※追加【トルコリラ/円】:日足の形状が悪化中。下値リスクに注意。

【トルコリラ/円】:日足の形状が悪化中。下値リスクに注意。 トルコリラ/円は小反発。上値余地を探る動きに繋げていますが、18.85-90にやや強い上値抵抗があり、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。日足の形状が悪化しているので、新たな買いは様子見…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。109.00~109.40ゾーンの上値抵抗にも注意。

2019年12月11日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。109.00~109.40ゾーンの上値抵抗にも注意。 ドル/円は小反発。単体では上昇余力の強いものではありませんが、108.50-60の抵抗を守り切った感があり、これを支えとして上値余地を探る動きが強まると見られま…

FX動画「今後はアメリカ離れが進む?/ユーロ圏を筆頭に金利下げ止まり感も/新興国のなかで好調なメキシコ/データ・発言を拾い、きめの細かい取引を」【外為マーケットビュー】2019/12/11(水)野村雅道

動画配信期間:2019/12/11~2019/12/25月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。

ドル・円は底堅い値動きか、米FOMC控え対中制裁回避に期待も

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FOMC控え対中制裁回避に期待も」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。今晩から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を控え、動きづらい見通し。ただ、…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。朝方の取引で108円55銭を付けた後、仲値絡みとみられるドル買いで108円66銭まで値を上げた。その後も、中国のインフレ指標が予想を上回ったことを受けた豪ドル・円などの買いに、108円60銭付近で底堅く推移した。…

「戻り狙いは健在」今日の注文情報 ドル/円 2019/12/10 17:15

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/12/10 17:15時点ドル/円(60分足) ポイント 108.90-109.00円に厚い売り指値注文。 前日まで3日連続陰線引けとなり、足元の上値として意識されて…

FX動画「その時ポンドは?英国総選挙と為替市場」元外銀トレーダー松崎美子氏の見通し 2019/12/10

12月12日に行われる英国総選挙。英ジョンソン首相が目指す2020年1月末のEU離脱(ブレグジット)を左右する今回の総選挙について、結果の予想やポンド市場への影響など著名な識者に聞きます。FX個人投資家必見の内容です。 要旨: ・保守党単独過半数がメイン…

若手トレーダーS.Aさんに聞く!(前編)「新しい通貨はバーチャルで試してから売買します」

食品関係の工場に勤務するS.Aさんは現在22歳の兼業トレーダーです。FXは最初にデモトレードで経験を積み、実際に始めてから8カ月です。「将来マンションを買いたい」という目標を実現するため、副業としてFXを選びました。少額でスタートし、期間も短いこと…

「あす朝発表の英総選挙世論調査に警戒を」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

本日は、12日の英総選挙に向けて英調査会社YouGovが発表する世論調査の結果が注目される。同社は世論調査の結果に基づき、最新のデータサイエンス分析による政党別獲得議席数の予測を発表する。同社の「MRP」と呼ばれる予測モデルは、2017年の選挙結果をほぼ…

【ポンド円】YouGovの最新予測に注目

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 12月10日(火)ポンド/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・12/10 YouGov世論調査 ・12/10 英10月GDP、英10月鉱工業生産 ・主要国株価、国際商品価格 …

ドル・円は108円台で推移か、中国のインフレ指標などを注視へ

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は108円台で推移か、中国のインフレ指標などを注視へ」 9日のドル・円相場は、東京市場では108円66銭から108円54銭まで下落。欧米市場でドルは108円43銭まで下落した後に108円68銭まで反発し、108円55銭で取引を終え…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:中国の低調な貿易、輸出指標に失望し108円43銭へ円高・ドル安推移後、USMCA成立期待に108円68銭へ反発。 ユーロ・ドル:1.1078ドルから1.1055ドルへドル高・ユーロ安推移。 ユーロ・円:119円99銭から120円27銭へ円安…

「ドル/円、イベント待ち」 外為トゥデイ 2019年12月10日号

(1) 日本7-9月期国内総生産(GDP)・二次速報は前期比年率+1.8%と、一次速報(+0.2%)から大幅に上方修正され、市場予想(+0.6%)も大幅に上回った。 (2) 英調査会社You Govが前週末に発表した政党支持率に関する世論調査は、与党保守党が最大野党…

※追加【トルコリラ/円】:日足の形状が悪化。下値リスクが点灯中。

【トルコリラ/円】:日足の形状が悪化。下値リスクが点灯中。 トルコリラ/円は続落。19.70割れで終えており、日足の形状が悪化して下値リスクが点灯しています。18.45-50に強い下値抵抗がありますが、18.45割れで終えた場合は短期トレンドの変化に要注意。19…

