News

「新型コロナ感染者 トルコは世界で9番目」トルコリラの焦点

日本時間4月6日22時時点で世界の新型コロナウイルス感染者は128万人を超えた。そのうちトルコでは世界で9番目に多い2万7069人の感染が確認されている。新型コロナウイルスの感染拡大による世界景気後退の懸念が強まる中、新興国通貨には押しなべて下落圧力が…

発症元の中国は収束へ 人民元(CNH)中長期見通し 新型コロナショック

1.人民元(CNH)の置かれる現状整理新型コロナウイルスの感染がグローバルで広がり、需要減から原油先物価格が急落、各国で株価が大きく値を下げるなか、為替市場では全般クロス円が下落、人民元/円も一旦下値を拡大した。

「ドル/円、110円台回復も視野に」 外為トゥデイ 2020年4月7日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「緊急事態宣言は円高との見方」 外為トゥデイ 2020年4月6日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「交渉期間の延期もあり?」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

新型コロナウイルスの猛威は英国にも大きな影響を与えている。すでに新型コロナウイルスによる死者が4月1日時点で2921人となり、ジョンソン首相はじめ英政権幹部も感染、自宅隔離となっている。EUとのFTA協議においても、両交渉官が感染、または感染の疑いが…

「市場は米雇用統計をスルーか」 外為トゥデイ 2020年4月3日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「ドル/円、流れは下方向に」 外為トゥデイ 2020年4月2日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「ドルに先安感」 外為トゥデイ 2020年4月1日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「月末フロー中心の動きに」 外為トゥデイ 2020年3月31日号

昨日のドル/円は、107.13~108.30円前後のレンジで推移。 終値は前日比ほぼ横ばいの107.90円前後だった。 新型コロナウイルス禍でアジア株が全面安となり、ドル売り・円買いが先行したが、その後は持ち直した。 NY市場では月末のポートフォリオ調整などでド…

「ドル/円、半値押しが視野に」 外為トゥデイ 2020年3月30日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「人民元トレードで必ず押さえておきたい情報」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は人民元トレードで必ず押さえておきたい情報についてまとめました。前回寄稿分「トレードに役立つ人民元の特徴」と合わせて確認して頂くとより一層理解が深まると思います。それではさっそくみていきましょう…

「ドル/円、調整局面入りへ」 外為トゥデイ 2020年3月27日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「ドル/トルコリラは2018年9月以来の高値へ」トルコリラの焦点

トルコリラは新型コロナウイルスに関係した世界的なドル需要の高まりから相対的に売られ、ドル/トルコリラは23日に2018年9月以来の高値(ドル高・リラ安)を記録した。 新型コロナウイルスの感染拡大はトルコにも広がり既に死者が二ケタ台と報道されている。…

「交渉官が新型コロナウイルス陽性・・・」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

新型コロナウイルスの蔓延が、英国とEUのFTA早期妥結の大きな障害になっている。 交渉官を務めるEUのバルニエ氏は19日、「新型コロナウイルス検査で陽性」と発表した。 また英国側のフロスト主席交渉官も体調不良から自宅にて療養していると伝わってい…

「米失業保険申請は爆増の見込み」 外為トゥデイ 2020年3月26日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

【まとめ】日米中の緊急支援策とその効果について 戸田裕大 新型コロナショック

みなさんこんにちは。上海の戸田裕大です。 本日は新型コロナウイルスに対する日米中の緊急支援策とその効果について、金融政策と財政政策に分けて考察していきます。それではさっそく金融政策からみていきましょう。 金融政策 1.政策金利の引き下げ <各国…

「ドル高圧力やや緩和」 外為トゥデイ 2020年3月25日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「ドル/円、月初来高値更新も上昇ピッチ鈍化」 外為トゥデイ 2020年3月24日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「各国中銀がドル供給拡大へ」 外為トゥデイ 2020年3月23日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「強権中国が対ウィルス戦の希望という皮肉」武者陵司 新型コロナショック

新型コロナウィルス感染の連鎖が、中国全体主義の終わりの始まりとなる可能性はある。新型コロナウィルスの発生と初動において、中国の全体主義が大きな責任を負っていることは明らかである。しかし新型コロナウィルス撲滅と経済正常化を中国が先導する形と…

「パニック的なドル買い」 外為トゥデイ 2020年3月19日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「トルコ中銀の緊急会合で、ついに政策金利が一桁台に」トルコリラの焦点

トルコ中銀は17日、新型コロナウイルス感染拡大に対応するため緊急で金融政策決定会合をひらき、政策金利を引き下げた。これまでの10.75%から9.75%への利下げとなり、エルドアン大統領が昨年より主張していた「一桁台の政策金利」が実現したことになる。実…

「FTA会合が中止に 新型コロナの影響で」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

18日予定されていた英国とEUの第二回目のFTA交渉は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、会合が中止となった。対面での協議を避けるためで、今後はテレビ会議などでの協議継続が検討されている。 英・EUの双方が作成しているFTA草案は早期に共有する方…

「ドル買いニーズ強い」 外為トゥデイ 2020年3月18日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「ドル買いと円買いが交錯」 外為トゥデイ 2020年3月17日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「FRB緊急利下げでドル下落」 外為トゥデイ 2020年3月16日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「リラ下落も原油安は福音?」トルコリラの焦点

世界的な株安が進む中、原油は産油国が協調減産に失敗したことから価格が下落している。エネルギー輸入国であるトルコにとって、原油安という一点だけを見ればポジティブなニュースとなる。現在、マーケットはパニック的な乱高下が起こっているため、一旦の…

