FXレポート

ドル・円は下げ渋りか、コロナ再拡大でリスクオフのドル買いも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、コロナ再拡大でリスクオフのドル買いも」 21日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。日本をはじめ世界的な新型コロナウイルスのまん延で、リスク回避の円買いに振れやすい。同時に…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。日本での新型コロナウイルスの感染拡大で経済への影響を懸念した円買いが先行し、107円88銭まで下落した。その後、日経平均株価は大幅続落も、欧州株が上昇して始まり、NYダウ先物も小幅高、米長期金利が上昇し、ドル…

【カナダドル/円】コロナ禍でも金融政策正常化はあるのか G.COMデイリーレポート 2021年4月21日号

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

FX「様子見ながらも押し目買い」ドル/円 2021/4/21 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2021/4/21 15:40 ドル/円(30分足) ポイント 全体的にボリュームは控えめで、買いがやや優勢。 本日のドル/円相場は、107.88円前後まで値を下げる場…

「日経平均株価崩れる!ドル円、クロス円はさらなる下落に発展か?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

目次 ▼日経平均株価崩れる!ドル円、クロス円はさらなる下落に発展か? ▼ユーロ円は高値ブレイクが絶好のだましに? ▼82-82.50割れでトレンド転換か? 日経平均株価崩れる!ドル円、クロス円はさらなる下落に発展か? 昨日、本日と日経平均株価が苦しい形状…

FX「カナダ中銀金融政策決定会合に注目」注目の高金利通貨 カナダドル/円 4月21日号

カナダドル/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・世界景気停滞懸念でリスクオフ・インドでコロナ拡大→原油安 足元のカナダドル/円は1カ月半ぶり安値へと下落 86円台後半を中心にもみ合っていたカナダドル/円相場は、19日に86.10円台へと下落。20日には、世…

ドル・円は主に108円台前半で推移か、国内外におけるウイルス感染再拡大を警戒

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に108円台前半で推移か、国内外におけるウイルス感染再拡大を警戒」 20日のドル・円は、東京市場では107円97銭から108円55銭まで反発。欧米市場では、108円52銭から108円03銭まで下落し、108円11銭で取引終了。…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型コロナウイルス変異株感染が拡大しており、世界経済の早期回復への期待は低下していることから、108円52銭から108円03銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)が大規模緩和を維持するとの見…

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針変わらず。強い上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:押し目買い方針変わらず。強い上値抵抗にも注意。 ポンド/円は続伸に繋げられずに陰線引けとなりました。152円トライに失敗しており、単体では下値リスクの高いものですが、下値を切り上げる流れを維持しています。買いは150.30-40で押し目買…

【ドル/円】:ドルの上値余地が限られる展開。

2021年4月21日 【ドル/円】:ドルの上値余地が限られる展開。 ドル/円は十文字の寄せ線で終え、上下の抵抗にぶつかって寄り付き水準に戻して終えています。上値を切り下げる流れから抜け出しておらず、下値リスクがより高いので、ドルの戻り売り方針継続とし…

「ドル/円、107円台後半の攻防に」 外為トゥデイ 2021年4月21日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は下げ渋りか、欧州通貨買いの一服でドル売り縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、欧州通貨買いの一服でドル売り縮小」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米長期金利の戻りは鈍く、引き続きドルは買いづらい見通し。ただ、ユーロやポンドは前日まで大きく…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。日本株安を手がかりとした円買いで、一時107円97銭まで下押しされたが、ドルの押し目買いで108円台を回復。その後、日本での新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気して株安が拡大するなか円売りもみられ、ドルは1…

FX「底堅さを意識した押し目買い」ドル/円 2021/4/20 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2021/4/20 15:30 ドル/円(30分足) ポイント 全体的に買い優勢で、108.10円と108.00円に大きめの買い指値注文が確認できる。 本日のドル/円相場は、1…

【ドル/円】調整か下落トレンド入りかの分岐点に G.COMデイリーレポート 2021年4月20日号

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

ドル・円は主に108円台前半で推移か、米国株安を意識して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に108円台前半で推移か、米国株安を意識して円売り抑制も」 19日のドル・円は、東京市場では108円84銭から108円21銭まで反落。欧米市場では、108円01銭まで下げた後、108円31銭まで戻したが、108円18銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:リスク回避の円買い、対欧州通貨でのドル売りが観測されたが、ドルの押し目買いも入っており、108円01銭から108円31銭の範囲内で上下した。 ユーロ・ドル:ワクチン接種加速によって域内の景気回復の勢いが増すとの期…

※追加【ポンド/円】:小幅続伸の可能性。上値トライに失敗する可能性にも注意。

【ポンド/円】:小幅続伸の可能性。上値トライに失敗する可能性にも注意。 ポンド/円は高値圏で引ける陽線が出ており、日足の形状が改善しています。150.00-10の日足の抵抗を守って152円超えトライの可能性に繋げていますが、トレンドの変化がまだ確認できな…

