ユーロ/円 チャートの形状があまりにも悪く、買い方は圧倒的に不利な状態!

f:id:okinawa-support:20190819071919p:plain


今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20190819071954j:plain


■ ユーロ/円 チャートの形状があまりにも悪く、買い方は圧倒的に不利な状態!
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線は、これまでの下落トレンドを打ち消すものとして評価できるタイミングでの出現でしたが、あえなく水曜日の陰線で全てを打ち消され、それに輪をかけたのが木曜日の長い上ヒゲです。週末も安いレベルで引けていますので、下値不安の尽きない形状と言って間違いないと思います。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線の居場所は、火曜日の引けを除いて常に短期の移動平均線の下側ということで、3本の移動平均線の形状と相まって考えると、下落トレンドが継続しているという判断でよいでしょう。このような形状になってくると、8月1日の陰線の効果がなお強烈に残っているということになってきますね。
今週は売り先行で臨まざるを得ない感じがします。先週の火曜日から水曜日にかけての動きは、買い方の希望を打ち砕くものとして十分評価が可能ですし、チャート上に解を示すものは全くありません。MACDのダイバージェンスの可能性も乏しく、売り方針で臨むよりないように思います。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 悪いチャートの形状から、よく戻した印象。。。
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線が全てだとは思うのですが、一方で水曜日の陰線に続く木曜日の上ヒゲ、しかし、これを金曜日の陽線でカバーしようとしている動きが見られますので、チャート的にはそれほど悪くないような印象も受けます。実体線が中期・長期の移動平均線の下側でありながら戻す展開ですので、この戻りを取りに行くのは非常に難しいテーマだと思います。
今週は、戻るなら見送り、売られるなら若干売り方向で見てみたい感じがします。先週火曜日の陽線は、そういった意味でも大きなメルクマールになる感じがしますし、この水準をフルカバーするようであれば、さらなる上伸も視野に入れざるを得ないところではないでしょうか。ただ、状況としては、上下に振らされながらも若干下方向へのリスクが大きいような気がしています。戻りを取りに行くかどうかは慎重に判断したいところですね。

■ ポンド/円 悪いチャートから戻してきた点は評価に値する。
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線で若干怪しい雰囲気を醸し出しましたが、売り方の諦めを誘ったのは金曜日の陽線でしょうか。やはり、高いところで引けたということで、一旦売りスタンスも撤退というのが正解のように思います。ただ、中期・長期の移動平均線が下落傾向を強めており、実体線の戻りは「買われている」のではなく、あくまでも「戻っている」という、冷めた見方をした方がよいように思います。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。戻るなら見送り、売られるなら再度売り先行スタンスを取りたいところですね。ポイントとしては、やはり先週の木曜日・水曜日・火曜日あたりの安値を切ってきた辺りから売り乗せていくようなイメージでしょうか。何ということなく戻ればよいのですが、下を攻めてくるようであればすかさずポンド売りのスタンスは崩したくない感じがします。

■ オージー/円 下落リスクは残るものの、戻るようなら様子見が賢明。
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線は、売り方にとってかなり強烈な印象です。さらに、水曜日の陰線は、火曜日の陽線を包む形になりかけましたが、木曜日から金曜日にかけての値動きを見る限り、やはり一旦売りには無理があるような形状になっていますね。全体的な印象としては、買いに傾ける理由を感じさせませんが、先週の安値を切ってこない限りは売りにも慎重さが求められる感じがします。
今週は、ポンド円と同様、少し様子を見てみたい感じがします。戻るようであれば見送らざるを得ないと思います。ただ、仮に下落するようであれば、先週の水曜日の安値割れ近辺から売りスタンスを取りたいところです。一見、下落トレンドが終了したように見えますが、まだまだ油断は大敵でしょう。安心して買える状況でないことにも変化はありません。


■ ユーロ/ドル 連続陰線の出現で一気に下値トライへ。押し目買い厳禁!!
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日こそ陽線が出現しましたが、火曜日以降は陰線に次ぐ陰線の出現、週末にはかなり安いレベルまで攻めてきていますので、再度下落リスクを感じさせる形状と言えそうですね。7月31日の陰線レベルまで下落してきたことを考えると、実体線が長期の移動平均線を上回るのはかなり大変な状況なのかもしれません。
今週は、売り先行で臨みたいところです。先週までの動きを見ると、実体線が長期の移動平均線水準を奪還することに失敗したのは明らかで、逆に買い方が投げざるを得ない状況に追い込まれているのではないでしょうか。戻せば買い戻せばよいだけの話、しっかりと売り先行で臨みたい局面と言えるでしょう。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20190819072019j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
inouey_96_130.jpg 井上義教 氏
株式会社チャートリーディング 代表取締役 昭和39年東京都生まれ。 昭和63年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行、平成3年よりロンドンの証券現法にてディーリング業務に従事。 平成15年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括。 平成28年 株式会社チャートリーディング設立とともに代表取締役に就任。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.