【ドル/円】:下値抵抗を守った状態。109.00超えの上値抵抗にも注意。

2019年12月10日 【ドル/円】:下値抵抗を守った状態。109.00超えの上値抵抗にも注意。 ドル/円は小幅続落となりましたが、下げ余力の強いものではないので、108.00-10にある強い抵抗を下抜けるにはまだ力不足と見られます。一方で上値も109.00超えに強い抵抗…

利下げか、GDPに落胆、喧嘩外交続く

総括 利下げか、GDPに落胆、喧嘩外交続く *通貨最下位、株価10位(先週=製造業PMI GDP 消費者物価、今週=政策金利 経常収支 鉱工業生産) 予想レンジ トルコリラ/円 18.2-19.2 (ポイント) *3Q・GDPは予想を下回った *11月インフレは10.56%で10月の8.…

FX動画「FOMCの金利据え置きはほぼ確定?/ドル/円は好材料でも上値の重さ鮮明!11/14安値108.24円前後下抜けで調整局面の可能性も」【外為マーケットビュー】2019/12/10(火)雨夜恒一郎

雨夜恒一郎雨夜恒一郎 動画配信期間:2019/12/10~2019/12/24月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。

FX動画「注目イベント目白押し!英総選挙と市場動向について語る」【酒匂隆雄の週刊独り言 2019/12/9】

動画配信期間:2019/12/9~2020/3/9現在の為替相場について、市場で注目されている材料を交えながら"塾長"酒匂氏が独自の視点から解説します。

週間テクニカル分析レポート 2019/12/09~2019/12/13

▼USD/JPY 長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは107.5~109.64 ▼AUD/JPY 今週は上昇継続を予想。予想レンジは72.89~75.63 ▼GBP/JPY 今週は12/12英国総選挙にともなう相場変動に注意。予想レンジは138.28~146.99 ▼ZAR/JPY 今週は上昇…

ドル・円は伸び悩みか、強い米雇用統計も英総選挙などを見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、強い米雇用統計も英総選挙などを見極め」 9日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。今週開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、前週末の強い雇用統計を受けややドル買いが入…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。堅調な米雇用統計が好感され、ドル買い・円売りが先行して108円66銭まで上昇したが、日経平均株価の伸び悩みでドル売り・円買い気味になり、108円54銭まで弱含んだ。その後は、今週の連邦公開市場委員会(FOMC)な…

“今週はイベントがてんこ盛り。”

先週のドル・円相場は前週から沸き起こった米中通商交渉に対する楽観的な意見が台頭してリスク・オンによるドル買い&円売りとなり、週明けもその流れを引き継いで一時週の高値である109.72を示現したが、米国11月のISM製造業景況指数が48.1と予想を下回り、…

「NZドル/米ドルが上昇 ポンドも強い」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。 集計期間: 2019年12月2日から12月6日の営業日 変動率ランキング スワップポイント累計ランキング 取引高ランキング…

【人民元円】CPIの上昇とPPIの低下

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 12月9日(月)人民元/円 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・12/10 中国11月消費者物価指数、中国11月生産者物価指数 CPIの上昇とPPIの低下 米11月雇用…

「極小レンジでも節目では強い戻り売り勢力」今日の注文情報 ドル/円 2019/12/9 16:10

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/12/9 16:10時点ドル/円(60分足) ポイント 108.90-109.00円に厚い売り指値注文。 前週末の米雇用統計の強い数値をもっても109円には届かず反落…

FX動画「その時ポンドは?英国総選挙と為替市場」元外銀トレーダー酒匂隆雄氏の見通し

12月12日に行われる英国総選挙。英ジョンソン首相が目指す2020年1月末のEU離脱(ブレグジット)を左右する今回の総選挙について、結果の予想やポンド市場への影響など著名な識者に聞きます。FX個人投資家必見の内容です。 要旨: ・現時点で与党保守党優位で…

「円ネットショート5月以来の水準まで増加」今週のIMMポジション 2019/12/9

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。 1.IMMポジション ドル/円 2.IMMポジション ユーロ/ドル 3.IMMポジション ポンド/ドル ドル/円 IMMポジション ドル/円 ポイント 【ネットショート一段と増加】 1…

