近藤FX氏10億円稼ぐ秘訣「年収10億円を稼いだら、東京でタワマンを!」トップトレーダーに聞く!(後編)

f:id:gaitamesk:20190815112200p:plain

株式投資で作った元手の3000万円をほとんど失いかけた窮地から、スキャルピングで50万円を2週間で2000万円に増やし、その後の2カ月間で何千万円も利益を出して、危機から脱出した近藤FXさん。普段はどんな環境で取引をしているのか。そして、FXで稼いだお金を何に使い、将来はどんな夢を持っているのかを話してくれました。

近藤FXさん プロフィール

年齢性別  :30代男性
取引歴   :約10年
年間収支  :1億円超
取引スタイル:デイトレード
投資商品  :FXのみ
趣味    :車

負けたらトレード仲間とグチりあい

PickUp編集部:
負けが続いて、メンタルが不調になったことはありますか?
近藤FXさん:
そりゃ、ありますよ。このままでは、将来、勝てなくなるかもしれないという不安ではなくて、単純に負けたことが悔しくて、メンタルがやられます。500万円くらい負けたときが、いちばんキツいですね。
PickUp編集部:
そうしたストレスの解消方法はありますか?
近藤FXさん:
やはり、同じトレーダー仲間にグチることですね(笑)。僕がやられているときは、だいたいみんな同じようにやられているので、「今日は最悪やったね」と、傷を分かち合うんです。昔はブログにイライラを吐き出して、ストレスを解消していましたが、負けているときは「ドンマイ、ドンマイ」と優しくコメントくれるのに、いざ勝ち出すと、「そんなん、デモやろ!」みたいに、急に冷たくなるんです(笑)。だからブログはやめました。
PickUp編集部:
最近で、一番厳しかった局面は?
近藤FXさん:
2015年のいわゆる"チャイナショック"のときに、1発で3000万円やられました。わずか1時間です。そのときはショックとか、悲しいとかを通り越して、いったい何が起こったんだろうという感覚でしたね。トレーダー仲間と話してみると、どうやらその人も3000万円やられていたと。お互いに「これは交通事故だから忘れよう」と傷をなめ合いましたね(笑)。

宇宙船みたいな環境で取引

PickUp編集部:
FXの取引環境について教えてください。
近藤FXさん:
自宅から車で5分の場所に部屋を借りて、トレーディングルームにしています。デスクの真ん中に60インチぐらいのモニターがあって、横に24インチのモニターが4枚あります。

f:id:gaitamesk:20190815112211j:plain

PickUp編集部:
(デスクまわりの写真を見て)おーっ!宇宙船みたいですね(笑)。
近藤FXさん:
昔はモニターが10台程度ありました。これでも減らしたんですよ。画面のどこに何を出すかまで決まっています。画面の7~8割はチャートですね。ティック、5分、15分、1時間、4時間足など、チャートは同時に出しています。通貨ペアのチャートは、ほとんどがドル/円ですね。24インチのモニターには、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、オーストラリアドル/円などを表示させています。株をやっていたころも、同じくらいのモニター数でやっていましたね。
PickUp編集部:
スマホで取引はされますか?
近藤FXさん:
しないです。デスクに座ってやります。ただ、リビングにもノートパソコンをおいて、チェックだけは欠かさないようにはしています。
PickUp編集部:
トレードする時間帯は決まっていますか?
近藤FXさん:
午前8時40分にはパソコンの前に座っていて、9時半まで様子を見て、動いていたら、そこからずっとやります。ダメだと思ったら、一旦止めて外出し、夕方にオフィスに戻って、午後4時ごろから始まるヨーロッパの相場をチェックします。
PickUp編集部:
画面を常に見ながら取引していると疲れませんか?
近藤FXさん:
そうですね。スキャルピングするときは、ずーっと見ていますね。デイトレは5分足以上でしか見ないので、じっくりと考える時間がありますが、スキャルピングは一瞬なので、すべてを同時に見ないといけません。反射神経というか、瞬時の判断、瞬発力が求められます。逆張りだったら、下がったところで決済して、さらに売りを入れるなど、いろんなことをしないといけない。50万円を2000万円に増やしたときは、買って、上がったところで売って、さらに売って、それを下で買ってというのを繰り返しました。それで一気に増えたのですが、もう同時は無理なので、片方だけしか入れないです。
PickUp編集部:
それはすごいです。でも、神経がすり減りそうですね。
近藤FXさん:
メチャクチャ動いたときは、眠れないくらいですよ。

勝つためのマイ・ルール

PickUp編集部:
ここまできたらやめるという「決めごと」はありますか?
近藤FXさん:
勝ち続けられる相場であれば、どこまでもやります。ただ、集中力が必要ですから、ずっと続いたら倒れますね(笑)。めちゃくちゃに忙しかったら、食事も取らずにやります。今年の1月3日(フラッシュ・クラッシュ)なんかは、いつも通りに起きて、朝8時半くらいにチャートを見たら、ものすごいことになっていたので、もうそこから翌朝5時まで、20時間くらい"缶詰"でした。
PickUp編集部:
勝つための"マイ・ルール"ってありますか?
近藤FXさん:
負け始めたら、すぐにやめることです。損をしていて、取り返さないといけないと焦っていても、「まずいぞ」と思ったらすぐにやめます。「いくら負けたらやめる」という金額は決めていません。チャートだけを見ているので、上がると思ったら買うし、下がると思ったら売ります。オーバーナイトはしない。スキャルピングでやるときは即決済なので、いくらまでいったら「損切り」ということはないですね。もう数秒のことですから。

