ポンド/円 下げ止まりを全く感じさせないチャート形成が続く。コツンと来るまでは売り回転が効く形か。

f:id:okinawa-support:20190815212739p:plain

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20190812115358j:plain


■  ポンド/円 下げ止まりを全く感じさせないチャート形成が続く。コツンと来るまでは売り回転が効く形か。
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。火曜日に陽線が出現して少し戻しましたがそれだけの話、週末にかけて軟調な展開となり、金曜日にはあっさりサポートラインを割り込んで買い方が投げるという、いつもの動きに復帰しました。よほど大きな陽線が出現して、明確に戻すといった形が現れないと、これはもう、底入れのタイミングにはほど遠いのではないでしょうか。実体線が短期の移動平均線水準さえ回復できない状態が続いているわけで、買い方のストレスの大きさは表現のレベルを超えていると思います。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線と長期の移動平均線の乖離が10円を超えてきましたので、やや過熱感のあるレベルに突入してきているかもしれません。ただし、多勢に無勢と言うか、あまりにもチャートが悪いことで売り方の買い戻しタイミングが遅れているという事情があるかもしれませんね。MACDも、強烈なダイバージェンシーを形成していましたが、いつの間にかそれも解消してしまっています。
今週も、売り先行で臨まざるを得ません。チャート上に買い方有利を示す指標が全く存在しないことだけが買い戻しの材料と言えるくらい、チャートは陰の極致まで落ち込んでしまっています。ボリンジャーバンドの幅がかなり拡大してきていますので、ボラティリティの高まりには注意が必要だと思いますが、新規のトレードを買い先行とするには、あまりにも無謀な状況ではないでしょうか。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 戻りは着実に頭を抑えられ、買い方に厳しいチャート形成が続く状況。
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。戻っても長続きせず、気がつけば下値を追いかけるという展開が続き、金曜日の実体線の居場所は週間を通じてもかなり下の方ということで、さらなる下落リスクを予感させる値動きになってしまっています。買い方の受けるストレスが尋常なものではないことは、チャートからも伝わってくるところですね。
今週も、売り先行で臨まざるを得ないところです。先週、戻したのは火曜日だけで、それ以外の日はいずれも陰線の出現、特に、水曜日の下ヒゲを木曜日・金曜日の下落で攻略してしまった点は、今後の下落リスクの顕在化を象徴的に表すものと考えられそうです。「押し目買い」といった根拠のないトレードスタンスは成立しませんので、しっかりと下落を取りに行くようなストラテジーで臨みたいところです。

■ ユーロ/円 いったん戻ったが案の定。。。という展開。買い方が投げ切るまでは下落トレンドをたどるか。
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。週初に安値を付け、その後すぐに反発しましたが、週末にかけて軟調な展開が続き、金曜日は安いレベルで引けています。実体線は再度短期の移動平均線の下側に潜り込み、引け値ベースでも安値を更新して越週ということになりました。ボリンジャーバンドの幅も広がってきており、やはり下落懸念の強い形状と言わざるを得ません。
今週は、売り先行で臨みたいところです。チャート上に買いを示す指標が全く見られないことが逆に売ってはいけないのではないか? と思わせるくらいの感じ、一気に大きな陽線の出現を招く可能性は低いのではないかと思います。やはり、先々週の後半の陰線のインパクトがあまりにも大きく、買い方が悲鳴をあげている状況がチャートからも窺えますので、そういった観点からも売り先行で臨むべき局面だと思います。

■ オージー/円 下ヒゲ陰線で雰囲気が変われば・・・という淡い期待に賭けるよりない。
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。水曜日の下ヒゲの長さを見ると、ややコツンときた感がなくはありませんが、その後の動きを見る限り、まだまだ調整局面からの脱却は難しいようですね。大きな下げの後だけに、買い方の戻り売り圧力は強力なものがあると思いますし、容易なことでは戻り歩調をたどるのは難しいと思います。やはり、戻るにしても、何度か底練りを経ないとダメなのではないか、そんな風に感じます。
今週は、売り先行で臨みたいところです。ドル円を初めとして、他の対円のチャートほど悪い印象は受けませんが、それにしてもこのチャートで新規のポジショニングを買いからとする理由は全くありません。ボリンジャーバンドの幅が急拡大してきていますので、ボラティリティの高まりは感じるところではありますが、だからと言って相場の流れが急に売りから買いへ転じるわけではありませんので、リスクテイクは売りからということになりそうですね。

■ ユーロ/ドル 一転、方向感のない動きへ。上下ともに動きにくい展開になりそう。
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線の出現で、一気に下落懸念を払拭する形になり、火曜日以降も下落リスクの高まりを感じさせる価格形成が見られなかったことで、まずは一難去ったという判断でよいのではないでしょうか。ただ、チャートを見て分かるように、実体線が長期の移動平均線を安定的に上回っているわけではなく、強烈な戻り売りが待ち構えている状況です。当面、売り方と買い方の強烈なにらみ合いが続きそうな雰囲気ですね。
今週は、様子見に徹したいところです。先週の日足のチャートを見ると、上ヒゲがゲジゲジのように並び、上値の重さは一目瞭然ですが、かと言って下を叩いてくるわけでもありませんから、上下を論じることができる材料に乏しいという判断が正しいと思います。長期の移動平均線もほぼ横ばい推移を続けていて、トレンド性のある動きへ発展するまでは、意味のない上下動を繰り返すような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20190812115418j:plain

 

※例:「ドル < 円」ドル安、円高。「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.