高金利通貨

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:トランプ大統領が米中通商協議での合意成立を2020年の大統領選挙後に遅らせる意向を示唆したため、追加関税発動への懸念が一段と強まり、109円15銭から108円48銭まで円買い・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1066ドルか…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。 トルコリラ/円は小幅続落となりました。下値抵抗を守っていますが、日足の形状が若干悪化しており、上値余地が限られる可能性にも注意が必要です。19.00-05の抵抗を上抜けて終えれば下値リスクがやや後…

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、目先の米経済指標を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、目先の米経済指標を見極め」 3日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想したい。米中貿易協議の先行き不透明感で、リスク回避的な円買いが先行する見通し。108円台では値ごろ感…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。米中貿易協議の先行き不透明感から前日海外市場での円買いの流れを受け継ぎ、朝方の取引で108円95銭まで下落した。しかし、本邦実需勢のドル買いで反転上昇に転じ、豪準備銀行理事会後の豪ドル・円の上昇に引っ張られ…

ドル・円は109円を挟んだ水準で推移か、国際貿易環境悪化への懸念強まる

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円を挟んだ水準で推移か、国際貿易環境悪化への懸念強まる」2日のドル・円相場は、東京市場では109円49銭から109円73銭まで上昇。欧米市場でドルは109円70銭から108円93銭まで反落し、108円97銭で取引を終えた…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:追加貿易関税を警戒、米国の11月ISM製造業が予想外に悪化したことが嫌気され109円70銭から108円93銭まで円買い・ドル安推移。 ユーロ・ドル:ユーロ圏11月製造業PMI改定値の改善を好感し1.1003ドルから1.1090ドルまで…

景気回復と喧嘩外交

総括 景気回復と喧嘩外交 *通貨最下位、株価10位 (先週=企業信頼感指数 経済信頼感指数 貿易収支、今週=製造業PMI GDP 消費者物価) 予想レンジ トルコリラ/円 18.5-19.5 (ポイント) *今週はGDPの発表(結果は後述) *内外の機関が成長見通しを上方…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れず。短期トレンドは“リラ強気”を維持。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れず。短期トレンドは“リラ強気”を維持。 トルコリラ/円は陰線引けとなり、19.10超えトライに失敗して引けています。トレンドの変化が認められませんが、19.00-05の抵抗を上抜け切れておらず、19.10超えで終えるまでは上…

ドル・円は伸び悩みか、クロス円がけん引も110円付近で売り

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、クロス円がけん引も110円付近で売り」 2日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。中国経済指標の改善などでややリスクオンのムードが広がり、クロス円で円売りが先行する見通し。た…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。朝方の取引で109円49銭を付けた後、日経平均株価の強含みを受けた円売りが優勢になった。中国株高なども円売りを支援し、ドル・円は一時109円73銭まで値を上げた。ただ、日本株の上げ渋りで円売りは弱まり、やや…

週間テクニカル分析レポート 2019/12/02〜2019/12/06

▼USD/JPY 長期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。上昇を予想するも長期レジスタンスラインに上値を抑えられるか。予想レンジは108.4~110.53 ▼AUD/JPY 今週は日足で引いたサポートラインに沿って上昇を予想。予想レンジは72.6~75.44 ▼GBP/JPY …

「露ルーブル/円はスワップポイント増 変動率は南アランド/円が首位」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2019年11月25日から11月29日の営業日 変動率ランキング スワップポイント累計ランキング 取引高ランキン…

ドル・円は109円台で推移か、米中通商協議の行方は不透明でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台で推移か、米中通商協議の行方は不透明でドル買い抑制も」11月29日のドル・円相場は、東京市場では109円60銭から109円45銭まで下落。欧米市場でドルは109円67銭まで買われた後に109円40銭まで反落し、109円…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米債利回りの上昇に連れたドル買いに109円67銭へ円安・ドル高推移後、米中通商協議への懸念に109円40銭まで反落。 ユーロ・ドル:ドイツの失業者数が減少し、1.0981ドルから1.1028ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユ…

今週はGDP、資源価格は底堅い。通貨7位、株価14位

総括 今週はGDP、資源価格は底堅い。通貨7位、株価14位 予想レンジ 南アランド円 7.0-8.0 (先週=企業信頼感 卸売物価 貿易収支、今週=GDP 経常収支) (ポイント) *今週はGDP *4Q企業景況感指数は改善 *S&Pは格付け見通しを引き下げた *低成長、財政…

※追加【トルコリラ/円】:日足の形状が改善中。短期トレンドは強気を維持。

【トルコリラ/円】:日足の形状が改善中。短期トレンドは強気を維持。 トルコリラ/円は小陽線で終え、19円台に値を戻していますが、19.00-05の抵抗をしっかり上抜け切れておらず、19.10超えで終えるまでは上値トライに失敗する可能性にも注意が必要です。短…

