「リスクオフ継続か。ドル円ターゲットは105円。」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

8月に入り、見事に相場の雰囲気が変わりました。
先日コラムでもご紹介した通り、水星逆行から巡行に戻るタイミングで円高に振れる確率は75%以上と記載させて頂きましたが、その通りとなりました。
先週のコラム:
https://media.gaitame.com/entry/2019/07/31/000000

それも大幅に下落です。
ドル円の109円のストップ引っ掛けは下落が大きくなるとも記載をさせて頂きましたが、それについてもやはりインパクトが大きいものとなっております。

米国は中国を為替操作国と認定し、そして輸入品に関してさらなる10%の関税引き上げを明言しました。9月から実施のようです。
ドル人民元レートは7.0を突破し、中国も対抗姿勢が鮮明です。ドル人民元レートは7.7を目指すでしょう。(関税が10%になるため、その分を相殺しようと切り上げてくる。)
そして、さらなる人民元安も視野に入れているかもしれませんが、8.0超えは少々危険水域かもしれません。
過去の統計的には8月は円高に振れる可能性が高く、今月の月足も陰線は確定的でしょう。
引き続き円買いトレードを中心にドル円クロス円の戻り売りで問題ないかと思われます。

ドル円4時間足

f:id:gaitamesk:20190821161013p:plain

 

出所:「外為注文情報」

本日もドル円4時間足から見ていきましょう。
先日のコラムのドル円チャートとオーダー状況でも触れましたが、騙し上げが来たあとは、上昇トレンドだと勘違いした押し目買い組がすべて捕まります。
そしてオーダー状況を見ながら捕まったポジションをイメージすると、このような結果になるのです。


先週のコラム:
https://media.gaitame.com/entry/2019/07/31/000000

ドル円は久しぶりに動いています。オーダー状況を見てみても、明らかに逆指値注文が少ないです。これはショートポジションをキープしている投資家が少ない証拠でしょう。
つまり、まだ大勢はこれから売りトレードで参入してくる可能性があり、戻りを待ちつつも、どのタイミングで入ればよいか少々焦りながら考えている最中だと思われます。

その場合は、筆者は迷わず成行の売りです。
売りを検討している新規参入者の足並みが揃わないうちは断続的に売りがつづきます。
これといった明確なポイントまで戻らないケースが多く、レジスタンスラインやサポートラインまで戻らないケースのほうが多いです。106円にかけて押し目買いも散見されますが、大きな流れは下落トレンドですので、彼らは間違いなく短期の買いトレードでしょう。
つまり、割り込んだ場合、また彼らが損切り注文を入れてくれますので、それを狙ったトレードができるわけです。
ドル円は現段階の水準から106.80付近までが売りゾーン、損切りは107.50、ターゲットは 105円手前のリスクリワード1:2程度の水準でトレードとなります。

元安は豪ドル安?

f:id:gaitamesk:20190821160957p:plain

続いて、豪ドル円チャート4時間足分析です。
こちらもドル円同様に下落トレンドの最中です。MACDがまだダイバージェンスしておりませんので、もう1度戻り売りを狙えるでしょう。
71.75に大きなストップロスがあります。その下にも比較的規模の大きなモノがあるので71.50割れも今日明日中にあるのではないでしょうか?

また今週のクロス円はほぼドル円と連動するでしょう。
人民元安は豪ドル安に繋がります。オーストラリアの最大貿易相手国は中国です。輸出の4割前後は鉄鉱石と石炭で締めており、その購買先の大半は中国です。中国の人民元安は輸入物価を押し上げますので、輸入が控えめになります。
ですので、オーストラリアの景気減速は時間の問題となります。
米中貿易戦争は再発したと言っても過言ではありませんし、引き続き連鎖反応で影響を受けるのはオーストラリアです。ニュージーランドももちろんその傾向があり、オセアニア通貨も売り一択で良いでしょう。
オーダー状況の相場心理を見てみると72.30以上で売りたがっている投資家が多そうです。
ここまでの戻り売りチャンスを与えずに下値を割り込みますと、彼らの売り指値はさらに下がってきますので、これらの行動を観察しながらトレードしていくと良いのではないでしょうか。
今週もドル円クロス円は売り方向です。
ポンド円も良いのですが、字数上割愛させて頂きます。ぜひ、その他の通貨ペアも、外為注文情報ツールを使って自分なりに分析してトレードの参考指標にしてくださいね!

以上、今週のFXストラテジーでした。



「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.