大阪なおみ・錦織圭選手の活躍で注目集まるテニス、我が子を育成する際の費用はいかほどなのか?

f:id:navimedia:20190814091503j:plain

日本人初の世界ランキング1位を果たした大阪なおみ選手の活躍、アジア男子歴代最高位となる世界ランキング自己最高位でシングルス4位となった錦織圭選手の活躍などがきっかけで、プロのテニスプレイヤーという職業に注目が集まっています。
しかし、テニスと聞くと、「お金がかかるもの」という印象もあるでしょう。
実際に我が子がテニス選手となって活躍することを希望した場合、一流選手になるまで育てるには、一体どれくらいの費用がかかるのかを調べてみました。

超一流を目指すなら、海外留学は必須

もしあなたのお子さんやお孫さんが、本気でプロのテニスプレイヤーを目指すという場合、将来、超一流の選手になることを活躍するのであれば、海外留学は必須でしょう。
海外留学は「中学生になってから」というケースが多く、例えば、錦織圭選手も13歳からアメリカのIMGアカデミー(米国フロリダ州にある世界的なテニスエリートの養成機関)に留学しました。

世界中からプロテニスプレイヤーを目指す子どもたちが集まる名門スクールは、ヨーロッパやオーストラリアを含めて他にもあります。
いずれにしても海外への留学が必要になります。
そして、海外留学ではレッスン代はもちろんのこと、アメリカやヨーロッパは、日本に比較して物価が高い地域も多く、生活費も馬鹿になりません。
また日本のように国民皆保険制度が整備されている国は少なく、医療費や保険代なども大きな負担となるでしょう。
そのため、留学にかかる費用は、完全な個人負担ですと、年間1000万円は必要と言われています。
もちろん1年間だけの留学では意味がなく、総額で考えると相当な金額となります。

また、留学前も、国内のテニスクラブに通うでしょうが、その月謝もかなりかかるはずです。
本気でプロを目指すなら、プライベートレッスンも必須でしょう。
遠征費用や備品代なども入れると、留学前でも年間200~300万円ほどかかると言われています。

資金準備のための資産運用

子どもを一流テニスプレイヤーに育てようと思ったら、総額で数千万円、場合によっては1億円超の費用がかかりそうですが、どうやって資金を準備すればいいのでしょうか。
そのひとつが奨学金の活用です。
日本ではソニーの創業者である盛田昭夫氏の実弟、盛田正明氏が立ち上げた盛田正明テニスファンド(テニスプレイヤー育成専門の奨学金)が有名です。
このファンドで奨学金を受け取った人が、年間数名ほどIMGアカデミーへ旅立っており、錦織圭選手もそのひとりでした。

奨学金を得られたとしても、すべての費用を賄えるわけではありません。
枠も少なく、才能があっても受かるとは限りません。
この規模の予算となると、実際、奨学金に頼らず、一般家庭で用意をするのは難しいでしょう。
ある程度の原資があるのであれば、運用などで資産を増やし、予算に充てる方法もあります。

資産運用というと、当然リスクもありますから、不安と感じる人が多いかもしれませんし、しかし、運用対象をよく選定し、複数に分散投資することでリスクのコントロールは可能です。
例えば、FXなども検討すべき投資対象のひとつでしょう。
FXとはForeign Exchangeの略で、日本語では外国為替証拠金取引といいます。
これは株式や債券ではなく、通貨に対して投資を行い、為替差益や金利差(スワップポイント)による収益を狙う投資です。
FXの特徴は、最初に預ける証拠金に対して最大で25倍のレバレッジをかけた取引が可能となる点でしょう。
そのため、短期で売買を繰り返すようなスタイルで、レバレッジも大きくすると、大きな損をする可能性がありますが、確度の高い為替トレンドがあるときは、収益をあげやすくなります。
また、海外通貨は日本よりも金利が高い場合が多いので、そこまで高くないレバレッジでも、日本の銀行に預けるよりも、高い金利差益を得ることができるでしょう。
そして、何よりも、FXをすると、為替を通して世界経済や海外の動向に関心を持つようになります。
テニスに限らず、子どもの留学を検討している方々には、きっと役に立つはずです。

プロを目指さず、部活で頑張る場合は・・・

せっかくなので、一流のプロテニスプレイヤーを狙うわけではないけれども、部活などで真剣にテニスを頑張る場合の費用はどれくらいでしょうか。
世界ランキング上位のようなスター選手にならなくても、さまざまな形態でプロ選手は存在し、学校の部活出身者でも、テニスプレイヤーとしてのキャリアを築いている人は大勢います。

まず、テニスをするのであれば、ラケットやシューズの購入が欠かせません。
いずれも高級なものになれば、数万円はしてしまいます。
その他にも部費やユニフォーム代、遠征費用や合宿代、それにレッスン費用と多くの出費が発生するため、年間に十数万円~数十万円はかかるでしょう。
海外留学のように、年間で数百~1千万円という費用に比べると安いですが、やはり大きな出費です。
子どもに好きなことを思いっきりさせてあげたいと思うのであれば、株式投資やFXなど、資産を運用しながら、予算を準備して、子ども夢を叶えてあげましょう。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.