FXレポート

「ドル/円は当面104-106円のレンジか。米大統領選まで気迷い相場に」マット今井のトレードアイディア 2020年9月25日

ドル円は、やはり106円台はなかなか抜けていかず、結局104-106円のレンジから抜け出せません。アメリカの大統領選挙も控えていますので、当面このレンジの中での動きが続く可能性は高そうです。クロス円も頭打ちです。 ポンド円を見てみましょう。…

ドル・円は105円台で推移か、欧米経済の先行き不安でリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、欧米経済の先行き不安でリスク選好的な円売り抑制も」 13日のドル・円は、東京市場では105円28銭から105円48銭まで反発。欧米市場では、105円42銭から105円63銭まで反発し、105円49銭で取引終了…

前日の海外市況ほか 

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:中国経済指標の改善や国際通貨基金(IMF)の2020年世界経済見通しの上方修正を好感して、105円42銭から105円63銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:独10月ZEW景気期待指数の悪化を嫌気して、1.1799ドルから1.1731…

「ドル買いと円買いが交錯」 外為トゥデイ 2020年10月14日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:小幅続落の可能性。押しは一旦買い場。

【ポンド/円】:小幅続落の可能性。押しは一旦買い場。 ポンド/円は高値圏から実体のやや大きい陰線が出ており、続落の可能性が高いものですが、短期トレンドの変化が認められないので売りは様子見とします。買いは損切りが付いたので1日様子見か、135.50-60…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年10月14日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は小反発。上昇余力の強いものではないので、大幅続伸にも繋がり難いと見ますが、反落した場合でも105円台を大きく割り込むほどの下落にも繋がり難いと見られます。但し、104.00割れで…

ドル・円は底堅い値動きか、コロナまん延受けた株安でリスクオフの買い

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、コロナまん延受けた株安でリスクオフの買い」 13日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。人民元高一服の影響で、ドル高方向に振れやすい見通し。また、新型コロナウイルスのま…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方の取引で買い戻しが入り、105円28銭から緩やかな上昇基調に振れた。その後はユーロ・ドルの弱含みによるドル買い、中国の堅調な貿易統計によるリスク選好の円売りで、ドルは午後に105円48銭まで値を上げた…

105.00円付近で押し目買いドル/円 2020/10/13 15:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【豪ドル円】ファンダメンタルズとテクニカルの両面から下落を警戒

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月13日(火)豪ドル/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ファンダメンタルズとテクニカルの両面から下落を警戒 豪ドル/…

「ドル/円、下値余地限定」 外為トゥデイ 2020年10月13日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は105円台で推移か、リスク回避的な円買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、リスク回避的な円買い拡大の可能性低い」 12日のドル・円は、東京市場では105円81銭から105円43銭まで下落。欧米市場では、105円62銭から105円24銭まで続落し、105円34銭で取引終了。本日13日の…

前日の海外市況ほか  

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:対欧州通貨に連れたドル売りにおされ105円62銭から105円24銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1820ドルから1.1787ドルまでユーロ安・ドル高で推移後、1.1817ドルまで戻す。欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副…

「ロシアルーブル/円の反発は本物?」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年10月5日~10月9日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円は寄せ線に近い形の足で終えています。138円台乗せに失敗して寄り付き水準に戻していますが、下値を切り上げる流れには変化が認められないので、押し目買い方針継続とします。買いは137.10-20で押し目買い。損…

【ドル/円】:下値余地が限られる可能性。

2020年10月13日 【ドル/円】:下値余地が限られる可能性。 ドル/円は小幅続落となりました。9/21に付けた104.00を直近安値とする短期的なサポートラインを直近の陰線が若干下抜けて終えていますが、強い下げエネルギーも感じられないので104.90-00の下値抵抗…

外交不安、経常赤字で前途多難、年初来プラス圏の株価だけが救い

総括 外交不安、経常赤字で前途多難、年初来プラス圏の株価だけが救い (通貨最下位、株価5位) 予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8 (ポイント) *アゼルバイジャンとアルメニア紛争は一旦休戦となるも即攻撃を再開 *ギリシャとの海底資源探査問題も解決…

ドル・円は底堅い値動きか、米株高好感も欧州通貨安でドル買い

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米株高好感も欧州通貨安でドル買い」 12日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米株式市場の強気相場継続が見込まれるなか、リスクオンのドル売りが先行する見通し。ただ、ユ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。朝方の取引で105円81銭を付けた後、米株先物や中国の株高を背景にリスクオンのドル売りに振れ下落基調に。また、日経平均株価の軟調地合いでやや円買いに振れ、ドルは午後の取引で105円43銭まで売られる場面もあ…

“トリプル・ブルー?” 

