FXレポート

ドル・円は底堅い値動きか、米景気拡大期待のドル買いは継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米景気拡大期待のドル買いは継続」 20日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。前日の大幅高の反動で、利益確定売りが出やすい見通し。ただ、足元の強い米経済指標から景気拡大…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はじり高。朝方の取引で111円11銭まで下げた後、中国本土での新型ウイルスの新たな感染者が大幅に減少したほか、中国人民銀行が政策金利を引き下げたことを好感して円売りが優勢になった。日経平均株価が上げ幅を縮小した場面…

「注文状況一変、112円の攻防戦へ」ドル/円 2020/2/20 16:40

昨日からの上昇で注文状況が様変わり、今夕からの続伸で厚い売り指値がほぼ消失した。 唯一、節目の112.00円では売り指値と売りストップがやや拮抗した状態で、この水準を分水嶺とみる向きが多いことがわかる。 なお、112.00円にはオプションバリアが控えて…

【ドル/円】円急落の正体は不明瞭

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月20日(木)ドル/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・2/20 米2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数、米新規失業保険申請件数・米長期金利、主要…

「ドル/円、円売り主導で大幅高」 外為トゥデイ 2020年2月20日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

ドル・円は主に111円台前半で推移か、中国の金融緩和などへの思惑で円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に111円台前半で推移か、中国の金融緩和などへの思惑で円買い抑制も」 19日のドル・円は東京市場では109円85銭から110円14銭まで上昇。欧米市場でドルは110円07銭から111円59銭まで買われており、111円36銭で取…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:1月米生産者物価コア指数や1月住宅着工件数が予想を上回り、110円07銭から111円59銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.0782ドルへドル高・ユーロ安推移後、1.0812ドルまで反発。 ユーロ・円:118円85銭から120…

※追加【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。

【トルコリラ/円】:上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。 トルコリラ/円は陽線で切り返して、下値抵抗を守り切った感があります。短期トレンドの変化が認められないものの、反発余地を探る動きが期待できます。18.40超えで終えれば下値リスクがやや後退…

【ドル/円】:円全面安。ドルの押し目買い方針継続。

2020年2月20日 【ドル/円】:円全面安。ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は、大陽線の出現となり、一段の上昇の可能性に繋げていますが、既に短時間でのドル円の一相場の傾向である180-220銭のターゲットに入り始めており、このまま続伸した場合でも112円…

金融市場は不思議と安定、ウィルスは2月ピークとなるか

総括 金融市場は不思議と安定、ウィルスは2月ピークとなるか 予想レンジ 人民元/円 15.4-16.4 (ポイント) *新型ウィルス感染拡大はあるも金融市場は落ち着いている *習国家主席は、2020年の経済成長目標を達成できるとした *政府は新型ウィルス感染は2…

ドル・円は伸び悩みか、米FOMC議事要旨やアップルの業績見通しが重石に

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米FOMC議事要旨やアップルの業績見通しが重石に」 19日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。全般的に株高に振れるなか、リスク回避の円買いは後退する見通し。ただ、米連邦公開…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方の取引で109円85銭を付けた後、日経平均株価の上昇や上海総合指数の底堅い推移を手がかりに円売りが優勢となり、110円14銭まで強含んだ。前日売り込まれたユーロ・ドルの買い戻しがみられ、ユーロ・円が反…

「4営業日ぶり110円回復で買い意欲も復活か?」ドル/円 2020/2/19 16:45

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 「110円手前で戻り売りと上放れへの警戒が混在」ドル/円 2020/2/12 16:20 109.90-110.25にかけて、引き続き大量の売り指値注文が並ぶ。 110.00円前後での上値…

「ユーロ円は反転の合図! 利益確定からドテン買いを?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

水星逆行期間が2日前から始まりました。これから3週間ほど、大きなレンジ相場への傾向が強くなる星柄です。 順張りトレードが最もワークしにくい期間ですから、注意しましょう。 先日のコラムより、ユーロ売りを推奨しておりましたが、個人的には昨日手仕舞…

【トルコリラ円】トルコ中銀、6会合連続利下げの可能性

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月19日(水)トルコリラ/円 基調 上値重い 目先の注目材料 ・2/19 トルコ中銀政策金利 ・主要国株価、国際商品価格 トルコ中銀、6会合連続利下げの…

豪1月雇用統計に注目 注目の高金利通貨 豪ドル/円 2月19日号

豪1月雇用統計が20日に発表されます。RBAのロウ総裁は、7日の議会証言で「追加利下げに伴うリスクは現時点でメリットを上回る」と述べて追加利下げに慎重な姿勢を示しましたが、「ただ、失業率が悪化すれば状況が変わるかもしれない」として雇用情勢を注視す…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、日本国内におけるウイルス感染拡大を警戒してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、日本国内におけるウイルス感染拡大を警戒してドル買い抑制も」 18日のドル・円は東京市場では109円89銭から109円66銭まで下落。欧米市場でドルは109円66銭から109円95銭まで買われており…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国の2月NY連銀製造業景気指数が予想を大幅に上回ったためドル買いが強まり109円66銭から109円95銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:独2月ZEW景気期待指数が予想以上に低下したことに失望したユーロ売りに、1.0…