ドル・円は主に108円台後半で推移か、米雇用統計改善を意識したドル買いは一巡

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に108円台後半で推移か、米雇用統計改善を意識したドル買いは一巡」 6日のドル・円相場は、東京市場では108円78銭から108円65銭まで下落。欧米市場でドルは108円92銭まで買われた後に108円53銭まで反落し、108円…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米11月雇用統計の強い結果を好感し108円53銭から108円92銭へ円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.1110ドルから1.1040ドルへドル高・ユーロ安推移。 ユーロ・円:ユーロ・ドル絡みの売りに120円73銭から120円01銭へ円…

※追加【トルコリラ/円】:日足の形状が悪化。下値抵抗は守った状態。

【トルコリラ/円】:日足の形状が悪化。下値抵抗は守った状態。 トルコリラ/円は陰線引けとなり、日足の形状が悪化しています。18.70割れで終えた場合は下値リスクが点灯。18.45割れで終えた場合は短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。逆…

【ドル/円】:下渋りの展開か。週足は下値リスクが点灯中。

2019年12月9日 【ドル/円】:下渋りの展開か。週足は下値リスクが点灯中。 ドル円は直近の日足が小陰線で終えていますが、下げ余力の強いものではなく、108.50-60の日足の下値抵抗を守って終えています。一方で、4月に付けた104.85を起点として下値を切り上…

FX動画「今週はイベント満載!ヘッドラインに踊らされる状況続く?気になるのは15日の米対中追加関税の行方」【外為マーケットビュー】2019/12/09(月)酒匂隆雄

動画配信期間:2019/12/09~2019/12/23月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。

緩やかな円高か

総括 緩やかな円高か ドル円=106-111、ユーロ円=117-122 、ユーロドル=1.08-1.13 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨4位、株価12位、緩やかな円高か」 (先週=法人企業統計調査 貿易統計 毎月勤労統計 全世帯家計調査、今週=法人企業景気予測調査 日銀…

ポンド/円 高値圏での越週を考えると、高値越えを素直に買い進みたい!

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ポンド/円 高値圏での越週を考えると、高値越えを素直に買い進みたい! 先週は、水曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。先々週の時点でそれまでのもみ合いレンジを上抜けしていたことから、水曜日に一気に上…

3Qはマイナス成長で格付けに懸念

総括 3Qはマイナス成長で格付けに懸念 予想レンジ 南アランド円 7.0-8.0 (ポイント) *3QGDPは前期比マイナスとなった *弱いGDPは格付けにも影響しよう *経常収支・貿易収支は改善 *今週は消費者物価や小売売上 *民間部門PMIは弱い *今年の証券売り越…

ドル/円:日足の形状が悪化。上値余地が限られる可能性に注意。107.50割れで一段のドル下落へ。

※年末年始の配信について Daily Comment「週刊版」の配信は12/23号(12/22配信)までとし、年初は1/6号(1/5配信)から開始させて頂きますので、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。 ドル/円:日足の形状が悪化。上値余地が限られる可能性に注意。…

「週末にかけてビッグイベント続く」 外為トゥデイ 2019年12月9日号

(1) 独10月鉱工業生産は前月比-1.7%と予想(+0.1%)に反して大幅に低下した。ただ、ユーロ相場の反応は限定的だった。 (2) 米11月雇用統計は非農業部門雇用者数が26.6万人増と予想(18.0万人増)を大幅に上回る伸びを示すとともに、失業率は3.5%と…

特別レポート「その時ポンドは?英国総選挙と為替市場」 外為総研 神田卓也

12月12日に英国で行われる総選挙は、下院650議席を巡りジョンソン首相率いる与党・保守党と最大野党・労働党の2大政党が争う構図。以下、ポイントをQ&A形式でまとめた。 Q1:英総選挙が注目されている理由は? A1:英国の欧州連合(EU)離脱=Brexitが選挙の…

日経平均:中長期上昇トレンド(DP=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=21,200円域に引上げ)の中、10月15日直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント22,100円域を突破しての上値目標22,900円域は10月29日到達。更に11月12日23,500円域まで上昇後、想定の値固め後、11月21日算出の下値目標は21,900円域は消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイントは上方23,600円域、下方22,800円域、目標値各々24,400円域、21,100円域。

2019年、引続きPFによる実戦相場予測のコメントを継続して参りますので、皆様方の「資産を殖やす」ための相場の実戦に少しでも役に立てればこの上ない幸いでございます。 相場は決してscienceで割り切れるものではありません。それはscienceでは割り切れない…

