G10通貨

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。押し目買い方針継続。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。押し目買い方針継続。 ポンド/円は高値圏で引ける陽線引けとなり、短期トレンドは強い状態を維持しています。買いは144.90-00で押し目買い。損切り144.30で撤退です。売りは引き続き様子見です。短期トレンドは143円割れで…

【ドル/円】:下げ渋り。ドルの押し目買い方針継続。

2021年2月15日 【ドル/円】:下げ渋り。ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は2手連続陽線引けとなりました。105.20-30の軽い抵抗にも届いておらず、強い上昇エネルギーは感じられませんが、一方で104.50-60,104.10-20に日足の抵抗があることや、短期トレン…

「ドル/円、上値は重いが下値も堅い」 外為トゥデイ 2021年2月15日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

米ドルさらに下落。米中関係改善、米景気回復、株高、金利上昇とドル相場は関係がない

総括 米ドルさらに下落。米中関係改善、米景気回復、株高、金利上昇とドル相場は関係がない ドル円=102-107、ユーロ円=125-130 、ユーロドル=1.19-1.24 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨最下位(10)位、株価4(4)位、円安は世界景気回復の兆し」 円は…

ドル/円:ドルの上値余地を探る動き。但し、103.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯、103円割れで終えた場合は一段のドル下落へ。

ドル/円:ドルの上値余地を探る動き。但し、103.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯、103円割れで終えた場合は一段のドル下落へ。 直近の日足は小陽線で終え小幅続伸となったが、105.20-30の抵抗を上抜けられずに押し戻されており、週初は上値の重いスタ…

オージー/円 MACDのダイバージェンシーは気になるが・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 MACDのダイバージェンシーは気になるが・・・ 先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はわずか83銭ということで、小動きに終始した印象です。ただし、先週木曜日…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域依然変わらず。1月15日付本稿以降PF上意味のある動き依然なし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域依然変わらず。1月15日付本稿以降PF上意味のある動き依然なし。 2021…

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント105円50銭域を2月4日突破しての上値目標111円00銭域変わらず。2月5日付本稿以降PF上意味のある動きなし。

米ドル・円相場:中長期下降トレンド(DPS=115円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント105円50銭域を2月4日突破しての上値目標111円00銭域変わらず。2月5日付本稿以降PF上意味のある動きなし…

ドル・円は伸び悩みか、欧州・オセアニア通貨売りも連休控え買い縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、欧州・オセアニア通貨売りも連休控え買い縮小」 12日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。欧州やオセアニアの通貨が失速し、ドル・円は小幅に押し上げられる見通し。ただ、米国市…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小じっかり。中国市場の休場や米国市場の明日からの3連休を前に閑散商いのなか、欧州やオセアニアの通貨に売りが先行。日経平均株価の軟調地合いで円買いが観測されたが、ドルは104円74銭から104円94銭まで値を上げた。 ユ…

FX「引き続き売り買い交錯」ポンド/円 2021/2/12 15:30

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

「米小売、FOMC議事録、米失業保険、独ZEW、仏独英PMI、日GDP、豪雇用、トルコ中銀など」 FX週間イベント 2/15~2/21

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

【ポンド円】145円の壁に再挑戦できるか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月12日(金)ポンド/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・2/12 英10-12月期GDP・速報値 ・主要国株価、国際商品価格 145円の壁に再挑戦できるか ポ…

ドル・円は104円台後半で推移か、米長期金利反発でドル売り縮小も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は104円台後半で推移か、米長期金利反発でドル売り縮小も」 11日のドル・円は、東京市場では104円68銭から104円55銭まで下落。欧米市場では、104円56銭から104円81銭まで反発し、104円74銭で取引終了。本日12日のド…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:バイデン政権の大規模な追加経済対策への期待で米国債利回りは上昇し、104円56銭から104円81銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.2118ドルから1.2149ドルまでドル安・ユーロ高推移後、ユーロ圏成長率予測の引き下…

