G10通貨

オージー/円 レンジの下限を試す動き。下落を期待するしかないが・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 レンジの下限を試す動き。下落を期待するしかないが・・・ 先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。ユーロ円・ポンド円と同様、先々週の引け味を考えると先週は上伸期待が高まっていた状…

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態。104円割れを見た場合は一段のドル下落へ。

ドル/円:上下の抵抗を抜けきれない状態。104円割れを見た場合は一段のドル下落へ。 直近の日足は、値幅の小さい足で終え、膠着状態から抜け出していない。105.00-10の下値抵抗を守っているが、105.50超えの抵抗も抜けきれておらず、上値の重い感が否めない…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方127円域、下方118円域、目標値各々135円域、107円域依然変らず。9月23日付の本稿以降依然としてPF上意味のある動きなし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方127円域、下方118円域、目標値各々135円域、107円域依然変らず。9月23日付の本稿以降依然としてPF上意味のある動き…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値各々115円50銭域、95円00銭域は変りません。本稿10月9日以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方107円00銭域、下方103円50銭域、目標値各々115円50銭域、95円00銭域は変りません。本稿10月9日以降PF上意味…

【セミナー】ドル高の条件は揃った?「田嶋 智太郎氏」 2020/10/16

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は下げ渋りか、英・EU交渉決裂ならリスクオフのドル買いも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、英・EU交渉決裂ならリスクオフのドル買いも」 16日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。本日発表の米経済指標が堅調なら、株高を手がかりとしたドル売りの見通し。焦点の英国と欧…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。英国と欧州連合(EU)との通商交渉決裂への懸念でリスク回避の円買いが進み、105円45銭から105円19銭まで下落。一方で、欧州通貨売りでリスクオフのドル買いに振れ、ドルはその後おもに105円20銭台での推移が続い…

「FRB議長、米大統領選討論会、ECB総裁、BOE総裁、独・ユーロ圏・英PMI、中国GDP、NZCPIなど」FX週間イベント 10/19~10/25

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

押し目買い継続 ドル/円 2020/10/16 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【NZドル円】総選挙の影響は?

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月16日(金)NZドル/円 基調 底堅い 目先の注目材料 ・10/17 NZ総選挙 ・主要国株価、国際商品価格 総選挙の影響は? 明日17日にニュージーランド…

ドル・円は105円台で推移か、欧米経済見通しの不透明感を嫌気して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、欧米経済見通しの不透明感を嫌気して円売り抑制も」 15日のドル・円は、東京市場では105円09銭から105円32銭まで反発。欧米市場では、105円18銭から105円49銭まで反発し、105円42銭で取引終了。…

「ドル/円、反落リスク残る」 外為トゥデイ 2020年10月16日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:追加経済対策を巡りトランプ大統領が1.8兆ドル規模から引き上げる意向を示したことから、105円18銭から105円49銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧州での新型コロナウイルス感染拡大を嫌気して、1.1737ドルか…

※追加【ポンド/円】:上値が重い展開。一方向へ動き出す可能性にも注意。

【ポンド/円】:上値が重い展開。一方向へ動き出す可能性にも注意。 ポンド/円は反落。上値が重い感がありますが、下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。短・中期の移動平均線が収束しており、一方向へ抜け出す可能性にも注意が必要でしょ…

【ドル/円】:下げ渋り。上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年10月16日 【ドル/円】:下げ渋り。上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は小反発して終えていますが、単体では上昇余力の強いものではないので106.00超えから厚くなる上値抵抗をクリアするには力不足と見ます。一方で現状は104.90-00、104.50-60…

ポンド EUとの交渉打ち切りで急落の危機 2020/10/16(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は下げ渋りか、株安継続ならリスクオフのドル買いも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、株安継続ならリスクオフのドル買いも」 15日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。欧州通貨の買い戻しを受け、ドルへの下押し圧力が続く見通し。ただ、米経済指標の低調な内容を受…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反発。前日海外市場での下落基調が続き早朝の取引で105円09銭まで下げたが、値ごろ感による国内勢のドル買いで上昇基調に振れた。また、日経平均株価は軟調地合いとなったが、ユーロの下落でドルは105円32銭まで値を上げた…

売り買い睨み合い ドル/円 2020/10/15 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【FX初心者⑫】ぴたんこテクニカル「伝説の神ディーラーが解説!ほぼ3分FX」

これからFXをはじめる方、はじめたい方、必見です! FXの魅力や特徴を、超ベテランディーラー「酒匂隆雄さん」に、ゆっくり(?)、わかりやすく解説していただきます。

【ポンド円】市場はFTA交渉延長を織り込む

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月15日(木)ポンド/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・10/15-16 EU首脳会議 ・主要国株価、国際商品価格 市場はFTA交渉延長を織り込む 英国と…

ドル・円は105円台前半で推移か、米国株安などを意識してリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台前半で推移か、米国株安などを意識してリスク選好的な円売り抑制も」 14日のドル・円は、東京市場では105円52銭から105円31銭まで下落。欧米市場では、105円47銭から105円04銭まで続落し、105円15銭で取引…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ムニューシン米財務長官は「追加経済対策の選挙前の合意成立が困難」との見解を示すと、リスク回避の円買いが優勢となり、105円47銭から105円04銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1720ドルから1.1771ドルへド…

ドル/円 105.25-30を超えられるか 2020/10/15(木)YEN蔵

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

「ドル/円、再び105円の攻防に」 外為トゥデイ 2020年10月15日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円はタクリ足の陽線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えています。この反動で上値トライの動きが強まると見ますが、前日の陰線が下げエネルギーのやや強いものであることから138円超えトライに失敗する可…

