FXレポート

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:欧日財政支援で世界経済見通しは改善し、リスク選好の円売りに107円50銭から107円95銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州連合(EU)の財政刺激策への期待で1.0934ドルから1.1031ドルへドル安・ユーロ高推移。 …

※追加【ポンド/円】:押し目を待って買い。強い上値抵抗にも注意。

【ポンド/円】:押し目を待って買い。強い上値抵抗にも注意。 ポンド/円は小反落。下げ余力の強いものではありませんが、133.00超えトライに失敗しており、また、中期トレンドも弱いので買いは引き付ける必要があります。買いは131.60-70まで引きつけて。損…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。

2020年5月28日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。 ドル/円は小反発。下値抵抗を守って上値トライの可能性に繋げていますが、108.00超えに実体を乗せるまでは上値余地も拡がり難い状態です。逆に107円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下落…

本日、国家安全法制採択へ

総括 本日、国家安全法制採択へ 予想レンジ 人民元/円 14.5-15.5 (ポイント) *本日、国家安全法の採択が行われる(全人代) *米英加豪は国家安全法を批判 *中国は国家安全法は内政問題と主張 *やや元安、株安が続く *今年の精ちう目標を建てず(全人代…

ドル・円は底堅い値動きか、米トランプ政権の対中制裁に警戒も

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米トランプ政権の対中制裁に警戒も」 27日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。世界的な制限措置の緩和で、経済の正常化を見込んだ株高を背景に円売りに振れやすい見通し。ま…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。香港をめぐる米中対立の激化懸念から日経平均株価の軟調地合いを受けた円買いで107円37銭まで下げた後、仲値辺りから107円61銭まで切り返す場面もあった。その後は失速したが、日経平均株価の反発やユーロ・ドル…

【メキシコペソ円】ペソ/円7連騰、全人代がヤマ場に

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 5月27日(水)メキシコペソ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・原油価格、主要国株価 ・~5/28 中国全国人民代表大会 ペソ/円7連騰、全人代がヤマ…

「ドル円、ユーロ円は一度調整相場へ?香港、国家安全法制定警戒から売り優勢相場へ」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

先週後半から香港情勢が再び悪化を始めてきております。香港の「国家安全法」は中国にて開催中の全人代にて制定される見込みで、一国二制度から相変わらず政治的乖離をしております。 今週中にこれらは制定される見通しで、米国からの反発は必至です。週明け…

上値の重さが目立つ中、戻り売りの戦略で ドル/円 2020/5/27 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

原油価格に注目 注目の高金利通貨 メキシコペソ/円 5月27日号

メキシコペソ/円(4時間足) 直近1週間のポイント ・メキシコでコロナ感染拡大続く☆経済再開期待で株高・原油高・ペソ/円7連騰中 足元のメキシコペソ/円は連日の上昇 メキシコでは新型コロナウイルスの新規感染者が23日に3329人を記録するなど、明確なピー…

ドル・円は107円台で推移か、世界的な経済再開を意識してリスク回避の円買い縮小

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台で推移か、世界的な経済再開を意識してリスク回避の円買い縮小」 26日のドル・円は、東京市場では107円69銭から107円92銭まで上昇。欧米市場でドルは107円84銭から107円40銭まで下落し、107円55銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米4月シカゴ連銀全米活動指数が大幅に悪化したことから、107円84銭から一時107円40銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:復興基金への期待に伴うユーロ買いが強まり、1.0933ドルから1.0996ドルへドル安・ユーロ高推…

「リスク・オンのドル安」 外為トゥデイ 2020年5月27日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:短期トレンドに変化。 ポンド/円は陽線引けとなり132.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けた位置で終えています。この足が4/30に付けた135.45を基点として上値を切り下げて来た流れから上抜けており、一段の上昇が期待できますが、中期トレンド…

【ドル/円】:上値余地が限られる可能性に注意。

2020年5月27日 【ドル/円】:上値余地が限られる可能性に注意。 ドル/円は小反落。下げ余力の強いものではありませんが、上昇余力に欠けるものであるため、今日の買いは引き付ける必要があります。107円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、106円割れで終え…

