FXレポート

ドル・円は底堅い値動きか、米FOMC受け株・金利高ならドル買い

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FOMC受け株・金利高ならドル買い」 27日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和的な金融政策の維持で、株高が見込まれる。また、先行き…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。仲値にかけてのドル買いで103円59銭から103円75銭まで値を上げた。ただ、その後は日経平均株価の上げ幅縮小で、円売りを抑制。また、ユーロ・ドルの持ち直しでドル買いは後退し、午後以降は上げ渋る展開となった…

【ユーロドル】ハト派色薄れた先週のECB、本日はFOMCに注目

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月27日(水)ユーロ/ドル 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・1/27 FOMC政策金利、パウエルFRB議長会見 ・主要国株価、国際商品価格、米長期金利 ハ…

FX「押し目買いVS戻り売り」ドル/円 2021/1/27 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

FX「RBA理事会に注目」注目の高金利通貨 豪ドル/円 1月27日号

豪ドル/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・豪12月雇用統計良好・欧米株価が一時反落・IMF見通し上方修正 足元の豪ドル/円は底堅い展開 豪ドル/円は今月8日に80.924円前後まで上昇して約2年ぶりの高値を付けましたが、その後は伸び悩んでいます。ただ、80…

「ワクチン接種率TOPはイスラエル!世界中が見守るリスクオン動向」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

昨年は何度もロイターに掲載されている新型コロナウィルスの感染者の割合を示すグラフをご紹介しておりましたが、今回はワクチンの摂取動向を示すグラフをご紹介します。 このご紹介の目的としては、これらを参考にまた世界経済の先行きを見通すためのツール…

ドル・円は103円台で推移か、米国の政治不安存続でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は103円台で推移か、米国の政治不安存続でドル買い抑制も」 26日のドル・円は、東京市場では103円66銭から103円83銭まで反発。欧米市場では、103円82銭から103円56銭まで下落し、103円62銭で取引終了。本日27日のド…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:欧州通貨高を受けたドル売りに103円82銭から103円56銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.2112ドルから1.2176ドルへドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円:国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通しを上方修正したこ…

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。上値抵抗にも注意。 ポンド/円は下ヒゲが長く実体の小さい陽線で切り返しました。短期トレンドは強い状態を維持しており、また、下値トライにも失敗していますが、142.70-80にもう一段強い抵抗が控えており、これを上抜け…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。

2021年1月27日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。 ドル/円は値幅の小さい陰線引けとなりましたが、下げエネルギーの強いものではないので下げ渋る可能性も高いと見ます。一方上値も、104.10-20に日足の抵抗が、104.50-60に週足の抵抗があり、…

「FRB議長会見に注目」 外為トゥデイ 2021年1月27日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は底堅い値動きか、米FOMCを見極め株安ならドル買い継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FOMCを見極め株安ならドル買い継続」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。今日と明日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)でハト派寄りのトーンが見込まれ、ドルは買いづ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。日経平均株価の下げ幅拡大を受けた円買いで、ドルは午前中に103円66銭まで値を下げる場面もあった。ただ、その後は欧米株安観測が広がるなかドルにリスクオフの買いが入り、103円83銭まで上昇した。 ユーロ・円は126…

「2021年の英国3大テーマ」ポンド見通し 松崎美子

▼注目点1:スコットランド独立問題 ▼注目点2:ワクチン接種と集団免疫達成の時期▼注目点3:マイナス金利の有無▼ポンド見通し 2021年、ポンドを取引する上で気をつけたい点は、以下3点である。 注目点1:スコットランド独立問題 2021年5月6日、スコットランド…

FX「売り買い交錯」ドル円 2021/1/26 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【豪ドル米ドル】20日移動平均線の攻防、上昇トレンドを維持できるか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月26日(火)豪ドル/米ドル 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ・1/26 米1月消費者信頼感指数 ・1/27 豪10-12月期消費者…

ドル・円は103円台後半で推移か、米長期金利低下でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は103円台後半で推移か、米長期金利低下でドル買い抑制も」 25日のドル・円は、東京市場では103円89銭から103円67銭まで下落。欧米市場では、103円70銭から103円94銭まで買われたが、103円77銭で取引終了。本日26日…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米12月シカゴ連銀全米活動指数の上昇などを意識して、103円70銭から103円94銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1月独IFO企業景況感指数の低下を嫌気して、1.2180ドルから1.2116ドルまでドル高・ユーロ安推移。 ユ…

「ドル/円、煮詰まり感も」 外為トゥデイ 2021年1月26日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:上値抵抗に注意。140円割れで“ニュートラル”に変化。

