高金利通貨

「ユーロ売りが目立つ」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月10日~2月14日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月10日から2月14日の営業日 ▼変動率ランキングユーロ売りが目立つ ドル/円は最下位 ▼スワップポ…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、ウイルス感染拡大を警戒してリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、ウイルス感染拡大を警戒してリスク選好的な円売り抑制も」 14日のドル・円は東京市場では109円73銭から109円91銭まで反発。欧米市場でドルは109円88銭から109円70銭まで反落し、109円78…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型肺炎の感染急拡大に加えて、1月コア小売売上高が予想を下回り、ドル売りが優勢となり109円88銭から109円70銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:米小売売上高の結果を受けて1.0861ドルへドル安・ユーロ高推移…

※追加【トルコリラ/円】:強い下値抵抗に到達。守り切れば反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:強い下値抵抗に到達。守り切れば反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は小幅続落となりました。上値を切り下げる流れに変化が認められませんが、18.00-10ゾーンに強い下値抵抗があり、これを守り切れば反転に繋がり易くなります。但し、…

3月格付け見直しへ前途多難 通貨最下位、株価10位

総括 3月格付け見直しへ前途多難 通貨最下位、株価10位 予想レンジ 南アランド円 6.8-7.8 (ポイント) *大統領の施政方針演説は具体策なく、やや落胆するものとなった *次の焦点は26日の予算教書 *4Q・GDPは3月3日発表、前期比マイナス成長が予想される …

ドル・円は伸び悩みか、底堅い米経済指標も週末の手仕舞い売り

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、底堅い米経済指標も週末の手仕舞い売り」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。今晩発表の米小売売上高など経済指標が底堅い内容なら、株高を手がかりにドル買いは継続。ただ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。新型コロナウイルスの感染による日本国内初の死者が確認され、リスク回避の円買いで109円73銭まで弱含んだ。その後、日経平均株価は下落したが、上海総合指数などアジア株が上昇基調となり、円買いが後退して109…

FOMC議事録、米PMI、英雇用統計、独ZEW、独・ユーロ圏・英製造業PMI、日本GDP、豪雇用統計、トルコ中銀など 2/17~2/23

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ)21日の米2月製造業PMI・速報値に注目 欧州(ユーロ圏・英国)18日の独2月ZEW景況感調査や、21日の独2月製造業PMIの結果に注目 アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も」 13日のドル・円は東京市場では110円09銭から109円72銭まで下落。欧米市場でドルは109円62銭まで下げた後に109円87銭まで反発し、109円82銭で取引終了。 …

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型肺炎の急拡大は世界経済の成長を悪化させるとの警戒感で109円62銭へ円高・ドル安推移後、予想を上回った米CPIに109円87銭まで反発。 ユーロ・ドル:域内経済の低成長でECBの追加緩和観測が強まり、1.0889ドルから…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守り切って反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は値幅の小さい陰線引けとなりました。上値を切り下げる流れを変えておらず、下値リスクがより高い状態ですが、強い下値抵抗ポイントにあり、18.00-05を守り切れば反転の可能性…

低成長、利下げでも最強通貨、かつての日本円のようだ

総括 低成長、利下げでも最強通貨、かつての日本円のようだ 予想レンジ 5.6-6.1 (ポイント) *低成長、利下げでもペソは強く、年初来最強通貨 *対米貿易黒字や海外からのメキシコ国内への送金でペソ買いが出る *米中関税戦争で海外企業はメキシコ投資を…

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米CPIの上昇を好感も株価にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米CPIの上昇を好感も株価にらみ」 13日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。今晩発表の米消費者物価指数(CPI)は堅調な内容が予想され、景気拡大を好感した買いが見込…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。中国での新型コロナウイルスの感染被害の急増でリスク回避的な円買いが強まり、ドル・円は朝方付けた110円09銭から109円台に下落。日本株反転の場面でドルはやや持ち直したが、夕方の円買い再開で109円72銭まで弱含…

「トルコvsシリア 本格的な武力衝突の危機」トルコリラの焦点

内戦が続くシリアでは今月、反政府勢力の最後の拠点である北西部イドリブ県の攻略を進めるアサド政権の軍が、反政府勢力を支援する隣国トルコの駐留部隊を攻撃し、トルコ軍の兵士ら合わせて14人が死亡した。こうした中、トルコのエルドアン大統領は12日、今…

【メキシコペソ円】25bp利下げは織り込み済み

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月13日(木)メキシコペソ/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・2/13 メキシコ中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 25bp利下げは織り込み済み …

ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、リスク回避のドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、リスク回避のドル売り抑制も」 12日のドル・円は東京市場では109円77銭から109円92銭まで反発。欧米市場でドルは109円87銭から110円13銭まで上昇し、110円08銭で取引終了。 本日13日の…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:中国本土でのコロナウイルスの新規感染ペースは鈍化し始めたとの報告を好感して109円87銭から一時110円13銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ユーロ圏12月鉱工業生産は低水準に落ち込み、1.0926ドルから1.0865ドル…

