「仏政府“英国の合意なき離脱は今や中心シナリオ”」ハードブレグジットに備えよ!英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20190822125243p:plain

ジョンソン英首相は21日、就任後初の外遊先としてドイツを訪問しメルケル独首相と会談した。

ジョンソン首相は以前よりアイルランドとの国境問題対策の「バックストップ条項」をEU離脱協定案から削除することを主張している。

今回の会談を経てメルケル独首相は「30日以内にバックストップの代替策が見つかれば、物事は正しい方向に進む」として、ジョンソン氏の主張に条件付きながらも一定の理解を示した。

次の訪問地はフランスだが、マクロン仏大統領は離脱協定案の再交渉はしない立場を明確にしており、両首脳の議論の行方は不透明だ。

なお、フランス大統領府関係者は21日、「英国の合意なき離脱は今や中心シナリオ」との見解を示した。

9月上旬の英議会再開や10月末の離脱期限を控えて、Brexitを巡る議論が活発化し始めた。このため、動きがやや鈍っていたポンド相場も再び変動が活発になりそうだ。

f:id:gaitamesk:20190822125448p:plain



「為替チャート|ポンド/円(GBPJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBPJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top