ここ最近になって“トリプル・ブルー”なる言葉を頻繁に聞くようになってきた。 トリプルは言わずと知れた“三つ”でブルーは米民主党のイメージ・カラーらしい。 何を言っているかと言うとあと3週間に迫った米大統領選でバイデン候補が勝ち、上院選挙で民主党が…

【ユーロドル】ユーロ反発の持続性は?

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月12日(月)ユーロ/ドル 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ユーロ反発の持続性は? ユーロ/ドル相場は、9月25日に1.16…

押し目買いが優勢ドル/円 2020/10/12 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「円ネットロング2週連続減少」【今週のIMMポジション】2020/10/12

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

週間テクニカル分析レポート 2020/10/12〜10/16 アメリカ大統領候補討論会とイギリスとEUの貿易交渉の行方に注意

▼USD/JPY 13週移動平均線をレジスタンスとして下落を予想。予想レンジは104.570〜106.650▼EUR/USD 2020年3月からの上昇トレンドは継続しており、上昇基調。予想レンジは1.1440〜1.2220▼EUR/JPY 13週移動平均線をゴールデンクロス。今週も上昇を予想。予想レ…

ドル・円は105円台で推移か、米追加経済対策成立への期待で円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、米追加経済対策成立への期待で円買い抑制も」 9日のドル・円は、東京市場では106円04銭から105円81銭まで下落。欧米市場では、105円95銭から105円58銭まで下落し、105円63銭で取引終了。本日12日…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:大規模な米包括的追加経済対策期待に105円95銭まで円安・ドル高推移後、105円58銭まで反落。 ユーロ・ドル:1.1777ドルから1.1831ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円::大規模な米包括的追加経済対策期待に…

バイデン大統領の景気対策を期待、円安だがドル円では伸び悩み

総括 バイデン大統領の景気対策を期待、円安だがドル円では伸び悩み ドル円=103-108、ユーロ円=122-127 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨5位、株価7位、景気は企業中心に持ち直し、消費はまだ弱く円安に繋がらず」 10月に入って…

3Q景気回復期待で底堅い

総括 3Q景気回復期待で底堅い 「通貨11位、株価10位」 「予想レンジ 南アランド円 6.2-6.7」 (ポイント) *このところの指標改善は3QのGDP拡大を示唆している *年初来の高値の7.8円は取り戻せないが、安値5.6からは底堅くなっている *今週は8月小売売上…

「リスクオンでドル/円下落の公算小さい」 外為トゥデイ 2020年10月12日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円は小幅続伸。個々の足は強い上昇エネルギーを持ったものではありませんが形状が安定しており、一段の上昇の可能性が高いと見られます。138円台で終えれば一段の上昇へ。買いは137.30-40で押し目買い。損切りは…

【ドル/円】:下値余地が限られる展開。押しは一旦買い狙いで。

2020年10月12日 【ドル/円】:下値余地が限られる展開。押しは一旦買い狙いで。 ドル/円は直近の日足が陰線で終え、前の2手の小陽線の上昇分を打ち消していますが、下げ余力の強いものではないことや、下値を切り下げる流れを守っており、再度106円超えトラ…

ドル/円:上値余地を探る動き。ドル急伸にも繋がり難く、107円台はまだ壁。

ドル/円:上値余地を探る動き。ドル急伸にも繋がり難く、107円台はまだ壁。 直近の日足は、小陰線で終え、前の2手の小陽線の値幅を切り崩した格好となっているが、下値を切り上げる流れを守っており、週初の下値攻めには限りがありそうだ。一方で下値を攻め…

