「リラ/円 早朝に急落!イスタンブール市長解任の噂も…」トルコリラの焦点

f:id:gaitamesk:20190826171704p:plain

(GCOMデイリーレポートより抜粋) 

トルコリラ/円相場は、週明け26日の取引開始直後に値幅を伴って急落。
一時は16.227円前後まで下値を切り下げて、前週の終値18.278円前後から2円を超える暴落となった。
リラ安の最大の要因は、米中貿易戦争が一段と激しさを増した事にある。
米中は23日に関税の上乗せ合戦に動いたが、トランプ米大統領は「米企業に対し、中国の代替先を即時に模索するよう命じる」と述べた上に、「我々に中国は必要ない。
率直に言えば、中国がいない方が状況はましだろう」とまで言い切った。
米中貿易戦争の激化によって世界経済の落ち込みは避けられないとの見方が広がり、高金利を当て込んだリラ買いが逆流した事で下げが加速したと見られる。
この他、イスタンブール市長解任の噂もトルコリラの急落に繋がったとの見方がある。
トルコのエルドアン大統領は前週に、クルド系の3市長をテロに関与した疑いがあるとして解任。
これを受けて、再選挙で与党候補を破ってイスタンブール市長に就任したイマモール氏も解任されるとの憶測が広がっている模様。
なお、エルドアン大統領は25日の演説で「イスタンブールをテロ組織に任せることはできない」などと発言したとされる。
トルコリラを巡る市場環境は、まさに「内憂外患」の状況にある。
トルコリラ/円相場は、16円台への急落後に買い戻しが入り18円台を回復しているが、このまま下値不安解消とは行きそうにない。

f:id:gaitamesk:20190826171917p:plain

 


「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top