【ドル/円】:上値余地が限られる展開続く。

2021年4月20日 【ドル/円】:上値余地が限られる展開続く。 ドル/円は陰線引けとなり上値を切り下げる流れに変化が認められません。また、108.50割れを見て一段の下落リスクが生じており、107~108円ゾーンの足元を固め直す動きが強まると見られます。日足が…

「ドル/円、底入れのポイントを探る」 外為トゥデイ 2021年4月20日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

政策金利据え置きと介入で小康も、総裁解任後のトリプル安は改善せず

総括 政策金利据え置きと介入で小康も、総裁解任後のトリプル安は改善せず (通貨最下位、株価最下位、長期金利18%台) 予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8 (ポイント) *政策金利は19%に据え置き *中銀総裁を電撃解任した後はトリプル安が続いている …

ドル・円は軟調推移か、米中関係悪化に警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は軟調推移か、米中関係悪化に警戒」 19日の欧米外為市場では、ドル・円は軟調な展開を予想する。ユーロ・ドルの上抜けによるユーロ買いで、ドルは上値の重い値動きとなる見通し。また、米中関係が台湾問題などで悪…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。朝方の取引で108円84銭を付けた後、日米首脳会談を受け米中関係の悪化を懸念した円買いが強まった。ドルはその後下げ渋ったものの、午後はユーロ・ドルの上昇でドルに下押し圧力がかかり、108円21銭まで値を下げた…

”基本戦略は変わらず。”

先週のレポートでは、“最近のドル・円相場は米国長期債券利回りの動きと極めて相関性が高いので、米国10年債利回りの動きに注意したい。”と指摘したが、先週も14日に利回りが多少上昇したにも拘わらずドル・円相場が多少下落した1日を除けば、相変わらず両者…

「南アランド/円は堅調に上昇」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年4月12日~4月16日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

【豪ドル/円】株高でも上値が重い背景は? G.COMデイリーレポート 2021年4月19日号

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

FX「様子見ムード」ドル/円 2021/4/19 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2021/4/19 15:30 ドル/円(30分足) ポイント 全体的にボリュームは控えめで、どちらかといえば買いがやや優勢。 本日のドル/円相場は、一時3月24日以…

「様子見を決め込む投機筋」【今週のIMMポジション】2021/4/19

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

週間テクニカル分析レポート 2021/04/19〜04/23 アメリカの早期テーパリング観測の後退による米長期債利回り低下でドル安転換か。長期下降トレンドラインを再認識

▼USD/JPY メインシナリオはドル円下落。ただし長期金利が上昇した場合は反転する可能性もあり。予想レンジは106.410〜111.180 ▼EUR/USD 中期移動平均線のゴールデンクロスをためす展開か。予想レンジは1.1820〜1.2143 ▼EUR/JPY 上昇トレンドの継続を予想。今…

ドル・円は主に108円台後半で推移か、米中関係の緊張状態継続でリスク選好の円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に108円台後半で推移か、米中関係の緊張状態継続でリスク選好の円売り抑制も」 16日のドル・円は、東京市場では108円61銭から108円97銭まで反発。欧米市場では、108円94銭から108円71銭まで下落し、108円79銭で…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:108円94銭から108円71銭で円高・ドル安で推移。米3月住宅着工件数は予想を上回ったが、その後発表された4月米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は予想を下回ったため、ドルは伸び悩み。 ユーロ・ドル:1.1969ドルか…

※追加【ポンド/円】:小幅続伸の可能性。戻り売り方針変わらず。

【ポンド/円】:小幅続伸の可能性。戻り売り方針変わらず。 ポンド/円はタクリ足の陽線で切り返しており、実体を150円台に戻しています。トレンドは弱いままですが、150.00-10の日足の抵抗を守っており、小幅続伸の可能性が高いと見られます。週足の形状が改…

「ドル/円、決め手欠く」 外為トゥデイ 2021年4月19日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【ドル/円】:上値の重い展開続く。

2021年4月19日 【ドル/円】:上値の重い展開続く。 ドル/円は直近の日足が小陽線で続落を食い止めていますが、上昇余力に欠けるものであることから、ドルの大幅続伸にも繋がり難いと見られます。109.10-20の抵抗を上抜けて終えれば上値余地が若干拡がり易く…

新年度のドル円の売りは例年通り進んできた、中国の経済報復はあるか

総括 新年度のドル円の売りは例年通り進んできた、中国の経済報復はあるか ドル円=106-111、ユーロ円=128-133 、ユーロドル=1.17-1.22 通貨ごとの注目ポイント *円通貨11位(11位)、株価9(3)位、例年通りの新年度のドル売り、今週は貿易統計、米中対…