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。143円割れで下値リスクが点灯。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。143円割れで下値リスクが点灯。 ポンド/円は値幅の小さい足で終えています。145円台には乗せられずに終えていますが、短期トレンドが強い状態を維持しており、押し目買い方針継続とします。買いは144.20-30で押し目買い。…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。ドルの押し目買い方針継続。

2021年2月12日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は小陽線で終え、上値トライの可能性に繋げています。上昇エネルギーの強いものではありませんが、この2日間で104.50近辺にやや強い抵抗が出来ており、これを支えとして1…

「ドル/円、動意薄」 外為トゥデイ 2021年2月12日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX「ドル/円 リバウンド期待」2021/2/12(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は下げ渋りか、下押し圧力も欧州通貨売りなら下げ抑制

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、下押し圧力も欧州通貨売りなら下げ抑制」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る値動きを予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)議長の慎重姿勢で、ドルへの下押し圧力が続く見通し。ただ、ユ…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。日本、中国の休場で薄商いのなか、米緩和政策長期化への思惑で104円65銭から104円55銭まで下落した。 ユーロ・円は126円70銭から126円86銭まで上昇した。 ユーロ・ドルは1.2114ドルから1.2133ドルまで値を上げた…

ドル・円は104円台で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は104円台で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も」 10日のドル・円は、東京市場では104円71銭から104円50銭まで下落。欧米市場では、104円41銭から104円84銭まで反発し、104円64銭で取引終了。本日11日のドル・円…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:104円41銭から104円84銭まで円安・ドル高で推移も、大幅なインフレ上昇は予想されていないことから、ドルは伸び悩んだ。 ユーロ・ドル:1.2144ドルまでドル安・ユーロ高推移後、ECBは当面金融緩和を継続するとの見方…

ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長は慎重姿勢も割安感で買い戻し

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB議長は慎重姿勢も割安感で買い戻し」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)議長の慎重姿勢で、ドルは下押し圧力が見込まれる。ただ、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。仲値にかけて国内勢のドル買いが強まり、104円71銭まで強含む場面もあった。その後は米長期金利の低下でドルは売られ、104円50銭まで失速。ただ、その水準での買い戻しが観測され、ドルは下げづらい展開となった…

FX「今と昔でドル円の1日の値幅が違うのはなぜ?」2021/2/10

皆様からお寄せいただいた外国為替に関する素朴な疑問や、FXの取引手法に関するご質問などに、往年の東京市場の名外為ディーラーである酒匂隆雄氏がお答えします。【酒匂隆雄のFXお悩み相談室】

FX「売り買い交錯」ポンド/円 2021/2/10 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ユーロドル】米・欧中銀トップの講演に注目

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月10日(水)ユーロ/ドル 基調 堅調 目先の注目材料 ・2/10 ラガルドECB総裁講演、パウエルFRB議長講演 ・主要国株価、国際商品価格、米長期金利 米…

「ドル円、即成り行き買いレベル!104.50-65円は絶好の買い場となるか? 」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

今晩、米消費者物価指数が発表されます。 2020年12月の消費者物価指数前年同月比では+1.4%の結果でした。 出所: https://www.gaitame.com/markets/indicator/index.html?year=2020&country=%E7%B1%B3 そして今晩のCPI事前予想は前年同月比+1.5%となって…

FX「ドル円様子見?ポンド・豪ドル買いを選択」2021/2/10

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

ドル・円は104円台で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は104円台で推移か、リスク選好的なドル買い抑制も」 9日のドル・円は、東京市場では105円26銭から104円75銭まで下落。欧米市場では、104円89銭から104円50銭まで下落し、104円57銭で取引終了。本日10日のドル・円は…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米債利回り低下に伴うドル売りや株安に連れてり104円89銭から104円50銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:メルケル独首相は感染ペースが鈍化し、管理可能な水準まで低下したら、3月から緩やかに経済活動の再開を提…

