「ドル円105円台で入ってくる断続的な買いは公的資金? 9月1日に関税引き上げは事実で買い戻せ、になるか。」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

ドル円、クロス円が少しずつ底堅くなってきました。
当コラムも何度もクロス円の売りを推奨させて頂きましたが、日足ベースで底がそろそろ近くなってきたように思えます。

ファンダメンタルズ材料では、リスクオフで間違っていないのですが、今週月曜日のドル円窓開けからの回復も目を見張るものがありました。

もちろん、これは日銀や年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の公的資金の買いだと思われますが、その本気度が伺えます。

しばらく105〜107円のレンジ相場、少しオーバーシュートして108円があるかな?っというイメージを持っております。
大きな調整局面も頭にいれて相場分析をしたいと思います。

ドル円日足はMACDがダイバージェンスへ

f:id:gaitamesk:20190828141619p:plain

まず、ドル円の日足です。
下落トレンドが4ヶ月ほど続いており、今週でMACDが明確なダイバージェンスを示し始めました。
ウェッジのような形状を始めており、MACDがダイバージェンスを始めると、かなりの確率で相場が反転することが多いです。出現がレアなだけに、その反発威力は強いものがあります。
現在は下降ウェッジを形成中でして、できたらこのウェッジにいる間で押し目買いを狙いたいところです。
実はまだ売りポジションをずっと持っているのですが、これを手仕舞ってドテン買い狙おうといった試みです。

当コラムを毎週お読み頂いている方ならおわかりになると思われますが、そろそろ相場の手仕舞いを本格的に狙おうと考えております。

4時間足に時間軸を落とします。

f:id:gaitamesk:20190828141616p:plain

押し目買い意欲の強い投資家はすでに105.50〜105.65で買いを強く並べているようです。
彼らの買いのストップは105円割れでしょうか?
結構強気にはいってきている感じが見受けられます。
目立ったサポートは、近いポイントにありませんので、これはレバレッジが高いデイトレ組の買いの可能性もあります。この押し目買いはあまり気にしなくても良いかもしれません。

また逆に106円以上のオーダーをみてみましょう。
断続的な戻り売りオーダーと散見される逆指値買い注文もちらほら見られます。
もう少し価格が上がった場合、106円以上でストップは増えていくように感じます。
これらのストップが程よく相場を押し上げて、106円台の戻り売りは断続的に約定していくように思えます。
その場合、107円以上で大きなショートカバーが見られるのではないでしょうか。
少しこの値動きに期待して、今週どこかで買い戻して打診買いポジションを持って週超えを狙いたいと考えております。

狙いは金曜日のロンドンフィキシングでしょうか?
月末のロンドンフィキシングは非常に値が荒れます。
運良く下方向に動いた場合は、利益確定、ドテンロングを狙う予定です。
または現在の価格水準でも一部利益確定をしても良いとも考えており、
個人的にも109円や108円台の売りポジションがありますので、それをクローズする予定です。

事実で買い戻せ!週末からドル買い狙い。

f:id:gaitamesk:20190828141613p:plain

変わり種、ドルスイスです。
ドル円、クロス円に目が行きがちですが、リスクオフのもう一つの代表的通貨ペア、ドルスイスをみておきましょう。

こちらはドル円チャートと比較して、すでに横ばいの形状が目立っております。
下降トレンドを近々トライし、超えていくかもしれません。
すでにMACDもダイバージェンスを発生させておりました。

9月1日の米国関税引き上げ問題は、実施の場合は、「Buy the rumor」です。
「事実で買い戻せ」といった相場の格言があります。
またはまさかの関税引き上げ見送りとなれば、これまた大きなドル買いの調整相場となるでしょう。
この値動きを狙ったトレードですと、どちらも買い材料です。
下がるとしたら、さらに悪材料が出てさらに厳しい関税の引き上げが米国から中国に向かって行われる場合は、さすがに諦めなければなりません。既定路線の場合、買いが優勢になる可能性がありますので、そう考えた場合、今週末にポジションをクローズして週超えがベストなような気もします。

皆さんは如何でしょうか?
今週も相場の思惑と憶測、ポジションの傾きを交えて考察しました。
僕は持っていたリスクオフポジションをクローズし、ドル円とドルスイスの買いを狙いたいと考えております。
ご参考になれば幸いです。



「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.