【ライフスタイル】10 年後も値崩れしない腕時計

f:id:navimedia:20190812160134j:plain

時計は単に時を刻むだけのものではない。
ファッションアイテムのひとつとして、いつもの着こなしに華やぎを添えるだけのものでもない。実は、高級時計の所持には資産運用の意味合いがあるのだ。
だから購⼊するときは、機能や価格だけで判断するのではなく、投資と同じように、「売却」するときのことも考えて選ばなければならない。
値段が下がらないものさえ選ぶことができれば、購入費用がかかったとしても、実質的には、非常に安い費用で高級品を所有していたことになるし、価格以上の価値をもたらしてくれる可能性もある。
値崩れしない時計が何かを知れば、あなたの時計の選択肢は、ずいぶんと増えるはずだ。

再注目を浴び始めた資産としての腕時計

高級腕時計を資産として購入する人が増加中だ。
最大メリットは、実際に日常使いしながら資産形成できるところだろう。
モデルによっては毎日使い続けていても、10年後に価値が2倍になっているということもある。
一般的に、使えば使うほど資産価値は落ちるのだが、日々の使用で、どうしても付いてしまう小キズは、研磨で元通りになるし、修復できないほど深いキズを付けたり、水没させてムーブメントが動かないなど、よほど大きな問題がない限り、日常使いによって売却価格にそれほど影響は出ない。
走行距離が増えるにつれて、価値が加速度的に落ちてしまうクルマとは、まったく正反対の資産なのだ。
このように書くと、高級腕時計は夢のような商品に思えるが、当然、資産価値が落ちにくいブランドと、落ちやすいブランドが存在する。
ただ、腕時計の場合、資産価値が落ちにくいモデルは比較的予想しやすいので、初心者にもわかりやすいだろう。

最強ブランド『ロレックス』

資産価値のある腕時計は限られている。
極端なことを言うと、時計ビギナーが資産として買うなら、『ロレックス』だけを追っていればいい。
例えば、「コスモグラフ デイトナ Ref.116500LN ホワイトダイアル」は、日本での定価は127万4400円(税込)。
この時計を中古ショップに持ち込めば、コンディションがよほどひどくない限り、その買い取り価格は確実に200万円を超えるだろう。
まったくの未使用なら、230万円で売れることもあるという。転売で100万円もの利益が出るのだ。
当然ながらこの「デイトナ」、人気があり過ぎて、『ロレックス』の正規販売店では品切れが続く。

『ロレックス』の資産価値が高いのは、現在の時計市場において圧倒的な人気を誇るからだ。
「高級時計と言えば『ロレックス』」という認識は日本だけでなく、世界中で共通している。
「似合う年齢になったから」「節目の記念に」など、いい時計を買おうと考える人が、最初に候補にするブランドが『ロレックス』だ。
近年は中国をはじめとする新興国での需要が非常に高く、世界中で品不足が続いている。
それゆえ、『ロレックス』の場合、不人気モデルでも、10年後に購入価格の70%程度で売却できると言われている。
100万円で購入した時計を10年使用しても、70万円で売却できる。差額は30万円だが、1年あたりわずか3万円で、ステータス感の高い『ロレックス』を所有できると思えば、3万円のカジュアル時計を1年に1台ずつ買うよりも、ずいぶんお得な気がしないだろうか。
知名度では『ロレックス』の次に位置する高級ブランド『オメガ』の人気No.1モデル「スピードマスター プロフェッショナルRef.311.30.42.30.01.005」でさえ、定価59万4000円のところ、買い取り価格は25万円程度とされる。
購入価格の約4割に満たず、『ロレックス』の不人気モデルにも遠く及ばない。『ロレックス』の圧倒的な人気と資産価値の高さが分かるだろう。

その『ロレックス』の中で、特に資産価値が高いのが、「スポーツモデル」と呼ばれる特殊機能を備えたシリーズだ。
特にクロノグラフを備えた「コスモグラフ デイトナ」、ダイバーズウォッチの「サブマリーナー」、GMT機能を備えた「GMTマスターⅡ」、探検家のために作られた「エクスプローラーⅠ」および「エクスプローラーⅡ」を、もし定価で買えるのなら、それは大チャンスだ。
これらのモデルは10年後、定価より高く売却できる可能性がある。
ただし、将来の売却を見据えるなら、ステンレススティールモデルがいい。
ゴールドやプラチナなどの貴金属を使用するモデルのほうが、価値が高くて良さそうに思うかもしれないが、回転率が高くて、薄利多売が可能なステンレススティールモデルのほうが、実は値下がり率が低いのだ。

『ロレックス』以外では雲上ブランドのスポーツタイプ

『ロレックス』以外で資産価値の高いモデルを挙げると、超ステータスブランドのスポーツ時計になる。
具体的には『パテック フィリップ』の「ノーチラス」「アクアノート」、そして『オーデマ ピゲ』の「ロイヤル オーク」だ。
これらのブランドは、長い歴史と格式を誇り、時計業界では『ロレックス』よりも格上で、古くは王族や貴族に時計を卸していた"やんごとなき方"向けのブランド。
それゆえ、ほとんどのモデルで貴金属を採用し、価格も500万オーバーは当たり前といった具合だ。
この雲上ブランドが下界に降臨し、ステンレススティールのスポーツモデルを、比較的安価で発売したところ、これが大当たりした。
「ノーチラス Ref. 5711/1A-010」にいたっては、定価332万6400円のところ、並行店では、新品で600万を超える価格で取引されている。
中古の買い取り価格も400万円を超える。
特にここ数年は、世界的に品薄状態が続いているため、初期投資は弾むものの、価値が下がることは考えにくいので、優良な投資銘柄と言えるだろう。

時計を選ぶときに注目すべきこと

これまで、値崩れしないブランドやモデルを見てきたが、腕時計一般に当てはまる法則はあるのだろうか。
まず、ステンレススティールモデルは、貴金属モデルよりも需要が高く、回転率が高いため、どのブランドでも値崩れがしにくい傾向にある。
ただ、ケースがステンレスでも、ベルトにレザーを採用したモデルは避けよう。
夏場は汗で劣化が激しく、メンテナンスを怠ると、1年程度で使えなくなる。
いくら大切に扱っても、毎日使うなら、3年持てばいいほうだ。
売却時には純正ベルト付きが基本となるが、劣化が激しいと大幅な査定減を覚悟しなければならないだろう。

人気ブランドの限定モデルも価値が下がりにくい。
時計の世界には熱烈なコレクターが存在する。世界限定100本など、マニアにとって"垂ぜんの的"となるような時計を売り場で見つけたら、絶好のチャンスだろう。

また、少しでも安く購入して、高く売却したいなら、為替市場の動向をチェックしておこう。
高級時計の多くは、海外から商品を仕入れているので、為替の影響を受けることになる。
ただし、円高だからといって、すぐに購入してはいけない。まともな並行ショップは、海外で商品を仕入れると、まずメンテナンスを行う。
外装にキズがあれば磨き、ムーブメントもオーバーホールにかける。
結局、円高のときに安く仕入れた時計が店頭に並ぶのは、仕入れから1カ月後あたりなのだ。つまり、実際の店頭価格に反映されるまでに、1カ月程度の時差があることを覚えておこう。

なお、ブランドやモデルごとの買い取り相場は、中古ショップの買い取り担当に問い合わせできるし、ネットで情報公開されていることも多い。
時計も投資のひとつ。10年後の価値を考えて時計を見ると、これまでとは違う見え方がするのではないだろうか。
(文中の価格は、2019年1月27日現在)

PICKUP編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.