株も仮想通貨も先物もやめた。FX以外は不動産だけ

PickUp編集部:
仮想通貨はされますか?
近藤FXさん:
ちょっとだけビットコインやりましたが、すぐにやめました。FXと同じようにデイトレで、100万円を1年間で約1000万円にしました。でも、ずっとチャートを見ていないといけないので、1年間で1000万円だったら、FXを頑張ったほうがいいかなと思ってやめたんです。
PickUp編集部:
収益性が低かったはなぜですか?
近藤FXさん:
"すべり"がひどくて、利幅2万円で値段が2万円も"すべる"んですよ!何千万円のビットコインが2万円もすべっていて、「これはやられ放題だな」と思って、結局、お金を全部抜いて、ポジションを解消しました。
PickUp編集部:
現在は他の投資などはしていますか?
近藤FXさん:
不動産ですかね。収益用マンションで物件をふたつほど持っています。
PickUp編集部:
数ある金融商品の中で、FXはどういう存在ですか?
近藤FXさん:
一言で言えば、FXは手軽だということです。米ドルはメジャーな通貨で誰でも知っています。だから、ドル/円相場は分かりやすい。商品先物取引もちょっとだけやったことがありますが、値動きがそれほどなくて、そんなに儲かりませんでした。やっぱり自分はFXが肌に合っていたのだと思います。
PickUp編集部:
FXをやっていることを、知り合いの方々に話されていますか?
近藤FXさん:
周りの人に話すことはありますが、勧めませんね。教えるのが大変だから(笑)。

10億円を貯めたら東京進出?!

PickUp編集部:
トレーダーとしては大変な成功を収めています。これからの夢や、今後やってみたいことはありますか?
近藤FXさん:
そうですね。FXを始めたときは、月に20万円くらい勝てればいいかなって思っていたんです(笑)。ただ、年収で1000万円を超えてきたころから、現金1億円を貯めることを目標にしました。今は年間1億円を稼げるようになったので、10億円を貯めてみたいですね。そのために、現在、デイトレを勉強中です。年収10億円は、スキャルピングでは絶対無理なので、デイトレを勉強して、「枚数」を増やすようにしたら、達成できるんじゃないかと思っています。
PickUp編集部:
年収10億円って、なかなか見当がつきません......。
近藤FXさん:
そこまでいくと、新しい夢みたいなものは、あまり思い浮かばないです。正直なところ、年収1億円くらいになると、買えないものは、もうないんじゃないかなと思うんです。だから、もし年収10億円になったとしも、何かしようというのはないですね。あえて言えば、車でしょうか。現在は外車3台と国産車2台を持っていますが、車を買うために、FXをやっているようなものですね。注文してから2年待ったランボルギーニが1週間前にようやく届きましたよ(笑)。
PickUp編集部:
2年も待つんですか!車がお好きなんですね。
近藤FXさん:
はい。18歳で免許を取って、すぐに買ったのが日産のスカイラインでした。そうだ!年間10億円が達成できたら、東京のタワーマンションに住もうかな。友達が虎ノ門ヒルズに住んでいて、遊びに行ったのですが、すごいところでした(笑)。家賃150万円ぐらいらしいですね。

誰でも勝てるから、とにかくやめてはいけない!

PickUp編集部:
それでは最後にFXトレーダーの方々や、これから始めようという初心者の方々に、メッセージをお願いします。
近藤FXさん:
「FXは誰でも勝てるものだ」と、僕は思っています。じゃあ、なぜ負ける人がいるのかと言うと、途中でやめてしまうからです。それよりも、やめてしまう前に、そもそも本気でやっていない。中途半端にやったら、そりゃ誰でも負けますよ。チャートを見続けるのは、想像以上に大変で、本当に努力が必要なんです。チャートを見ながら、テレビ見たり、インターネットしたり、スマホをイジったりというのは、チャートを見ているうちに入らないと思います。本気でやれば、誰でも勝てると思います。そして、勝つためには、何より経験だと思います。いろんな失敗をしながら、それでも取引をするしかないと僕は思います。
PickUp編集部:
FXで成功したいという人には、どんな言葉を送りますか?
近藤FXさん:
FXの取引に正解はありません。経験だけです。経験なしで勝ち続けられる人は、本物の天才だと思いますが、本物の天才なんて、あまりいないと思います。とにかく、本気で取り組んだときの経験がすべてですよ。
PickUp編集部:
参考になる話をたくさん聞かせていただき、本当にありがとうございました。

PickUp編集部:


スキャルピングで取引する近藤FXさんから、インタビューの中で、スプレッドが広がったときに売買がロックされる「外為どっとコムの取引ツール」の「スプレッド・フィルター機能」(下記参照)が、「ものすごく便利だ」と評価していただきました。近藤FXさんが「うまくできた」と思う瞬間は、負けそうな局面を読みきって、手仕舞いできたときだそうです。「FXは誰でも勝てるものだ」と言い切れるのは、どうすれば負けないかということを常に考えているからでしょう。

※【スプレッド・フィルター機能の紹介】
「スプレッド・フィルター機能」は、突如スプレッドが開いた場合に発注できなくする機能で、想定外のレートで約定してしまうことを予め防ぐことができる機能です。

f:id:gaitamesk:20190815112220p:plain



↓↓↓前編はこちら
近藤FX氏10億円稼ぐ秘訣「スキャルピングで一発逆転、2週間で50万円が2000万円に」トップトレーダーに聞く!(前編)

関連記事
先達に学べ!トップトレーダーが編集部にだけ語った「極意」とは? インタビュー記事まとめ

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.