ドル・円は伸び悩みか、リスク選好の円売りも米景気回復の遅れを嫌気

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、リスク選好の円売りも米景気回復の遅れを嫌気」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。アジアや欧米の株高を背景にリスク選好的な円売りに振れ、主要通貨は上昇基調の見通し…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。日本での緊急事態宣言の全面解除を受けた日本株高を背景にリスク選好的な円売りが優勢となり、107円68銭から107円92銭まで上昇した。その後も円売り意欲はみられたが、108円回復を意識したドル売りに上昇を抑えら…

107円後半で高値もみ合い!戻り売り狙い?それとも押し目買い戦略!? ドル/円 2020/5/26 16:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ドル円】米消費者マインドの改善が続くか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 5月26日(火)ドル/円 基調 上値試し 目先の注目材料 ・5/26 米5月消費者信頼感指数 ・米長期金利、主要国株価、国際商品価格 米消費者マインドの改…

「原油価格上昇で新興国通貨も上昇」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年5月18日~5月22日

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2020年5月18日から5月22日の営業日 ▼変動率ランキング原油価格上昇で新興国通貨も上昇 ▼スワップポイン…

ドル・円は107円台で推移か、欧米経済の再開を意識してリスク回避の円買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台で推移か、欧米経済の再開を意識してリスク回避の円買い抑制も」 25日のドル・円は、東京市場では107円57銭から107円78銭まで反発。欧米市場でドルは107円75銭から107円67銭まで下落し、107円71銭で取引終…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米英市場が休場のため、動意薄。107円75銭から107円67銭までドル安・円高で推移。 ユーロ・ドル:有力な手掛かり材料不足も下げ渋り、1.0876ドルから一時1.0915ドルまでユーロ高・ドル安で推移。 ユーロ・円:ドイツ…

※追加【ポンド/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。

【ポンド/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。 ポンド/円は値幅の小さい足で終えており、上値を切り下げる流れにありますが、130.50-60、130.00-10にやや強い下値抵抗が控えており、130.00割れで終えるか値動きの中で129.00割れを見ない限り、突っ込み売り…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。

2020年5月26日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。 ドル/円は値幅の小さい足が連続しており、上下の抵抗を抜けきれていませんが、下値を切り上げる流れを維持しており、押し目買い方針継続とします。107.50割れで終えた場合は日足の形状が悪化…

「ドル/円、膠着打破なるか」 外為トゥデイ 2020年5月26日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

あの手この手でリラ防衛、1Q・GDPは高度成長となるか

総括 あの手この手でリラ防衛、1Q・GDPは高度成長となるか (通貨10位、株価6位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.5-16.20 (ポイント) *リラ売り銀行の取引停止、外貨購入税の引き上げ、輸入関税でリラ安阻止 *1Q・GDP予想は前年比5%と高い *政策金利は0.…

ドル・円は底堅い値動きか、香港情勢にらみも日本の緊急事態解除を好感

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、香港情勢にらみも日本の緊急事態解除を好感」 25日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。香港情勢を背景に米中対立の先鋭化が懸念され、リスク回避的な円買いに振れやすい。た…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は底堅い展開。日本の緊急事態宣言の全面解除に期待が広がり、日本株高を背景とした円売りで107円57銭から107円78銭まで値を上げた。その後は米中対立への懸念で円売りが縮小したが、ユーロ・ドルの下落にサポートされ、107円…

週間テクニカル分析レポート 2020/05/25~2020/05/29 世界の外出規制緩和と米国の追加経済対策でリスクオン相場か

▼USD/JPY 終値が短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは106.250~108.990▼AUD/JPY 反発する兆しがあるも今週はいったん調整局面か。予想レンジは66.700~73.960▼GBP/JPY 下落トレンドは続いており、今週も下落を予想。予想レンジは…

“二匹の窮鼠。”

先週のレポートで、“落ち着いたかに見えた米中貿易戦争再発のリスクが生じつつある。”と述べたがその可能性が益々高くなりそうである。 先週トランプ大統領がコロナ・ウィルスに関して中国に対して発した罵詈雑言は尋常なものではなかった。 “中国の欧米に対…

「売買交錯の中、円ネットロングは横ばい」【今週のIMMポジション】2020/5/25

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

【トルコリラ円】リラ買い戻しに一巡感

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 5月25日(月)トルコリラ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 リラ買い戻しに一巡感 5月上旬にひとまず底を打ったトルコ…