「中国在住の専門家が教える、トレードに役立つ人民元の特徴」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

みなさん、こんにちは。上海で中国金融リサーチを行っております戸田です。 本日は『トレードに役立つ人民元の特徴』としまして、特に個人投資家の方に覚えて頂きたい人民元の特徴について5点に絞ってご案内いたします。これら5点を覚え、トレードに役立て…

「ドル/円、振幅大きいが方向感出にくい」 外為トゥデイ 2020年3月13日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「ドル/円、荒い値動き続く」 外為トゥデイ 2020年3月12日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「深刻な意見の相違…初会合を終えて」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

英・EUのFTA交渉は予定されていた初会合を5日に終えた。次回は18日からの予定となっている。EUのバルニエ主席交渉官は会見で、英国との間に深刻な意見の相違があったことを認め、今後の交渉が難航することが示された。英政府は独自のFTA草案をまとめ次回会合…

「ドル/円、揺り戻しの揺り戻しを警戒」 外為トゥデイ 2020年3月11日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

「日米のコロナ対策に注目」 外為トゥデイ 2020年3月10日号

目次 ▼9日(月)の為替相場 (1):原油急落 6日終値を下回る水準で取引スタート (2):日経平均下げ幅1000円超 瞬間的に円急騰 (3):欧州市場でも株価大幅安 (4):制度創設以来初の「サーキットブレーカー」発動 ▼9日(月)の株・債権・商品市場&…

「ドル/円、3年4カ月ぶり安値」 外為トゥデイ 2020年3月9日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「シリアの軍事衝突 ロシアと停戦合意」トルコリラの焦点

5日、エルドアン大統領はロシアのプーチン大統領と会談し、シリア北西部のイドリブ県での戦闘を6日から停止することで合意した。 これは、トルコと衝突しているシリアのアサド政権を、ロシアが支援しているためだ。 停戦合意により一旦事態は収束に向かう事…

「ドル/円、半年振りに一時105円台」 外為トゥデイ 2020年3月6日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「ドル/円、徐々に落ち着く」 外為トゥデイ 2020年3月5日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「貿易協議がスタート あるか?英中銀の緊急利下げ」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

2日、英国・EUの自由貿易協定の締結を目指す交渉が始まった。予定では今回の初回の協議は5日までとし、今年5月までに合計5回の交渉を行うとしている。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、3日に英中銀のカーニー総裁は「英景気と金融システムを支えるために…

「米緊急利下げでも株大幅安」 外為トゥデイ 2020年3月4日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「ウイルス巡る悲観ムードが後退」 外為トゥデイ 2020年3月3日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「人民元は絶好の買い場? 新型肺炎が与える人民元相場への影響」若竹コンサルティング代表 戸田裕大

中国で活躍する若竹コンサルティングの代表、戸田裕大氏に今回の新型コロナウイルスと人民元の関係について緊急レポートを公開する。 3つの視点から新型コロナウイルスと人民元相場を分析 本日は新型肺炎が与える人民元相場への影響についてご説明させて頂く…

「シリアとの戦闘激化 下落続くリラ」トルコリラの焦点

27日、トルコとシリアは軍事衝突が激化し、トルコ軍は死者が33名出ていると報道されている。これまでトルコ外交筋は両国の戦闘の早期終結を目指しロシアやアメリアへ働きかけを行っているが、表立った成果は出ていない。 戦闘激化に伴い、これまでトルコはシ…

「ドル/円、不安定な値動き」 外為トゥデイ 2020年3月2日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「ドル/円、株安警戒モード」 外為トゥデイ 2020年2月28日号

目次 ▼27日(木)の為替相場 (1):トランプ米大統領、新型ウイルス対策費に関する補正予算案を提出 (2):豪民間設備投資は4期連続で減少 (3):ジョンソン英政権はEU離脱後の将来関係に関するEUとの交渉方針を公表 (4):米10-12月期GDPは速報値か…

「トルコの外貨準備高に黄色信号?2ヵ月で急減の謎」トルコリラの焦点

ブルームバーグ調べで、トルコの外貨準備高急減が指摘されている。 外貨準備高は2月末時点で350億ドル弱と、2019年12月下旬のピークから約90億ドル減少した模様。 外貨準備は自国通貨(リラ)が急落した際に買い支える為替介入の原資となるだけに、ここ2カ月…

「ドル/円、下げ渋りの動き」 外為トゥデイ 2020年2月27日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「貿易協議の方針をEUが正式決定 交渉は3月2日から?」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

3月2日にも始まる英国とEUの協議に先立ち、25日、EUは英国との貿易協議の方針について正式に決定した。英政権では今週中にも交渉の方針を定める。 ジョンソン首相は「2021年1月1日に政治、経済の全ての主導権を取り戻すことがこの政権のレッドライン」として…

「ドル/円、下値メドが見えにくい展開に」 外為トゥデイ 2020年2月26日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「ドル/円、110.30円のサポートがカギに」 外為トゥデイ 2020年2月25日号

昨日のドル/円は、約3週間ぶり安値を更新したものの持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、一時は今月8日以来の安値となる108.58円前後まで下落した。しかし、NY市場終盤には買戻しが優勢となり109.00円付近まで値を戻した。新型ウイルス…

「3連休は要注意?トルコ軍の軍事行動は『時間の問題』」トルコリラの焦点

トルコのエルドアン大統領は19日、シリアのアサド政権軍が反体制派の拠点である北西部イドリブ県に進攻するのを止めるため、トルコ軍が軍事作戦を開始するのは「時間の問題」だと警告した。 大手通信社ロイターは「エルドアン氏は、シリア政権側がイドリブか…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.