「ディオス・ミーオ!メキシコ関税超短期決戦!」 まんが!週刊FX 2019年6月12日号

f:id:gaitamesk:20190814133929p:plain

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。
いまおさえておきたいネタはこれだ!

f:id:gaitamesk:20190828171155p:plain

ディオス・ミーオ!メキシコ関税超短期決戦!

2018年10月1日に米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が正式合意して以来、落ち着いているようにみえた米国とメキシコの関係。
何もなければこのまま各国で協定の批准を待つ形になっていた。

でも、トランプ米大統領が5月21日に「メキシコは不法移民に対して責任を負わなければいけない」と発言するなど、ちょっと不穏な空気も出てきたそのとき!

5/31~6/3までの流れ

f:id:gaitamesk:20190828171159p:plain

5月31日、トランプ米大統領がついに怒り爆発!ディオス・ミーオ!(なんてこった!)

「6月10日からメキシコからの輸入品全てに5%の関税をかける」「メキシコへの関税は不法移民の流入が止まるまで実施」として、最大25%の関税をかけると宣言したのだった。

このニュースに東京市場は朝から大あわて。メキシコペソ/円も急落して1月4日以来の安値をつけた。
ただ、メキシコのロペスオブラドール大統領は「最初に対決は望んでいないことを表明する」と冷静に対応。
「米国との対話を深め、移民問題について長期的な解決策を見いだすことを望む」として今後の展開に望みをつないだ。

また、このトランプ政権の決定には国内からも反発があり、全米商工会議所やライトハイザー米通商代表部(USTR)代表もメキシコへの関税に反対したと報じられたことも印象的だった。
不穏な空気のまま週末を迎え、まずは週明けの6月3日に米国のロス商務長官とメキシコのマルケス経済相による会談・第1ラウンドのゴングが鳴ったのだった。

6/4~6/5までの流れ

f:id:gaitamesk:20190828171141p:plain

会談はとりあえず順調だったようで、マルケス・メキシコ経済相の「メキシコからの全輸入品に対する関税案や、USMCAの次のステップについて協議」とのコメントや、ロス米商務長官の「メキシコは米国へ流入する移民問題に対する対処をより行うべき」との発言が伝わってきた。

米共和党がメキシコ関税の阻止に動くとの報道も伝わるなかで、メキシコのロペスオブラドール大統領が「トランプ米大統領が設定した期限の10日より前に米国と合意が得られる」「協議は上手くいっている」と心強い発言。
メキシコペソも持ち直すなど相場も落ち着きをみせた。

しかし、そこにトランプ米大統領が一石を投じ「メキシコに対する関税措置は、単なる脅しではない」と釘を刺す!

再び重い空気に沈むなか、ポンペオ米国務長官とエブラルド・メキシコ外務相による米・メキシコ会談第2ラウンドが開始された。

同日のNY市場ではグラスリーさんやナバロさんが「対メキシコ関税はない」と受け取れる発言をしたものの、はたして肝心の会談は......?

6/6~6/10までの流れ

f:id:gaitamesk:20190828171146p:plain

その翌日の6月6日早朝、米国とメキシコの協議が決裂したことが判明!
「メキシコと米国は関税、移民などで合意できなかった」との報道が伝わると持ち直していたメキシコペソ/円が再び急落してしまった。

メキシコのエブラルド外務相が「明日の継続協議について楽観視している」としたものの効果はなく、相場はこう着状態へ。
NY時間には米メディアが「米政府はメキシコへの関税を先送りする方向で検討している」と報道した一方、その数時間後にはホワイトハウスの報道官が「米政府は依然としてメキシコからの輸入品に対する追加関税の発動を進めている」として真逆の発表をするなど情報も錯綜気味となった。

しかし、モヤモヤしたまま週末を迎えた次の日の朝。
なんとトランプ米大統領が「メキシコとの合意が成立した。10日に発動を予定していた対メキシコ関税は無期限に停止される」とツイート!関税はギリギリ回避されたのだった。

ただ、トランプさんは「もしメキシコが合意事項を破った場合、制裁関税は復活する」などと不穏な発言もしていて、まだまだ安心するのは早いみたい。
これからもメキシコの苦労は続くのか、どうなる米国・メキシコ関係。

バモス・メヒコ!(がんばれ、メキシコ!)

神田上席研究員(外為どっとコム総研)からひとこと!

f:id:gaitamesk:20190816180757p:plainトランプ米大統領のメキシコ関税案は、米与党・共和党内からも反対の声が多く挙がっていましたから、発動回避は自然と言えば自然な展開でした。
ただ、対中問題はそうは行かないようです。
中国への制裁は与野党問わず一定の支持を得ているとされ、こちらは長期戦を覚悟しなければいけないのかもしれません。

(外為どっとコム総研 取締役調査部長 上席研究員 神田卓也)

「外為どっとコム総研」神田卓也のTwitterはこちら

「為替チャート|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資 方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後 予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっと コム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.