酒匂隆雄のトレードに勇気を!第1話「英語と麻雀の学生時代」

f:id:navimedia:20190814202215p:plain

伝説のディーラー

外国為替ディーラーとして外銀を渡り歩いた日本人第一号として外国為替の世界で広く知られる酒匂隆雄氏。
外国の中銀から依頼されて数々の為替介入を経験した稀有な存在として小説にも登場しています。
この対談企画では酒匂隆雄氏のディーラーとしての半生を追いながら、1人のディーラーとして獲得してきた数々の知見や成長譚を掘り起こしていきます。

 

f:id:navimedia:20190814202137p:plain

PickUp編集部:
まず生い立ちを伺いたいのですが。ご出身は広島とお聞きしました。
酒匂:
生まれは広島で、高校時代は広島市の受験校に通っていました。もう男ばっかりの学校でね。高校1年の終わりに父親の転勤で神奈川県の平塚市に引っ越して他の高校に編入したんですが、こんどは女性の方が多い!もう、すごい楽しかったですね。
PickUp編集部:
よくわかります(笑)。ところで酒匂さんはどんな学生だったのですか。
酒匂:
じつは広島で1年間通っていた高校は進学校で、だいたいのことはもう習い終えていたんです。だから学業は楽勝で、当時はバイクを乗り回してビートルズを聴いていましたよ。
PickUp編集部:
酒匂さんが......想像しづらいですね。
酒匂:
とにかく遊んでばかりいました。でも3年になるとさすがに大学受験を考えないといけない。
PickUp編集部:
ですよね。
酒匂:
当時の数学の先生に恐ろしい人がいましてね、「おまえはなんで勉強しないんだ!」とバチーンとやられまして。
PickUp編集部:
あ、そういう時代ですね......。
酒匂:
「おまえ将来なにするんだ?」と聞かれて、「英語が好きだから商社とかにいきたいです」と答えて。その先生に受験する大学を聞かれたので、ある私立校を挙げたら「もっと勉強したら公立もいけるだろ」と言われたので「いや、行けないし行く気もありません」と返したらまたバッチーンとやられて。
PickUp編集部:
こわい先生ですね!
酒匂:
それで毎週土曜にその先生の自宅に行って数学の猛特訓を受けまして。
PickUp編集部:
じつはいい先生だったと。
酒匂:
それで模試を受けてみたところまあまあの成績だったので「じゃあどこの大学にしようか」ということになりました。
PickUp編集部:
どちらの大学にしたのですか?
酒匂:
ちょうどその時、NHKで「新日本紀行」という番組がやっていましてね。北海道のすごくきれいな景色が広がって、しんしんと雪が降っていてね......。それで「よし、北海道大学にいこう!」と決めたんです。
PickUp編集部:
え、そんな理由で!?
酒匂:
そんな理由です(笑)。

英語と麻雀の日々

PickUp編集部:
北大ではどのような学生でしたか?
酒匂:
ひたすら麻雀をやっていました(笑)。
PickUp編集部:
(笑)。
酒匂:
あとはESSっていう英語のクラブ活動を一生懸命にやっていましたね。
PickUp編集部:
そういえば、酒匂さんは日頃からとても流暢な英語を話されています。英語は子どもの頃から得意だったのですか?
酒匂:
小学5年の頃、父親に近所のルーテル教会に連れていかれたんですよ。
酒匂:
そこにオルソン先生という鬼のような形相のやさしい牧師さんがいましてね。
PickUp編集部:
やさしい鬼......。
酒匂:
日曜の午後にその教会にいってみんなで英語の絵本を読んで、その頃からすごく英語が面白いなと思っていました。それで中学、高校にいってもずっと英語が好きで。父親が感化してくれたおかげで英語が好きになりました。まあ父親のおかげですね。
PickUp編集部:
それが後にすごく役に立ってくるわけですね。
酒匂:
そうです!だからお子さんがいる方にも「小さいうちから親しませてあげてください」と申し上げています。

 

f:id:navimedia:20190814202200p:plain

後に大いに役立つ英語を培ったのは父親のおかげ

 

PickUp編集部:
で、北大で4年間を過ごされた。
酒匂:
まあ成績はぜんぜん良くないんですけれども......。麻雀と英語しかやってないですからね(笑)。
PickUp編集部:
就職はどうされたのですか?
酒匂:
それが大学3年の2月ですけれども。徹夜麻雀したあと下宿で10時頃まで寝ていたんですね。
酒匂:
そうしたらある銀行の人事部にいる先輩がいきなり訪ねてきて「あなた来ませんか?」と誘ってきたんです。
PickUp編集部:
展開が早い!ではその銀行に就職したんですね。
酒匂:
いや、キッパリ「行きません」と言いました。
PickUp編集部:
え、断っちゃったんですか!?

 (続く)

Pickup編集部より

伝説のディーラーとして名を馳せる酒匂隆雄さん。

早くから経済や金融の世界に目覚め......というわけでは決してなく、学生時代はよく遊び、大いに青春を謳歌する少年だったようです。

後に大きな武器となる英語や、ゲームを制する力を培った麻雀を始めた動機は「なんとなく」。

とはいうものの直感で決めた北海道大学への入学が結果的に将来の可能性を切り開いたことといい、おせっかいで面倒見のいい人たちに支えられたことといい、なんらかの「運」や「縁」がディーラーとしての才覚を開花させる方向に導いているように見えてくるから不思議です。

 

sakou.jpg 酒匂隆雄 氏
酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表 1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任。 その一方で2000年には日経アナリストランキング・為替部門にて第1位を受賞するなど、コメンテーターとしても高い評価を得ている。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.