【ポンド/円】:上値抵抗に注意。140円割れで“ニュートラル”に変化。 ポンド/円は実体が小さい陰線引けとなりました。トレンドは強いままですが142.20-30,142.70-80に強い抵抗が控えており、これらにぶつかる可能性にも注意が必要です。今日の買いは141.00-…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2021年1月26日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は値幅の狭い寄せ線で終え、上下の抵抗を抜けきれない状態が続いています。トレンドの変化が認められないのでドルの戻り方針継続としますが、103.50-60にやや強い下値抵抗が出来ており…

年初来最強、海外投資家はトルコに戻る。金利据え置き、大統領は高金利反対

総括 年初来最強、海外投資家はトルコに戻る。金利据え置き、大統領は高金利反対 (通貨首位、株価4位) 予想レンジ トルコリラ/円 13.7-14.2 (ポイント) *1月は先週末時点で最強通貨 *3か月連続月足陽線となるか *政策金利は17%で据え置き *大統領は…

ドル・円は伸び悩みか、米FOMCでの慎重姿勢維持を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米FOMCでの慎重姿勢維持を見極め」 25日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。欧州通貨が弱含むなら、ドル買いに振れやすい見通し。一方で、明日から開催される米連邦公開市場委…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。日経平均株価の上げ幅拡大を受けた円売りで、ドルは103円89銭まで上昇する場面もあった。ただ、その後は欧米株高観測が広がるなか、ドルにリスクオンの売りが強まり、午後は103円67銭まで失速した。 ユーロ・円は126…

“第46代米国大統領。”

1月20日、民主党バイデン氏が第46代米国大統領に就任した。 前大統領のドナルド・トランプ氏が就任式に欠席するなど異例の新政権のスタートとなったが、危惧された就任式への妨害も無く、ほっと一息か? ニューヨーク株式市場の騰勢は続き、ダウは先週付けた…

「南アランド/円が変動率首位」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年1月18日~1月22日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

FX「戻り売りと上値警戒が交錯」ユーロ/円 2021/1/25 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「円ネットロング変動見られず」【今週のIMMポジション】2021/1/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

【ユーロドル】ECB総裁の楽観見通し

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月25日(月)ユーロ/ドル 基調 戻り試し 目先の注目材料 ・1/25 ラガルドECB総裁講演 ・主要国株価、国際商品価格 ECB総裁の楽観見通し 欧州中銀(E…

「ドル/円、下値模索は回避へ」 外為トゥデイ 2021年1月25日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

週間テクニカル分析レポート 2021/01/25〜01/29 米FOMC パウエルFRB議長の記者会見に注目。ドル安継続がメインシナリオ

▼USD/JPY 短期移動平均線がレジスタンスとなり下落継続を予想。予想レンジは102.750〜104.790 ▼EUR/USD 短期移動平均線で反発。上昇継続を予想。予想レンジは1.1983〜1.2358 ▼EUR/JPY 短期移動平均線で反発。上昇継続を予想。予想レンジは124.900〜127.690 ▼…

ドル・円は103円台後半で推移か、米国の政治・社会不安への懸念でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は103円台後半で推移か、米国の政治・社会不安への懸念でドル買い抑制も」 22日のドル・円は、東京市場では103円49銭から103円70銭まで反発。欧米市場では、103円61銭から103円89銭まで上昇し、103円77銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米12月中古住宅販売件数や1月PMI速報値の改善を好感して、103円61銭から103円89銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:1.2152ドルから1.2190ドルまでユーロ高・ドル安に振れた後、ドイツが2021年の経済成長見通し…

※追加【ポンド/円】:短期トレンドは“ポンド強気”を維持。強い上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:短期トレンドは“ポンド強気”を維持。強い上値抵抗にも注意。 ポンド/円は実体が小さく、下ヒゲのやや長い“タクリ足”の陰線が出ており、下値トライに失敗した形となりました。この反動で上値トライの動きが強まると見られますが、高値圏にある…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。ドルの戻り売り方針継続。

2021年1月25日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。ドルの戻り売り方針継続。 ドル/円は小陽線で終えており、104円超えトライの可能性に繋げていますが、104円台前半に日足の抵抗が控えており、これを上抜けきれない可能性もまだ高い状態です。…

トランプMAGAでもバイデンBBBでも米貿易赤字からのドル売りは変わらず

総括 トランプMAGAでもバイデンBBBでも米貿易赤字からのドル売りは変わらず ドル円=101-106、ユーロ円=124-129 、ユーロドル=1.19-1.24 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨10(7)位、株価5(6)位、持続的なドル円の小幅下落が止まるのか」 2016年からの…