【ドル/円】:強い下値抵抗に到達。上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年10月15日 【ドル/円】:強い下値抵抗に到達。上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は小反落。下げ余力の強いものではなく、強い下値抵抗ポイントに到達しているので、突っ込み売りにも注意が必要です。一方で上値も106.00超えに強い抵抗が散在し…

ドル・円は底堅い値動きか、クロス円が下押しも米株高なら円買い縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、クロス円が下押しも米株高なら円買い縮小」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。新型コロナウイルスのまん延などで、欧州通貨を中心としたクロス円の下げに押される見…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。欧州通貨の対円での軟調地合いでドルへの下押し圧力が強まり、105円52銭から一時105円31銭まで弱含んだ。ただ、欧米株高観測による円売りや欧州通貨の対ドルでの下落でドルは夕方にかけて再び105円52銭まで値を切…

「水星逆行期間入り!トレンドレス相場を予想!」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

本日から水星逆行期間に入ります。 当コラムを通して、この期間は大きなレンジ相場になりやすいと今までお伝えしてきた通りです。 これから3週間半〜この期間が続きます。簡単に特徴を申し上げますと、 ・レンジ相場になりやすい。 ・レジサポラインがワー…

押し目買いがやや優勢 ドル/円 2020/10/14 15:40

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【豪ドル円】くすぶる利下げ観測、RBA総裁講演と豪雇用統計

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月14日(水)豪ドル/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・10/15 ロウRBA総裁講演、豪9月雇用統計 ・主要国株価、国際商品価格 くすぶる利下げ観測、…

「いよいよEU首脳会議 ポンドは沈黙」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

いよいよEU首脳会議 ポンドは沈黙 EUとのFTA交渉について、ジョンソン英首相が期限として定めた10月15日が間近となっている。 EUとは英領海の漁業権問題などでいまだ折り合いがつかず、交渉成立が危ぶまれている。 そんななか迎えるEU首脳会議だが、EUは交渉…

「ドル/円は当面104-106円のレンジか。米大統領選まで気迷い相場に」マット今井のトレードアイディア 2020年9月25日

ドル円は、やはり106円台はなかなか抜けていかず、結局104-106円のレンジから抜け出せません。アメリカの大統領選挙も控えていますので、当面このレンジの中での動きが続く可能性は高そうです。クロス円も頭打ちです。 ポンド円を見てみましょう。…

ドル・円は105円台で推移か、欧米経済の先行き不安でリスク選好的な円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、欧米経済の先行き不安でリスク選好的な円売り抑制も」 13日のドル・円は、東京市場では105円28銭から105円48銭まで反発。欧米市場では、105円42銭から105円63銭まで反発し、105円49銭で取引終了…

ドル/円 移動平均線を境に上下動 2020/10/14

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

前日の海外市況ほか 

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:中国経済指標の改善や国際通貨基金(IMF)の2020年世界経済見通しの上方修正を好感して、105円42銭から105円63銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:独10月ZEW景気期待指数の悪化を嫌気して、1.1799ドルから1.1731…

「ドル買いと円買いが交錯」 外為トゥデイ 2020年10月14日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【ポンド/円】:小幅続落の可能性。押しは一旦買い場。

【ポンド/円】:小幅続落の可能性。押しは一旦買い場。 ポンド/円は高値圏から実体のやや大きい陰線が出ており、続落の可能性が高いものですが、短期トレンドの変化が認められないので売りは様子見とします。買いは損切りが付いたので1日様子見か、135.50-60…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年10月14日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は小反発。上昇余力の強いものではないので、大幅続伸にも繋がり難いと見ますが、反落した場合でも105円台を大きく割り込むほどの下落にも繋がり難いと見られます。但し、104.00割れで…

米大統領選はバイデン氏快勝を予想、リスク回避にはならない 2020/10/14(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、コロナまん延受けた株安でリスクオフの買い

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、コロナまん延受けた株安でリスクオフの買い」 13日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。人民元高一服の影響で、ドル高方向に振れやすい見通し。また、新型コロナウイルスのま…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。朝方の取引で買い戻しが入り、105円28銭から緩やかな上昇基調に振れた。その後はユーロ・ドルの弱含みによるドル買い、中国の堅調な貿易統計によるリスク選好の円売りで、ドルは午後に105円48銭まで値を上げた…

105.00円付近で押し目買いドル/円 2020/10/13 15:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【豪ドル円】ファンダメンタルズとテクニカルの両面から下落を警戒

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 10月13日(火)豪ドル/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ファンダメンタルズとテクニカルの両面から下落を警戒 豪ドル/…

「ドル/円、下値余地限定」 外為トゥデイ 2020年10月13日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は105円台で推移か、リスク回避的な円買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は105円台で推移か、リスク回避的な円買い拡大の可能性低い」 12日のドル・円は、東京市場では105円81銭から105円43銭まで下落。欧米市場では、105円62銭から105円24銭まで続落し、105円34銭で取引終了。本日13日の…

前日の海外市況ほか  

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:対欧州通貨に連れたドル売りにおされ105円62銭から105円24銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1820ドルから1.1787ドルまでユーロ安・ドル高で推移後、1.1817ドルまで戻す。欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副…

「ロシアルーブル/円の反発は本物?」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年10月5日~10月9日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

※追加【ポンド/円】:押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:押し目買い方針継続。 ポンド/円は寄せ線に近い形の足で終えています。138円台乗せに失敗して寄り付き水準に戻していますが、下値を切り上げる流れには変化が認められないので、押し目買い方針継続とします。買いは137.10-20で押し目買い。損…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.