※追加【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:上値の重い展開続く。下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は小幅続落となり上値を切り下げていますが、18.00-05に強い下値抵抗が控えており、これを守り切れば反転、上昇に繋がる可能性も高いと見ます。但し、17.9…

ドル・円は伸び悩みか、新型ウイルス懸念の後退でドル買い縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、新型ウイルス懸念の後退でドル買い縮小」 12日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。新型コロナウイルスへの過度な懸念は和らぎ、株高を手がかりとした円売りが続く見通し。同時に…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は強含み。新型コロナウイルスへの過度な懸念は和らぎ、日本株や中国株の堅調地合いを背景としたリスク選好的な円売りが主導し、109円77銭から109円92銭まで値を上げた。NZ準備銀行の利下げ観測後退を受けたNZドル・円の上昇…

メキシコ中銀と新型ウイルスに注目 注目の高金利通貨 メキシコペソ/円 2月12日号

まずは、13日のメキシコ中銀金融政策決定会合に注目です。 7日に発表されたメキシコ1月消費者物価指数は前年比+3.24%と、3カ月ぶりに3%台の伸びを記録しました。 ただ、市場予想(+3.28%)は僅かに下回っており、メキシコ中銀は予定通りに0.25%ポイント…

ドル・円は109円台後半で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台後半で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り抑制も」 11日のドル・円は東京市場では109円74銭から109円93銭まで反発。欧米市場でドルは109円96銭まで買われた後に109円73銭まで反落し、109円79銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国の12月JOLT求人件数が予想外に減少し2年ぶりの低水準になったほか、パウエル議長が下院証言で新型肺炎が経済の新たなリスクとなりうると警告したため109円96銭から109円73銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。急伸にも繋がり難い。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守った状態。急伸にも繋がり難い。 トルコリラ/円は値幅の小さい足で終えています。強い下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れにあるので買いは飛びつかず、引き付ける必要があります。また、強い下値抵抗が18.00-05…

ドル・円は上げ渋りか、米FRB議長の慎重姿勢や利下げ圧力で

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米FRB議長の慎重姿勢や利下げ圧力で」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。新型ウイルスの感染拡大への過度な懸念は弱まり、リスク回避の円買いは後退。ただ、米連邦準備制度…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は、小じっかり。東京市場休場でもアジア株高を背景に朝方に付けた109円74銭から緩やかに上昇し、109円93銭まで値を上げた。 ユーロ・円は、119円71銭から119円97銭まで上昇したが、その後は伸び悩んだ。 ユーロ・ドルは、1.0…

ドル・円は109円台後半で推移か、米長期金利伸び悩みでドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台後半で推移か、米長期金利伸び悩みでドル買い抑制も」 10日のドル・円は東京市場では109円56銭から109円88銭まで反発。欧米市場でドルは109円85銭まで戻した後に109円64銭まで反落し、109円75銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型肺炎の感染拡大による景気への影響を懸念して109円85銭から109円64銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:与党CDUのクランプカレンバウアー党首辞任でドイツの政局不安が台頭し、1.0955ドルから1.0908ドルまでド…

景気回復も外交と貿易需給が心配

総括 景気回復も外交と貿易需給が心配 (通貨6位、株価2位) 予想レンジ トルコリラ/円 17.7-18.7 (ポイント) *11月鉱工業生産、小売売上、1月企業と経済信頼感指数、製造業PMIも改善 *問題は外交、シリアの政府軍とイドリブ県で開戦、米国とはミサイル購…

ドル・円は伸び悩みか、米景気拡大期待もFRB議長の議会証言を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米景気拡大期待もFRB議長の議会証言を見極め」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。底堅い米経済指標を背景に景気拡大期待のドル買いが先行する見通し。ただ、明日からのパウ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。新型コロナウイルスの感染拡大を受け109円56銭まで下落。その後、上海総合指数のプラス圏推移による円買い後退で109円88銭まで値を切り上げる場面もあった。ただ、中国株が不安定で、円買いがドル・円の上昇を抑…

【トルコリラ円】トルコ当局が為替取引を制限、リラ安に歯止めは?