コロナ変異種と資源価格下落で弱い

総括 コロナ変異種と資源価格下落で弱い 「通貨最下位、株価2位」 「予想レンジ 南アランド円 6.6-7.1」 (ポイント) *今週は企業信頼感指数、卸売物価 貿易収支の発表がある *政策金利は3.5%で据え置かれた *南ア発のコロナウィルス変異種が世界に拡散…

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態。一方向へ動く可能性にも注意。105円台回復で“ニュートラル”に変化。103円割れの越週で一段のドル下落へ。

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態。一方向へ動く可能性にも注意。105円台回復で“ニュートラル”に変化。103円割れの越週で一段のドル下落へ。 直近の日足は小陽線で終え、上値トライの可能性に繋げているが、上昇余力の強いものではないので104円台前半…

ポンド/円 上値を取りにくるようなら、買いで攻めたいところ・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ポンド/円 上値を取りにくるようなら、買いで攻めたいところ・・・ 先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週を通じた値幅は2円弱ということで、他の対円の通貨ペアと対比するとそこそこ動いてはいる…

NYダウ: 2009年3月9日6,500㌦域を基点とする中長期上昇トレンド (DP=20,800㌦)、短期上昇トレンド(DP=28,900㌦域に引上げ)の中、直近の上方へのブレークアウト・ポイント30,500㌦域を1月6日突破し、上値目標31,900㌦域。1月20日31,100㌦域まで上昇。

NYダウ: 2009年3月9日6,500㌦域を基点とする中長期上昇トレンド (DP=20,800㌦)、短期上昇トレンド(DP=28,900㌦域に引上げ)の中、直近の上方へのブレークアウト・ポイント30,500㌦域を1月6日突破し、上値目標31,900㌦域。1月20日31,100㌦域まで上昇…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域変わらず。1月15日付本稿以降PF上意味のある動きなし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域変わらず。1月15日付本稿以降PF上意味のある動きなし。 2021年、今年…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方105円50銭域、下方102円00銭域、目標値各々111円00銭域、98円00銭域変わらず。 1月15日付本稿以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方105円50銭域、下方102円00銭域、目標値各々111円00銭域、98円00銭域変わらず。 1月15日付本稿以降PF上意味…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=19,800円域)、短期上昇トレンド (DP=22,700円域)、更に2020年10月30日29,900円域を起点に加速度的上昇トレンド形成(DP=28,200円域に引上げ)の中、2021年1月8日算出の上値目標28,400円域に1月13日到達後、更に1月14日28,600円域まで上昇し more-than-reached状況の後、想定通り値固め形成。直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,600円域を1月21日突破し、measured-movedでの上値

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=19,800円域)、短期上昇トレンド (DP=22,700円域)、更に2020年10月30日29,900円域を起点に加速度的上昇トレンド形成(DP=28,200円域に引上げ)の中、2021年1月8日算出の上値目標28,400円域に1月13日到達後、更に1月14日2…

ドル・円は底堅い値動きか、株高一服で下押しも週末控えドル買い戻し

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、株高一服で下押しも週末控えドル買い戻し」 22日の欧米外為市場では、底堅い値動きを予想する。米バイデン政権の政策期待を背景とした株高は一服し、リスク選好ムードは弱まる見通し。ただ、週末…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方に103円49銭を付けた後、イベント通過に伴う円買いの後退でドルは底堅く推移。欧州中銀(ECB)理事会後のユーロ買いの影響でドルは上げ渋ったが、夕方にかけてユーロ買いが弱まり103円70銭まで値を上げた。…

「FOMC、FRB議長、米GDP、ECB総裁、独IFO、独GDP、豪CPI、NZ貿易収支、中国PMIなど」 FX週間イベント 1/25~1/31

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【ポンドドル】ドル安のあおりで2年8か月ぶり高値を示現

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 1月22日(金)ポンド/ドル 基調 上昇一服 目先の注目材料 ・1/22 英1月製造業/サービス業PMI・速報値 ・主要国株価、国際商品価格 ドル安のあおりで2…

FX「押し目買いより戻り売り」ドル円 2021/1/22 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「バイデン米大統領の経済対策への期待」知っトク!メキシコペソ 2021年1月22日

バイデン米大統領は就任初日の20日、メキシコ国境沿いの壁建設の停止に関する大統領令に署名した。トランプ政権が進めた不法移民対策の撤回を最優先事項として掲げた公約どおりの動きだ。 なお、メキシコのロペスオブラドール大統領は「バイデン米大統領とは…

ドル・円は主に103円台で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に103円台で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り抑制も」 21日のドル・円は、東京市場では103円67銭から103円33銭まで下落。欧米市場では、103円33銭から103円66銭まで反発し、103円50銭で取引終了。本日22日…

top