ドル・円は底堅い値動きか、米中協議にらみも米経済底入れ期待

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米中協議にらみも米経済底入れ期待」 29日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。引き続き米中貿易協議の行方が注目され、根強い警戒感がドル・円を下押しする可能性はあろう。…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。国内勢による月末のドル買いが朝方から先行し、一時109円60銭まで強含んだ。その後、日経平均株価の反落で円買いに振れ、109円45銭まで下落。ただ、豪ドル・円などクロス円の上昇基調で、ドル・円は109円50銭付近…

「米ISM、カナダ中銀、カナダ雇用統計、米雇用統計、ECB総裁講演、中国PMI、豪中銀、豪GDP、NATO首脳会議など」 週間イベント 12/2~12/8

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 12/2☆米11月ISM製造業景況指数 1…

ドル・円は109円台で推移か、米中通商協議のさらなる進展への期待でドル買い継続も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台で推移か、米中通商協議のさらなる進展への期待でドル買い継続も」 28日のドル・円相場は、東京市場では109円57銭から109円33銭まで下落。欧米市場でドルは109円38銭から109円55銭まで戻しており、109円51…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:109円38銭から109円55銭までドル高・円安に推移。米国は感謝祭の祝日のため、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は閑散。 ユーロ・ドル:1.1018ドルから1.1000ドルまでユーロ安・ドル高に推移。 ユーロ・円:120円43…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。短期トレンドは強気を維持。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。短期トレンドは強気を維持。 トルコリラ/円は小幅続伸となりました。19.00-05の抵抗を再度トライする可能性に繋げていますが、急伸にも繋がり難く、19.10超えで終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょ…

12通貨中3位でまずまずの強さ。円より若干強い

総括 12通貨中3位でまずまずの強さ。円より若干強い 予想レンジ 5.4-5.9 (ポイント)(先週=特になし、今週=GDP確定値 貿易収支 失業率) *12通貨中3位でまずまずの強さ。円より若干強い *追加利下げ観測あり *成長見通し下方修正 *大型財政出動あり …

ドル・円は上げ渋りか、香港人権法案成立を意識

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、香港人権法案成立を意識」 28日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。27日発表された堅調な米経済指標から景気底入れを意識した買いが先行する見通し。ただ、米国の香港人権法案の…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は戻りが鈍い。トランプ米大統領の香港人権法案への署名を受け米中貿易協議の不透明感が広がり、109円58銭から109円33銭まで弱含んだ。その後は、小幅に持ち直したが、日本株安を手がかりに円買いが続きドルの戻りを抑制した…

「露ミサイルシステムの試験を開始 米議会で制裁熱高まるか?」トルコリラの焦点

26日、エルドアン大統領は記者団へ対し、金利とインフレ率は望ましい水準へ向かっており、2020年には1桁台へ進むという見解を示した。またインフレ率の低下で、トルコ経済や通貨は「様変わり」するとした。 トルコはロシアのミサイルシステムS400のレーダー…

ドル・円は109円台で推移か、良好な米経済指標を意識してドル買い継続の可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台で推移か、良好な米経済指標を意識してドル買い継続の可能性」 27日のドル・円相場は、東京市場では109円02銭から109円19銭まで上昇。欧米市場でドルは109円11銭まで下げた後に109円61銭まで買われており、…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:109円11銭から109円61銭までドル高・円安に推移した。米国の7-9月期GDP改定値が上方修正されたほか、10月耐久財受注が予想外に増加し、先週分新規失業保険申請件数も低下したことなどが好感され、ドル買い、円売りが…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。短期トレンドは強気を維持。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態続く。短期トレンドは強気を維持。 トルコリラ/円は小陽線で終え、下値抵抗を守っていますが、19円台にしっかり乗せて終えるまでは上値余地も拡がり難い状態です。19.10超えで終えた場合は一段の上昇へ。逆に…

ドル・円はもみ合いか、米経済指標堅調予想も米中協議にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円はもみ合いか、米経済指標堅調予想も米中協議にらみ」 27日の欧米外為市場では、ドル・円はもみ合いか。米国内総生産(GDP)などの経済指標が市場予想を上回った場合、ドル買いが強まる可能性があるが、米中通商協議…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。堅調地合いの日経平均株価を手がかりに円売りが先行し、109円02銭から緩やかに上昇基調となった。その後は109円10銭付近でもみ合ったが、夕方にかけてユーロ・ドルの下落の影響で109円18銭まで値を上げた。 ユ…

RBA政策金利発表に注目 注目の高金利通貨 豪ドル/円 11月27日号

豪ドル/円(4時間足) 直近1週間のポイント ☆米中問題を巡り一喜一憂も方向感欠く・米株高は豪ドル高に繋がらず 足元の豪ドル/円は73円台後半を中心に小幅な値動き 21日には米下院が、香港反体制デモの支援に繋がる「香港人権法案」を可決した事を受けて73.…

