【ファイナンス】資産運用における分散投資の必要性

f:id:navimedia:20190815131544j:plain

自助努力での資産運用が必要な時代となりました。
投資初心者にとって、まず大切なことは、リスクを低く抑えた投資を実践することでしょう。
そのためには、「分散投資」でリスクを限定させ、効率的に運用することです。
そこで今回は、「資産分散」、「地域分散」、「時間分散」という3つの観点から、分散投資の必要性を考えてみましょう。

異なる性質の資産に分散

まず、投資リスクを限定するために資産分散を行いましょう。
「資産分散」とは、異なる値動きをする複数の資産に分散させて運用するというものです。
例えば、景気が良いと株価は上昇する傾向にありますが、その一方で、債券価格は値下がりする傾向にあります。
株式と債券の両方を保有していれば、結果的に資産全体の価格変動リスクは低く抑えられるということになります。

外国株式や外国債券、指数に連動するETF(上場投資信託)や国内外のREIT(上場不動産投資信託)など、運用対象となる資産はいろいろあります。
また、値動きも、それぞれで異なります。
異なる資産をバランスよく組み合わせることが、投資のリスクを抑えるうえで有効なのです。

異なる地域の資産に分散

地域分散は、投資対象国や地域を、日本国内だけに限定せず、アメリカやEU諸国のような先進国、ベトナム、ブラジルのような新興国なども含めて投資の対象にするということです。
さまざまな国々を対象にするメリットは、例えば、日本国内の投資から十分な利回りが得られなかったとしても、成長著しい新興国に投資すれば、高い利回りが確保できます。
結果的に、資産全体の利回りとリスクは平均化されることになります。

ただし、地域分散では、為替変動の影響を受けることになります。
為替レートが円安・円高に振れると、海外の資産は価値が変動することになるので、注意が必要になります。

投資タイミングを一定にして分散

最後は時間の分散です。
例えば、投資信託を毎月決められた金額で、長期間にわたり購入する投資方法があります。
いわゆる積立投資ですが、これは、購入金額を一定にするところに大きなポイントがあるのです。

具体的な例で考えてみましょう。
あなたが投資信託を購入するために設定した金額は毎月1万円です。
その投資信託が一口1000円であれば、10口購入できます。
翌月、その投資信託が一口500円に値下がりしたら、20口購入できることになります。
翌々月は、価格が2000円に値上がりしたとすると、5口購入することになります。
結局、3カ月間に3万円を使い、合計で35口の投資信託を保有しました。
もし仮に、価格が1000円の初月に、3万円分で購入していたら、30口しか保有できませんでした。

つまり、短期的な値動きを気にせずに、購入金額を一定にして、長期間にわたり"コツコツ"と積立投資をしたほうが、購入金額を平均化させ、リスクを抑えた投資が可能になるのです。
いわゆる「ドルコスト平均法」とも呼ばれるもので、FX投資でもよく利用されている手法です。
時々刻々と変化する為替相場において、常に同じタイミング、同じ金額で購入することで、同様の効果が得られます。
このように時間を分散する投資方法は、投資のタイミングを見計らうのが難しいと感じている人だけでなく、リスクを抑えるうえでも非常に有効な投資戦略になるのです。


さて、今回は「資産分散」「地域分散」「時間分散」という観点から、分散投資のメリットと必要性について考えてみました。
安全で確実な資産形成を実現するためには、上述した分散投資の方法が欠かせません。
あなたの老後を豊かにするためには、現役のうちに十分な資産を用意する必要があります。
リスクを抑えた投資を、少しでも早くスタートさせることをお勧めします。


PickUp編集部

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.