ユーロ/ドル 上伸期待の高まる形。今回は期待できるか・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル 上伸期待の高まる形。今回は期待できるか・・・ 先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。じりじりとした値動きが続き、週初からずっと上下の予想が難しい状況が継続していましたが、週末…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,200㌦域を10月7日突破、上値目標29,900㌦域。10月9日28,500㌦域まで上昇。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=26,200㌦域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,200㌦域を10月7日突破、上値目標29,900㌦域。10月9日28,5…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方127円域、下方118円域、目標値各々135円域、107円域依然変らず。9月23日付の本稿以降PF上意味のある動きなし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方127円域、下方118円域、目標値各々135円域、107円域依然変らず。9月23日付の本稿以降PF上意味のある動きなし。 2020…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、9月16日算出の下値目標97円50銭域は10月8日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値は各々115円50銭域、95円00銭域。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、9月16日算出の下値目標97円50銭域は10月8日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値は各々115円50銭…

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンド (DP=21,600円域)の中、 直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,600円域を10月8日突破、上値目標25,000円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期上昇トレンド (DP=21,600円域)の中、 直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント23,600円域を10月8日突破、上値目標25,000円域。 2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参…

ドル・円は下げ渋りか、米バイデン政権への期待で株高・円安の流れ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米バイデン政権への期待で株高・円安の流れ」 9日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。来月の米大統領選で政権交代の可能性が意識され、民主党への政策期待から株高に振れやすい見…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。米株高によるリスクオンのムードや人民元高の影響で、ドルは朝方に106円04銭から105円81銭まで値を下げた。ただ、連休明けの中国株式市場は堅調な経済指標で大幅高となり、リスク選好の円売りがドルの下げを抑制…

「米CPI、米大統領候補者討論、米小売、BOE総裁、独ZEW、EU首脳会議、日銀総裁、RBA総裁、豪雇用統計など」 週間イベント 10/12~10/18

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【トルコリラ円】連日の過去最安値更新

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月9日(金)トルコリラ/円 基調 下値不安 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 連日の過去最安値更新 トルコリラの下落が止まらない。リラ/…

106円前後で戻り売り ドル/円 2020/10/9 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は106円近辺で推移か、米追加経済対策への期待持続で円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は106円近辺で推移か、米追加経済対策への期待持続で円買い抑制も」 8日のドル・円は、東京市場では105円93銭から106円10銭まで上昇。欧米市場では、105円93銭から106円10銭まで反発し、106円01銭で取引終了。本日9…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米追加経済対策への期待が根強く、105円93銭から106円05銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ECBメンバーは「インフレ見通しに深刻な影響を与える」とユーロ高を懸念していることが9月理事会議事要旨で明らかにな…

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円は小幅続伸となりました。下値を切り上げる流れを維持しているので押し目買い方針継続としますが、週足の形状が安定していないので、買いは1日様子見か、136.00-10の押し目待ちとします。損切りは135.40で浅め…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。

2020年10月9日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。 ドル/円は小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げています。ドル急伸にも繋がり難いものの、106円台に値を戻したことで、上値余地が若干拡がる可能性が高くなっています。107円台はまだ壁と見ますが、下値…

「米経済対策協議待ち」 外為トゥデイ 2020年10月9日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

経済指標改善で5円台へ挑戦

総括 経済指標改善で5円台へ挑戦 予想レンジ 4.7-5.2 (ポイント) *政府は、総額2970億ペソのインフラ投資計画を発表 *消費者物価は4%を超えている *9月の車生産、2月以来の高水準に *経済指標は軒並み改善 *政策金利は11会合連続で引き下げられたが前…

ドル・円は伸び悩みか、米株高継続ならリスクオンのドル売りも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米株高継続ならリスクオンのドル売りも」 8日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米追加経済対策の一部実施への期待感から株高に振れやすく、ドルはリスクオンの売りが見込まれる…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。早朝に105円93銭を付けた後、仲値にかけてドル買いが強まり一時106円10銭まで値を上げた。一方、米株高観測を受けリスク選好的な円売りが主要通貨を押し上げたが、ドルはリスクオンの売りで一段の上昇を阻止され…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.