ドル・円は引き続き109円を挟んだ水準で推移か、米国株高を意識してドル下げ渋りも

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は引き続き109円を挟んだ水準で推移か、米国株高を意識してドル下げ渋りも」 26日のドル・円相場は、東京市場では108円92銭から109円21銭まで上昇。欧米市場でドルは108円88銭まで下げた後に109円14銭まで買われてお…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:108円88銭から109円14銭までドル高・円安に推移した。米国の住宅関連指標の上振れをきっかけにドル買い、円売りになった。消費者関連指標の低下で上げ渋ったが、米中貿易協議の進展期待からドル買いが継続した。 ユー…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態。 トルコリラ/円は小陰線で終えており、上値を若干切り下げた形となっていますが、下げ余力の強いのもではありません。一方で19.00-05の抵抗を上抜けられない状態が続いており、これを上抜けて来ないと上値余…

ドル・円は上げ渋りか、米金融当局は中立姿勢

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米金融当局は中立姿勢」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米中通商協議の進展期待で円売りが先行する見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の中立的見解は、利下げ打…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。堅調な日経平均株価や米中貿易協議への進展期待で108円92銭から109円21銭まで強含む場面もあった。ただ、上海総合指数の不安定な値動きを嫌って、ドルは伸び悩んだ。 ユーロ・円は119円95銭から120円25銭まで値を…

ドル・円は109円を挟んだ水準で推移か、米中通商協議のさらなる進展への期待でドル買い継続も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円を挟んだ水準で推移か、米中通商協議のさらなる進展への期待でドル買い継続も」 25日のドル・円相場は、東京市場では108円64銭から108円89銭まで上昇。欧米市場でドルは108円82銭から108円98銭まで買われてお…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:108円82銭から108円98銭までドル高・円安に推移。米中通商協議の進展や香港情勢の改善への期待が高まったことから、リスク回避ムードが後退。 ユーロ・ドル:1.1032ドルから1.1004ドルまでユーロ安・ドル高となった。…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態。短期トレンドは“リラ強気”。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態。短期トレンドは“リラ強気”。 トルコリラ/円は値幅の小さい陰線引けとなりました。19.00-05の抵抗にぶつかっており、上値の重い感がありますが、短期トレンドの変化は認められません。19.10超えで終えた場合…

成長見通し上方修正も外交問題あり。19円台に定着せず

総括 成長見通し上方修正も外交問題あり。19円台に定着せず *通貨最下位、株価10位 (先週=消費者信頼感指数→今週=企業信頼感指数、経済信頼感指数 貿易収支) 予想レンジ トルコリラ/円 18.5-19.5 (ポイント) *成長見通し上方修正、指標改善も改善。…

週間テクニカル分析レポート 2019/11/25~2019/11/29

▼USD/JPY 今週は日足で引いたサポートラインに沿って上昇を予想。予想レンジは107.62~109.65 ▼AUD/JPY 今週は日足で引いたサポートラインに沿って上昇を予想。予想レンジは72.28~75.16 ▼GBP/JPY 今週も横ばいを予想。BREXITのニュースによる価格変化に注意…

ドル・円は伸び悩みか、米FRB議長の発言内容を見極めへ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米FRB議長の発言内容を見極めへ」 本日25日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。前週末に発表された堅調な米経済指標を受け、株高を背景に買いが先行する可能性があるが、日本時間…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方の取引で108円64銭をつけた後、堅調地合いの日経平均株価を手がかりに円売りが強まった。その後、108円70銭台でこう着したが、米中貿易協議の第1段階の合意が楽観視され、円売り再開でドルは108円89銭まで…

「メキシコペソ/円がV2 どうしたトルコリラ」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップ」「取引量」をランキング表示した。 集計期間: 2019年11月18日から11月22日の営業日 変動率ランキング スワップポイントランキング 取引量ランキング 変動率ランキ…

ドル・円は108円台後半で推移か、米中通商協議進展への期待でドル売り縮小も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は108円台後半で推移か、米中通商協議進展への期待でドル売り縮小も」 22日のドル・円相場は、東京市場では108円71銭から108円56銭まで下落。欧米市場でドルは108円48銭まで下げた後に108円73銭まで買われており、10…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:108円48銭から108円73銭までドル高・円安で推移。米国の11月PMI速報値は予想を上回ったことや、11月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値の上方修正を好感して、全体的にドル買いが優勢になった。 ユーロ・ドル:1.108…

※追加【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態。短期トレンドは“リラ強気”を維持。

【トルコリラ/円】:上値抵抗を抜け切れない状態。短期トレンドは“リラ強気”を維持。 トルコリラ/円は小反落。短期トレンドの変化が認められないものの19.00-05の抵抗を上抜け切れずに終えており、下値リスクを残した状態です。19.10超えで越週した場合は、…

土俵際での推移、対円7.5上抜けず

総括 土俵際での推移、対円7.5上抜けず 予想レンジ 南アランド円 6.8-7.8 (ポイント) *S&Pは格付け見通しを引き下げた *政策金利は据え置き、CPIは低下 *ムーディーズはジャンク債級への格下げは行わなかったが財政の問題は残る *9月小売売上は冴えず …

ドル・円は上げ渋りか、底堅い米経済指標も米中協議にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、底堅い米経済指標も米中協議にらみ」 22日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。今晩発表の米経済指標から景況感の改善が示されれば、株高・ドル高の地合いが見込まれる。ただ、…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.