル安・ユーロ高推移後、ECB専務理事兼首席エコノミスト、レー…

2QはGDP、経常収支ともに悪化。政策金利は

総括 2QはGDP、経常収支ともに悪化。政策金利は 「通貨11位、株価8位」 「予想レンジ 南アランド円 6.1-6.6」 (ポイント) *2Q・GDPは予想より悪化の51%減 *2Q経常収支も悪化 *ただ3Qの経常収支は改善している *今週は政策金利の発表がある *中銀は景…

ドル・円は底堅い値動きか、英・EUの交渉にらみ欧州通貨売り継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、英・EUの交渉にらみ欧州通貨売り継続」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。英国と欧州連合(EU)との通商協議が暗礁に乗り上げ、欧州通貨売りでドル選好地合いの見通し…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は強含み。106円08銭から106円26銭まで上昇した。日経平均株価が続伸で引け円売りが優勢になった。また、前日の欧州中央銀行(ECB)理事会を終えて追加緩和観測やユーロ高けん制警戒が後退し、ユーロ・円の買いが再燃。日英の…

「米小売、FOMC、独ZEW、英CPI、BOE、自民総裁選、日銀、NZGDP、豪雇用、南ア中銀、ロシア中銀など」 週間イベント 9/14~9/20

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

「約7兆ドルの緩和マネーは新興国をも潤す」第一生命経済研究所 桂畑誠治氏 -新型コロナショック-

米緩和マネーは新興国の景気回復に寄与 FRBは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、金融危機を防ぎ経済基盤を守るため、3月に大規模な金融緩和を緊急で実施した。事実上のゼロ金利までの利下げや、大規模な資産購入を行ったほか、ファシリティを通じた…

ドル・円は106円台で推移か、米国株安を意識して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円台で推移か、米国株安を意識して円売り抑制も」 10日のドル・円は、東京市場では106円30銭から106円03銭まで下落。欧米市場でドルは105円98銭まで下げた後、106円24銭まで反発し、106円13銭で取引終了。本日1…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:先週分新規失業保険申請件数が予想外に増加し、米労働市場の遅い回復を嫌ったドル売りで105円98銭まで下落後、質への逃避のドル買いに106円24銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)は定例理事会…

5.0つける。2つの需給改善で底堅いが、格下げ懸念。中銀は金融政策でジレンマ

総括 5.0つける。2つの需給改善で底堅いが、格下げ懸念。中銀は金融政策でジレンマ 予想レンジ 4.6-5.1 (ポイント) *ボリバン上限超えで5.0をつける9月10日は長い上ヒゲで売り圧力 *ペソは5月から確かに強いが、年初来ではまだ13.6%安 *5月からのペソ安…

ドル・円は底堅い値動きか、ECBのPEPP拡大でユーロ売り優勢も

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、ECBのPEPP拡大でユーロ売り優勢も」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。欧州中銀(ECB)理事会でパンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)が拡大されれば、ユーロ売…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。前日の米株高を受けて日経平均株価が反発し、リスク選好の円売りでドルは一時106円30銭まで上昇。その後はドル買い・円売りの一巡で失速した。午後には欧州通貨が持ち直し、ドルは106円03銭まで弱含む場面もあった。 …

「そろそろ利下げ打ち止め?」知っトク!メキシコペソ 2020年9月10日

9日に発表されたメキシコ8月消費者物価指数は前年比+4.05%とほぼ予想通りの伸びとなった。メキシコ中銀のインフレ目標(2-4%)を1年3カ月ぶりに上回るとともに、政策金利(4.50%)の水準に接近した事から、一部で利下げ打ち止め観測が浮上した。この日は…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.