「ドル高圧力が円高圧力を中和」 外為トゥデイ 2020年2月19日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

※追加【トルコリラ/円】:リラ弱気の流れ。下値抵抗を守って反転に繋がる可能性を残した状態。

【トルコリラ/円】:リラ弱気の流れ。下値抵抗を守って反転に繋がる可能性を残した状態。 トルコリラ/円は小反落となりました。下げ余力の強いものではなく、日足の下値抵抗も守っていますが、17.90割れで終えた場合は一段の下落リスクに注意が必要となりま…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2020年2月19日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は、小動きに留まっており、相変わらず狭いレンジ内で膠着状態が続いています。短期トレンドの変化が認められないので、ドルの押し目買い方針継続としますが、109.30以下で終えた場合は30~50…

ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米株安なら安全通貨買いは縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米株安なら安全通貨買いは縮小」 18日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から、リスク回避的な円買いに振れやすい見通し。安全…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。朝方の取引で109円89銭を付けた後、新型肺炎拡大の影響で米アップルが業績予想の未達見通しを発表したことを受けて日経平均株価が大幅安となり、リスク回避の円買いで109円66銭まで下落した。ただ、上海総合指数…

「売り意欲旺盛も、節目に一部上昇警戒感」ドル/円 2020/2/18 17:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 「110円手前で戻り売りと上放れへの警戒が混在」ドル/円 2020/2/12 16:20 109.90-110.25にかけて、引き続き大量の売り指値注文が並ぶ。 110.00円前後での上値…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、中国本土株式の動向が手掛かり材料に

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、中国本土株式の動向が手掛かり材料に」 17日のドル・円は東京市場では109円72銭から109円87銭まで反発。欧米市場でドルは109円82銭から109円96銭まで買われており、109円93銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米国市場休場のため、小動き。109円82銭から109円96銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:1.0851ドルから1.0829ドルまでユーロ安・ドル高で推移。 ユーロ・円:119円20銭から119円01銭までユーロ安・円高で推移…

※追加【トルコリラ/円】:強い下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性。

【トルコリラ/円】:強い下値抵抗を守り切れば反転に繋がる可能性。 トルコリラ/円は小陽線で続落を食い止めています。強い下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げており、下値リスクがより高い状態にあるので、買いは1日様子を見た方がいいでしょう。18.…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2020年2月18日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は、小陽線で終えています。短期トレンドは強い状態を維持していますが、値幅が小さく上下の抵抗を抜けるほどのエネルギーも感じられません。110.10超えで終えれば上値トライの動きが継続、10…

「ドル/円、109円台後半で小競り合い」 外為トゥデイ 2020年2月18日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

シリア北部での戦闘が影を落とす。リラを支えた経常収支も悪化

総括 シリア北部での戦闘が影を落とす。リラを支えた経常収支も悪化 (通貨6位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 17.7-18.7 (ポイント) *シリア北部での戦闘が続く *トルコ・ロシアで終戦へ向けた会談は始まったが、まだ合意なし *経常収支が赤字化 …

週間テクニカル分析レポート 2020/02/17~2020/02/21

▼USD/JPY 新型コロナウイルス関連のニュースに注意。上下とも動きにくい展開を予想。予想レンジは108.620~110.930 ▼AUD/JPY 中期移動平均線のゴールデンクロスを試す展開か。横ばいか上昇を予想。予想レンジは72.410~74.990 ▼GBP/JPY 短期移動平均線をゴー…

ドル・円は底堅い値動きか、中国株高や米景気拡大期待で買い継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、中国株高や米景気拡大期待で買い継続」 17日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米国のプレジデンツデー祝日に伴う休場で薄商いのなか、中国株高で円買いは後退の見通し。ま…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。日本の10-12月期国内総生産(GDP)の予想以上の大きな落ち込みを嫌気した円買いで、109円87銭から一時109円72銭まで下落した。その後は上海総合指数の大幅高で円買いは縮小したが、新型コロナウイルスの感染拡大…

【豪ドル円】RBA議事録の利下げスタンスに注目

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月17日(月)豪ドル/円 基調 底打ち 目先の注目材料 ・2/17 RBA議事録 ・主要国株価、国際商品価格 ・新型コロナウイルスを巡る動向 RBA議事録の利…

「直近高値に置かれた買いストップ」ユーロ/ドル 2020/2/17 16:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 「110円手前で戻り売りと上放れへの警戒が混在」ドル/円 2020/2/12 16:20 109.90-110.25にかけて、引き続き大量の売り指値注文が並ぶ。 110.00円前後での上値…

“COVID-19.”