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期下降トレンド(DPS=112円50銭域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント108円50銭域を10月15日突破しての上値目標120円00銭域変らず。11月27日109円50銭域まで上昇。前回11月29日の本稿以降PF上意味のある動きはなし。

2019年、本年も皆様の「資産を殖やす」ための実戦相場予測として少しでもお役に立てればと只管願っております。 米ドル/円 2019年12月6日(金) USDJPYのPF 『相場の森 』: 98年8月の1ドル=147円域(円が変動相場制移行後最高値をつけた95年4月以降の米ド…

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、現在の下方へのバランスのブレークアウト・ポイント115円域、下値目標107円域、上値目標算出には値固め要す状況依然変らず。10月18日の本稿以降依然としてPF上意味のある動きなし。

2019年、今年も皆様の「資産を殖やす」ことにお役に立てればと只管願っております。 利用できるwebsiteの関係で添付する絵(PFのチャート)が引き続き「相場の木」レベルの短期の絵だけになってしまいますので、ご了承下さい。 2019年12月6日(金)現在のP…

NYダウ:中長期上昇トレンド(DP=21,500㌦)、短期上昇トレンド(DP=26,600㌦域に引上げ)、11月26日算出の上値目標29,000㌦域は12月5日消滅。現在のバランスのブレークアウト・ポイント上方28,300㌦域、下方27,400㌦域、目標値各々29,700㌦域、26,600㌦域。また2018年1月以来形成されてきたhead & shouldersのネックライン27,400㌦域を2019年11月4日突破しての垂直計算による中期上値目標33,000㌦域変らず。

2019年、今年も気持ちを新たにして、皆様の資産を殖やすことに少しでもお役に立てれば幸いと思いつつ本稿を綴って参ります。 PFによる実戦相場予測については、日経平均の予測のところに記載していますが、相場は「売り」と「買い」と「何もしない」かの三つ…

ドル・円は上げ渋りか、堅調な米雇用統計も利下げ見送りは織り込み済み

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、堅調な米雇用統計も利下げ見送りは織り込み済み」 6日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。今晩発表の米雇用統計は堅調な内容が予想され、景気拡大基調の維持を好感したドル買いが…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は小動き。108円65銭から108円78銭で推移した。米国の11月雇用統計の発表待ちムードが広がり、日経平均株価の上昇や「中国が大豆など輸入関税の一部解除」との報道にも、円売りは限定的になった。 ユーロ・円は120円80銭から…

「売る?買う??悩んでるなら、まず【外為注文情報】をチェック!」まんが!週刊FX 2019年12月6日号

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。 今回おさえておきたいネタはこれだ! ▼外為注文情報のひらき方 ▼外為注文情報の見方 ▼外為注文情報からトレンドを掴める? ▼外為注文情報のまとめ うーん、うーん・・・。 ピザちゃんどうしたの?おなかでも…

初心者になる前に、FXはデモトレードで経験を

FX取引は投資です。だから元本の保証はありません。相場の読みが外れて、投資した資金を失う可能性もあります。「FXは難しそうでよく分からない」とか、「とりあえずFX取引はしてみたいけれど、お金を失うのは嫌だ」とか、不安に思うFX未経験者は少なくない…

「米雇用統計を控え、節目前後で戻り狙いの注文」今日の注文情報 ドル/円 2019/12/6 16:45

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2019/12/6 16:45時点ドル/円(60分足) ポイント 108.90-109.00円ともう一段上の109.15円に売り指値注文。 今週半ば以降、109円の回復に手間取ってい…

【米ドルカナダドル】米・加雇用統計対決

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 12月6日(金)米ドル/カナダドル 基調 波乱含み 目先の注目材料 ・12/6 米11月雇用統計、カナダ11月雇用統計 米・加雇用統計対決 本日は米11月雇用統…

FX動画「全般的に動きの鈍い1年に!年末の動向と20年の為替相場を考察」【マット今井 実践トレードのつぼ 2019/12/6】

動画配信期間:2019/12/06~2020/03/06収録日時:2019年12月3日18:30 今井雅人氏が現状の世界経済を詳細に分析し、今後の為替相場動向まで踏み込みます。

「FOMC、対中関税、ECB、英選挙、トルコ中銀など」 週間イベント 12/9~12/15

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。 1.北米(米国・カナダ) 2.欧州(ユーロ圏・英国) 3.アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ) 4.新興国(トルコ・南ア・メキシコ) 北米(米国・カナダ) 重要イベント 12/11◎米11月消費者物価指数 12/…

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.