【ファイナンス】人工肉(代替肉)は投資対象の巨大産業になるか

f:id:navimedia:20190815131158j:plain

2050年に世界人口は100億人に迫るとされています。
深刻化する食糧問題や環境問題が喫緊の課題とされる中、懸念されるタンパク質不足の解決策として、一躍注目されているのが人工肉(代替肉)です。
植物由来の素材を使っているにもかかわらず、味も食感も本物の肉と遜色ないクオリティとされ、今後さらなる急成長が見込まれています。
日本では、まだほとんど見かけることはありませんが、代替肉メーカーの筆頭格であるアメリカの『ビヨンドミート』に、日本の三井物産が出資しており、近いうちに日本でも一大ブームがくるかもしれません。

世界で広がる人工肉、日本での流通は...

今、アメリカで注目を集めている『インポッシブル・バーガー』は、肉を使わないハンバーガーです。
ニューヨーク・マンハッタンの有名レストラン「モモフク・ニシ」をはじめ、全米約1000カ所のレストランで味わえます。
言われなければ気づかないほどジューシーで、肉としての再現度が優れているといいます。

開発したのはシリコンバレーのベンチャー企業『インポッシブル・フーズ』です。
ビル・ゲイツをはじめとするIT長者たちが、巨額を投じたことでも有名です。
「肉はなぜ肉の味がするのか」という命題を追求し、分子レベルでの研究から、完全植物性のパテの開発に成功しました。

アメリカでは2009年創業のビヨンドミートも話題を牽引しています。
大手スーパーに植物由来のバーガーやチキンなどを提供する同社には、ビル・ゲイツのほか、俳優のレオナルド・ディカプリオも出資。
日本からは「未来の食糧資源」と三井物産が着目、出資するとともに、日本での発売を準備しています。

ビヨンドミートは2019年1~3月期の決算が、市場予想を上回る大幅増収となりました。
2019年12月期通期売上高見通しも、前年同期比で2.4倍となる2億1000万ドル以上を見込んでいます。
これを受けて、2019年6月6日の米株式市場の時間外取引で、ビヨンドミートの株価は急伸し、前日比3.0%安の99.50ドルで、通常取引を終えた後に、時間外取引で117ドル前後へと上場来高値を上回る水準で推移しました。
2019年5月に上場したときの初値が46ドルだっただけに、代替肉普及への期待はさらに大きくなっていると言えそうです。
同様に、イギリスの「ビーガン・ソーセージ・ロール」を展開するベーカリー大手の「グレッグズ」も同月、上場来最高値を更新しました。

このほか、日本人にもなじみのある「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」が、ロンドンの店舗などで植物代用食品「クォーン」を用いたチキンフィレサンド(のようなもの)を2019年6月に期間限定で販売しました。
また、マグドナルドも2017~2019年にかけてフィンランド、スウェーデン、ノルウェーや本国のアメリカで、植物性パテをはさんだバーガーやナゲットを販売しており、大手ファストフード会社もチャレンジしています。

人工肉が広まる理由

大西洋をまたいで、アメリカとヨーロッパで、これほどの代替肉ブームが起きているのはなぜでしょうか。

ダイエットのために、動物の肉や卵、乳製品の摂取を避けるという健康・美容志向の高まりがあります。
また、思想信条や宗教上の理由から、ベジタリアンになる人も、欧米では多いでしょう。
最近では、ベジタリアンの種類も細分化して、一切の動物性食品を食べない「ビーガン」から、卵や乳製品は食べる「オボ・ラクト・ベジタリアン」、魚介類は食べる「ペクスタリアン」、時には肉を食べる「フレキシタリアン」に至るまで、さまざまなタイプが登場しています。

ベジタリアンの定義が、より緩いものになり、ベジタリアンのイメージも軟化したようです。
供給される食品のバラエティーも増えて、より気軽にベジタリアンになる人が増加しました。
英大手スーパーの調査によると、肉の摂取を止めたり、減らしたりする人は、イギリス国民の3割を超えるといいます。
それだけ代替肉の需要は広がっているのです。

このほか、牛がゲップとして出す温室効果ガスや、家畜の飼料栽培などが、地球環境への負荷が大きいことに、欧米社会に対する懸念や、動物愛護精神の高まりも欧米では顕著になっています。
2017年に改訂された国連の推計では、現在76億人の世界人口は、2050年には98億人、2100年には112億人に達するといい、世界でタンパク質不足が見込まれています。

ダイエット市場拡大の日本での人気は...

代替肉がこれだけ欧米でブレークし、肉の摂取を減らす人が増えているにもかかわらず、日本では逆に肉の消費量が伸びています。
これまで日本では「肉を食べると太る」とされてきましたが、「赤身肉はヘルシー」との認識が最近は高まっており、シニア世代の栄養不足解消のために、動物性タンパク質の摂取が推奨されています。

牛肉の消費量が増加したこともさることながら、鶏肉の消費量が、ここ数年で一気に増えて、2012年からは豚肉を上回り、食肉消費の主役に躍り出ています。
鶏肉は牛肉などと比較して安価であり、2013年頃から大手コンビニが「サラダチキン」を発売し、高タンパク低カロリー食品として大ヒットしたことなども影響しているようです。
欧米で代替肉が売れている背景には「肉は食べたいけど健康には気をつけたい」という消費者のモチベーションがあるといいます。
サラダチキンのヒットを考えると、日本国内でも同様に傾向に進むことも予想されます。

日本の大手総合商社である三井物産がビヨンドミートに出資しました。
今後、日本国内での発売に向けて準備中だといいます。
代替肉はサラダチキンを追い抜く人気商品になるのでしょうか。
いずれにしても、大きな話題となるのは間違いなさそうです。
投資という観点からも注目を集めることは必至と言えそうです。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.