通貨・株価ともに世界最強、貿易・経常収支の黒字転換で

総括 通貨・株価ともに世界最強、貿易・経常収支の黒字転換で 通貨首位、株価首位 予想レンジ 南アランド円 7.3-7.8 (ポイント) *通貨・株価ともに世界最強 *貿易・経常収支が黒字へ *2月小売売上が強い *今週は3月消費者物価の発表 *米中景気回復に…

ドル/円:ドルの下落リスクに注意。108.50割れで終えれば一段のドル下落へ。110円台回復で下値リスクがやや後退。

ドル/円:ドルの下落リスクに注意。108.50割れで終えれば一段のドル下落へ。110円台回復で下値リスクがやや後退。 直近の日足は小陽線で終え、続落を食い止めている。108.50-60の抵抗を守って終えており、小反発の可能性を残しているが、上昇エネルギーの乏…

オージー/円 ジリ高から上伸シナリオへ乗れるか?

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 ジリ高から上伸シナリオへ乗れるか? 先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週の前半に安値を付け、後半に高値を付けるということで、対円の通貨ペアの中ではやや異質な動きを見せてい…

NYダウ: 2009年3月9日6,500㌦域を基点とする中長期上昇トレンド (DP=20,800㌦)、短期上昇トレンド(DP=30,800㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント 33,100㌦域を3月29日突破してのmeasured-moveでの 上値目標34,700㌦域変わらず、4月16日34,200㌦域まで上昇。

NYダウ: 2009年3月9日6,500㌦域を基点とする中長期上昇トレンド (DP=20,800㌦)、短期上昇トレンド(DP=30,800㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント 33,100㌦域を3月29日突破してのmeasured-moveでの 上値目標34,700㌦域変わら…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期上昇トレンド(DP=118円域)に転換の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域依然変わらず。3月12日130円域まで上昇。3月12日付本稿以降、依然PF上意味のある動きなし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期上昇トレンド(DP=118円域)に転換の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域依然変わらず。3月12日130円域まで上昇。3月12日付本稿以降、依…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスを前提に上方へのブレークアウト・ポイント111円00銭域、上値目標はmeasured-moveにより116円50銭域、下値目標算出には値固め要す。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスを前提に上方へのブレークアウト・ポイント111円00銭域、上値目標はmeasured-moveにより116円50銭域、下値目標算出には値固め要す。 2021年…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=19,800円域)、短期上昇トレンド (DP=25,400円域)、2020年10月30日22,900円域を起点とした加速度的上昇トレンド(DP=27,500円域)は2月8日復活。 現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方30,100円域、下方29,000円域、目標値各々30,900円域、27,900円域変わらず。

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=19,800円域)、短期上昇トレンド (DP=25,400円域)、2020年10月30日22,900円域を起点とした加速度的上昇トレンド(DP=27,500円域)は2月8日復活。 現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方30,100円域、下方29,000円…

「国営石油企業の優遇はペソの逆風に?」知っトク!メキシコペソ 2021年4月16日

メキシコ下院は14日、政府が提出した炭化水素法改正法案を賛成多数で可決した。 原油の輸出入や給油所の運営で民間企業の許認可を政府の判断で停止できる内容。 業績が冴えない国営メキシコ石油公社(ペメックス)を事実上優遇する措置であり、民間企業の競…

ドル・円は底堅い値動きか、堅調な米経済指標でドル売り後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、堅調な米経済指標でドル売り後退」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。株高などでリスク選好的なムードが広がれば、ドル売りに振れやすい。ただ、堅調な米経済指標で…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。米10年債利回りの持ち直しを背景にドル買いが優勢になり、108円61銭から108円97銭まで値を上げた。日本へのワクチン追加供給に関する報道を受けて、リスク選好的な円売りも強まったもよう。ただ、節目の109円付近…

FX「直近サポートを意識!」今日の注文情報 ドル/円 2021/4/16 14:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2021/4/16 14:50 ドル/円(30分足) ポイント 108.50円に大きめの買いの指値注文。 3月中旬以降は108円半ばで底堅さを発揮しているだけに、この水準を…

「カナダ中銀、ECB、英雇用統計、独・ユーロ圏・英PMI、ニュージーランドCPIなど」 FX週間イベント 4/19~4/25

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【ユーロ/ドル】1ユーロ=1.20ドルの壁 G.COMデイリーレポート 2021年4月16日号

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

ドル・円は108円台後半で推移か、中国の1-3月期GDPなどの経済指標が手掛かり材料に

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は108円台後半で推移か、中国の1-3月期GDPなどの経済指標が手掛かり材料に」 15日のドル・円は、東京市場では108円98銭から108円79銭まで反落。欧米市場では、108円90銭まで買われた後、108円61銭まで下落し、108円7…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:長期金利低下に伴うドル売りに、108円90銭から108円61銭まで円高・ドル安に振れた。 ユーロ・ドル:良好な米経済指標を好感したドル買いに、1.1993ドルから1.1957ドルへドル高・ユーロ安推移。 ユーロ・円:130円43銭…

top