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。142.50割れで下値リスクが点灯。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。142.50割れで下値リスクが点灯。 ポンド/円は小幅続落となりましたが、144.10-20の下値抵抗に跳ね返されており、再度145円超えトライの可能性に繋げています。買いは144.30-40で押し目買い。損切りは143.80で撤退です。売…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。

2021年2月10日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針継続。 ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を急角度で切り下げています。105.00の抵抗を守り切れずに終えたことで、反発力が鈍くなりそうですが、短期トレンドの変化が認められないことや、104.50-60,10…

「ドル/円、続落余地」 外為トゥデイ 2021年2月10日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX「ドル安・円安の形に?ドル円 気を付けながらクロス円を物色」2021/2/10(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は下げ渋りか、米長期金利の低下も株高継続で円売り

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米長期金利の低下も株高継続で円売り」 9日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米長期金利の低下で、ドルに下押し圧力がかかりやすい見通し。ただ、欧州中銀(ECB)は回復に慎重…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。米長期金利の低下に伴うドル売りの先行で、朝方に105円26銭を付けた後は下落基調に。また、米株式先物が下落に転じた場面では日本株の上げ幅縮小を手がかりにやや円買いに振れ、ドルは一時104円75銭まで値を下げた…

FX「様子見姿勢」ドル/円 2021/2/9 15:50

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【メキシコペソ円】利下げ再開のカギを握る1月CPI

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 2月9日(火)メキシコペソ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・2/9 メキシコ1月消費者物価指数 ・主要国株価、国際商品価格 利下げ再開のカギを握…

「EU離脱から1カ月を経て」英国EU離脱特集

2020年末に英国・EUの通商交渉が合意となり、大きな混乱なく年越しした英国。 EU離脱から1カ月が経ち、一部には影響が出てきているようだ。 関税ゼロは継続されたものの、通関手続きなどが発生し、英国から鮮魚をEUへ輸出する際、場合によってはトラック1台…

ドル・円は主に105円台前半で推移か、リスク回避的なドル売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に105円台前半で推移か、リスク回避的なドル売り抑制も」 8日のドル・円は、東京市場では105円35銭から105円55銭まで反発。欧米市場では、105円67銭から105円15銭まで下落し、105円24銭で取引終了。本日9日のド…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:クリーブランド連銀のメスター総裁は「非常に長い期間緩和姿勢を維持することになる」と発言し、105円67銭から105円15銭へ円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.2020ドルから1.2066ドルへドル安・ユーロ高推移後、ラガ…

※追加【ポンド/円】:ポンド強気を維持。142.50割れで下値リスクが点灯。

【ポンド/円】:ポンド強気を維持。142.50割れで下値リスクが点灯。 ポンド/円は小反落。下げエネルギーの強いものではないので押し目買い方針継続としますが、高値圏にあるので、損切りも浅めに。買いは144.10-20で押し目買い。損切りは143.60で撤退です。…

【ドル/円】:ドルの押し目買い方針で。

2021年2月9日 【ドル/円】:ドルの押し目買い方針で。 ドル/円は2手連続小陰線で終えており、日足、週足の抵抗には一旦ぶつかりました。しかし、短期トレンドがまだ強い状態にあることや、日足の形状が崩れておらず、押しは一旦買い場となると見ています。可…

「ドル/円、米長期金利睨み」 外為トゥデイ 2021年2月9日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX「ドル上昇は一時的な調整の範囲内と見る4つの理由」2021/2/9(火)雨夜恒一郎

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は底堅い値動きか、ユーロ売り継続で押し上げ圧力

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、ユーロ売り継続で押し上げ圧力」 8日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今週の講演でハト派寄りの発言が見込まれ、ドル売り基調に振れや…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。日経平均株価の大幅高を背景に、仲値にかけてドル買いが強まり105円35銭から105円55銭まで値を上げた。ユーロ・ドルの失速も、ドル買いの支援材料に。ただ、ドルにはリスクオンの売りも観測され、対円でも上げ渋…

「トルコリラ勢が上位独占」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年2月1日~2月5日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

top