新型コロナ・ウィルスの正式名称がCOVID-19.と呼ばれる様になった。 COは“コロナ(Corona)”からなり、VIは“ウィルス(Virus)”、Dは疾患(Disease)、そしてこの新型ウィルス発生が確認されたのが2019年なのでハイフンの後に19が付くらしい。 WHO.=(国際…

「ユーロ売りが目立つ」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年2月10日~2月14日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年2月10日から2月14日の営業日 ▼変動率ランキングユーロ売りが目立つ ドル/円は最下位 ▼スワップポ…

円ネットショート小幅に増加【今週のIMMポジション】2020/2/17

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 ドル/円【円ネットショート小幅に増加】 2月11日時点で円のポジションはドルに対して2.6万枚の売り越し(ネットショート)。 円ロングポジションが取り崩された…

「英財務相が突然の辞任 ポンドは上昇」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

13日、ジャビド英財務相が辞任した。 後任にリシ・スナク財務首席政務次官が即座に指名されたものの、突然の交代劇であった。 交代を巡っては、積極的な財政出動を目指すジョンソン首相と、これに慎重なジャビド氏の間で確執があったとされる。 この人事につ…

ドル・円は主に109円台後半で推移か、ウイルス感染拡大を警戒してリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台後半で推移か、ウイルス感染拡大を警戒してリスク選好的な円売り抑制も」 14日のドル・円は東京市場では109円73銭から109円91銭まで反発。欧米市場でドルは109円88銭から109円70銭まで反落し、109円78…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:新型肺炎の感染急拡大に加えて、1月コア小売売上高が予想を下回り、ドル売りが優勢となり109円88銭から109円70銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:米小売売上高の結果を受けて1.0861ドルへドル安・ユーロ高推移…

「ドルと円がいずれも強含む」 外為トゥデイ 2020年2月17日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

※追加【トルコリラ/円】:強い下値抵抗に到達。守り切れば反転に繋がる可能性も。

【トルコリラ/円】:強い下値抵抗に到達。守り切れば反転に繋がる可能性も。 トルコリラ/円は小幅続落となりました。上値を切り下げる流れに変化が認められませんが、18.00-10ゾーンに強い下値抵抗があり、これを守り切れば反転に繋がり易くなります。但し、…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2020年2月17日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は値幅の小さい足が連続しており、方向性に欠ける展開となっています。上下の抵抗を抜けきれない状態ですが、短期トレンドの変化が認められないので基本戦略はドルの押し目買い方針で。但し、…

米国に安定感、日本はマイナス成長やリパトリも視野に入る季節

総括 米国に安定感、日本はマイナス成長やリパトリも視野に入る季節 ドル円=107-112、ユーロ円=117-122 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位 株価12位、マイナス成長は円高? リパトリも視野に入る季節」 西村経済再生相は、消…

3月格付け見直しへ前途多難 通貨最下位、株価10位

総括 3月格付け見直しへ前途多難 通貨最下位、株価10位 予想レンジ 南アランド円 6.8-7.8 (ポイント) *大統領の施政方針演説は具体策なく、やや落胆するものとなった *次の焦点は26日の予算教書 *4Q・GDPは3月3日発表、前期比マイナス成長が予想される …

ドル/円:“ドル強気”を維持。108円割れを見た場合は短期トレンドに変化。

ドル/円:“ドル強気”を維持。108円割れを見た場合は短期トレンドに変化。 直日足は値幅の極端に小さい足が連続しており、110.00超えの抵抗を上抜け切れない一方で、軽い下値抵抗も切り崩せない状態が続いており、方向性を示す動きとなっていない。短期トレン…

ユーロ/ドル 下落トレンド継続ながら、そろそろ買い戻しの好機か?!

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル 下落トレンド継続ながら、そろそろ買い戻しの好機か?! 先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした 先々週の流れを引き継ぎ、先週についても下落トレンドが継続したという判断でよいと思いま…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域)、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント28,900㌦域を2月5日突破しての上値目標30,000㌦域変らず。2月12日29,500㌦域まで上昇。 また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersのネックライン27,400㌦域を2019年11月4日突破しての垂直計算による中期上値目標33,000㌦域変らず。

2020年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方123円域、下方115円域、目標値各々134円域、107円域。

2020年、今年も皆様の「資産を殖やす」ことにお役に立てればと只管願っております。 利用できるwebsiteの関係で添付する絵(PFのチャート)が引き続き「相場の木」レベルの短期の絵だけになってしまいますので、ご了承下さい。 2020年2月14日(金)現在のP…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.