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月10日(月)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ・新型コロナウイルスを巡る動向 トルコ当局が為替取引を制…

「トルコリラ乱高下の陰に取引制限あり」トルコリラの焦点

トルコリラが乱高下している。 10日、トルコ銀行調整監視機構(BDDK)は、国内銀行との為替取引の上限を自己資本の10%に制限すると発表した(従来は25%)。 トルコリラは、前週末7日にアルバイラク財務相が「中銀は利下げを継続できる」との見解を示した他…

週間テクニカル分析レポート 2020/02/10~2020/02/14

▼USD/JPY ゴールデンクロスを形成したものの、新型コロナウイルス関連のニュースに注意。横ばいか下落を予想。予想レンジは108.580~110.970 ▼AUD/JPY 中国経済の影響を受けやすい豪ドル。新型コロナウイルス関連のニュースに注意。下落を予想。予想レンジは…

「新型肺炎に負けず、反転するFX相場」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月3日~2月7日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月3日から2月7日の営業日 ▼変動率ランキング下落していた新興国・高金利通貨が「巻き戻し」 ▼ス…

ドル・円は109円台後半で推移か、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台後半で推移か、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒してドル買い抑制も」 7日のドル・円は東京市場では110円02銭から109円81銭まで下落。欧米市場でドルは110円00銭まで反発した後に109円53銭まで反落し、1…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米1月雇用統計を好感して110円00銭まで円安・ドル高推移後、米連邦準備制度理事会(FRB)が半期毎の金融報告で、新型肺炎による世界経済へのリスクを警告したため、109円53銭まで反落。 ユーロ・ドル:1.0976ドルから…

※追加【トルコリラ/円】:下値抵抗を守って小反発に転ずる可能性。

【トルコリラ/円】:下値抵抗を守って小反発に転ずる可能性。 トルコリラ/円は陰線引けとなり、上値抵抗トライに失敗しましたが、18.15-20の日足の抵抗を守っており、反発に転ずる可能性を残しています。今日の日足の下値抵抗は18.10-15にありますが、17.90…

今後の重要日程は 株も為替も弱い。通貨最下位、株価11位

総括 今後の重要日程は 株も為替も弱い。通貨最下位、株価11位 予想レンジ 南アランド円 6.8-7.8 (ポイント) *今週は大統領の施政方針演説、来週は予算教書がある *さらに4Q・GDPを踏まえてムーディーズが3月に格付け見直しを行う *ムーディーズが格付…

上値の重い展開か、底堅い米雇用統計も110円前半の売りを意識

欧米市場オープニングコメント 「上値の重い展開か、底堅い米雇用統計も110円前半の売りを意識」 7日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想する。今晩発表の米雇用統計が底堅い内容となれば景気拡大期待のドル買いに振れやすい。ただ、米株高…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は戻りの鈍い値動き。新型コロナウイルスの日本での感染で警戒感が広がり、円買い主導でドル・円は110円02銭から109円81銭まで弱含んだ。その後円買いは一服したが、今晩の米雇用統計発表を前に積極的な売り買いは手控えられ…

FRB議長証言、米小売、英GDP、独GDP、NZ中銀、メキシコ中銀など 2/10~2/16

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 北米(米国・カナダ) パウエルFRB議長、議会証言で新型コロナウイルスの感染拡大が米経済に及ぼす影響についてどのような見解を示すか 欧州(ユーロ圏・英国) 英国、独の10-12月期国内総…

ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、欧米株高を意識してリスク回避的な円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は110円を挟んだ水準で推移か、欧米株高を意識してリスク回避的な円買い抑制も」 6日のドル・円は東京市場では109円74銭から109円98銭まで上昇。欧米市場でドルは109円78銭から110円00銭まで上昇し、109円98銭で取引…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:中国政府による対米関税率引き下げや、米先週分新規失業保険申請件数の減少を受けて、109円78銭から110円00銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.1014ドルから1.0965ドルへドル高・ユーロ安推移。 ユーロ・円:1…

※追加【トルコリラ/円】:小反落の可能性に注意。

【トルコリラ/円】:小反落の可能性に注意。 トルコリラ/円は小陽線で終え、下値を切り上げていますが、上昇余力に欠けるものであることから、18.20-25近辺までの反落を見て置く必要があります。短期トレンドがまだ弱いので買いは慎重に。強い下値抵抗は18.0…

最強通貨堅持、対米貿易世界一、国内向け送金堅調、大統領支持高い

総括 最強通貨堅持、対米貿易世界一、国内向け送金堅調、大統領支持高い 予想レンジ 5.6-6.1 (ポイント) *19年対米貿易は中国、カナダを抜いて世界一となった *海外居住者からの国内送金が増加 *大統領支持率は71%と高い *19年は財政黒字 *来週は利…

ドル・円は伸び悩みか、新型ウイルスのワクチン開発も期待は一服

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、新型ウイルスのワクチン開発も期待は一服」 6日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。新型ウイルスのワクチン開発に関する報道でリスク許容度は高まっているが、期待は一服。また、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。新型ウイルスのワクチン開発期待や中国の対米関税引き下げを好感した円売りが強まり、109円74銭から上昇基調に。また、日経平均株価の上げ幅拡大や米長期金利の上昇で午後には109円98銭まで強含んだ。 ユーロ・…

ドル・円は109円台後半で推移か、欧米株高を意識してリスク回避的な円買い縮小も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台後半で推移か、欧米株高を意識してリスク回避的な円買い縮小も」 5日のドル・円は東京市場では109円52銭から109円32銭まで下落。欧米市場でドルは109円30銭から109円85銭まで上昇し、109円84銭で取引終了。…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.