【ライフスタイル】FXがきっかけで会社を辞め、人生を変えるヨーロッパ旅行へ出かけたOLの話(前編)

長かった冬もいよいよ終わり、春がやってきました。
今年のゴールデン・ウィーク(GW)は最大10連休という超大型です。
長い休暇に何をするのか、皆さんはすでに計画を立てられましたか。

さて今回は、FXが生んだ想定以上の運用益が、人生を変えるきっかけになり、会社を辞めて一人旅に出かけることになった女性の話をお届けします。
一体彼女に何が起きたのでしょうか。

f:id:navimedia:20190813204229j:plain

きっかけはネットバンクの"外貨預金"

私が都内の私立大学を卒業し、会社員として働き始めてから数年が経ち、何度かの転職を経験し、投資や資産運用が、なんとなく気になり出したある日のことです。
私の資産と言えば、学生時代のバイトで貯めたお金や、社会人になってからコツコツと貯めた預金ぐらいのもので、思い切って使うほどでも、使えるほどでもない程度のお金しかありませんでした。

「これを元手にどうにかできないかな」などと考え始めた私の目に飛び込んできたのが、ネットバンクの米ドル外貨預金でした。
当時の預金金利は1%程度。
国内の銀行の円建て預金では、なかなかお目にかかれない数字です。
「面白いかもしれない」と思った私は、ひとまず50万円を預けてみることにしました。

ちょうどその頃は為替相場に動きがある時期で、101.3円で円からドル預金をしました。
そのドルが1日もしないうちに、101.6円を超えていました。
外貨預金で1年間預けて金利を得ても、一年後にドルがいくらかによって、元本割れの可能性があることに気がついた私は、「それならここで円に戻し、利益を確定しよう!」と、1ドルが101.61円のタイミングで円に戻しました。
ささやかですが、1日で2066円をゲット。
そして、7日間で、円をドルで預金し、ドルを円に戻すという、パソコンの前に10分ぐらい座って、マウスをクリックする作業だけで、トータル9754円を手にしたのです。

数万円で始めたFXが5カ月で390万円の利益

「為替で差益を得るのって簡単だ!」と味を占めた私は、外貨預金よりも、さらに手軽に円からドル、ドルから円の売買ができるのがFXだと知って、年1%の金利を得ることなく、わずか10日で外貨預金を止めて、FXを始めました。
最初に10万円を入金、数万円の取引から始めました。
自分の買ったドルが、ものの数分でマイナス200円、プラス500円と変化します。
プラスとなったタイミングで全額を売却し、10分程度であっさりと300円をゲットすることができました。
その後も売買を続けて、10分程度500円、15分で800円をゲット。
パソコンの前に1時間座り、画面上のボタンをポチっと押すだけです。
あっという間に、私は時給2000円以上を稼ぎました。

「これは...」と思った私は、レバレッジを20倍に設定し、FX口座に約200万円を預金して本格的にFXを始めることにしました。
当時の為替レートは、1ドルが約101円で、毎日2円程度の変動があります。
100円台で買ったら、102円で売り、101円で買ったら、103円で売りました。
101円で買って100円になってしまったら、101円以上に回復するのを待って売りました。
これを毎日のように続けました。
地味かもしれませんが、デイトレーダーとしてデビューしたのです。

そして、私は1カ月目にプラス60万円、2カ月目にマイナス30万円、3カ月目にプラス200万円、4カ月目にプラス100万円、5カ月目にプラス60万円という成績でした。
つまり、わずか5カ月間で390万円を稼ぐことに成功したのです。

f:id:navimedia:20190813204246j:plain

(旅行に出かける直前のドル/円相場。ボラティリティの高い相場が続いていた)

 

お金に余裕ができたら価値観が変わった

FXを経験したことで、これまでとは違った感情が、私の中に芽生えました。
それまで社会人になった私が稼ぐ方法は、地味なOLとしての給与しかありませんでした。
しかし、投資というお金の稼ぎ方があることを知りました。

ただ、お金自体は増えましたが、私の生活は変わりませんでした。
むしろ、お金の不安から、「安定」を求めて、会社や仕事に固執してきた自分、「つまらない毎日だ」と思いながら、固執してきたことに、初めて気がつきました。

果たしてそこに幸せはあるのだろうか。
何度か転職をして、手に入れた安定は、必ずしも私を幸せにしてくれなかった。
FXの運用益でお金に余裕ができた私は、思い切って、自分がしたいことが選択できる人生に切り替えてみることしました。

f:id:navimedia:20190813204302j:plain

(海外旅行に出かける直前の取引明細)

 

1年で530万円を稼ぎ、一人でヨーロッパに旅立つ

FXの運用成績は、3カ月目以降、急速に利益が増えたため、だんだん、取引の仕方に慎重さがなくなってしまいました。
また、保有していた通貨の価格が下落して含み損になったり、会社の仕事も忙しくなったりしたため、新規の売買は一旦ストップしました。
それでもお金に余裕ができたことで、仕事や人生に対する価値観が変わり、私は「自分の選択を見直そう」と考えて、FXを開始してから10カ月後、2014年の年末に約2年勤めた会社を退職しました。

2014年、私のFXの運用成績は100万円の利益で落ち着きました。
贅沢さえ言わなければ、仕事はいくらでもあります。
まずはこれからの生き方を探そうと考えながらFXを再開。
同時に就職活動もしてみましたが、結局、FXの取引を優先させることになりました。
仕事を辞めてから1カ月目の利益はプラス40万円、2カ月目はプラス280万円、3カ月目はマイナス140万円、4カ月目はプラス250万円。
つまり、4カ月間の運用成績は430万円の利益でした。
2014年の運用成績100万円と合わせると、約1年間で530万円を稼いだことになります。
就活はしていたものの、良い仕事が見つかっていなかった私は、「いまだからやれることをやってみよう!」という気持ちになり、まだ訪れたことのないヨーロッパ3カ国を2週間、一人で旅をすることにしたのです。
(続く)


sakou.jpgnackyさん
都内にある私立大学卒業後、電子機器販売の上場企業、大手広告代理店、不動産会社などに勤務しながら、資産運用で始めたFX取引で、わずか1年間に約500万円の利益を出したことをきっかけに、会社を辞め、人生を見つめる旅行に出かける。その後フリーランスとしてさまざまな活動に従事し、現在は再び不動産業界に戻り、売買仲介などを行なっている。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.