米国休場で動意薄の中、狙いは戻り売り ドル/円 2020/5/25 13:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は107円台で推移か、米中対立の継続を警戒して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台で推移か、米中対立の継続を警戒して円売り抑制も」22日のドル・円は、東京市場では107円76銭から107円32銭まで下落。欧米市場でドルは107円42銭から107円65銭まで反発し、107円62銭で取引終了。 本日25日…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米連邦準備制度理事会(FRB)が証券購入ペースを減速し、107円42銭から107円65銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)は6月会合で追加緩和を実施するとの思惑で、1.0913ドルから1.0885ドルへド…

「全人代に注目もドル/円はもみあい継続か」 外為トゥデイ 2020年5月25日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。短期はニュートラル、中期は弱気。

【ポンド/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態。短期はニュートラル、中期は弱気。 ポンド/円は小幅続落となりましたが、短期トレンドはニュートラルな状態です。130.50-60、130.00-10に下値抵抗がありますが、130円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、129…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。

2020年5月25日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。 ドルは直近の日足が寄せ線に近い形の足で終えていますが、上下の抵抗を抜けきれない状態です。一方で5/6に付けた105.99を直近安値として下値を切り上げる流れを維持しており、この流れを維持…

オージー/円 いったん跳ね返されたが、上値への後悔が残るか?

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 いったん跳ね返されたが、上値への後悔が残るか? 先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で実体線が3本の移動平均線を上方にブレイクし、やや上値期待が高まりました。ただ…

香港リスク浮上

総括 香港リスク浮上 ドル円==105-110、ユーロ円=115-120 、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円通貨首位、株価8位、香港リスク浮上 コロナウィルスはまだ恐ろしいが、正体が見えてきたこと、最悪でも全人類が医療防護服をつければ生きて…

21年成長見通し引き上げ。20年はマイナス7%成長か

総括 21年成長見通し引き上げ。20年はマイナス7%成長か 通貨最下位、株価7位 予想レンジ 南アランド円 5.6-6.6 (ポイント) *政策金利は0.5%引き下げられ3.75%となった *21年の成長見通しは引き上げられた 20年はマイナス7%成長か *7月まで計画停電…

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。107円割れで終えた場合は下値リスクが点灯。 108.00超えで終えれば108.50超えトライへ。

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態続く。107円割れで終えた場合は下値リスクが点灯。 108.00超えで終えれば108.50超えトライへ。 直近の日足は、値幅が小さい足で終え、上下の抵抗を抜けきれない状態にあるが、5/6に付けた105.99を直近安値として下値を…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=21,500㌦域)の中、 現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方24,600㌦域、下方24,100㌦域、目標値各々25,400㌦域、23,000㌦域。

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)が壊れ(まだ中長期下降トレンドの形成はされていない)、短期上昇トレンド(DP=21,500㌦域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方24,600㌦域、下方24,100㌦域、目標値各々25,400㌦域、23,000㌦域…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、4月16日算出の下値目標102円域は5月6日114円域まで下落後、5月20日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方121円域、下方114円域、目標値各々138円域、106円域。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、4月16日算出の下値目標102円域は5月6日114円域まで下落後、5月20日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方121円域、下方114円域、目標値各々138円…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方109円50銭域、下方105円50銭域、目標値各々115円00銭域、101円50銭域は変らず。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方109円50銭域、下方105円50銭域、目標値各々115円00銭域、101円50銭域は変らず。 2020年、本年も皆様の「資…

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド (DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破、上値目標21,200円域。

日経平均:中長期下降トレンド(DPS=24,000円域)、短期下降トレンド(DPS=19,600円域)が壊れた中 、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント20,400円域を5月19日突破、上値目標21,200円域。 2020年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続…

ドル・円は底堅い値動きか、米中対立の地合い悪化で3連休前に買い

欧米市場オープニングコメント ドル・円は底堅い値動きか、米中対立の地合い悪化で3連休前に買い 22日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる米中対立で地合いは悪化し、安全通貨買いの見通し。米国市…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。仲値にかけて107円76銭まで上昇した。しかし、その後、日銀の臨時金融政策決定会合で、金融機関への新たな資金供給手段が決定されたが、金融政策は現状維持となり、円買いに転じた。また、米中対立の先鋭化を懸念した…

米消費者信頼感、独IFO、中国全人代など 5/25~5/31

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

108円まであと一歩!ただ、買いより売り目線!? ドル/円 2020/5/21 16:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.